梅干しの漬け方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅干しの漬け方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅干しの漬け方は基本的に塩のみで長持ちをさせることを目的に自宅でつくられるものですが、もちろん手間がかかったり時間がないという人は市販のものでも補充は可能です。しかしせっかく日本人として生まれたのならば、簡単な手作り方法を模倣してでもいいから習得して、梅干しの漬け方を勉強する意味で一度でいいからやってみるというのが大事な点なのです。梅干しの漬け方はまず赤みがかっていない、つまりは黄色で肉厚な状態のものを選定します。これに塩を絡める形で塗っていき、腐らないように水分を自分のやり方で落としていくというのが基本的なスタンスです。手作り方法としては主な手順は此れだけなので、簡単なうえにそこまで難しくないので誰でもできます。しかも梅干しだけに長持ちするのですから、手作り方法を覚えるだけでも絶対に損はしません。お酢と日本酒を使いますが、これは臭みを残さないそして簡単に腐る事の無いように一種の保存方法として使われるものです。しかも重さがあるうえに大量に作ることが可能なので、立派な保存食になりえます。このように梅干しの漬け方の心得を習得することで梅干しをつくる目的を自分なりに設定することができ、いろいろな料理に応用できます。

梅干しの漬け方を作ることの楽しさ

梅干し自体の歴史を勉強して梅干しの漬け方を学ぶのはもちろん、それによるメリットは計り知れないものがあります。もとは塩分の摂取のためというのが本来の目的ですが、それに応じて人間が適切に摂取するべき塩分量というものが設定されるようになりました。なので梅干しをつくるだけでそのような健康に関する知識までも広げることができるのです。 梅干しは作る楽しさを得られるだけでなく、簡単に手頃に始めることによってそれまで料理に全く縁がなかった人間でも、これだけ簡単な手作り方法で半永久的に塩分を摂取できるということを知れば、それを機会にほかの料理への幅を利かせることが可能です。梅干しは昔から使われてきているだけに料理がまめな日本人の口に合うという点でも作るメリットがあります。 梅干しは他との食品との応用で栄養が取れることでも知られているので、存外メリットが多い上につくる楽しさを感じ取ることができます。また梅干しを付ける際に出てくるつけ汁なども他のものと組み合わせてつくることが可能です。そこまで応用が利くのですから、簡単でしかもつけ汁を使って再利用することができるという点でメリット尽くしであるのは梅干しならではの特徴です。

梅干しの漬け方を作るのに用意する物

日本人に古くから愛されている食材と言えば、梅干しです。特に、夏の暑い時期になると酸味と塩味のある梅干しは、食欲増進や夏バテ防止効果もあり、欠かせない食材であるとも言えるのです。近年の温暖化も影響し、熱中症の症状を訴える人が年齢問わず増えています。熱中症は時に命に関わる問題ともなり、危険な症状なのです。そんな熱中症予防にも梅干しは効果が高いと言われます。 そこで、日本の夏に欠かせない梅を、自宅で簡単にできる梅干しの漬け方について紹介します。自家製の梅干しなんて、難しそうで面倒くさそうと感じる人も多いですが、実際には簡単な梅干しの漬け方があります。 用意するものは以下の通りです。まず、完熟の梅を1キロ用意します。大きめサイズの梅であれば、およそ25粒から30粒ほどになります。梅干し作りには、梅の選び方が最も重要なポイントと言えます。梅は、なるべく表面に傷がなく、形が丸く整っているものを選びます。さらに、1粒1粒が大体同じ大きさになるように、サイズを揃えることも肝心です。また、果肉が分厚く、少し熟して黄色がかったものがベストです。そして、他に用意するものと言えば、塩を130グラム、氷砂糖100グラム、ホワイトリカー50ミリリットルを用意します。また、丈夫なビニール袋と爪楊枝、大きめの容器、キッチンペーパーなども用意することを忘れずに行います。

梅干しの漬け方の作り方の手順

簡単な梅干しの漬け方について説明します。 まず、梅を購入したら、1日か2日ほど常温で寝かし、追熟を促します。その際、梅の表面を触り、柔らかな感触になっていると良い状態だと言えます。 その次に、梅を水洗いします。完熟した黄梅であれば、水洗いのみで十分です。しかし、半熟の梅の場合、梅を大きめの容器に入れ、たっぷりはった水の中に浸します。2時間ほど浸けて、アクをしっかり抜くきます。その後、爪楊枝で、1粒づつヘタを取り除いていきます。その時、梅に傷を付けないように、丁寧に作業を行います。 そして、梅をキッチンペーパーなど、清潔で乾いた布巾などで水気を取ります。梅の表面に傷が付かないよう、この作業も丁寧さが求められます。 次に、用意しておいた、大きめの容器に梅、塩130グラム、ホワイトリカー50ミリリットル、氷砂糖50グラムを入れます。そして、手で優しく全体を混ぜ合わせます。十分に混ざったら、丈夫なビニール袋に大きめの容器の中身全てを入れます。それを、冷蔵庫で寝かします。冷蔵庫に入れた梅は、カビが生える可能性があるため、なるべく頻繁に袋を揺すり、袋内に溜まってきた梅酢を浸透させます。 3日ほど経過したら、残りの氷砂糖を袋に投入し、また冷蔵庫で寝かせます。その後、晴天が3日間連続で続くような日がやってくると、外で梅を日干しさせます。3日間ほど天日干しして、簡単な梅干しの手作り方法の完成となります。

梅干しの漬け方の作り方のまとめ

梅干しの漬け方についての勉強は本当に簡単で、漬けておくというのが重要なポイントになりますから補完する年数などをある程度把握しておく準備をしておくのがよいです。そこまで几帳面に管理する必要はありませんが、どのような食品であってもいずれは腐るというのが運命ですので、どうしても不安に思うところがあるのならばそれに伴って記録を付けておくとよいでしょう。 梅干し自体日本で頻繁に食せられ、ひいてはほかの国々までその文化性が浸透していった保存食品ですから、積極的に作ることに意義があります。現代人は市販のもので補充することによって逆に満足している節が出てきていますが、むしろ太古の昔の保存を重視する姿勢に立ち返って、簡単な手作り方法でいいから自分でつくってみることが新たな一歩になります。 梅干しに限らずほかの食品を付けるときも大体同じ要領でやることになるのですが、全く同じではないので注意事項などを十分参照しながら正しい知識を身に着けることが肝要です。梅干しはただでさえ酸っぱいですから、その特性を生かしてほかの献立に応用が利くのもうなずけます。日本料理がメインになりますから日本人としては覚えておきたい点であります。

y001-1080

腹筋を鍛える方法の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

年齢を重ねると男性も女性も体型が崩れやすくなります。これは体の中で代謝が低下していることも関係していますが、やはり日頃の...

y001-0022

くす玉の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

くす玉は町内会の運動会で利用するために作りました。くす玉を使うことによって運動会が盛り上がります。しかしくす玉としては販...

y001-1338

がん帽子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

がん帽子は医療用帽子とも言われ主にがんの化学治療で髪の毛が抜けてしまった方が使用しています。その種類は昔に比べ多くなり、...

y001-0484

大根煮物の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

大根煮物は日本の和食の中でも馴染みがあって、真っ白な大根の見た目や味にも、しっかりと和風の味付けをして美味しくいただくこ...

y001-1498

UVレジン初心者の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

UVレジンと聞いてもピンとこない人も中にはいるかもしれませんが、実はこれハンドメイドのアクセサリー、ストラップ作りには欠...

y001-1263

シソジュースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

古くから日本の食卓を味と香りで彩ってきた「しそ」。葉だけでなく、芽、花穂、実の全てが料理に使える万能食材です。平安時代に...

y001-1419

おいしいハンバーグの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

おいしいハンバーグは人気レシピの定番です。ボリューム満点のおかずにもなり、子どもも大人も大喜びです。夏にスタミナをつけた...

y001-0550

数珠入れの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

葬儀などに参列される方の場合では、数珠を利用する場面があります。この点に関しては宗教等によって違いが生じる部分になります...

y001-0454

的当ての簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

家庭内で遊ぶことのできるゲームの一種として的当てと呼ばれるものがあります。比較的古い時代から用いられているものになり、特...

y001-0912

ミツバチの巣箱の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ミツバチが作りだす蜂蜜は、花の蜜を採取して巣の中で加工したものです。これを入手するために、開始したのがミツバチの巣箱を作...

y001-0188

竹テーブルの簡単な手...

竹テーブルをつくる理由としては、普通のテーブル、つまり、...

エコクラフトの簡単な...

エコクラフトを使って作られる手芸品は、手作業による作品作...

y001-1122

ナップサックの簡単な...

ナップサックは小学生のお子さんなどが体操着などを入れるの...

鼻うがいやり方の簡単...

鼻うがいは健康法として雑誌やテレビなどといったメディアに...