親子丼の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

親子丼の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

親子丼はランチにも手軽に作ることができますし、晩御飯は丼もので済ませたいときにも、簡単に作ることができるレシピです。丼ものは行カロリーになりがちですが、鶏肉を使っているので、カロリーをおさえられるのも、親子丼を選ぶ理由に挙げられます。美味しく簡単にできるので、ご飯丼ぶりもので食べたい時には、重宝するレシピです。鶏肉の脂質のほとんどは、高タンパクであり、低カロリーな食材なのです。良質なタンパク質を、親子丼では効率よく摂取することができます。鶏肉はタンパク質が豊富であるため、ダイエットの時にも良いですし、筋トレをする人にも向いています。必須アミノ酸である、メチオニンも豊富に含んでいます。血中脂質の沈着をセーブしたり、肝機能を向上させたり、肝脂肪を防いだりもしてくれます。鶏肉には、コラーゲン成分も豊富です。人間の臓器を構成するタンパク質でもあるコラーゲンは、肌の弾力にも欠かせないものです。羽の関節を強くしたり、ハリのある素肌のためにも作用します。血管の弾力性をアップさせたり、目などの老化防止にも作用すると言われています。タンパク質やコラーゲンをたっぷり含む鶏肉は、健康だけでなく、美肌にも効果を発揮してくれる食材です。

親子丼を作ることの楽しさ

親子丼の手作り方法は、簡単なレシピですから、すぐに作って食べられるのもメリットです。カロリー型か買うなりがちな丼ものも、鶏肉なら低カロリーです。そんな低カロリーメニューもメリットです。ふわふわの卵と、甘さと諸下限のバランス良い味付けがおいしい親子丼は、簡単に作ることができます。材料は鳥のもも肉に卵、玉ねぎに調味料です。鍋に水と砂糖、お酒にみりん、醤油の調味料と、スライスした玉ねぎを入れて、2分間中火で煮ます。そこへ一口サイズにカットした鶏肉を入れて、中火で3分間加熱して肉に火を火を通します。よく溶いた卵を、2/3の量だけ最初に入れます。鍋に蓋をして2分したら、残りの溶き卵も入れて10秒間似たら出来上がりです。ご飯の上に盛り付けて、ミツバを飾るとキレイです。親子丼は、加熱しすぎると、卵がかたくなりすぎます。卵をふんわりさせたい時には、卵をませすぎないのもコツです。そしてもうひとつのポイントは、卵は2回に分けて入れることです。2回に分けて入れるだけで、まるでプロのような、ふわふわでトロトロの卵の親子丼を堪能できます。10秒間強火で加熱したら、ご飯の上にのせて、それに蓋をしてから1分間だけ蒸らすと、美味しい親子丼になります。

親子丼を作るのに用意する物

親子丼を作るためには、専用の鍋と丼が欠かせません。簡単な手作り方法では小さなフライパンを使うこともできますが、取っ手が垂直になった親子丼専用の鍋を使うと作りやすくなります。丼の代わりとして重箱を使うこともありますが、陶磁器の丼を使うことには意味があります。丼は丸い形をしているため、ご飯が四隅にたまることがありません。深さがあることで、ご飯が冷めにくい利点もあります。食材のほうは、まずは鶏肉を選ぶことが大切です。胸肉ではパサパサ感があるため、歯ごたえとコクもあるモモ肉を使います。ブロイラーでも美味しいですが、できれば地鶏を使うことがおすすめです。卵は新鮮なものを用意すると、風味と食感が格段によくなります。野菜で必ず加えるのが、甘みが強い玉ねぎです。最後の仕上げとして、三つ葉を使うことも大切です。三つ葉は最後の香りづけとして重要な素材ですから、必ず使うようにします。主役の鶏肉と同様に大切な米は、調理に合わせて炊けるように準備しておきます。調味料として必要になるものは、醤油、味醂、砂糖、日本酒となります。簡単に素早く作る場合には、市販の麺つゆを使うこともおすすめです。食べるときには、好みで七味唐辛子を使うこともあります。

親子丼の作り方の手順

親子丼を作るための最初の作業は、鶏肉と玉ねぎを食べやすい大きさに切ることです。鶏肉の大きさは好みで決めて、玉ねぎは歯ごたえが程よく残る大きさに切り揃えておきます。次の段階で鍋に水と麺つゆを入れて火にかけて、砂糖や味醂などの調味料を入れて沸騰するのを待ちます。麺つゆを使わない場合には、ダシ汁と醤油を合わせてから使います。沸騰してきたら、鶏肉と玉ねぎを入れていきます。このときの火力は強火にして、素早く火を通すようにします。鶏肉は煮込みすぎると固くなりますから、調理場を離れないで作業をしていきます。鶏肉に熱が通り、玉ねぎがしんなりとした段階で、溶き卵を加えていきます。卵の混ぜ方によって、仕上がり感が変わってきます。混ぜすぎないほうがなめらかになるため、箸で軽く切るように混ぜます。溶き卵を加えるときも強火にして、半熟になったら火を止めます。この段階で炊きたてのご飯を丼に入れて、すぐに盛り付けるようにします。最後に三つ葉を添えて丼のフタを閉めれば、親子丼が完成します。最後の仕上げについては、手際よく行わないと卵に火が通り過ぎてしまいます。半熟が好きな人はすぐにフタを取って食べますが、少し蒸らしてから食べることもおすすめです。

親子丼の作り方のまとめ

親子丼は日本では、非常に馴染み深い家庭料理です。美味しく楽に作るポイントは、あらかじめ煮汁で鶏肉を、まとめて煮ておくと良いです。大きな鍋やフライパンで作るよりも、片手鍋で2人分くらいを作ると、美味しい親子丼が手軽に作りやすくなります。親子丼に使う鶏肉は、食べごたえもあってボリュームある、鶏もも肉が向いています。まとめて煮ておくと、味が毎回違うこともないですし、スピーディーに仕上げることもできます。鶏肉は、1cmか2cmくらいの、食べやすいサイズにしておきましょう。だし汁とみりん、薄口の醤油と砂糖を鍋に入れて加熱して、カットした鶏肉を入れて煮込みます。溶き卵ですが、あまり解かない状態だと、白い部分も残って、表面にはツヤが出る、トロトロの出来上がりになります。卵をよく溶いた場合は、ツヤは少なめですが、卵のふわっとした食感が楽しめます。鶏肉の煮汁が湧いてきたら、溶いた卵を入れるタイミングです。まわしながら、全体にかけいれてから、1分くらい火にかけて、残りの卵をかけてツヤだしにします。30秒加熱したら蓋をして分待って、ごはんにのせて完成です。三つ葉は溶き卵に混ぜてもいいですし、仕上がりに上からちらしても良いです。

y001-1279

こんぺいとうの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ポルトガル由来のお菓子、こんぺいとう。子どもの頃によくおやつで食べたりしたので駄菓子の印象が強いですが、本来こんぺいとう...

y001-0495

損益分岐点計算式の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

事業をする目的は、売上を増やすことではなく利益を最大化することです。売上を増やしても利益がなければ事業は続かないし、反対...

y001-0117

立つペンケースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

持ち運ぶにはペンケースが必須ですが、自宅やオフィスなど、卓上で使うにはペンケースよりもペン立ての方が便利だということから...

y001-0895

もてなし料理レシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お客さんを招いた時に作る料理のことを、もてなし料理などと言いますが、もてなし料理は訪れたお客さんの口に合うものを選ぶ事が...

y001-1411

おしゃれな庭の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

庭作りをしていると、庭に植えた花や緑の植物を愛情を込めて世話したり、すくすくと育っていく様子を眺めていく作業を通して、い...

y001-1338

がん帽子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

がん帽子は医療用帽子とも言われ主にがんの化学治療で髪の毛が抜けてしまった方が使用しています。その種類は昔に比べ多くなり、...

y001-1357

かまぼこ飾り切りの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

かまぼこは一個当たりの単価が100円~250円くらいと比較的安価な食材のため、お弁当や普段の食事でも気軽に使われる食材で...

雑巾手縫いの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

雑巾を手縫いで簡単に手作り方法は、昔は当たり前のようにどこの家庭でも行われていて、珍しいことではありませんでした。現在で...

y001-0466

茶碗蒸しレンジの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

茶碗蒸しは上品な和食であり、メインディッシュではないものの、ほかのメニューの引立て役ともなってくれるメニューです。和食で...

自分未来年表の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

自分の人生を振り返るということでは、より自分の人生を簡単に把握して、これからの人生を有意義にしたり、何かを後世に残したり...

y001-1035

ハムエッグの簡単な手...

いつもの朝食が物足りないというのなら、ハムエッグを作って...

y001-1062

ハイビスカスの簡単な...

ハイビスカスは熱帯や亜熱帯地方を中心に250種類もある南...

y001-0425

肉まん皮の簡単な手作...

肉まんの皮を自宅で作れば、中に入れる具を変えていろいろな...

y001-0509

折り紙封筒の簡単な手...

相手に手紙を出すときには手紙が他の第三者に見られないよう...