DIY椅子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

DIY椅子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

DIYは近年、大型ホームセンターの人気や雑誌に特集が組まれたことなどにより、家庭で多くの人が取り入れています。現在では個人でもプロが使うような道具や材料を使い、DIYを楽しんでいます。DIYは木材を買い、始めから全て手作りする場合や既製のものを自分で工夫し、作り直すものなど楽しみ方は様々あります。始めから全て手作りする場合、設計図も自分で考えなければならないので大変でさはありますが、細かい部分まで全て自分好みに仕上げることが出来ます。既製のものを作り直すような場合、ある程度デザインなどは制限されますが、新たに木材を買う必要もなく、既に一部出来上がっているので比較的早く物を作り上げることが出来ます。それぞれに良さがあるので、自分のニーズに合わせて選ぶことも可能です。DIYの中でも、椅子やテーブルなどの生活の中でよく利用する様なものは、使えば使うほど愛着が湧き、馴染んでくるのでおすすめです。難しく思われがちですが、構造などはとてもシンプルで、工程もあまり多くないので家庭で簡単に手作りすることが出来ます。家庭でDIYをすることで、世界に1つだけの自分のオリジナルな椅子に座ることが出来るのです。

DIY椅子を作ることの楽しさ

DIYの椅子を作ることのメリットはたくさんあります。 まず、自分の部屋に合ったデザインや色で作ることが出来ます。 既製品には中々ないサイズやデザインでも、自分で作ることにより、1番求めて椅子を手に入れることが可能です。 また、DIYの良さは手作りだからこそ安心出来るということです。 自ら安心して使える素材を選ぶことが出来ます。強度においても手作りだからこそ、頑丈に作ることが可能になります。 そして木を使い手作りした場合、使えば使うほど味が出ます。 使っていくと付いてしまう傷や汚れも愛着に変わります。 自分で作り上げ、自分の子や孫に使って貰うことも出来るのです。 椅子に関しては、想像以上に簡単に作ることが出来ます。 自分の作りたいサイズさえきちんと測ることをすれば、立派な椅子を作ることが出来ます。 材料も最近では様々な場所で手に入れることが出来、道具も100円ショップなどでも売っているところもあります。 DIYは構えることなく、誰でも簡単に作ることが可能です。 色も最近では、自分でとても塗りやすく、耐水性や速乾性などがある塗料などが簡単に手に入ります。 自分の部屋に合ったお気に入りの色の椅子を作ることが出来ます。

DIY椅子を作るのに用意する物

DIYと言えば木工です。 簡単なものではブックエンドなどの本立てや棚があります。 折角だからもう少し難しいものに挑戦したいと思ったら椅子がお勧めです。 人が座るのである程度の強度が必要ですし、がたつかない精度も必要です。 でもコツさえつかめば、そう難しいものではありません。 椅子と言ってもDIYで作る範囲ですから背もたれのないタイプがいいでしょう。 まず、3cm角の棒を4本用意します。 成人男性でしたら50cm程度の長さにすれば座りやすいでしょう。 次に3cm角の棒を24cmの長さで8本用意します。 これは脚同士をつなぐ渡し木になります。 そして座るところとして厚さ2cmの40cm角の板を1枚とこれに合うウレタンを用意します。 最後に上にかぶせる生地が必要です。 脚や座面をつけるために木ネジ4mm×15mmを使います。 座面シートを固定するために長さ15mmの小さな釘も準備しておきましょう。 もし、ハンドタッカーが用意できれば大分楽になります。 ハンドタッカーは針を打つところが外側に出ているステイプラーです。 板に押し付けて、大型のホチキスを打ち込むことが出来ます。 座面につける生地は特に指定はないですが椅子用となるとPSEがなくても問題ないとOKな理由を帰って来たら話します。

DIY椅子の作り方の手順

手作り方法は以下のとおりです。 まず、各食材を指定の長さに切る。 次に長さ50cmの角材を4つ並べてその間を24cmの角材でつなぎます。 24cmの角材が正方形になるように脚の端にねじ止めします。 概ね25cmの高さところに同じように24cmの角材を取り付けます。 これにより台が完成しました。 あとは座面の作業になります。 出来上がった脚の部分を座面に取り付けます。 40cm角の板の対角に線を引きます この対角線状に4つの脚の付け根が来るように調整します。 その後、座面の上側から脚の部分を固定します。 これで木工部分は完了です。 座面にウレタンを敷きます。 使う特にウレタンがずれないよう両面テープで固定することも可能です。 ウレタンの寄りなどが起きないようにしっかり固定します。 形を整えたら生地をかぶせます。 生地を座る部分にしわがよらないように調整しながら取り付けます。 その生地を小さな釘で座面に打ち付けます。 生地がしっかり止まったら完成です。 基本的にはこれの繰り返しなので必要な分だけ作ります。 DIYなので、脚の部分をペンキで塗ったりニスで塗ったりとお好みの方法で対応可能です。 クッション材をつけるため固定したネジの打った部分は見えません。

DIY椅子の作り方のまとめ

DIYの椅子も木材から作る方法など、様々なものがありますが、ここではすのこを用いて簡単に作ることが出来るベンチの手作り方法を紹介します。 どこにでも売っているすのこを用いても、少し手間を加えるだけでアンティークな雰囲気のあるベンチを作ることが出来ます。 1、すのこは85㎝×45㎝のものを3枚使用します。すのこ3枚は全体に軽くやすりをかけておきます。 2、カッターなどで軽く傷を付け、ウッドステインを塗ります。 3、ステインが乾いたらイエローホワイトのペンキを塗り、乾かします。 4、乾いたら所々やすりで削り、下の色を出して行きます。これでベースは完成です。 5、1枚のすのこを半分板を取ります。 6、もう1枚のすのこは真ん中4枚の板を取ります。脚の部分に使います。 7、脚の部分を半分に切り、下駄を向かい合わせて最後のすのこをそのまま乗せます。 余っている板をその下の下駄のところに乗せ、全てネジで留めていきます。 8、出っ張っているところは削り、余った板で脚の部分の下駄が前から見えない様に補強します。座面の高さに合わせて出たところを切ります。後ろも同様に補強しますが、長さは切らずに残します。 9、背もたれになる板は左右の下駄を取り外します。長さを調節した背もたれに取り付けたら完成です。 お好みでアンティーク感を強める場合、さらに削りや傷を加えます。

y001-1165

ツムツムキャラ弁の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本人は非常に食事に恵まれた世界にいます。和食などは世界遺産に指定され、日本の出汁の素晴らしさが世界に認められるようにな...

y001-0377

美味しいすき焼きの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

すき焼きには様々な野菜とお肉が入っており、とても栄養価の高い食べ物です。中に入れる具材は白菜、青ネギ、長ネギ、エリンギ、...

y001-0218

マスクポーチの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

かつてはマスクをする機会といえば、風邪を引いたときや、学校での給食当番や調理実習の際など、自分自身の呼気や唾液が飛ぶのを...

押し花の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

公園に咲いているお花や草花、お花屋さんで購入した好きなお花や、プレゼントで頂いた豪華な花束、そんな大切なお花をいつまでも...

y001-0380

美味しいおにぎりの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

美味しいおにぎりは、お弁当の定番です。日本人ならば誰しも一度は食べたことがある食べ物です。握ってラップやアルミホイルで巻...

北欧モビールの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

もともとは赤ちゃんや子供の視覚を楽しませるために利用されていた北欧モビールですが、北欧では室内にこもることが多いためにD...

y001-1267

ジーパンリメイクバックの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レ...

長く愛用してきたジーンズでも使わなくなってしまうこともあるでしょう。サイズが変わったり、風合いが変わったり、破れてきたり...

y001-1467

イカの塩辛の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

スルメイカ、ヤリイカ、アオリイカ、コウイカ、ホタルイカなど食用とされるイカの種類はとても多く在ります。イカは種類が異なる...

y001-1256

しめ鯖の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

しめ鯖は生きのよい鯖を酢でしめたレシピです。好みが在るのが特徴ですが、好きな人はお寿司屋さんで青物の魚を食べるケースが多...

y001-1465

いかめしの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

いかめしに利用するイカの種類はスルメイカとヤリイカの何れかです。但し、アオリイカやコウイカでもいかめしを作れない訳ではあ...

y001-0847

レモンソースの簡単な...

レモンは、非常に酸味が強いということを特徴としているフル...

y001-1301

コースターの簡単な手...

夏場になると冷たい飲み物を自宅に来たお客様に出す方も多い...

y001-0357

付け帯の簡単な手作り...

初心者が着物を着る際に大きなネックとなるのが帯結びです。...

y001-1417

おいしい天ぷらの簡単...

おいしい天ぷらを作ることができるというのは、日本の食文化...