豆乳の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

豆乳の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

豆乳は近年人気の飲み物として話題に上ることが多くなってきました。近所のスーパーでは飲みやすく味を調整した美味しいものが沢山売られていますが、本当に好きになった人であれば純粋な豆乳の味を楽しんでみたいと感じる人も少なくありません。市販の成分無調整の品を楽しむのも一つの豊富ですが、簡単に作ることが出来ますので自分で作って楽しんでみるのもおすすめです。市販の豆乳飲料には味の調整のために糖分や香料など様々なものが混ぜられていますが、豆乳本来の味を楽しみたいのであればそれらは不要なものであると言えます。そして手作り方法を理解しさえすれば簡単に自宅で作ることが出来るのです。そのために専用の機械が必要であるとか、技術が必要であるということはありません。知ってさえいれば誰でも簡単に作ることが出来るのです。健康志向の人が自分で作って楽しみたいという場合には非常にお勧めです。また豆乳を作ると必然的におからも出来上がりますので、おからの料理を作りたい人にもお勧めです。低カロリーで高たんぱくな大豆の料理は非常に人気が高く、健康志向が強くなっている現代の食卓を彩る重要な要素として楽しまれる素材の一つになってきました。

豆乳を作ることの楽しさ

豆乳はスーパーなどでは飲料として販売されていることが多いですが、実際には湯葉を作るために利用したり、固めて豆腐にすることもできると言う特徴を持っています。自分で作るのであればただ単に飲むだけでは無くこの様な楽しみ方もできるものであると言えるでしょう。また、栄養価の高いヘルシーなおからが沢山取れますので、それらを利用した料理を考えるのも楽しいでしょう。一般に大豆は低カロリーで高たんぱくという人気の出そうな食材であると言えます。 市販の豆乳は確かに飲みやすく出来ていますので、気軽に楽しむのには便利であると言えるでしょう。しかし大豆本来のおいしさや香りをそのまま生かした商品はあまり多くはありません。成分無調整の豆乳も味わいには非常に個性がありますので、必ずしも自分の気に入る味ばかりではないでしょう。出来るだけ味の濃い濃厚な豆乳を作りたいと考えているのであれば、手作りという方法を選択して楽しむのが最良の選択肢であると言えるでしょう。豆乳が好きであり、大豆が好きであると言う人が本当に満足の出来るものを得るためには、自分で作ってみると言うことがきっと役に立つでしょう。慣れれば非常に簡単に出来ますのでおすすめです。

豆乳を作るのに用意する物

日頃から豆腐や煮豆などの豆製品を積極的に食べているひとも多いですが、豆乳も自分で作れたらもっと気軽に飲めるのにと思っている人もいることでしょう。手作り方法さえ分かれば簡単に作っていく事ができますので是非とも作ってみましょう。自宅で作ったものと市販のものとの見比べてみるのも面白いかもしれません。 必要な材料は豆乳の素になる豆です。そして水も用意します。揃える食材はこれだけです。鍋や出来上がった豆乳を濾すためのさらし布か目の細かい布と、保存用の容器も探しておきましょう。一日ほど水につけておくので、何かボウルも用意しておくといいでしょう。ミキサーやブレンダーなども必要になりますので、こちらも準備しておくと作業もスムーズです。豆はスーパーでも販売されていますので、好きな量で購入して下さい。 豆の栄養も豊富に取ることが出来ますし、そのまま飲むだけではなくて料理にもたっぷり使うことが出来ます。何より自宅で作れば添加物などの心配をする必要がありませんから、安心して好きなだけ豆乳を飲む事ができます。慣れてくれば豆も国産で質のいいものを探したり、水にもミネラルウォーターを使うなどこだわれば味わい深いものが出来上がります。

豆乳の作り方の手順

豆乳を作るための豆ですが、まずは下準備としてボウルに入れて水に浸します。一日は漬けておくことになりますので、最初は気長に始めて下さい。そして一日経てば、その豆しっかり水切りしてから別途豆乳用に必要な水と合わせてミキサーにかけてペースト状にします。ここで豆を細かくすればするほど、副次的に出来上がるおからの細かさが細かくなります。 それが終われば鍋で煮込んでいきます。弱火で煮込んでいくのですが、油断するとあっという間に吹きこぼれてしまうので、様子を見ながら火を入れていきましょう。約10分ほど焦げ付かないようにかき混ぜながら作業をします。泡も立ちやすいですが木べらなどを使って底からゆっくりかき回していくのがポイントです。 それが終われば火を止めて、大き目のボウルに用意したさらし布などを広げます。そこに煮込んだ豆を流し込んでいきます。布を絞りながら熱いうちに漉していきますが、熱くなっているため火傷には細心の注意を払って下さい。しっかりと絞り終われば、液体部分が豆乳でさらし布に残った豆のカスがおからになります。おからも料理に使えて一石二鳥ですから、豆が手に入ればその都度豆乳を作っておくのも良さそうです。

豆乳の作り方のまとめ

豆乳を作る場合に用意しなければならないのは大豆と水です。基本的にはそれだけで作ることが出来ます。まずは大豆をさっと水洗いし、水につけておきましょう。元々は硬い大豆も、半日ほど水につけておくと3倍程度の大きさに膨らんでくれますので、下準備としてそこまでは行っておきましょう。気温の影響も受けますので柔軟な対応がお勧めです。 その下準備がすんだら大豆を漬け汁ごとミキサーに入れて細かくしましょう。出来るだけ滑らかになるように砕かなくてはなりません。この状態を生呉と言います。この生呉を火にかけながら弱火で煮ます。木べらでかき混ぜながら拭きこぼれに注意してかき混ぜるのがポイントです。10分程度加熱したら袋状の付近に生呉を入れ、絞りましょう。 この様な作業の結果出てきたしぼり汁が豆乳であり、袋の中に残ったものがおからと呼ばれるものです。 こうして作った豆乳は濃厚であり、湯葉を作ることも豆腐を作ることも可能です。またそのまま飲料として飲むことも出来ます。その時々で楽しみたい方法を決めて豆乳を楽しむことが出来るのも自分で作る自家製豆乳ならではのことであると言えるでしょう。普通の大豆以外にも黒豆でも作れますのでアレンジも楽しいです。

y001-1180

チキンライスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お米と鶏肉を混ぜ合わせて、ケチャップで味付けをしたチキンライスは、日本で誕生した洋食です。メインの具材は鶏肉の他には、玉...

y001-1479

あみだくじの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

あみだくじを作る目的は様々にありますが、中でも何かを決められない時にそれを使って決める場合が多いです。例えばある学校の修...

y001-1056

はぎれ小物の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

はぎれ小物は、洋服やバッグやのれん、クッションカバー等の大きめの雑貨などを作った余りの生地で作ることができます。はぎれで...

y001-1059

パウンドケーキの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

パウンドケーキとは、小麦粉、バター、砂糖、玉子の4種類を使って焼き上げるお菓子のことです。これらの材料をそれぞれ同量を混...

y001-0421

猫ちぐらの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

猫ちぐらとは藁でできた猫ベッドのことで、猫を飼っている人の間で大人気の商品です。通気性が良く、保湿性にも優れていますので...

y001-0410

梅ジュース炊飯器の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅ジュースは、健康、美容に非常に効果的で、しっかりアルコールを抜けば子どもから大人まで楽しむことができます。梅は、アルカ...

手提げカバンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

外出する時に、必要になるものを常に手に持つという行為は、歩き回ったり、走り回るなどの動作をする時の妨げになってしまいます...

y001-1037

パネルシアターの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

「パネルシアター」は、布を貼った舞台となるパネルに、絵や文字をくっ付けたり外したりすることで、お話を展開していったり、歌...

おいしいおかゆの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

おいしいおかゆを作るのは、いろいろな理由があることでしょう。例えば、乳児のいる家庭では、乳汁栄養からの移行食として離乳食...

y001-0129

会則の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

何人かの人が集まれば、そこに秩序が必要になります。その集まりに何らかの目的がある場合は特に必要性が高まります。そこでその...

y001-0565

酢豚のたれの簡単な手...

酢豚は、炒める、揚げるの2つの調理テクニックが入ったレシ...

y001-0873

らっきょう漬けの簡単...

らっきょう漬けは、カリッとした歯ごたえが魅力で、カレーの...

y001-0859

レインボールームの簡...

ブレスレットなどのアクセサリーを購入するときには、ブラン...

y001-0985

ふきレシピの簡単な手...

春になるとフキノトウが店頭に並びますが、フキノトウはふき...