焼きナスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

焼きナスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

焼きナスは非常にシンプルですが、上手く焼くのは意外に難しい料理です。しかし、下ごしらえさえしっかりすれば、簡単においしい焼きナスが作れる手作り方法があります。ナスを使う料理は他にもたくさんありますが、焼きナスはナスと家にある調味料だけで作れる立派なおかずです。味付けもしょうゆのみでシンプルに食べることができ、ナス本来の美味しさに改めて気づかされます。日々の食卓に出してももちろんいいですし、ビールのおつまみにもなります。ナスは油を吸いやすく、他の料理で使うと油を摂取しすぎることが心配になりますが、焼きナスは油を使わずに出来ます。ナス自体のカロリーは非常に低カロリーなので、ダイエット中の方にも向いています。また、ナスは水分が非常に多いので、野菜の中でも傷みやすい食材です。収穫してからの賞味期限は、常温保存で3日程度、冷蔵保存で1週間程度と言われています。そんな傷みやすいナスが使い切れず余ってしまったときに、焼きナスのレシピが重宝します。他に特別に材料を用意せずに簡単に作れるからです。ナスの栄養価としてはそれほど高くはないですが、アントシアニンが豊富で、抗酸化作用があるとともに、目の疲労を改善する効果があります。

焼きナスを作ることの楽しさ

ナスは一年中スーパーに売っているので、いつでも焼きナスを作ることができます。ナスにはあたたまった体温を下げる効果があるので、夏には特に最適の食べ物です。ナスは、味に強い個性が無いので、基本の作り方さえ押さえておけば、上にかけるタレを変えたり、さまざまな料理に加えてアレンジすることも出来ます。しょうゆの代わりに、オリーブオイル、酢、塩を加えて混ぜ、冷蔵庫で冷やせば洋風のマリネとして食べることが出来ます。ご飯にのせて肉味噌を上からかけてどんぶりにしても、美味しく頂くことが出来ます。また、にゅうめんにのせても良いでしょう。前もって作っておいた焼きナスをにゅうめんのスープで少し煮込んでおくと、非常に美味しく召し上がることが出来ます。焼きナスを作る際には、皮を剥く作業がとても楽しめます。上から下まで一気にきれいに剥けると気持ち良いです。また、焼きナスは冷凍で保存することもできます。しっかり冷めてから、ラップで包んで冷凍庫に入れます。冷凍で保存すると1ヶ月程度保存できるので、大量に作っても余る心配はありません。食べるときは、自然解凍します。たくさんのアレンジができるので、冷凍庫にストックしておくとさまざまな場面で重宝します。

焼きナスを作るのに用意する物

ナスは食欲増進や夏バテ予防に効果がある食材と言われています。そのため夏場に食べるのが非常におすすめですが、ナスは体を冷やす効果があるため、食べ過ぎてしまうとお腹が冷えてしまいます。そのため、焼きナスにして食べることをおすすめします。焼きナスを作るのに必要な材料は、ナス、醤油、かつお節、しょうがかわさびです。分量は小さめのナス4本に対して、醤油大さじ1杯を目安に用意してください。薄い味が嫌な方は醤油の量を少し多めにしておいてください。かつお節は焼きなすを作った後に上に少し乗せるだけなので、少しの量で大丈夫です。かつお節が大きすぎると焼きナスが食べづらくなってしまうことがあるので、市販のかつお節ミニパックを用意することをおすすめします。しょうがやわさびは各自の好みによって好きなものを用意してください。こちらも最後に乗せるだけなので、少量で大丈夫です。市販のチューブ状のもので十分ですが、しょうがを買ってすることで、風味がよくなるのでおすすめです。他に道具として、ナスに穴を開けるために使うフォーク、ナスを焼く際に使う金網を用意しておいてください。ガスコンロの直火に足つきの網を乗せても良いですが、魚焼き用のグリルで作っても大丈夫です。



焼きナスの作り方の手順

焼きナスは用意する材料も少なく簡単に作ることができます。手作り方法は、まずナスを必要な数だけ用意して、ヘタの部分を包丁で取り除きます。ヘタは焦げやすく、味も悪いので必ずとるようにしてください。ヘタを取る際に、その周辺に浅く切れ目を入れておくことで、後々皮がむきやすくなります。ヘタを取り除いたら、フォークを使ってナスの表面に穴を開けておきます。穴を開けておかないと水蒸気の逃げ場がなくなり皮が破裂してしまう恐れがあります。また、火が通りやすくなる効果もあります。次に箸をナスの頭から刺して、同じく水蒸気の逃げ道を作ります。ここまで出来たら、ナスを焼いていきます。ガスコンロに金網を乗せて熱し、その上にナスを乗せます。魚焼き用のグリルを使ってもよいです。時々ナスを回しながら皮全体に焦げ目をつけていきます。ナスの表面を箸で押したときに、箸の跡がつくようになったらナスの芯まで焼けている証拠です。しっかりと焼くことができたらボウルに水に入れ、ナスをそこにつけてすぐに取り出します。少し冷ましてから手で皮をむいていきます。ヘタの部分につけた切れ目から剥くとスムーズに皮を取ることができます。皮をむいたらもう一度軽く水につけ汚れを取り、食べやすい大きさに切ります。後はお皿に盛って、かつお節、しょうがやわさびを乗せて醤油を垂らしたら焼きナスの完成です。

焼きナスの作り方のまとめ

焼きナスに使う材料は、なす2、3個に対し、かつおぶし5g、しょうが1片、しょうゆ大さじ1です。まず、ナスのヘタの周りにあるガクは焼くときに焦げやすいので取っておきます。ナスにはとげがあるので、キッチンばさみを使うと良いでしょう。しょうがもおろし金でおろしておきます。次にナスの表面に縦に切り込みを入れておきます。こうしておくと、後で皮が剥きやすくなります。そして、ナスの先端に竹串で穴をあけておきます。熱したときにナスの内部で水蒸気が発生して爆発するのを防ぐためです。これで下ごしらえは終わりです。焼き網にナスをのせて、強火で転がしながら焼いていきましょう。焼き網が無い場合は、魚を焼くグリルを使ってもかまいません。皮がこんがりしたら、芯まで火が通っているか、箸を使って表面を押して確認をします。力をかけずにへこませることができれば、しっかり火が通っています。まだ固い場合は様子を見ながら柔らかくなるまで焼きましょう。焼けたら熱いうちに実をつままないようにして皮だけ剥いていきます。大変熱くなっているので、やけどに注意して剥いていきましょう。皮が剥けたら皿に盛りつけ、かつおぶし、しょうがをのせ、しょうゆを回しかけて完成です。



y001-0634

手作りおもちゃの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手作りおもちゃは小さい子どもが遊ぶために作ります。売っているおもちゃとは違った趣があり、手作りならではの良さがあります。...

創作人形ドールアイの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

小さい頃、人形で遊んでいたという方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。そして今もまだ人形が好きでたまらないという...

y001-0791

花かんむりの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

最近街を歩いていると小学生や、中学生の女の子達が頭に被っている花かんむり。今若い女の子達にとても流行っている人気のヘアー...

y001-0064

フリースネックウォーマーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・...

フリースネックウォーマーは冬には大活躍のアイテムです。暖かく保温性に優れ、しかも軽いというのが特徴です。市販のものもある...

y001-1500

PPバンドかごの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

昔の主婦が食料品を買いに行く際に、手に持っていたのが買い物かごです。様々な素材の紐で編まれたかごは、軽い割には丈夫に作ら...

y001-1002

ビビンバの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

焼肉店に行ってしめで頼む料理といえばビビンバで、お好きな方は多いはずです。普通のものから石焼まであって、それぞれの店によ...

y001-0532

赤しそふりかけの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

しそは漢方薬としても使われていて、薬膳料理では健胃作用のある食材として使われています。漢方では体内の経絡(つぼとつぼを繋...

y001-0124

梅シロップの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

子供から大人まで作り方が簡単で楽しむことができるのが「梅シロップ」です。6月の時期にスーパーでも売られている青梅を使えば...

箱厚紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

DIYや一般工作のジャンルの中には箱厚紙と呼ばれているものがあります。一般的には厚紙を使って製作した箱が相当することにな...

単管パイプ物置の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

物置を作る方法はいくつかあり、多くの場合にはプレハブ工法を利用した組み立て式のものが物置として使われています。しかし、こ...

トマトステーキの簡単...

手作りの料理と作るのが本当に苦手でほとんどレパ-トリ-が...

y001-1036

パペットの簡単な手作...

『パペット』は、人形劇などで使用される操り人形のことで、...

y001-1161

テーブルベンチの簡単...

家の中で食事をする時に、昔ながらのちゃぶ台やこたつテーブ...

雑巾手縫いの簡単な手...

雑巾を手縫いで簡単に手作り方法は、昔は当たり前のようにど...