スイートポテトの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

スイートポテトの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

スイートポテトと言えば子どものおやつの定番です。スイートポテトはパン屋さんやケーキ屋さんなどで販売されていますが、サツマイモから自宅で作るとできたての美味しさを楽しむことが出来ます。原材料であるサツマイモは、糖質が豊富でエネルギーに変わりやすい食物ですが、同時に栄養素の高い食材でもあります。人間に体に必要なビタミンやミネラルが豊富に含まれているほか、カロチンやカリウムなども含まれています。ビタミンにおいては、リンゴの10倍と言われており、カロチンには血圧の低下効果やむくみを解消する効果があります。サツマイモ自体に、塩分を排出してくれる効果があると言われていることから、大人や子どもを問わず食べたい食材の一つでしょう。また、お店で買うと意外に高いスイートポテトは、手作りすればとても安く作ることが出来ます。子どもの毎日のおやつに喜ばれるので、試してみる価値はあるのではないでしょうか。さらに赤ちゃんにとてもオススメ、食感が柔らかいのでとても食べやすく、その他のおやつやケーキと違って罪悪感無く食べさせることが出来ます。スイートポテトは簡単に作ることが出来るので、毎日のおやつに困っている方はぜひ試してみて下さい。

スイートポテトを作る事の楽しさ

手作りスイートポテトは素材から自分で作るため、出来上がっていく感じが手に取るように分かります。また添加物なども含まないので、体に良いスイーツを作ることが出来ます。自分のために作るのも良いですが、サツマイモが大好きな子ども達に作って上げるのもオススメです。その時は、ぜひ子どもたちにも手伝わせて上げましょう。大きなサツマイモがどんどん形を変えて、スイートポテトになっていく過程は子供達には大きな冒険です。さらに、クッキングを手伝わせることで、物事の手順を理解するようになります。待つことが苦手な子どもでも、これをしたら次をこれ、といったぐあいに行程を説明しながら進めていくと、不思議と待つことが出来ます。お手伝いして出来上がったものは、お店で買ってきたものより数倍嬉しくまた美味しく感じることでしょう。クッキングの楽しさを教えて上げてさらにご褒美として食べることが出来るので、楽しいだけでなく子供の教育にも役に立ちます。また、ポテトの中に自分の好きな果物を入れるのもオススメです。甘く煮たリンゴや檸檬と一緒に煮たバナナ、果実が一杯のジャムを入れるのも良いですし、お家の冷蔵庫にあるジャムでもオーケーです。作り方に色々な工夫が出来るのも、手作り(DIYならではの楽しさではないでしょうか。

スイートポテトを作る際に用意する物

基本的なスイートポテトの材料や作り方は、とてもシンプルです。用意する材料は、サツマイモ(中くらいなら一本)200グラム、バター(なければマーガリンでも可)10グラム、砂糖20グラム、牛乳20グラム、卵黄三分の一程度、塩少々です。サツマイモを選ぶ豆知識としては、色が鮮やかな赤で傷の少ない者を選ぶようにしましょう。傷があるとその部分が痛んでしまっている可能性があります。痛んでいるとその部分をカットしなければなりませんので、出来るだけキレイな物がベストです。またサツマイモの大きさが小さいほど食物繊維が豊富です。さらにサツマイモに関しては取れたてよりも、二三ヶ月保存してあるものの方が甘いので、購入する際はそれも目安にしてみましょう。上記でも書いたように、ジャムや果物などをポテトの中に入れても美味しいので、その場合は別に用意しましょう。またナッツやチョコのトッピングもお子様に喜ばれますのでオススメです。使用するクッキンググッズは、ボールが2コ、マッシャー、アルミカップ、ゴムへら・クッキング刷毛です。マッシャーはポテトを潰すのに便利で、ゴムへらはボールの中のサツマイモをキレイに摂ることが出来ます。

スイートポテトの作り方の手順

スイートポテトを作り方や行程はとても簡単です。しかし時間が勝負のポイントですので、大切なポイントをつかんで短時間で行ないましょう。最初はサツマイモのあく抜きから始めましょう。皮をむいて薄い輪切りにします。それを水を張ったボールに入れて、五分程度水にさらしておきましょう。時間が経ったら、水を切り耐熱皿に並べてサツマイモが柔らかくなるまで電子レンジで加熱します。サツマイモが柔らかくなったらボールに移して、マッシャーで良くつぶしましょう。サツマイモが冷めないうちにバター・砂糖・塩を少々入れてよく混ぜます。その時に牛乳を少しずつ垂らして滑らかにしておきましょう。小判型(お寿司のシャリの様な形)に形成してアルミカップにのせていきます。アルミカップにすべてのせられたら、サツマイモの上面に割りほぐした卵黄をクッキング用の刷毛で塗っていきます。準備が出来たら、アルミカップにのせたままトースターに並べていきます。1000Wなら5分から10分程度加熱したら出来上がりです。作り方の中で途中に果物やジャムを入れる場合は、形成するときに入れておきましょう。トッピングは焼き上がってすぐに振りかければしっかりと表面にキレイにのせることが出来ます。

スイートポテトの作り方のまとめ

スイートポテトの簡単レシピは本当に簡単です。子どもと一緒に作るクッキングには最も適していると言っても過言ではありません。フライパンやお鍋を使うことなく行えるので、火を使う心配が無く安心して楽しむことが出来ます。基本的には小判型ですが、一口サイズの手毬型にしても良いし、動物や魚の形など好きな形に作ることが出来るのも子どもにとってはとても楽しい作業と言えます。レシピのポイントは、サツマイモが熱いうちに材料を混ぜておくことや牛乳を少しずつ入れていくことでしょう。サツマイモが冷めてしまったら砂糖やバターがうまく解け合わないことがあります。また牛乳を一気に入れてしまうと、べちゃべちゃになって形成するときにうまくまとまらない可能性がりますので、このふたつは十分注意して作りましょう。またトースターで焼く場合、何度も続けてトースターを使うと庫内温度が上がっていますので、同じ時間加熱すると焦げる場合があります。焦げを防ぐためには、トースターの扉を開けたまま少し冷まして使用するか、加熱する時間を短くする必要があります。また子どもと一緒の時は、トースターから大人が離れることなく行なって下さい。火を使わないと言ってもトースターはとても高温になりますので注意が必要です。しかしスイートポテトの作り方は、注意点を挙げてもまだあまりある簡単さですので、チャレンジしてみる価値は十分あります。

y001-0581

色々なミサンガの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ミサンガはブラジル発祥のお守りで、ブラジル出身のJリーガーが身につけたことで日本で話題になります。最近ではお守りという意...

y001-0053

和装バッグの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

着物でお出かけをする時に必ずと言っていいほど必要になるのが和装バッグです。着物に合わせる小物は数々ありますが、意外に忘れ...

y001-0703

黒豆の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

昨今、世界中で日本がブームになっていて、和食もヘルシーで美味しいと人気となっています。最近ではユネスコの無形文化遺産に登...

y001-0448

土間コンクリートの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

古い時代では住宅内に土間と呼ばれるスペースが用意されていた背景があります。このスペースに関しては一般的には炊事場として利...

y001-0538

生姜漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

昔から人気の生姜漬け、特に最近は冷え性の女性が増えていて、少しでも血行を良くしようと生姜を摂取することが多く、そんな時に...

y001-1282

コロッケの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

コロッケの材料として使われるじゃがいもは安土桃山時代にオランダ人によって長崎に伝えられたといわれていますが、コロッケ自体...

y001-0947

ペペロンチーノの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

美味しいパスタ料理はパスタ専門店に行かないと食べられないと思ってしまいますが、手作り方法さえマスターしてしまえば家庭でも...

y001-0288

浴衣の帯の結び方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

浴衣の生地は木綿地が通常で、昔から着用されている衣服です。木綿地が使われているので、汗の吸い取りが良いので、夏場の湯上が...

y001-1502

PDF結合の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

パソコンを利用して文書を作成する会社は多く在るわけですが、作成した文書をメールなどに添付する事で、ファックスや郵送などを...

トマトステーキの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手作りの料理と作るのが本当に苦手でほとんどレパ-トリ-がないのですが、そんな中でトマトステーキは自炊を始めたばかりの頃か...

y001-0457

賃借対照表の簡単な手...

企業が営業活動を行った結果、財務状況がどのように変動した...

y001-1210

ソフトボールのグラン...

ソフトボールは、野球から派生したスポーツで、グラウンドの...

y001-1131

アイスクリームの簡単...

アイスクリームと言えば夏の暑い時期の食べ物だと思われがち...

y001-0895

もてなし料理レシピの...

お客さんを招いた時に作る料理のことを、もてなし料理などと...