豚汁の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

豚汁の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

豚汁というのは、誰もが好きである汁物ともいえるでしょう。中には豚肉が入っていてコクがあって味噌汁のほうがいいという人もいるかもしれませんが、おかず代わりに食べることもでき、腹持ちもよく、屋外でのイベントには多くの人に喜ばれるメニューになります。気軽にカップなどで配布することができたりするのも人気の理由です。また、作る側からしても材料を切ったりすることで準備しておくと、そのまま加熱して作ることができるという手軽さもあります。ですから、大量調理にも向いているために、冬場のスポーツイベントで無料配布をしたり、災害などでの救援としての炊き出しに利用されたり、自宅でも簡単に作ることができる一品としても作られる機会が多いのです。汁物であり、寒い時期には体を温めることができる料理として、あらゆるところでも作られるわけなのです。さらに、豚汁というのは人参や大根、里芋やジャガイモといった根菜類を中心として、白菜などを入れたり、油揚げや豆腐などの大豆製品を入れたり、主役である豚肉ではおかずのような役目をしたりするので、栄養のバランスも取れるのです。
このように、それぞれの場面で使われ方は違っても、人々に愛される調理であることには違いないのです。

豚汁を作ることの楽しさ

豚汁を屋外で作って食べるというのは、とても楽しいものでもあります。手順は簡単で初心者でも作りやすいものなので、わりと幅広い年齢層で対応できるのです。ですから、年配者が若者や子どもと一緒に作り方を伝授しながら作ってみる楽しみがあったり、たくさんの人数の人たちで協力しながら、一つのことをやる遂げる達成感があったり、一度に大量に作ることによって、多くの人に喜ばれる調理をすることができたりと、それなりに楽しみや充実感を得ることができるのです。 また、全く包丁やまな板などを使ったことがない人でも手伝いやすいものでもあるので、調理の仕方の基本を教えていくのにもいいでしょう。食材の切り方や洗い方、扱い方といったことを知ることができたり、包丁を使わずとも大根や人参をピーラーなどでむいたりして調理にかかわることができたり、煮ることをはじめるとそのまま加熱しながら、片づけをしていくことができたりするので、わりと短時間で栄養バランスなどを考えたものを作ることができるといったメリットもあるのです。 そして、出来上がって食べたときの感動やほかの人の喜ぶ顔を見ることができるのも楽しみの一つになることでしょう。一品でいろいろな食材の美味しさも感じることもできるのです。

豚汁を作るのに用意する物

豚汁というと、苦手な人や食べることができない人はほとんどいないものであり、屋外での催し物や寒さが厳しい時期などでの炊き出しのような場合でも人気のある汁物になります。日本独特の調味料である味噌を使いながらも肉類も入っていたり、根菜類も入っていたりすることで、スタミナがついたり、体調を整えることができたりするのです。 また、ご飯との相性もよいためにご飯とともに食べることでおかずのような感覚でも食べることができます。大量調理にも最適です。 そこで、必要になるものとしては、作る量に対応できるおなべやお玉、そして食材を切ったりする場合の調理器具などになります。包丁やまな板をはじめとして、切った食材を洗ったり、一部ゆでこぼしの食材のためのざるなども要るでしょう。 そして、一番重要であるのが食材です。地域や家庭によっても入れるものは違うのですが、大根やにんじんは必ずといっていいほど入っていることが多いものであり、そのほかにも里芋やジャガイモ、こんにゃくなどのイモ類、そして、わかめや豆腐、油揚げ、しいたけ、えのきなども入れる場合もあるでしょう。主役ともいえる豚肉もこま切れなどで十分です。そして薬味にはアクセントになる葱が欠かせない食材になるでしょう。



豚汁の作り方の手順

豚汁の作り方は至って簡単です。手作り方法といっても、食材の準備がとても大切になります。まずは野菜などを切るところから始めます。イモ類や食べやすい大きさに切り、里芋やこんにゃくなどは一度茹でこぼしをするようにします。油揚げは熱湯をかけたりすることで、油抜きをすることができます。にんじん、大根、豆腐、きのこ類なども食べやすい大きさに切っていきます。豚肉も同様です。葱は種類にもよりますが、小口切りがいいでしょう。 そして、だし汁も事前に取っておくようにします。昆布とかつおぶしの混合だしでは、昆布は水から浸して沸騰直前に取り出し、かつおぶしを入れてしばらくしたらこすようにします。場合によっては、あごだしやいりこだしなどでもいいですし、かつおぶしや昆布も単独でも構いません。しっかりとだしを取ることが大切です。 根菜類は水の状態から煮てもいいでしょう。だし汁が沸騰したら、肉類なども入れてしばらく煮て最後に味噌をとき、豆腐やわかめなどの煮立てないほうがよい食材を入れて完成です。 家庭や地域によって味噌の種類も異なり、それぞれの味があります。豚汁というのは、日本の伝統的な味を気軽に楽しめる汁物でもあるのです。

豚汁の作り方のまとめ

豚汁を作っていく際の簡単な流れについて触れてみましょう。もちろん、家庭によっても作り方や材料などが違うのですが、一般的には食材を洗ったり、切ったりして準備をしたら、だし汁で煮ていき、調味料で味付けをするという流れになります。 その具体的な手作り方法ですが、まずは野菜などを洗って、むいたり切ったりしていきます。大根や人参、イモ類、ごぼうなどの根菜類は皮をむいていきます。ピーラーを使ってもいいでしょうし、包丁のほうがむきやすいこともあります。ごぼうはささがきなどにして、水につけてアク抜きをしたり、里芋やこんにゃくは茹でこぼしをします。ぬめりや臭みを取るためです。豚肉は食べやすい大きさに切り、豆腐は角切りにして、油揚げは油抜きをしてたんざくに切っていきます。葱は小口切りがいいでしょう。 そして、重要になるだし汁を取ることをしていきます。昆布やかつおぶしで取っていくのですが、昆布は水に浸し、加熱したら沸騰する前に取り出すようにしてかつおぶしを入れていきます。かつおぶしを入れてからはそれほど煮立てなくても大丈夫です。 だし汁が取れたら、根菜類から入れて加熱をして沸騰したら、豚肉などを加え、具材がやわらかくなったら、味噌を溶いて、豆腐やわかめなどを入れていきます。



y001-1205

タオルアートの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

タオルアートは、身近な道具を使って面白いオブジェクトを作る、楽しいアートの1つです。誰でも作れて楽しめる遊びにもなります...

y001-0621

手作りろうそくの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

炎というのは見ていてリラックス効果があるもので、その効用は昔から広く知られていて、セラピストなどにも利用されています。少...

せんべいの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

現代の子供たちは便利な食生活に浸りきっています。塾や学校の帰りにはコンビニエンスストアやスーパー、ファーストフードなどが...

y001-0137

レジ袋収納の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

レジ袋はスーパーやコンビニエンスストアなどで買い物をした時にもらうことができますが、これはたまにもらいすぎてしまって、余...

y001-1260

しそ味噌の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

しそと味噌は、健康食材です。しそは天然の殺菌作用があり、食中毒予防にも使えます。これは、しそが持つ香り成分「ペリルアルデ...

y001-0247

籠の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

籠というのは何か物を入れたりするときに使うことができるので、非常に便利であり買物をするときに使うこともできるのですが、畑...

y001-0850

レジンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

レジンというのは英語で樹脂のことを指します。最近ではこのレジンを使ったレジンクラフトというものが流行しており、自分でオリ...

y001-0443

当番表の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

学校生活や社会生活であっても担当することを必要としている作業などが出てくる場面があります。例えば学校内や会社内の掃除当番...

y001-0918

ミサンガ3本の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手作りの魅力は作ることです。そして、だれかにプレゼントをしたら、とっても喜んでもらえることです。簡単なミサンガからプレゼ...

アラン編みベレー帽の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

寒い時期になるとマフラーや手袋といった防寒のための雑貨がほしくなってきますが、毛糸の帽子もまた体を温かくしてくれます。最...

y001-0282

卵の燻製の簡単な手作...

食材を煙でいぶして独特の味わいを引き出す燻製食品は、ベー...

y001-0880

ヨーヨーキルトの簡単...

ヨーヨーキルトは、パッチワークの手法の中でも独特の作り方...

y001-1417

おいしい天ぷらの簡単...

おいしい天ぷらを作ることができるというのは、日本の食文化...

y001-0261

冷や汁の簡単な手作り...

夏の暑い日は食欲も減退しがちですし、火の前に立つのも億劫...