友の会鍋帽子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

友の会鍋帽子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

鍋帽子を作る理由としてエコに調理を行うことが出来ることが挙げられます。料理において、特に煮込み料理に関してはゆっくりと長時間加熱をしていきます。ゆっくりでもガスを使ったり電気を使い続けることになりますからエネルギーを使うことになります。もしそれらを使わなければかなりエネルギーを節約することができそうです。そこで考えられたのが鍋帽子でこちらについては公益財団法人全国友の会振興財団の登録商標としてしられています。既に一般にも広まっていて販売されるだけでなく自分で作ることも多いでしょうから全国友の会振興財団の登録商標と知らずに一般的なものとして言葉を使っているかも知れません。大元としては全国友の会振興財団が作り方であったり、温度管理、調理方法の工夫などについても提案をしてくれています。ですからそれをしって作るようにしなければいけないでしょう。作り方に関してはそれほど難しくなく簡単になります。後はそれを上手く使うようにすることでしょう。日本においては煮物など時間をかけて煮込む料理を作ることが多いですから、多くの家庭において全国友の会振興財団の鍋帽子が使われるようになればよりエコになるかもしれません。

鍋帽子を作る事の楽しさ

鍋帽子を作る事の楽しさとしては、布を使ってエコなものを作ることができることでしょう。鍋帽子に関しては全国友の会振興財団が商標登録をしていて、作り方などについても教えてくれています。それを見ると簡単にできることがわかります。全国友の会振興財団によると、布に関しては身の周りにあるものを使って作るようにするのを推奨しているようです。元々はエコに料理を作る道具になります。それを作るのに新たに布を買ってきたりとなると少し本末転倒になりそうなことがあります。あくまでも家にある使っていない布などを使って、その上でエコになるようにしていきましょうとの考えになるでしょう。実際に作ってみると、布によって雰囲気を大きく変える事ができるので、明るい色の雰囲気であったり、少し渋めの雰囲気などにする事ができます。和食を作るときには日本風の鍋帽子を作って使ってもよいでしょうし、洋風の料理を作るときには洋風のデザインのものを用意してもいいでしょう。全国友の会振興財団は特に布のデザインなどについては指定しているわけではありません。自分の好きな布を上手く活用することができるので、裁縫などが好きな人には簡単に作れるので楽しみがふえるでしょう。

鍋帽子を作る際に用意する物

鍋帽子を作る際に用意する物としてはまずは布があります。鍋帽子は全国友の会振興財団が商標登録をしていて、材料などについてもいろいろと示してくれています。布については綿がよいとされ、化繊は避けるようにしたほうがいいとされます。綿と化繊に関しては保温に関する部分であったり、熱を持ったときの状態などにおいて影響が出ることがあるからかもしれません。あくまでも避けたほうがいいのであって、絶対だめとされているわけではありません。そして綿がいります。単に布をかぶせただけだと保温の役割をさせることはできないでしょう。鍋を覆って熱が逃げないようにしなければいけません。それが綿の役割になります。このことについては全国友の会振興財団などについても教えてくれています。綿がないので綿を買わないといけないかとなるとそれは少しもったいないことになるかもしれません。熱が逃げなければよい素材があればよいので、毛布などを代表することができます。毛布も熱を逃がさないとしてよく知られています。また、古い着なくなったセーターなどがあればこれも綿の代わりにする事ができるので簡単です。一つの種類がなければ、複数の種類を合わせるようにしてもいいでしょう。

鍋帽子の作り方の手順

鍋帽子の作り方の手順としては全国友の会振興財団が示している方法で作っていくのが良いでしょう。まずは標準的な方法で全国友の会振興財団が商標登録している鍋帽子を作るようにします。煮込み料理を作ろうとする鍋があるでしょうからその鍋の大きさに合わせて型紙を作ります。作る部分としては敷く部分とかぶせる部分になります。敷く部分はやや大きめに、直径を取るようにします。敷く部分に関しては座布団を作る要領で作るようにします。布を合わせその中に綿を入れるようにします。綿に関してはごわごわしないように水平になるようにします。そうしないと鍋が傾いてしまいます。帽子の部分に関しては4枚の布を用意します。これを表用裏用用意するので合計で8枚用意します。楕円形を半分にしたような形です。鍋をすっかり覆うようなボールを用意してそれに布を合わせていきます。4枚が隙間なく縫い合わさるようにします。それぞれの布に関しては縫い合わせる前に綿を均等に入れるようにしておきます。4枚を全て縫い合わせて底辺も縫い揃えたら裏返しにして完成になります。実際に鍋にかぶせてみて、密着するようであれば問題ありません。隙間が空かないようにしなければいけません。

鍋帽子の作り方のまとめ

全国友の会振興財団が商標登録をしている鍋帽子の作り方のまとめとしては、作ることによって煮込み料理などをエコに作ることができることがあります。またそれだけでなく、作るときにはできるだけ自宅にある材料を活用することを言われています。全国友の会振興財団としても地球に優しい調理ができるとして鍋帽子を紹介しています。ガスや電気を使わなくても、余熱を上手く使うようにすればおいしく料理を作ることができることがわかります。自分で作ることの良さとしてはいろいろとデザインを変えたり、中身を変える、また自宅にある鍋に対応することができることがあります。自宅の鍋といいますと大きさが違っていたりとっての位置が違っていたりします。そのために市販のものでは対応できないこともあります。自分で作るのであれば、その度に簡単に鍋に合わせることができます。長く使うようになれば破けてきたりすることもあるでしょうが、そのときにも変えるのではなくて今ある材料で補修するようにします。そうすればまだまだ使うことができるようになります。せっかくいいものを作ったのであれば周りの人にもいろいろと教えてあげるようにすれば、その人たちもエコに生活できるようになります。

y001-0023

出勤簿の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

出勤簿はなぜ必要なのでしょうか?言わずと知れた従業員の就業状況を把握するため、毎月の出勤状況を管理するためには必要です。...

y001-0688

傘の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

雨の日を中心として利用されている道具には傘がありますが、DIYによって傘を製作する方法も用意されています。一般的には市販...

y001-1222

スマホケースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

スマートフォンは、現代人が情報ツールとして広く使われている物であり、アプリをインストールする事で機能強化を図れます。スマ...

y001-1036

パペットの作り方!簡単に可愛い手作り人形が作れる

『パペット』は、人形劇などで使用される操り人形のことで、人形の操り方との組み合わせで使われることが多いです。同じ人形と呼...

y001-1126

なすの煮びたしの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

なす料理はほかの野菜に比べるとそれほどレパートリーがないかもしれませんが、なすの煮びたしは定番中の定番で、とてもおいしい...

y001-1127

ナスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏野菜にはトマト・きゅうり・かぼちゃ・枝豆などいろいろな種類がありますが、家庭菜園で育てるならお勧めはナスです。ミニトマ...

y001-1491

アクセサリーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アクセサリーを作る理由は、自分の好みで作れることです。自分で身に付ける目的で作ることもできますし、上手に作れるようになっ...

y001-0830

杏ジャムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

杏は中国が原産で、ヨーロッパでも古代から栽培され万能に効く薬として重宝されてきた果物です。生の果実やドライフルーツも有名...

工作の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

店頭では靴箱や本棚、ペン立て等非常に多くの商品が販売されています。それらの商品は同じモデルでも複数の種類があり、メーカー...

y001-0053

和装バッグの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

着物でお出かけをする時に必ずと言っていいほど必要になるのが和装バッグです。着物に合わせる小物は数々ありますが、意外に忘れ...

y001-1453

うどんの簡単な手作り...

うどんは蕎麦に並ぶ日本の国民食です。讃岐うどんで有名な香...

y001-0879

よく飛ぶ紙飛行機の簡...

子供の頃なら誰しもが一度は紙飛行機を作成して飛ばした経験...

y001-0590

焼き飯の簡単な手作り...

日本人ならば、やはり米を食べるのが自然です。米はパンより...

y001-1339

かんぴょうの煮方の簡...

かんぴょうには食物繊維が豊富に含まれている言われています...