イカの皮のむき方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

イカの皮のむき方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

イカの皮はむく作業はとても難しく思われていて、丸ごと買ってくるのを避けてしまうこともあるのではないでしょうか。イカは簡単なむき方を覚えてしまえば、楽にむくことができます。イカをまるごと買うことでいろいろな料理を作ることができるので、試してみましょう。イカはそのまま刺身で食べても美味しいですし、煮物にしたり揚げ物にしたりとバリエーションが多い食材です。イカの皮はむかなくても食べることができますが、料理によっては、むいたほうが美味しくなることがあります。イカの皮は火を通すと、食感が悪かったり、ゴムのように身が縮んでしまいます。火を通すと紫に色が変わるので、食感が気になる人や、見た目を綺麗にしたい時にはむいたほうがいいでしょう。また、イカの皮と身の間には寄生虫がいることがあります。この寄生虫は体には無害なことが多いのですが、食べることで食中毒を起こして、腹痛になることもあります。加熱や冷凍することで害を防ぐことができるので、家庭で料理する時には、しっかりと火を通したり、冷凍してから調理するようにしましょう。また、食中毒になる菌は真水に弱いため、刺身などで食べる時には、安全に食べるために、皮をむいてから流水で身を洗うようにするといですね。

イカの皮のむき方を作ることの楽しさ

イカの皮のむき方を覚えることで、イカの身だけでなく、内臓や足を使った料理を作る楽しみができます。内臓を使った料理といえばイカの塩辛ですよね。イカの塩辛は、市販のものだと添加物や保存料が含まれていることがありますが、家庭で作ることで、新鮮なだけでなく、体にも安全なものを食べることができます。足の部分は、バターで炒めたり、ホイル焼きで楽しむことができます。また、イカをまるごと使った料理を作ることができるのも、ひとつの楽しみではないでしょうか。イカの一夜干しは、イカの皮をむいて、内臓を取り出し、身を開いたものを塩水につけて、風通しの良い場所で一晩置いて作る干物です。軽く炙ってマヨネーズや七味をつけて食べると、お酒のおつまみにピッタリなので試してみましょう。イカの皮のむき方を覚えるだけで、今までできなかった料理を作ることができますし、レパートリーを増やすことができるでしょう。今まで市販のものを買っていた料理の、手作り方法を知るだけで、料理がより楽しく感じるようになりますよ。イカの皮のむき方は、一度覚えてしまえば誰でもできるようになるので、家族みんなで、一緒にイカの料理を作ってみるといいですね。

イカの皮のむき方を作るのに用意する物

夏の時期から秋にかけて旬を迎える食材の一つにイカがあり、日本で取れるイカの多くは胴体が長いするめいかと胴体が丸いコウイカに分かれます。どちらの種類も日本の海産物を食べる文化として根付いているのですが、近年イカの栄養が高いことで注目されています。体内の脂肪を燃やす役割として不飽和脂肪酸を摂取することが推奨されているのですが、その脂肪酸を含んでいるのが青魚に含まれている脂です。イカは肉食の生態を持ち主に小さいカニや小魚を捕食していることによって、必然的に体内には多くの飽和脂肪酸を含むことになるのです。そして体内の細胞を上手く動かすためにはたんぱく質が必要になるのですが、通常摂取するには牛や豚そして鳥から取るのですがその場合消費しきれない脂肪分も取ることになります。しかしイカの場合は脂肪分そのものが少ないため、上質なたんぱく質をカロリーを気にせずに摂取することができるためダイエット食として人気になっているのです。しかし実際にイカを自宅で食べる際に問題となるのが表面の皮であり、表面の皮は何層にも積み重なったコラーゲンで構築されていることで滑りやすく剥きにくいのです。そこでイカをダイエット食として普及させるために、漁獲量1位の土地である北海道で剥きにくい皮を包丁と手だけで簡単に取り外せる方法を広めています。



イカの皮のむき方の作り方の手順

これまでの剥き方は滑る原因がたんぱく質のコラーゲンということが分かっているので、そのコラーゲンを半減させるためにお酢を使ってコラーゲンを分解してむきやすくするか熱湯にくぐらせて剥くというやり方が一般です。しかしその場合お酢の成分や熱湯にくぐらせることよって身にも影響してしまい、イカ本来の味を損なってしまうことが多かったのです。そこで北海道ではお酢や熱湯を使わないイカの皮のむき方を確立しており、そのイカの皮のむき方は先に言ったとおりに包丁と手を使うだけです。その手作り方法はいかの胴体に指を入れ内臓と胴体がつながっている部分をはずし、しっかりとおさえながら足をゆっくり引くと内臓がいっしょに取れます。そしてイカの胴体にある両サイドの平たい部分の耳を取るために耳と胴体の接続部に押し割るように親指を入れ耳を胴体から引きはがします。最後に耳をむいたことでイカの皮の繊維は縦に並んでいることによって指を入れる空間ができているので、その横の耳部分から指の腹をつかい横方向にむくと滑ることがないイカの皮のむき方になります。その後は空いた胴体にもち米や野菜を詰めて煮つけにしたり、胴体をそのまま切ってフライや焼きにすると美味しく食べることができます。

イカの皮のむき方の作り方のまとめ

イカの皮のむき方は、まず胴部分の中に指を入れて、足と胴部分をつないでいる筋を切ります。そのまま足を引っ張りだして、胴部分と足を分けましょう。この時に内臓も一緒にとれるので、料理に使う場合はとっておきましょう。次に、耳と胴部分がつながっている所に親指を入れて、耳を一気に剥がします。耳が剥がれる時に皮も一緒にむかれるので、そこから指を使って胴部分に残っている皮をむいていきましょう。指ではがれにくい時には、布巾などを使うとむきやすくなりますよ。イカのぬめりでむけにくい時や、力が入らない時には、お酢をかけることで簡単にむけるようになります。お酢を入れたパットにイカを置き、片面ずつ1分半程度漬けておきましょう。あまり長く漬けてしまうと、お酢の味がイカに染み込んでしまうので注意しましょう。お酢に漬けることでイカのタンパク質が変化して、身と皮が剥がれやすくなります。皮をむくと白い身が出てくるのですが、イカには薄皮があるので、乾いた布巾やキッチンペーパーでこすりとるようにしましょう。皮をむき終わったら、流水できれいに洗えば完成です。あとは刺身用や煮物用など、料理に使う大きさにさばいていくといいですね。



y001-0384

肥後ずいきの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

肥後ずいきは、ハスイモの茎の部分を干したものです。ハスイモとは、サトイモ科サトイモ属の常緑性多年草であり、東南アジアを中...

y001-1054

パジャマの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

パジャマというのは、小さな子供からお年寄りまでが必要とするものと言えます。もちろん、浴衣を着て休む方やネグリジェなど、人...

y001-1180

チキンライスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お米と鶏肉を混ぜ合わせて、ケチャップで味付けをしたチキンライスは、日本で誕生した洋食です。メインの具材は鶏肉の他には、玉...

y001-0543

生クリーム牛乳の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ケーキにたっぷりと塗りつけてある、生クリームの食感が好きだという人は多く存在します。まったりと濃厚なホイップクリームの甘...

y001-0153

自家製焼肉の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

焼肉のたれは購入することが多いですが、焼肉以外で使うことがほとんどなく、消費期限が過ぎて結局捨ててしまうことがあります。...

y001-1276

サツマイモのつるの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

戦時中の食糧難だった頃の話などでは登場することもあるサツマイモのつる、今ではほとんど食べる機会はありません、そもそもあま...

y001-0015

ブックカバーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

読書好きの人にとって、本はとても大切なものです。ついうっかり、よく見もせずにテーブルの上に置いたら、水がこぼれていて濡れ...

y001-0214

藁の鍋敷きの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

藁の鍋敷きを作る理由としては、まずは鍋を直接テーブルの上などに置くことは良くないからです。テーブルは木製のものもあれば、...

y001-1246

しょうがの味噌漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

しょうがは、日本では奈良時代には既に栽培されていたと考えられており、古事記にも記載されています。食用や薬用、香辛料、お菓...

y001-0912

ミツバチの巣箱の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ミツバチが作りだす蜂蜜は、花の蜜を採取して巣の中で加工したものです。これを入手するために、開始したのがミツバチの巣箱を作...

y001-0212

レオタードの簡単な手...

レオタードを作る理由としては、モチベーションが一番に挙げ...

y001-0124

梅シロップの簡単な手...

子供から大人まで作り方が簡単で楽しむことができるのが「梅...

y001-1066

バーベキューコンロの...

花見やキャンプなど、たくさんの人が集まるところではよく「...

y001-1507

EXCEL名簿の簡単...

現代社会はパソコンが身近になり、様々な目的で使うようにな...