美味しいゆで卵の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

美味しいゆで卵の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

美味しいゆで卵を作っておけば、忙しい朝に主食のプラス一品することが出来ます。卵はたんぱく質が豊富で、健康・美容効果があります。ゆで卵を作って冷蔵庫で保存しておけば、塩をかけてそのまま食べることも出来ますし、潰してサラダに混ぜるなど、バリエーションが広がります。特におすすめなのは、20代の成人男性です。この年代は朝食の欠食率が最も高く、それによって昼食をどか食いしてしまうなどの生活習慣に陥りがちです。一人暮らしの人はもちろん、共働きの夫婦だと朝忙しくて調理する暇がないなどということにもなりがちだからです。この年代の男性の朝食でおすすめなのが、ゆで卵です。夜にゆで卵を作っておいて、冷蔵庫で保存して翌朝にご飯やパンなどと合わせて食べれば、主食と副食のバランスが取れます。それにプラスしてレタスやトマトをちぎって付け加えれば、立派な朝食になります。ゆで卵を作るくらいならさほどハードルは高くありませんし、数日ならば作り置き出来ます。また、ゆで卵は彩りを良くしてくれるので、食事の見た目を良くして食欲をアップさせることが出来ます。朝ごはんを抜きがちな人だからこそ、美味しいゆで卵を作り置きしておくと良いです。

美味しいゆで卵を作ることの楽しさ

ゆで卵は、茹で具合によって固さを調節できるというメリットがあります。人気があるのは半熟ですが、それよりも固めでも美味しく食べられます。 コンビニやスーパーなどでも市販の味付きゆで卵は売っていますが、手作り方法を知っておけば、経済的に簡単に美味しいゆで卵を作ることが出来ます。 最初は火から下ろすタイミングがわかりにくいかもしれませんが、何度も繰り返しているうちに、自分が好む固さのタイミングがわかってきます。 手作りすることで、次第に卵のたんぱく質がどれくらいで固まるかなど化学的な視点も身につきます。ゆで卵は簡単そうに見えて奥が深い料理です。 料理の達人でも、卵料理は難しいと言います。逆に言えば、ゆで卵の作り方をマスターすれば、他の卵料理を作るときにも応用できるということです。 ゆで卵は、卵、鍋、水、コンロさえあれば作れますから、特別な材料や調理器具が必要ないのもメリットです。一人暮らしで台所に何もないという人でも、鍋とコンロくらいはあるはずですから、ゆで卵を作ってみると良いです。 作り置きしておけば、忙しいときの一品おかずとして重宝します。ケースに入れればお弁当として持ち運びもできる優れた食べ物です。

美味しいゆで卵を作るのに用意する物

DIYの精神で自分でなんでもチャレンジするのは楽しいです。 そこで、美味しいゆで卵の手作り方法を紹介します。 まず、美味しいゆで卵を作るにあたって用意するものは、お鍋と水、少量の酢と塩。そして鶏卵です。 そして針もあるといいです。 鶏卵はなるべく新鮮なほうが、やはり美味しいゆで卵になるので気をつけて選びましょう。 針は、卵をむきやすくするにあたって最初に底のほうに小さな穴を開けておくことが重要です。 とがってない底の丸いほうにブスっと穴を開けます。薄皮も貫通するくらいの穴です。 100円ショップなどでも簡単に卵に穴を開ける道具が販売されているので、それを使っても大丈夫です。 卵のむきややすさは、出来上がりの見栄えに関わってきます。 せっかく茹でたのにボロボロでは、がっかりしてしまいますよね。 つるんとしたきれいなゆで卵にしたいなら、このポイントは外せません。 あとは料理を始める前に卵を冷蔵庫から出し、室温に戻しておきましょう。 これも殻を剥きやすくしたり、火の通りを均一にし一定にする効果があり、しかも割れにくくなります。 もし短時間で室温に戻したいばあいは、ぬるま湯につけておくという手もあります。 その際の温度は大体30℃から40℃くらいです。 この準備が整ったならば、次は茹でる作業に入りましょう。

美味しいゆで卵の作り方の手順

まずはお鍋に水を入れます。作りたいゆで卵の個数によって変えましょう。 お鍋には少量の酢と塩を入れることで先ほど開けた穴から白身が出にくくなります。 そしてお鍋を火にかけ沸騰させます。完全にブクブク湧くまで沸騰させます。 そして卵をお鍋に投入する訳ですが、ここで気をつけたいのは卵が割れないようにすることです。 おたまなどに乗せながら割れないようにそっとお鍋に入れていきましょう。 最初の中身が固まらないうちには、黄身が偏らないようにするためにコロコロとお箸などでかき混ぜるのが重要です。 茹でる時間は大体9分くらいがいいでしょう。キッチンタイマーをセットしておくと便利です。 しっかりした固めの卵が良いなら10分くらい茹でてもいいですし、柔らか目が好きなら8分くらいがいいです。 好みの固さによって時間は調節しましょう。 茹であがったら、キレイな氷水を用意しておいてそれにつけて冷やしておきましょう。 急激な温度変化で中身が縮み、これにより更に殻が剥きやすくなります。 あとは、しっかりと冷えたら殻をむくだけです。 殻を硬いものにコンとぶつけて少しだけヒビを入れてそこから剥き始めます。 水の中で剥くようにすると、傷がつかずに剥けるのでオススメです。 これで美味しくて見た目も綺麗なゆで卵の完成です。

美味しいゆで卵の作り方のまとめ

ゆで卵のレシピはシンプルですが、究極の美味しさにするにはコツがいります。 まず、鍋に沸騰させたお湯に静かに生卵を入れます。上から投げ入れるのではなく、優しくそっと置くように入れます。上から入れてしまうと、鍋底に当たったときに殻に微細なひびが入って、白身が出てしまうことがあるので注意します。 固さは好みによって変更可能ですが、ここでは半熟ゆで卵で説明します。中火で9分ほど茹でて、時々ゆっくりとお湯をかき混ぜます。こうすることで、黄身が偏らずに卵の真ん中にきます。 9分茹でたら、お湯を捨てて流水を加えます。何度か水を入れ替えて、鍋を振ってぶつけながら卵の殻にひびを入れます。これにより、殻と白身の間に空気が入って剥くときに殻が外れやすくなります。 あとは流水の温度が36度の体温くらいになったらざるにあげて殻を剥きます。先ほどの工程でひびを入れたことで、簡単に殻がむけるようになります。 すぐに食べないで保管するならば、粗熱をとってから冷蔵庫で冷やします。長時間熱い状態でおいておくと黄身の周りが黒ずんで見た目が悪くなってしまうので気をつけましょう。 茹で時間はお好みで、鍋を振る、急速冷却の3つを守れば、美味しいゆで卵を作ることが出来ます。

y001-0336

保冷バッグの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

保冷バッグは季節を通して出番がある、非常に便利なものです。夏はお弁当を始めとする食料品の持ち運びで腐らないように、飲み物...

y001-1113

夏野菜の育て方の簡単手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏野菜を育てる目的は美味しい野菜を自分自身で育て上げる楽しみと出来上がった野菜を美味しく頂くことではないでしょうか。また...

y001-1101

梅干しの簡単手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅干し作りは1年に1回だけの楽しみであり、年中行事の一つとしても重要です。土用干しは夏の季語としても親しまれ、暑い時期の...

y001-0416

俳句の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

街を散歩している時、ふと目に映りこんだ風景や、偶然手にした雑誌に掲載されていた一枚の写真、或いは何気なく眺めていたテレビ...

y001-1510

DIY棚の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

最近はDIYをする人が多くなってきています。趣味としていろいろなものを作ることができ楽しめますし、作ったものは生活の一部...

y001-1275

さつまいもの苗の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

さつまいもは熱帯アメリカが原産であり、日本に伝わったのは1597年と言われているので、418年もの歴史が在る事になります...

ティッシュケースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ティッシュケースは自宅の部屋で使うものと小さなポケットティッシュのものとがあり、最近は簡単にハンドメイドで手作りできます...

チヌ釣りだんごの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

クロダイの事をチヌと言います。クロダイは高級魚の1つでもあり、お店で購入すると1匹数千円と言った値段になる魚でもあるので...

y001-0939

ぽち袋の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ぽち袋は主に少額のご祝儀やお年玉を入れる袋です。年末年始になるとスーパーやコンビニなどでも販売していますがわざわざ手作り...

y001-1316

クコ酒の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

クコ酒は、ナス科の落葉低木であるクコの果実を焼酎に漬け込んで熟成させた薬用酒です。クコの果実は、古代中国で考案された治療...

y001-1357

かまぼこ飾り切りの簡...

かまぼこは一個当たりの単価が100円~250円くらいと比...

y001-0445

東屋の簡単な手作り方...

一戸建て住宅にお住まいの方ならば、庭の空いているスペース...

y001-0571

針金工作の簡単な手作...

身近な材料を使って何かを作り出すことを考えた場合では、一...

防災頭巾カバーの簡単...

防災頭巾カバーを作る理由としてはまずは防災頭巾の必要性が...