和紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

和紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

和紙というと、高級なイメージを持っている人も多いかもしれません。それは、和紙が現代においても、大量生産することをしない、一枚一枚、手漉きで行う作業によって作り上げられるものだからです。和紙の表面は、一般の紙に比べると、でこぼこしていたり、厚さも均等でない場合もありますが、その風合いが和紙の最大の魅力ともいえるでしょう。また、とても丈夫なので、ランプのシェードとして使ったり、紙袋にしても素敵ですし、中には、小学校の卒業証書を校長先生の手漉きの和紙で作ったというような例もあるほどです。そのような卒業証書は、特に思い出深いものになるでしょうし、和紙のはがきでお手紙を出せば、相手にも喜ばれることでしょう。そういった和紙は、伝統の手法で作られているものですが、紙を漉くという楽しさを、家庭でも手軽に楽しむことが可能なのです。たとえ、うまくできなかったとしても、それは世界でひとつだけのオリジナルなものですし、自分の力で紙を作るという体験は、子供にとっても新鮮なものに感じることでしょう。遊びながら、家にある道具を使って、意外と簡単に作ることができるので、親子で一緒に作ることで、楽しい時間を過ごすことができるでしょう。

和紙を作ることの楽しさ

紙を作るといっても、最近の子供には、想像がつかないことかもしれません。中には、和紙という言葉を聞いても、どんなものなのか、分からないという場合もあるでしょう。現代では、和紙は日常的にはあまりお目にかからないものといえるかもしれません。しかし、本来、紙というものは古くから存在していたものです。昔は、もちろん、現代のように均一な薄さを保った、滑らかな紙ではなかったはずです。つまり、紙というのは、工場でなくとも、作る事ができるものなのです。ですから、和紙の手作り方法というのは、実は、とても原始的なものです。そのため、小さな子供でも、紙を作る楽しさを感じることができるでしょうし、このような過程で紙ができていくのだという事実に、驚くことでしょう。また、和紙は、自由にちぎって使うことができますし、継ぎはぎで貼ったとしても、それなりに素敵に仕上がるものです。ですから、自分で作った紙を使って、いろいろな小物作りにチャレンジしても楽しいかもしれません。なかでも、うちわには、最適だといえます。うちわの骨組みよりも、少し大き目に紙を切って、のりをつけ、水で濡らして貼り付けていくだけです。乾くと素敵なうちわになります。

和紙を作るのに用意する物

和紙は通常の紙よりも非常に頑丈にできているため、ハガキなどにも使用することができるのです。この和紙を作るときには、意外と身近なもので作ることができます。 必要な材料に関しては、牛乳パックやトイレットペーパーなどの手に入りやすいものを使い、せんたくのりを使います。せんたくのりは紙が破れにくいようにするために必要なものであり、水も必要になるのです。 水は水道水で充分で、道具に関しては円型水槽が大きいバケツが必要です。バケツはこの中に水を入れて紙すきを行ったり、牛乳パックなどを漬け込むときに使用します。 それとミキサーが必要になり、ミキサーには紙を入れて細かくするときに使い、雑巾2枚も必要になるのです。紙すきワクは、自作の和紙を作るときに必要になるものであり、これは木のワクを作り作りたい和紙のサイズくらいの大きさに設定します。 そして中央に網をつけて完成ですが、自分で作ることができないという事であれば、1000円位でDIY用品販売店で購入することができるので、もし作れないのであれば完成品を購入するといいでしょう。紙すきワクは細長い木材を釘で固定すると作ることができ、網は2つの枠を挟むだけで作ることができます。

和紙の作り方の手順

和紙の手作り方法は非常に簡単であり、まず牛乳パックやトイレットペーパーを水につけるのですが、牛乳パックの場合は水を使い綺麗に洗っておくようにしましょう。牛乳パックは、表面のフィルムを裏表両方を剥がしてから利用します。 フィルムを綺麗に剥がしたなら、牛乳パックを細かく手でちぎってから水を一緒にミキサーに入れて、ミキシングをするのです。水の量に関しては500mlで牛乳パック1個分くらいになります。 そして円型水槽の中にそれを入れてから、せんたくのりを30mlほど入れるのですが、この時にミキサーに入れた紙はギュッと絞って水分をとっておくようにしましょう。これができたなら紙すきワクを水槽の中に入れて中の紙をすくいます。 その時に手で紙すきワクを前後に動かしながらすくいましょう。この時に編みのうえに乗っている紙が均一にあるようにするときれいな和紙を作ることができるのです。 均一に出来たなら今度は雑巾の上に置き、ワク部分を取り除いてから網を上にかぶせます。そして、その上から雑巾を付けて手で押してしっかりとアイロンします。それができたなら、雑巾を外してから、換気のいいところに置いて乾燥させると完成なのです。

和紙の作り方のまとめ

自分で和紙を作る方法として、自宅にある道具を使って比較的簡単に作ることが挙げられます。まず、飲み終わった牛乳パックを用意します。それを切り開いて、お湯で煮ます。水につけることで牛乳パックがふやけてきたら、表面の印刷された部分をはがして取り除きます。そして、白くなった牛乳パックを、適当な大きさにちぎっていきます。もし、家庭に調理する際に使う、ミキサーやジューサーのようなものがあれば、そこに、ちぎった牛乳パックを入れ、細かくなるまでミキサーを回します。その際、水分が少ないと、うまくミキサーが動かない場合があるので、適度に水を入れると良いでしょう。和紙の手作り方法に、決まったレシピというものはありません。作る人が、それぞれ工夫をしながら、楽しんで作っていくことが大切なのです。ミキサーで、どろどろの糊のような状態になった牛乳パックを、大き目の容器に移し、水を入れます。そこで、いよいよ紙漉きをすることになるのですが、糊状になったものを、平らに並べて乾燥させることでも、でこぼこした感じが味わい深い紙になるでしょう。もし、もう少し本格的につくりたいなら、木枠を用意して、そこに簾のようなものと布をはさみ、ゆっくりと漉いてみましょう。

y001-0349

風呂敷バッグの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

風呂敷というと年配の方が使っているイメージがありますが、最近の風呂敷はいろいろな柄が売られています。伝統的なちりめんや、...

y001-1380

ガーリックオイルの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ガーリックオイルは、にんにくを漬けこんだオイルのことで、いろいろな料理の風味を際立たせる効果があります。また、にんにくの...

y001-0882

ゆかたの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

昔の日本人は、着物やゆかたが一般的な服装でしたが、現在では動きやすい、洋服を着る人が殆どを占めています。衣料品売り場に向...

y001-0447

土嚢の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

国内では台風によって毎年多くの被害が出てしまっていることが特徴になり、近年では特にゲリラ豪雨と呼ばれている雨も降る地域が...

y001-0251

和紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

和紙というと、高級なイメージを持っている人も多いかもしれません。それは、和紙が現代においても、大量生産することをしない、...

y001-0404

梅干しのつけ方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅干しは防腐作用もあり、夏のお弁当作りにも大活躍します。自分で手作り方法を知っておけば、甘さ、しょっぱさ、などを自由に調...

y001-0523

折り紙トトロの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

封筒という道具は、手紙を相手に送るときに使うものであり、これがあると中身のを確認されずに相手に手紙を送ることができるので...

y001-0620

手作り楽器の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

身の回りにあるものや不用品を利用したりといった風に、環境にやさしくお手軽に作れるものの中に、手作り楽器があります。マラカ...

y001-0453

笛の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

古くから伝わる遊び道具の中には笛に分類されるものがあります。一般的に広く知られている笛の場合では縦笛と呼ばれるものになり...

y001-1366

カツ丼の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

カツ丼を作る理由には、たまにはガッツリとした肉料理を食べたいことが第一にあります。野菜ばかりを食べていると、気力や体力が...

y001-0283

卵の天ぷらの簡単な手...

さぬきうどんのお店の天ぷらのメニューの中に半熟卵の天ぷら...

y001-0102

折り紙花まりの簡単な...

子供のころ、折紙を折ったことのある経験があるという方がほ...

フラッシュの簡単な手...

フラッシュはWebアニメーション技術とその技術を使ったソ...

y001-0962

ヘアーバンドの簡単な...

大人から子供まで、おもに女性が利用することが多いヘアーバ...