鍋帽子型紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

鍋帽子型紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

近年ではキッチンアイテムが充実している状態にあって、数々の家電製品などが発表されています。便利に機能するアイテムをメインとして高い人気を誇っているものもありますが、手作り品としてのキッチンアイテムであっても注目されているものがあります。その中には鍋帽子と呼ばれるものがあり、鍋を使った料理を行った際に、冷めてしまうスピードを落とすことを目的として、一定の保温効果を発揮しているものになります。鍋帽子はDIYとして製作することができる内容を持っており、作る理由に関しては機能性を持ったものになるために、やはり鍋の保温を目的にしている部分が大きいものになります。しかし、キッチンアイテムとしては見栄えの良いものでもあるために、センスに合わせたデザインに仕上げることによって、キッチンの印象を大きく変えることにも役立ちます。簡単な手作り方法も用意されており、型紙などが提供されている場面も目にすることもできます。既に用意されている型紙を用いた方の場合でも、使用する素材によってイメージを変えることもできるために、オリジナリティを発揮させることもできます。自宅用として利用することの他にも、友人や知人などに向けて贈り物として製作するアイテムにも適しています。

鍋帽子型紙を作ることの楽しさ

鍋帽子を製作することに関しては、その使い道が実用性を持っているものとして知られていることによって、単にオブジェとして製作するものではなく、用途が明確にされているために、作り甲斐のある一品として完成させることができます。型紙を用意する方法によって誰でも簡単に作り上げることのできるメリットを持っていますが、手芸品などの製作を得意としている方は量産させることもでき、そうではない方の場合でも、楽しみながら手芸作業を進めることもできます。所有している鍋のサイズに合わせて製作することが基本になるために、事前に鍋のサイズなどを計測した上で、それぞれの鍋に合わせた鍋帽子を製作することで、料理を行った際に常に活躍できるアイテムとして重宝することになります。現在では電子レンジなど、食品を温めるための家電製品なども普及している状態にありますが、鍋帽子を使うことによって、余計な電力を使わずに簡単に保温できる部分についてもメリットを感じることができます。何かの課題用として製作することにも向いているアイテムになり、完成度の高いものを製作することによって、長期的に利用することができ、洗濯も簡単に行うことのできるメリットも持ち合わせています。

鍋帽子型紙を作るのに用意する物

鍋帽子は熱した鍋を保温するために使われるものです。利用するメリットとしては鍋の熱を逃さないことによって保温調理を行うことができるもので、少ないエネルギーで調理をすることができます。特に秋から冬にかけての気温が低い季節には、少ないエネルギーで効率よく料理を行うことができますし、長時間保温状態を保つことで、野菜の甘みを増したり、具材を柔らかく仕上げるといったことができます。このため煮込み料理を行うさいに有利で、おでんやカレーなどを作るさいに最適です。 鍋帽子を作るために用意すべきものは、保温材を包む布と保温材である綿など、それに型紙用の紙です。布に関しては直接、鍋に触れるので熱に弱い化繊は避けて綿布であるほうが好ましいです。保温材に関してはシート状のキルト芯を使うと作業が楽ですが、耐熱性があり保温性があるものであれば問題ないようです。なお、材料に関しては古着などから再利用しても良く布であれば古着、中身の綿などは毛布やセーターなどで代用することもできます。 型紙は鍋の種類に合わせて作ることになりますが、用意すべき型紙は円形のものと円錐形のものが2点です。またこれらを組み立てるさい大きめのボウルやざるなどがあると便利です。

鍋帽子型紙の作り方の手順

鍋帽子は簡単に作ることができ、手作りでも作る事ができます。また縫い付ける長さも少ないので手縫いでも簡単に作ることができます。鍋帽子の手作り方法としては、型紙を作ることからはじまります。 鍋帽子の仕組みとしては、鍋を置く座布団と被せる鍋帽子の2点からなっており、型紙では座布団の円形状のものと、帽子を作るための円錐形のものを用意する必要があります。なお、直径が32センチの座布団を作った場合には、帽子は幅30センチ、高さ37センチの円錐形の型紙を用意する必要があります。また鍋の形に応じてサイズを変えることも出来ます。 座布団の場合には裏表の計2枚の布を作り、帽子は、4枚を縫い合わせて作るので、裏表合わせて計8枚を用意する必要があります。帽子部分の縫い方は、隣接する円錐部同士を縫い合わせることで帽子状になります。座布団は端を縫い合わせることで座布団にすることができます。 座布団の綿入れは比較的簡単に行なえますが、帽子部分はややコツがいります。帽子部分に綿入れを行う場合には大きめのボウルなどを利用します。ボウルを反対に置きボウルに帽子の内側の布を置き、そこに綿などを載せていき、最後に外側の布を置いて縫い合わせると比較的簡単に綿入れを行うことができます。

鍋帽子型紙の作り方のまとめ

鍋帽子の作り方に関しては、型紙を製作する必要がありますが、インターネット上でも提供されているものを活用することはできます。所有している鍋のサイズに合わせることも基本になり、少し大きめのサイズに設定することも基本になります。使う素材に関しては厚めの布地と綿などを活用することになります。室内等で用いるクッション素材などでも活用することができ、保温効果を高めるためには必須アイテムになります。簡単な作り方としては、三角形でクッションを入れた布地を4枚用意することになり、その内1枚に関しては鍋の持ち手部分を挟み込むことができるように、下部に切り目を入れておくことが必要です。4枚のパーツはそれぞれドーム型になるように縫い合わせる作業が必要になり、DIYとしても比較的簡単に作業を進めることができます。掴むための場所として、ドーム型の鍋帽子の頂点部分に取っ手を取り付けることも大切になります。後に洗濯などを行うことを想定して製作することがポイントになり、同じように手芸店などで販売されている丈夫な紐などを活用して、取っ手部分を設置することによって、上手に対応させることができます。選択する布地に関しては袢纏などに利用されているような素材が相応しい傾向にありますが、熱に弱い素材ではないものであれば、多くの素材を活用することができます。

y001-0857

レゴ恐竜の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

レゴで恐竜を作ってみましょう。パズルやブロック好きな子どもなら誰しもが通る道、レゴ。そのレゴの中でも人気があり、血が騒ぐ...

y001-1487

あさりの味噌汁の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

あさりの味噌汁の具材は潮干狩りでも獲ることが出来るあさりですが、あさりと言うのはカルシウム、カリウム、亜鉛と言ったミネラ...

y001-0190

学校経営計画の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

学校は、小学校、中学校、高校と学校種によって全く違った学校経営計画が必要になります。簡単にはいきません。なぜならば、児童...

y001-0579

食べるラー油の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

近年、節約志向の高まりと共に、「外食を減らそう」という人が増え、家で簡単においしいものを、という趣向が強まってきました。...

y001-1073

ネクタイの結び方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

女性がおしゃれをする場合、リボンやレースがあしらわれた服や、パーティードレスなど、様々な種類のファッションが存在しますが...

帆布バッグ 作り方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

カジュアルなシーンやマザーズバッグ等として帆布バッグが流行しています。マリン系が流行る初夏や、ピクニックが気持ち良い春の...

y001-1119

ナメクジ駆除の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

雨があがった後のすっきりした気持ちにひんやりと水をさすのが、ヌルヌルした巨大なナメクジです。何かあるなと気になり、よくよ...

子供エプロンフリルの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ねんねの赤ちゃんだったお子さんが成長し、歩くようになり、言葉を話せるようになってくると、次第にお母さんのお手伝いをしたが...

y001-1501

PEリーダー結び方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ルアーフィッシングは、ルアーを小魚に見立てて泳ぎ回るようにすることで、その小魚となるルアーを魚が追いかけて、捕食すると言...

y001-0390

箸袋の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お弁当などを作って仕事場で食べている方や学校でのお昼休みに利用している方、給食や外食であっても、いわゆるマイ箸として自前...

y001-1142

トマトの雨よけの簡単...

トマトはナス科に分類される植物であり、乾燥を好む性質があ...

y001-0115

しそジュースの簡単な...

夏と言えばしそジュースを想像する人もいるのではないでしょ...

y001-0673

紙トンボの簡単な手作...

"から子供の遊びとして伝えられてきた竹とんぼですが、身近...

リボンレイの簡単な手...

レイと言えば、ハワイでおなじみの首にかける生花を使った花...