粘土花の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

粘土花の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

粘土花というものは、樹脂粘土や軽量粘土を使用して作る花のことです。本物の花だと世話をしなければなりませんし、時期が来れば枯れてしまいますが、粘土で作ったものだといつまでも鑑賞することが出来ます。どの季節でも好きな花を鑑賞することが出来るのは嬉しいものです。また花だけではなく、葉や実なども作ることが出来、リアリティ溢れる花束を作ることも可能です。粘土花の手作り方法は意外と簡単で、誰でもすぐに始めることが出来ます。もちろん作る花にもよりますが、簡単なものだと数分で作り上げることも可能です。粘土花を作るために必要な道具は、粘土、ワイヤー、絵の具、粘土ベラなどがあります。粘土も最近では色々な種類のものが登場し、軽くて加工しやすいタイプのものや、あらかじめ色が付けられているもの、樹脂粘土など様々なものがあります。作りたいタイプに合わせて粘土の種類を選ぶのもいいでしょう。初心者の場合は粘土花用の粘土も販売されていますので、数種類の色のものをいくつか組み合わせて使用すると簡単です。慣れてきたら自分で色を作ってみたりすることも出来るようになります。また、葉型なども販売されていますので、必要に応じて揃えていくようにしましょう。

粘土花を作ることの楽しさ

粘土花は小さなお子さんでも手軽に始めることが出来ます。 手先を使って何かを作るということは非常にいい経験になりますし、想像力が育てられるものです。 粘土ならではの楽しみ方も色々あります。 非常に加工しやすいというメリットがあり、自由に形を変えることが出来ます。 実際には存在しないほど大きなものを作ってもいいですし、極小のものにチャレンジしてみるのも楽しいものです。 ワイヤーやカラーテープなどを組み合わせることによって更に加工の幅も広がります。 とことんリアルを追求してみるのも楽しみ方の一つです。 実物をよく観察しながら作ることによって、ものの観察眼が鍛えられます。 普段あまり意識していなかった花の付き方や、葉の模様など、じっくりと見比べて作っていくのは非常に達成感があります。 また、完全にオリジナルのものを作るのもいいでしょう。 こんな花があったらどうだろうとか、こんな色の花があったら面白いだろうとか、色々と想像しながら作るのも楽しいものです。 いずれにしても、自分で何かを作り上げるということで得ることはたくさんあることでしょう。 作ったものをインテリアとして飾るのもいいですし、誰かにプレゼントしてみるのもお勧めです。

粘土花を作るのに用意する物

紙粘土花というのは紙粘土を使って作った造花であり、非常にバラエティ豊かな造花を作ることができるのです。粘土花は自分で作ることができるので、花の図鑑などがあればどんなものでも作ることができるという特徴があり、センスさえあればバラや菊など様々な花を作ることができます。 粘土花を作るときに必要になるものがあり、それをすべて揃えないと作ることができません。紙粘土はソフトクレイというものを用意する必要があり、このソフトクレイは肌触りの良い物で特殊な樹脂粘土で、1つ400円くらいで購入することができるのです。 ソフトクレイは乾燥に弱いという特徴があるので、開封した場合はラップなどで包んでおかないと乾燥して固まってしまいます。なので、開封したならちゃんとラップをして保管しておきましょう。 粘土花を作ったなら、これを陶器などに入れないと飾ることができないので、陶器を用意します。陶器の大きさは作る花の数により異なりますが、たくさんの粘土花を作るのであれば大きめの陶器を用意しておくといいです。 ほかには針や爪楊枝、針金、濡れ布2枚、ボンド。綿棒、下敷き、ペンチ、扇風機などを用意しておくと手軽に作ることができます。

粘土花の作り方の手順

粘土花の具体的な簡単手作り方法は、まずソフトクレイを取り出してから、作りたい花の色を混ぜます。色を混ぜて全体がその色に染まったなら、今度はそれを2頭分してから、くるくる手で回して細長い形に長くしていきます。 それができたら、今度はラップの中に入っているローラーを使い、かなり平らな大きさにしていきましょう。暑さに関しては2mmくらいの暑さにして引き伸ばします。 それができたら、ソフトクレイを10等分以上になるよう爪楊枝でブロック分けしていきます。ブロック分けしたなら、1ブロック手でちぎって、それを花びらのような形に手で作っていきましょう。 すべてのブロックを花びらのような形のできたなら、それを組み合わせて花の形に作っていきます。更にもう1つの紙粘土を同じように平にしてブロック分けしていき、さらにそれも花びらのような形にしておきましょう。 陶器の中に発泡スチロールを入れてからその上に紙粘土を入れてます。紙粘土花のした部分に針金を付けて、この針金は緑色に塗っておきます。 これで花の形ができたので、今度はこの完成した粘土花を陶器に刺し込むと紙粘土花は完成であり、たくさんの花を作って刺し込んでいきましょう。

粘土花の作り方のまとめ

粘土花は非常にたくさんの種類の花を作ることが出来ます。 最初の内は、花びらが大きめのチューリップやバラ、カラーや胡蝶蘭といったものから作ってみることをお勧めします。 ユリなどは花びらも葉も大判ですので、初心者の方でも比較的簡単に作ることが出来ます。 ある程度慣れてくると、コツが掴めてきて、小さなものも作ることが出来るようになってきます。 桜の花やスイートピー、マーガレットなどの花びらが小さめのものや、加工が難しいものにも徐々にチャレンジしていきましょう。 ワイヤーを上手く使いこなすことによって、かなり大きめの作品を制作することも出来るようになります。 市販されている籐カゴや、木箱、花瓶などを用意し、実際にどのように飾るのかを考えながら大きさや色の組み合わせを考えるのもお勧めです。 色鮮やかで、いつまでも枯れない粘土花はインテリアとして最適です。 花だけでなく、付属品なども作れるのが粘土の楽しみといえるでしょう。 フルーツや野菜などを作ってみて一緒に飾ってみるのもいいですし、小さな動物を作って花に添わせてみるのも可愛いものです。 アレンジの仕方は無限にありますので、どんどん想像を膨らませながら素敵な作品を作り上げていきましょう。

y001-0149

ふき味噌の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

春に顔を出すふきのとう。このふきのとうから作るふき味噌はとてもおいしいものです。熱々のご飯で頂くと本当においしくて、何杯...

y001-1338

がん帽子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

がん帽子は医療用帽子とも言われ主にがんの化学治療で髪の毛が抜けてしまった方が使用しています。その種類は昔に比べ多くなり、...

y001-1329

キャラクター折り紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

折り紙は、日本の文化として世界中に広く知られている動物や植物、生活道具などの形を作るという内容の遊びです。室町時代の頃に...

y001-1097

にがりの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

にがりは、海水からとれる塩化マグネシウムを主成分とする食品添加物で、主に豆乳を豆腐に変える凝固剤として使用されています。...

y001-0109

ポップコーンキャラメルシュガーの簡単な手作り方法や作り方・D...

だれもが大好きなポップコーンキャラメルシュガーですが、映画館やショッピングモール、縁日などでしか食べることができません。...

y001-1023

ビーズキャラクターの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ビーズで小物を作ることで、ちょっとしたアクセサリーのような状態で使うことができたり、置物などの装飾品と使うことができたり...

y001-0396

梅味噌の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

昔から、各地域では特産品などを利用して、その土地ならではの料理や保存食を作ってきました。最近では、調味料や保存食を手作り...

y001-0710

高齢者手芸の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

高齢者の方々に楽しんでもらう企画を考えるとき、例えば足腰が弱っていて椅子に座ったままでできるもので、あまり時間がかかりす...

y001-0544

生クリームの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

生クリームはケーキやお菓子などを作る時には欠かせないものとしてよく知られていますが、実は生クリームではなく、ただのクリー...

y001-0228

縦フリルの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

縦フリルを作る理由としては、洋服にアクセントをつけるためです。スカートなどにおいては何もない状態のことがありますが、それ...

y001-0143

紙垂の簡単な手作り方...

紙垂の作り方は非常に簡単なので、大人でなくても子供であっ...

y001-0281

卵焼きの簡単な手作り...

卵焼きといえば、おふくろの味といえば名があがり、いつの時...

y001-0994

フェルトキャラクター...

小さいお子さんがいるお母さんは、可愛いわが子のために色々...

y001-0514

折り紙手裏剣折り方の...

昔から子供を中心に親しまれている遊びとして、折り紙があり...