食べるラー油の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

食べるラー油の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

近年、節約志向の高まりと共に、「外食を減らそう」という人が増え、家で簡単においしいものを、という趣向が強まってきました。そこで登場したのが「食べるラー油」でした。2010年の「食べるラー油」の発売をきっかけに「辛そうで辛くない少し辛いラー油」がネットの口コミをきっかけに大ヒットしました。それまでは餃子のたれに加えたり、麻婆豆腐、担担麺の味付け、野菜炒めを始めとする料理のアクセントとしての活用が主でした。他の調味料と比べ、家庭の中では、決して出番の多くなかったラー油。その新たな道が開けました。「食べるラー油」は豆腐や野菜にかけても良し、料理に活用しても良しという、調味料のつけだれとしての活用に留まらず、ご飯にかけて食べるラー油として注目を集めたことが最大のヒット理由になりました。そして、そうした流れは市販のものを購入することに留まらず、手作りをする楽しさへと幅を広げるようになりました。食べるラー油を作る目的は、何と言っても手軽においしいものを作れる点にあります。また、大きな理由としてはオリジナルの食べるラー油を作れること。自分の好みに合わせた材料で、手軽に、簡単に、作れることが主婦を始め、多くの人の興味を惹くことへとつながりました。

食べるラー油を作ることの楽しさ

食べるラー油の手作り方法は様々で、人によって、作り方に違いがあるのが特徴です。それが、オリジナリティをうむことにつながり、また、作る楽しさにもなっています。市販の食べるラー油との違いは、自分で選んだ材料を使うため、保存料や着色料などを気にせず、安心して食べることができる点にあります。食の安心、安全の観点から見ると、自分で作ったものを食べることは安心につながり、また、材料選びの過程でも、自分の意思をしっかり反映できる良さがあります。もう一つ、手作りのメリットには、材料の調節にあります。たとえば、にんにくが苦手な人は量を減らして作ることもできますし、もっと辛くしたいと思えば唐辛子の量を増やして調節したりすることもできます。より香りを強くしたいと考えるなら、香辛料を加えれば良いです。つまり、手作りにすることで、自分に合った食べるラー油を作れることができる訳です。他にも、手作りのメリットには大きな手間がかからず、調理について、失敗しにくいことが挙げられます。初心者にも、手軽に作れることから、料理をすることへの楽しさを感じやすく、そこに加えておいしいとなれば、工夫をしてもっと美味しいものを作りたいという気持ちにもなっていきます。

食べるラー油を作るのに用意する物

数年前からごはんのお供として人気となっている「食べるラー油」は、今では白ごはんだけでなくお豆腐・うどん・サラダなど色々な食材のトッピングとしてや、ギョーザや炒飯・唐揚げなど料理の調味料としても使えるとまだまだ人気となっています。この食べるラー油の基本形としてはラー油にフライドオニオンやフライドガーリックなどの具材を混ぜたものになるのですが、最近ではオリーブオイルを使ったイタリアン風やポン酢を使ったサッパリ系など様々なバージョンが売られているようです。この基本形の食べるラー油を作るための材料にはサラダ油とごま油、唐辛子の粉又は一味唐辛子・コチュジャン・しょうゆ・砂糖・干しエビ・白ごま・フライドガーリック・フライドオニオンが必要となります。調理器具にはラー油を作るためのお鍋又はフライパンと混ぜるための木べら・菜箸、具材を切ったり砕いたりするための包丁・まな板・ビニール袋、ラー油と具材を混ぜるためのボウルと保存するためのガラス容器、材料を量るための計量器・計量カップ・計量スプーンなどが必要になります。具材をもっと加えるのであれば、ザーサイやカシューナッツ・ピーナッツなどのナッツ類も用意します。



食べるラー油の作り方の手順

食べるラー油の簡単な手作り方法ですが、まずは具材の下ごしらえから始めます。干しエビはみじん切りにし、フライドガーリックとフライドオニオンはビニール袋などで粗く砕いておきます。ナッツ類やザーサイなどを入れる場合もみじん切りにしておきますが、できれば具材の食感が残る程度に切ったり砕いたりするほうがよいでしょう。次にフライパンやお鍋にサラダ油とごま油を入れ木べら等で混ぜ火にかけます。油が温まったらその中に唐辛子の粉又は一味唐辛子・白ごまを入れたら火を弱め再びしばらく混ぜます。混ぜ始めて3分ほど経ったら火を止めて少し冷ましてから、しょうゆ・コチュジャン・砂糖を加え混ぜれば「ラー油」の出来上がりです。ここで麺つゆやお味噌など違う調味料を加えれば、様々なバージョンのラー油を作る事ができます。次にボウルに下ごしらえしておいた具材を全て入れて、そこに粗熱が取れた先ほど作ったラー油を加えて全体を混ぜ合わせれば「食べるラー油」の完成です。出来上がった食べるラー油は煮沸消毒した容器に詰めておけば、冷蔵庫なら約2~3週間は保存が可能です。この煮沸消毒する容器は、耐熱温度が110℃以上の耐熱ガラスの瓶などであればだいたい大丈夫のようです。

食べるラー油の作り方のまとめ

まず、にんにく(2個)と玉ねぎ(1/2個)をそれぞれみじん切りにして、ペーパータオルで水けをしっかり取ります。このとき、しっかりと水分を取るようにするのがポイントです。次に、130度のオーブンで約30分間、焼きます。にんにく、玉ねぎともカリカリになったところでオーブンから取り出します。ここでのポイントは絶対に焦がさないこと。焦げてしまうと苦味が出るので、そこには注意が必要です。ゆえに、低温でしっかりと焼き上げるようにするのがコツです。その後、取り出したにんにくと玉ねぎを180度の油で素揚げにします。先に示したように、ここでも、焦がさないように注意します。次に、鍋を取り出し、サラダ油(大さじ5)とごま油(大さじ5)を入れて火にかけます。ごま油の良い香りがしてきたら、粉末の唐辛子(大さじ1)を入れ、そこに隠し味として麺つゆを少量加えます。ここでのポイントは辛さの調節で、辛くしたい場合は唐辛子を少し多めに、あまり辛くしたくない場合は大さじ1/2程度にします。中火でしっかりと混ぜ合わせ、ごま油の香りを引き立てるようにしたら火を止めます。ビンににんにくと玉ねぎを入れ、そこに混ぜ合わせた後、少し冷ましたラー油を入れて完成になります。



y001-0259

冷凍たまごの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

スーパーなどで一般的に売られているタマゴの賞味期限は14日程度だと言われています。そして、ほとんどのタマゴは10個1パッ...

y001-0439

豆乳で豆腐の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

豆腐は大豆からできています。大豆は「畑の肉」ともいわれており、良質なタンパク質やビタミン、ミネラルなどのさまざまな栄養素...

y001-0193

マシュマロの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

コラーゲンがたっぷりはいっているマシュマロはお肌をぷりぷりにするにはとってもよいおやつです。肌を綺麗にする為に、一日に必...

y001-0620

手作り楽器の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

身の回りにあるものや不用品を利用したりといった風に、環境にやさしくお手軽に作れるものの中に、手作り楽器があります。マラカ...

y001-1203

たけのこあく抜きの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

美しい四季のある日本では、昔から旬の野菜や魚などを食べるのを生活の楽しみの一つとして取り入れてきました。春には、おいしそ...

y001-1377

カエル折り紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

カエルの折り紙は、作った後に動かして遊べる楽しいものの1つです。折り方は様々にあり、紙の柔軟性を利用して跳ねさせるおもち...

y001-0028

黒にんにくの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

黒にんにくは、有名な企業がサプリメントとして販売されているなど、その黒にんにくにふくまれている成分が身体によいと注目され...

y001-1251

シャボン玉の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

子供の頃、シャボン玉が飛んでいくのを追いかけて手で割ったり、大きくふくらませようと集中してゆっくりとふいたりして、シャボ...

丸太テーブルの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

丸太テーブルは自然を肌で感じる事が出来る素晴らしいものです。お部屋やお庭に一つあるだけで、素敵な空間へと変身させてくれる...

y001-0932

マーボナスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

マーボナスを作る理由は、自分自身や料理をおもてなす方に合った味付けにアレンジできることです。市販のマーボナスの素で簡単に...

y001-1167

つばめ巣の簡単な手作...

ツバメという鳥は、日本では古来より決まった季節になると家...

y001-0141

木造車庫の簡単な手作...

木造車庫を作る理由としては車庫に屋根をつけることがありま...

y001-0419

年表の簡単な手作り方...

年表とは特定の会社などの団体や、個人の人物などの出来事な...

かぶら漬物の簡単な手...

かぶら漬物を作る理由や目的ですが、それは、好きなものやお...