春巻きレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

春巻きレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

中国料理の中でも、繊細で皮のパリパリ感を楽しめる一品が春巻きです。食事のおかずはもちろん、お弁当のおかず、行楽シーズンのメニューにも最適です。最近はデリバリー用のパーティセットにも春巻きはよく登場します。中華弁当の部類には必ずといっていいほどメニューに加えられており、大人から子供まで年齢を問わずに人気があります。春巻きの皮は、餃子の皮と比べるとかなり薄いです。餃子の皮は、中力粉や強力粉をぬるま湯や熱湯で練り、円形に伸ばしたものですが、春巻きの皮は強力粉を水でゆるく溶き、薄く伸ばして焼いたものだからです。食感は餃子の皮とはまったく別で、餃子はもっちりとした噛みごたえと焼いた時のパリッとした感じが美味しさですが、春巻きは具を包んだ時の全体をパリパリ感が包みます。具を包む層になっているため、パリパリと皮が崩れていきます。春巻きの具材は、基本的には豚ひき肉を使っていますが鶏ひき肉を使うこともあります。味つけも具材の種類も多様性があり、デザートとしても作られることがあります。春巻きの皮という特異性を利用したもので、これは餃子の皮ではうまくできませんが、春巻きの皮ならではのデザートを楽しむことができます。

春巻きレシピを作ることの楽しさ

春巻き具材は肉類だけでなく、野菜もいくつか入れた方が食感も味も引き立ちます。好きな具材を組み合わせて楽しむことができますから、それにあわせて味付けも変えられます。 豚や鶏のひき肉を、ニラ、たけのこ、もやし、人参、ピーマンなどと炒め、生姜や醤油、オイスターソース等で味付けをします。レシピによっては、チンジャオロースーを作って春巻きの具にすることもあります。具を作ったら少量の水溶き片栗粉を回し入れ、とろみをつけておきます。具材の味をしっかりとまとめる役割と、具材をまとめやすくする役割があります。 具材のレシピには、冷蔵庫の残り物でも美味しく作れます。残ったポテトサラダやかぼちゃの煮物、野菜炒めや冷凍エビでも美味しいです。長ネギとごま油、塩を混ぜたものを具にするとお酒のおつまみにもなります。 デザートとしても楽しめます。皮が薄いことを利用し、アイスクリームを巻いて揚げれば、作りたてしか食べられない贅沢なデザートになります。果物やジャム、あんこ、マスカルポーネチーズとココアを入れればティラミス風になります。 春巻きの皮はすぐに乾燥して固くなってしまいます。もし固くなったら霧吹きで水分を含ませるか、固いまま揚げて仕上げに粉チーズをふっても美味しいです。

春巻きレシピを作るのに用意する物

春巻きを作るのに必要な材料はたくさんあります。基本的なレシピですが、まずは具材を包むために使う春巻きの皮と巻いた後の接着用に使う水溶き片栗粉です。春巻きの皮は作る個数分、水溶き片栗粉は接着のためだけでなく調味料にとろみをつけるためにも使用するため、少し多めに用意しておいてください。春巻きの具材に使うのは、豚のひき肉300g、しょうが少量、たけのこ100g、にんじん半分、ニラ1袋、もやし1袋です。これは春巻き20個分の分量なので、作りたい量によって変更してください。お好みで、干し椎茸やきくらげ、春雨、きゃべつなどを入れてもおいしく仕上げることができます。用意する調味料は、醤油大さじ2杯、砂糖大さじ2杯、酒大さじ2杯、オイスターソース大さじ2杯、ごま油大さじ2杯、水溶き片栗粉大さじ3杯です。完成した春巻きにつけるタレは酢と醤油を合わせたものを作っておいてください。具材を炒めるためにフライパンを使い、春巻きを上げるために油と鍋を使用するのであらかじめ用意しておいてください。このレシピにある材料以外のものを入れてもおいしくなるので、ぜひ自分の好きな材料を使って自分だけのオリジナル春巻きを作ってみてください。



春巻きレシピの作り方の手順

一般的な春巻きの手作り方法は具材を切って調味料と一緒に炒めて、皮で包んで揚げるという比較的簡単な行程になっているので、料理をあまりしない方にもおすすめです。春巻きのレシピですが、まずは具材の野菜全てを3cmほどの長さで細切りにしていきます。しょうがはみじん切りにして細かくしておきます。ひき肉はそのままで大丈夫です。調味料は全て混ぜたものを準備しておいてください。ただし、水溶き片栗粉は炒めた最後にとろみをつけるために使うので、混ぜずに小さな器などに入れて準備だけしておいてください。具材の準備が終わったら、フライパンにごま油を引いて、しょうがを炒めていきます。しばらく炒めたら豚のひき肉を入れて、一緒に炒めていきます。火が通ってきたらにんじんやたけのこなどの火の通りにくい具材から順番に炒めていきます。ある程度炒まってきたら、調味料を全て合わせたものを混ぜ合わせていき、塩とこしょうで軽く味付けをします。最後に水溶き片栗粉を入れてとろみをつけます。炒め終わったら一旦フライパンから取り出し熱を冷まします。冷めたら春巻きの皮に具材を乗せて長方形になるように包んでいきます。包み終わりは水溶き片栗粉で止めてください。全部包んだら熱した油で5分ほど揚げて完成です。

春巻きレシピの作り方のまとめ

手作り方法はレシピによって違いがありますが、より簡単な方が作りやすいでしょう。 春巻きの皮にうまく巻ければよいのですから、具材の量は適度に入れて横からあふれないようにしましょう。しっかり巻いたら、片栗粉と水を溶いたものを糊として使い、巻き終わりを閉じます。具材を巻き込む時に余計な空気が入っていると、春巻きを揚げる時に内部の空気が加熱されて膨張し、皮が破れることがあります。できるだけ空気を抜きながら皮を巻いてください。 春巻きを油で揚げる時、具材に火が通っているなら短時間で揚げられます。180度の油でからりと揚げますが、皮が色よくなってきたらすぐに引き上げましょう。皮が薄い分、火の通りが早いですから余熱で黒くなることがあります。薄いきつね色になったら油から上げておくと、上品な色の春巻きができあがります。 油を切る時はキッチンペーパーなどにあげて余分な油を吸い取ります。バットに置く時は、横にしないで立てかけておくと油がよく切れます。また、重ならないようにしておくと、熱と湿気で皮のパリパリ感が失われることがありません。 皮のパリパリ感が命ですから、揚げたらできるだけ早いうちにアツアツのところをいただきましょう。



y001-0405

梅干しきょうの料理の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

昔から梅干しにはさまざまな効能があり薬膳としても使われていました。歴史は古く平安時代の日本最古の医学書に効能が書かれてい...

y001-1410

オニオンスープの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

玉ねぎをメインに使ったオニオンスープは、西洋料理の味わいあるスープです。日本では、オニオングラタンスープも有名です。オニ...

y001-1376

かかしの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本の古きよき里山の風景の一部となってきた「案山子(かかし)」。田んぼや畑に植えた作物を鳥などの害獣から守るために人間の...

バック持ち手の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手づくりでバックを作るには、やはり手づくりならではのよさがあるので、市販品よりも味もあっていいものなのです。もちろん、市...

y001-0496

草木染めの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

昔から、森や野原に生えている植物を染料にして布や紙を染める「草木染め」が行われてきました。自然の草花で染め上げる草木染め...

牛乳パック小物入れの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

気が付くといつの間にかたまってしまう、牛乳パックの山、もちろんリサイクルに出すとは言え、毎日のこととなるとけっこうな量で...

y001-0769

甘い梅干しの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅干しは、元々は古代中国で漢方薬として使用されていたと考えられており、強い殺菌効果があるのが特徴です。日本に渡来して以降...

y001-0239

新体操レオタードの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

新体操用レオタードを作る理由としてはまずは子供が新体操をしていることがあげられます。中学や高校などある程度成長してからの...

y001-0438

豆乳ヨーグルトの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

豆乳ヨーグルトをつくる理由については、一番に自分でヨーグルトが簡単に作れるからです。さらに、乳酸菌の量については、1gあ...

y001-0663

紙飛行機の折り方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

紙飛行機の折り方を学ぶ事は、子供にも大人にも創作を通じた成長を促します。紙飛行機を作るには、まず、どのような飛び方をする...

y001-0862

リンゴジャムの簡単な...

リンゴジャムは子供から大人まで誰もが好きな味で、自分で手...

y001-1505

FGノットの簡単な手...

ルアーフィッシングをするにあたってFGノットは必要不可欠...

y001-0276

藍染の簡単な手作り方...

藍染の美しさは誰もがあこがれるものでしょう。ただ美しいだ...

かわいいイラストの簡...

イラストを描くという作業は、紙とペンなどがあれば、ほとん...