筍の茹で方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

筍の茹で方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

筍は鮮度が大切です。近所のスーパーに行けば、筍の水煮が手に入るかもしれません。しかし、採れたての筍のおいしさには到底かないませんし、国産の筍の水煮となると、割とお高い場合もあるので、気軽に沢山食べるという訳にもいかないでしょう。ですから、生の筍が手に入ったら、ぜひ、筍の茹で方を知って、挑戦してみたいものです。筍の茹で方というと、難しいイメージを持つ人もいるかもしれません。しかし、思ったより手軽に茹でることも可能ですし、大きなお鍋が自宅に無いような場合には、筍を小さく切って茹でるという方法もあるので、自分なりに工夫してみることも大切といえるでしょう。また、適切な筍の茹で方をすることによって、数日間なら冷蔵庫で保存することが可能です。筍を冷蔵庫に常備しておけば、普段の料理に気軽に使うこともできますし、いつものメニューに筍を加えることで、味にも変化が出て、贅沢な一品になることでしょう。また、筍ごはんを沢山炊いておいて、小分けにラップで包み、冷凍保存しておけば、いつでも好きな時に筍の味を楽しむことができるのでおすすめです。筍は春の訪れを感じさせる貴重な食材ですから、有難くいただきたいものです。

筍の茹で方を作ることの楽しさ

筍を自分で茹でることで得られるメリットとは、どういったものでしょうか。 まず、なんといっても、その手作り方法を調べる楽しさが挙げられるでしょう。最近では、筍の皮を剥いたことがないという子供も少なくないことでしょう。都会に住んでいるような場合には、料理になる前の姿を見たことがないという人さえいるかもしれません。植物の中でも、筍はとても興味深い作りをしています。皮を一枚一枚、剥いていくという作業でさえ、子供にとっては新鮮で、貴重な体験になるに違いありません。皮のついた状態ですと、包丁で切ったりするのは、とても重労働かもしれませんが、皮を剥いた筍は、意外と簡単に切ることもできます。もちろん、皮のついた状態で茹でることも良いですが、それほど大きな鍋などが無い場合には、皮を剥いた状態で茹でると良いかもしれません。いずれにしても、筍が手に入ったら、単なる調理という枠で考えずに、ちょっとしたDIYを親子でするような気分で取り組むと、楽しいひとときとなることでしょう。しかも、その結果、とても美味しく食べられることができるのですから、最高のイベントといえるかもしれません。筍は、茹でたてを食べるのも楽しみの一つでしょう。

筍の茹で方を作るのに用意する物

筍を美味しく食べるためにはアク抜きをするために茹でる必要があります。茹でれば簡単にできるだろうと思うかもしれませんが、筍の茹で方もきちんとした手順で行うとさらに食べやすくなります。必要な物としては、筍はまず必要なものですが、それ以外には大きな鍋、米ぬかを用意しましょう。2~3本につき、一カップ程度が目安です。もし米ぬかがない場合にはとぎ汁でも代用できますし、最近良く見かける無線毎でとぎ汁もない場合には生米を一緒に茹でていけば大丈夫です。その場合には、一本につき大さじ2杯ほどを用意して下さい。 米ぬかの効果としては、これに含まれるカルシウムが筍のアクの成分と結合してえぐみを抑えてくれますし、それ以外にも酸化を防いだりしてくれます。米ぬかそのものが持つうまみがえぐみを感じにくくしてくれるので、食べやすくなります。人によっていろいろですが、唐辛子を入れる場合もあります。入れる事で殺菌効果もありますし、筍の味を引き締めてくれます。えぐみを辛さで隠したりぬか臭さを和らげてくれたりもしますが、入れる事で若干の辛味を感じる場合があります。辛いのが苦手な人は、利用する時には好みで用意していけばいいでしょう。

筍の茹で方の作り方の手順

筍の茹で方にはいろいろありますが、皮をむいてもむかなくても茹でる事はできますので安心して下さい。スーパーで購入したものでも、鮮度の良いものが手に入った場合でも、まずは良く洗っていきます。筍そのものの土や様々な汚れを洗い落とすのです。 綺麗に洗えたら、筍の身の部分を切り落とさないように気をつけながら先の1/5程度を切り落とします。根の方も汚れているのであれば1cmほど切り落として置いて下さい。切り取った後にはその部分に直接垂直に切れ目を入れておきます。こうすることで水周りが良くなり、アクも抜けやすくなるのです。 次は大きな鍋にまず筍を入れてから、米ぬかを入れます。唐辛子は好みで入れて下さい。水は十分に筍にかぶるほどに入れましょう。それからじっくりと茹でていきます。沸騰してきたら火を弱めて、筍が浮かないように何か落し蓋をしてそのまま茹で続けます。小さいものなら1時間半~2時間、大きめなら2~3時間ほど茹でていきましょう。 筍は茹ですぎても柔らかくならないので、筍の茹で方は神経質にならなくても大丈夫です。長時間茹でていくので、水が足りなくなったら追加しながら茹でましょう。水煮なども販売されていますが、手作り方法を確認しながら自分で一からゆっくりと茹でていけば、さらに筍料理を作るのも楽しくなります。

筍の茹で方の作り方のまとめ

筍の茹で方には、いくつかポイントがあります。収穫してから、すぐの場合には、そのまま茹でるだけでも十分美味しく食べることができるでしょう。しかし、少しでも時間が経ってしまうと、筍にはあく抜きが必要となってきます。 そのため、筍を茹でる時に、米ぬかなどを一緒に入れることが大切です。 米ぬかなど、どこで手に入れたら良いのか分からないという場合もあるかもしれませんが、スーパーなどの漬物の材料売り場に行けば、扱っていることが多いようです。また、近所にお米の無人精米機などがある場合には、そこで米ぬかが手に入る場合もあります。どうしても米ぬかが手に入らない場合は、クエン酸を使ったり、酢を入れたりと、いろいろ工夫している人も多いようですから、参考にしてみるのも良いかもしれません。米ぬかの代わりになる身近なものといえば、お米のとぎ汁といえるでしょう。ついでにお米も炊いて、筍ごはんにするのもおすすめです。筍の茹で時間に関しては、一概にはいえませんので、食べごろを確認しながら茹でることが大切です。切った筍を茹でる場合や、皮つきで丸ごと茹でる場合では、茹でる時間も全く異なります。また、茹でたあと、しばらく浸けておくことも大切です。

y001-1152

楽しいゲームの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手作りできる楽しいゲームを作ることで、ゲームを違った形で楽しむことができて面白味が出るものです。と言うのも、世の中にゲー...

y001-1025

パンツの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

パンツというと、いろいろな種類があります。ショートパンツやロングの長いパンツ、今年流行ったガウチョパンツなど、その時期だ...

y001-1170

ちりめんつまみ細工の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ちりめんつまみ細工というのは使う布をちりめんに限定しているつまみ細工です。このちりめんという布は絹でできている物と、化繊...

y001-1057

はぎれパッチワークの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

はぎれパッチワークを趣味としている人は、小さな端切れも無駄にしたくないという理由があり、布を大切に扱っています。新しい生...

y001-1365

かに玉の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

たっぷりの卵を使うかに玉は、立派なメインディッシュになります。肉や魚がない日でも、卵でメインのおかずになるのも、作る理由...

アームカバーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アームカバーは日焼け止めや掃除の時に長袖が汚れないようにするために使うものですが、手作りすることもできます。手作りしてア...

y001-0704

黒糖梅酒の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅酒は、明治時代に日本で考案されたアルコール飲料の一種で、梅の果実を砂糖などと共に酒に一定期間漬けこみ、果汁やエキスを抽...

y001-0373

美味しい稲荷寿司の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

稲荷寿司ということばの語源は、油揚げが稲荷信仰に関わりのあるキツネの大好物であることに由来しています。江戸時代から庶民に...

y001-0459

朝食レシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

朝食レシピをいろいろ覚えておくと、忙しい朝の時間短縮に役立ちます。朝ごはんは食べない方が健康的な体になるという学説もあり...

y001-0783

介護レクリエーションの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

高齢者施設では、度々行事やレクリエーションが行われています。介護レクリエーションを行うことで、高齢者に「笑顔」を増やすこ...

y001-1272

サラダうどんの簡単な...

夏の暑い時期は料理もおっくうです。火を使うとコンロの前は...

y001-0348

服の簡単な手作り方法...

インターネットなどやセールを利用すれば、洋服はかなり安く...

y001-0987

ふきの佃煮の簡単な手...

ふきの佃煮は、昔から常備菜としてどこのお宅でも作られてい...

y001-1449

うりの漬物の簡単な手...

うり科の野菜には色々ありますが、その中でも健康長寿野菜と...