紅ショウガの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

紅ショウガの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

紅ショウガを自分で作る理由や目的は、人それぞれで違いますが、自分で作るのが楽しいから作る、手作りをしているのが楽しい、ということが作る理由になっている人もたくさんいます。作る目的は保存食にしたいから、という人もいますが、自分ですべて手作りできるのなら作ってみたい、という思いから作っていることも多いのです。おいしいものや保存できるものを、自分の手ではじめから出来上がりまで作ることができる、というのは素晴らしいことです。手作り方法を探して、自分で出来上がりまで手をかけて仕上げることができる、というのも目的になっています。紅ショウガをショウガをつけるところから手作りしはじめると、楽しくなってきます。少しずつ出来上がっていく様子を知ってしまうと、作る理由になります。目的は自分で作り上げることです。自分が食べたいものや欲しいものなどを、自分の手で作ることができる、という満足感が作る理由になります。また、食卓に出したときに、自分が作ったものを口にして、おいしいと言ってもらえることも作る理由です。自分の手作りした食べ物を食べてくれる人がいる、おいしいと言ってもらえるのは嬉しいものです。それは作る目的にもなっていることもあります。

紅ショウガを作ることの楽しさ

作る楽しさや得られるメリットは、いろいろと人によって違います。ですが、おいしいものを自分で手作りすることができるようになる、という嬉しさやおいしく出来上がったときの喜びは作る喜び、メリットになります。また、自分で手作りすることで、市販のものを購入するよりも安くなることもある、というのもメリットです。たくさん食べたいけれど、市販のものだと少し高くなってしまう、というときは、思い切って自分で手作りしてしまったほうが材料などを含めても安くなることがあります。また、自分の好みの味にすることもできるので、手作り方法を調べて自分で作ったほうがおいしい、という場合もあるといいます。手作りしている時間が楽しいという人もいますし、出来上がったものを長く利用することができるのがメリットだという人もいます。 手作りしておくと、すぐに食卓に出すことができるので、とても便利です。すぐに食べたいとき、必要なときにわざわざ買いにいかなくてもいい、というのもメリットです。 作る楽しさや得られるメリットというのはその人それぞれで感じ方は違います。ですが、それでも手作りしている時間が楽しいと感じられることは、手作りしている人には多いのです。

紅ショウガを作るのに用意する物

紅ショウガを手作りしたいと思った事の有る方は、意外と多いのでは無いでしょうか。生姜が出回る季節になると、とても安価で生姜が手に入りますので手作り方法を知れば簡単に作る事が出来ます。市販の物は、色が鮮やかですがその色を出す為に食紅を使っている事が多い物です。食紅は安全生は確認されているものですが、出来れば手作りした方が安全なのではないかと思うのも事実です。では、自宅で作る場合は鮮やかな色は何で出すだろうか。不思議に思われる方もいると思われますが、昔ながらの紅ショウガの色は赤紫蘇の色素です。梅干しを作る時に出る、梅酢という物でつけ込む事が一番多いのです。ですから、手に入りやすい生姜を入手する前に、梅酢を入手できる所を探してみてください。意外と、どこのスーパーでも手に入れる事が出来ます。他にも、ご近所で梅干しを作っておられる方がいらっしゃったら分けて戴けるか聞いてみましょう。一番手に入れやすいのが、農協などの直売所です。一升瓶などに入って、格安で売られている事が有りますので探してみてください。最近では、webで販売されている所もありますので、どうしても手に入らなければ通販で取り寄せるのも1つの手になります。

紅ショウガの作り方の手順

では、紅ショウガの作り方をご紹介します。まずは、生姜の皮を剥いていきます。出来れば、新生姜を使う方が辛くならなくて良いでしょう。新生姜というのは、外見が茶色くなっていない生姜の事です。白っぽく、一部ピンクになっている生姜が新生姜になります。こちらは、辛みが少なく紅ショウガ作りに向いています。茶色くなった根生姜でも作れますが、かなり辛くなる場合があり新生姜の方が無難です。皮が剥けましたら、縦方向にスライスして行きます。繊維が横に走っていますので、縦に切る事をお勧めします。厚みは3、4mm程度が良いでしょう。では最初に、生姜を下漬します。下漬けすることで、辛みやえぐみを抜きます。生姜の重みに対して3%程度の塩を振ります、1時間ほど経過しましたら水分が出ますので絞り平らに並べ数時間から半日ほど乾かします。こうすることで、本漬けの梅酢がしみこみ易くなります。最後に、瓶などに生姜を入れ梅酢を注いでできあがりです。半日程度で色が染み込めば食べられますが、3日程待った方がしんなりとして味がしみこみ美味しいものです。最初は少しずつ食べてみて、どの程度の浸かり具合が好みなのか試してみるのも1つの手です。最後に、紅ショウガは漬け込んだ時から、冷蔵庫で保存してください。常温で保存すると直ぐに黴びが出てきます。では、美味しい紅ショウガをお楽しみください。

紅ショウガの作り方のまとめ

紅ショウガの作り方ですが、まずは新生姜を500グラム、自然塩を大さじ1、赤梅酢を約200ミリリットルを用意します。はじめにショウガの下処理をします。ショウガは皮をむかずに根元から切り分けて、汚れをさっと洗っておきます。そして、皮ごとショウガを繊維にそって3、4ミリにスライスしていきます。スライスしたショウガはボウルなどに移しておき、 自然塩15グラムを振り、全体を混ぜ合わせます。1時間なじませるのですが、このとき重ししておくとよりよい状態になるといいます。1時間ほど置いておくと塩がなじんでショウガから水気が少しずつ出てきます。 それをぎゅっと両手でしっかりと生姜をしぼり、ザルに並べて風通しのいい日陰で半日ほど干します。数時間ほど干しておくと乾いてくるので、それをきれいな保存容器に移します。そのなかに赤梅酢をひたひたになるまで加えると、半日後には色が落ちついてきて赤色の紅ショウガになってくれます。簡単に手作りする方法もありますが、きちんと紅ショウガを手作りしたいときは、ショウガの工程からはじめるようにしておくと自分で次からも作ることができるようになるのでいいです。新ショウガで作るといいということですが、新ショウガがないときは普通のショウガで作ることもできます。その場合、少し辛みが強くて硬めの仕上がりになるので、覚えておくようにします。

y001-0580

食パンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

食パンは現代の日本では和食と共に朝食に出される定番のものとなっています。食パンにあたる外国語はなく、実は食パンという言葉...

y001-1412

おきあがりこぼしの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

おきあがりこぼしを作る理由は様々です、小学生でしたら夏休みの自由研究や工作のために作るのもいいでしょう。また、日本独特の...

y001-1202

たけのこご飯の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

竹の芽の事をたけのこと言いますが、たけのこには色々な種類が有り、その種類の数は約70種と言います。食用としてのたけのこと...

y001-0143

紙垂の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

紙垂の作り方は非常に簡単なので、大人でなくても子供であってもすぐに作ることができます。しかしながら、紙垂とはどのようなも...

y001-0588

焼肉もみだれの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

焼肉というのは日本人にとって欧米でのバーベキューに相当するエンターテイメントを兼ねた食事となっていて、祝いや打ち上げの席...

しめ縄の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

しめ縄とは、そもそも邪気を払ったり、穢れを断つために、作られるものです。その具体的な用途は、家庭の玄関であったり、床の間...

y001-0456

漬物の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏の風物詩の一つである西瓜。暑い日に買い物に行くと、西瓜が美味しそうに見えて必ず買ってしまうので、毎年かなりの量を消費し...

y001-0834

鮎の塩焼きの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

鮎はアユ科アユ属の川の魚、別名「香魚」や「年魚」とも呼ばれており、川と海を回遊すると言った特徴を持ちます。また、川と海を...

池の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

一戸建て住宅にお住まいの方のケースでは、庭に池を作ることができます。空いている敷地を有効活用することに向いている一面を持...

y001-1126

なすの煮びたしの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

なす料理はほかの野菜に比べるとそれほどレパートリーがないかもしれませんが、なすの煮びたしは定番中の定番で、とてもおいしい...

y001-0017

昆布巻きの簡単な手作...

日本料理の1つでもある昆布巻きを手作りする家庭は増えてお...

y001-0239

新体操レオタードの簡...

新体操用レオタードを作る理由としてはまずは子供が新体操を...

y001-1029

パンの簡単な手作り方...

パンには天然酵母を使ったものと、イーストを使ったものとが...

y001-1485

アジさばき方の簡単な...

アジは色々な栄養がたっぷりと含まれており、子供の成長に最...