友の会鍋帽子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

友の会鍋帽子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

鍋帽子を作る理由としてエコに調理を行うことが出来ることが挙げられます。料理において、特に煮込み料理に関してはゆっくりと長時間加熱をしていきます。ゆっくりでもガスを使ったり電気を使い続けることになりますからエネルギーを使うことになります。もしそれらを使わなければかなりエネルギーを節約することができそうです。そこで考えられたのが鍋帽子でこちらについては公益財団法人全国友の会振興財団の登録商標としてしられています。既に一般にも広まっていて販売されるだけでなく自分で作ることも多いでしょうから全国友の会振興財団の登録商標と知らずに一般的なものとして言葉を使っているかも知れません。大元としては全国友の会振興財団が作り方であったり、温度管理、調理方法の工夫などについても提案をしてくれています。ですからそれをしって作るようにしなければいけないでしょう。作り方に関してはそれほど難しくなく簡単になります。後はそれを上手く使うようにすることでしょう。日本においては煮物など時間をかけて煮込む料理を作ることが多いですから、多くの家庭において全国友の会振興財団の鍋帽子が使われるようになればよりエコになるかもしれません。

鍋帽子を作る事の楽しさ

鍋帽子を作る事の楽しさとしては、布を使ってエコなものを作ることができることでしょう。鍋帽子に関しては全国友の会振興財団が商標登録をしていて、作り方などについても教えてくれています。それを見ると簡単にできることがわかります。全国友の会振興財団によると、布に関しては身の周りにあるものを使って作るようにするのを推奨しているようです。元々はエコに料理を作る道具になります。それを作るのに新たに布を買ってきたりとなると少し本末転倒になりそうなことがあります。あくまでも家にある使っていない布などを使って、その上でエコになるようにしていきましょうとの考えになるでしょう。実際に作ってみると、布によって雰囲気を大きく変える事ができるので、明るい色の雰囲気であったり、少し渋めの雰囲気などにする事ができます。和食を作るときには日本風の鍋帽子を作って使ってもよいでしょうし、洋風の料理を作るときには洋風のデザインのものを用意してもいいでしょう。全国友の会振興財団は特に布のデザインなどについては指定しているわけではありません。自分の好きな布を上手く活用することができるので、裁縫などが好きな人には簡単に作れるので楽しみがふえるでしょう。

鍋帽子を作る際に用意する物

鍋帽子を作る際に用意する物としてはまずは布があります。鍋帽子は全国友の会振興財団が商標登録をしていて、材料などについてもいろいろと示してくれています。布については綿がよいとされ、化繊は避けるようにしたほうがいいとされます。綿と化繊に関しては保温に関する部分であったり、熱を持ったときの状態などにおいて影響が出ることがあるからかもしれません。あくまでも避けたほうがいいのであって、絶対だめとされているわけではありません。そして綿がいります。単に布をかぶせただけだと保温の役割をさせることはできないでしょう。鍋を覆って熱が逃げないようにしなければいけません。それが綿の役割になります。このことについては全国友の会振興財団などについても教えてくれています。綿がないので綿を買わないといけないかとなるとそれは少しもったいないことになるかもしれません。熱が逃げなければよい素材があればよいので、毛布などを代表することができます。毛布も熱を逃がさないとしてよく知られています。また、古い着なくなったセーターなどがあればこれも綿の代わりにする事ができるので簡単です。一つの種類がなければ、複数の種類を合わせるようにしてもいいでしょう。



鍋帽子の作り方の手順

鍋帽子の作り方の手順としては全国友の会振興財団が示している方法で作っていくのが良いでしょう。まずは標準的な方法で全国友の会振興財団が商標登録している鍋帽子を作るようにします。煮込み料理を作ろうとする鍋があるでしょうからその鍋の大きさに合わせて型紙を作ります。作る部分としては敷く部分とかぶせる部分になります。敷く部分はやや大きめに、直径を取るようにします。敷く部分に関しては座布団を作る要領で作るようにします。布を合わせその中に綿を入れるようにします。綿に関してはごわごわしないように水平になるようにします。そうしないと鍋が傾いてしまいます。帽子の部分に関しては4枚の布を用意します。これを表用裏用用意するので合計で8枚用意します。楕円形を半分にしたような形です。鍋をすっかり覆うようなボールを用意してそれに布を合わせていきます。4枚が隙間なく縫い合わさるようにします。それぞれの布に関しては縫い合わせる前に綿を均等に入れるようにしておきます。4枚を全て縫い合わせて底辺も縫い揃えたら裏返しにして完成になります。実際に鍋にかぶせてみて、密着するようであれば問題ありません。隙間が空かないようにしなければいけません。

鍋帽子の作り方のまとめ

全国友の会振興財団が商標登録をしている鍋帽子の作り方のまとめとしては、作ることによって煮込み料理などをエコに作ることができることがあります。またそれだけでなく、作るときにはできるだけ自宅にある材料を活用することを言われています。全国友の会振興財団としても地球に優しい調理ができるとして鍋帽子を紹介しています。ガスや電気を使わなくても、余熱を上手く使うようにすればおいしく料理を作ることができることがわかります。自分で作ることの良さとしてはいろいろとデザインを変えたり、中身を変える、また自宅にある鍋に対応することができることがあります。自宅の鍋といいますと大きさが違っていたりとっての位置が違っていたりします。そのために市販のものでは対応できないこともあります。自分で作るのであれば、その度に簡単に鍋に合わせることができます。長く使うようになれば破けてきたりすることもあるでしょうが、そのときにも変えるのではなくて今ある材料で補修するようにします。そうすればまだまだ使うことができるようになります。せっかくいいものを作ったのであれば周りの人にもいろいろと教えてあげるようにすれば、その人たちもエコに生活できるようになります。



y001-1476

アロエ化粧水の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アロエ化粧水は簡単に手作りすることもできます。手作り方法にはアルコールを使った作り方と、使わない作り方があります。自分で...

y001-0292

洋服ワンピースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

現代の日本はデフレ経済からなかなか脱却できずにいます。国の政策も焼け石に水であり、サラリーマン世帯などは非常に厳しい生活...

y001-0247

籠の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

籠というのは何か物を入れたりするときに使うことができるので、非常に便利であり買物をするときに使うこともできるのですが、畑...

y001-1046

はちみつ梅干しの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅干しとは梅の実を塩漬けした後、3日間程天日干しした、日本の伝統的な漬物です。梅干しは健康食品としても知られ、疲労回復や...

y001-0894

ものさし入れの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ものさし入れは学校などでも使うことがあるので、必要になって作る、という理由があります。また、裁縫が苦手な人にお願いされて...

y001-0071

タイル鍋敷きの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

料理をする時、鍋敷きを使う人もいるでしょう。勿論新聞紙でも代用はできますが、見た目として余りウキウキした気分にはなれない...

y001-0743

金魚飼い方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

縁日の夜店で金魚すくいに励む子供のほほえましい姿がよく見られますが、実際には大人も夢中になれる遊びです。名人と呼ばれる人...

y001-0007

ヘクセンハウスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

子どもの頃に憧れたお菓子の家。それが自分でも作れます。ヘクセンハウスと言いますが結構簡単に手作りをすることが出来ます。子...

y001-0879

よく飛ぶ紙飛行機の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

子供の頃なら誰しもが一度は紙飛行機を作成して飛ばした経験があるはずです。空を優雅に飛ぶことが出来る紙飛行機は、翼がない人...

y001-1433

エビのアヒージョの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

エビのアヒージョとはスペインの代表的な料理の一つです。エビとにんにくをオリーブオイルで煮て作る料理で、エビからでる出汁が...

y001-0777

割り箸工作の簡単な手...

割り箸を使った工作はいろいろなものがあります。割り箸はと...

y001-0282

卵の燻製の簡単な手作...

食材を煙でいぶして独特の味わいを引き出す燻製食品は、ベー...

y001-0796

家庭菜園野菜の簡単な...

念願の一戸建て住宅を購入したら、自宅の庭を使って家庭菜園...

フルーツポンチの簡単...

夏のデザートといえばやはり冷たいものが好まれますが、アイ...