いちごジャムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

いちごジャムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

いちごジャムを作る理由や目的につてはさまざまなものがあります。まず、いちごが実る季節になるとたくさんおすそわけをもらうことがあります。せっかくもらったから、そのままも食べるけれどこんなにあったら食べ終わる前に悪くなってしまうから早めにいちごジャムにしておこうと考える人もいます。他にも自宅での家庭菜園でたくさん実ったからなどもあります。自分でいちごを購入して作りたいと考えてい理由は、毎朝の食パンにぬって食べたいからなどがあります。おやつの時間にホットケーキなどにのせて食べるのもおいしいのでおすすめです。また人にあげるように作る場合もあります。手作りのビンにはいったいちごジャムならもらうほうも気軽にもらってくれます。かわいくラッピングするとよりいいです。そのほかにも市販されているものは何が入っているのかわからないから不安だから手作りしたいと考えている人もいます。市販のものは甘すぎるから健康のことを考えて砂糖を少なめにしたいという場合でも手作りなら調節ができるのでいいです。以上のようにたくさんの理由や目的があり、いちごジャムをつくる人がたくさんいます。また作るのも手間はかかりますがとても楽しいです。

いちごジャムを作ることの楽しさ

実際作るとなると手間はかかります。市販のものを買う方が楽だと考えるひともたくさんいるでしょう。しかし、大きな鍋でたくさんのいちごを煮ている光景や、いちごの甘いにおいが部屋中にすることはとても幸せな気分になります。食べ物を手作りするのはとても素晴らしいことで、みんなから褒められることです。 手作りすることにより自分好みの味にすることもできるのがメリットです。甘さの調節だけでなくいちごの果肉感なども自分で調整することができます。健康に気を使っている人なら砂糖の量を自分で決められることも大きなメリットです。砂糖を少なくしておくことで、たくさんジャムを塗っても罪悪感があまりなく食べることができます。自分の健康だけでなく家族のことも考えるとこちらを特におすすめします。子供の場合特に小さな子供だと糖分の取りすぎが気になります。できるだけ自然の味に近い、いちご本来の味を楽しむようなジャムを作ることだってできます。 ジャムを作るときにはたくさん作って、小さなビンに小分けしていろいろな人におすそわけすることをおすすめします。いつもお土産をくれる人へのお礼などにはちょうどいいです。もらう方も気兼ねなくすっと受け取ってくれます。

いちごジャムを作るのに用意する物

いちごジャムはスーパーやコンビニでも気軽に購入することが出来ますが、自分の好みの味に仕上げたいのであれば、手作りしてみてはいかがでしょうか。材料もシンプルで、簡単に作ることが出来ます。また、保存もききますので、いちごの美味しい時期に大量に作って一年中楽しむことが出来ます。 いちごジャムを作る際に必要な物は、いちご、砂糖、レモン汁です。いちごと砂糖の割合は好みにもよりますが、ヘタを取り除いたイチゴの20~30%程度にします。保存性を高めたい場合には、砂糖の量を増やすと良いでしょう。好みに応じて変えるようにします。また、保存する場合には、好みの大きさの瓶を用意しましょう。 いちごジャムを作る場合には、熱伝導率の良い銅製の鍋がおすすめですが、用意することが出来ない場合には、厚手の鍋を用意するようにしましょう。出来るだけ大きめの鍋を用意すると作る時に楽です。イチゴに傷みが見られた場合には、その部分は切り落としてジャムを作るようにします。また、白っぽく色づいていない場所がある場合も同様に切り落とすようにすると綺麗な色のジャムを作ることが出来ます。 なお、保存瓶はあらかじめ熱湯で殺菌しておくようにしましょう。



いちごジャムの作り方の手順

いちごジャムの簡単な手作り方法は、まずいちごを洗います。その後、ヘタを落としますが、しっかりと水気を拭き取るようにします。ヘタを取り除いたいちごの重さをはかり、その重さの20~80%程度の砂糖を用意します。砂糖といちごを鍋に入れます。いちごの形を残したい場合には、そのまましばらく置いておきますが、形がないジャムを作る場合には木べらなどで潰しておきます。いちごから水分が出てきたら、火をつけ煮詰めます。火力は、強火で構いません。しっかりとかき混ぜないと焦げてしまうので注意をしましょう。強火で火にかけると膨張しますが、そのまま火を弱めずに加熱していきます。アクを取り除きながら、煮詰めていきます。最初は大きかった泡が徐々に小さくなっていきますので、好みのとろみが付いたら、火を止め、レモン汁を加えます。ジャムは冷えると硬くなりますので、若干ゆるいと思う程度で火を止めるようにしましょう。熱いうちに瓶に入れ、蓋をした状態で蓋を下にし、粗熱を取ります。冷凍する場合には、粗熱を取ってから、保存袋などに入れると良いでしょう。 煮詰め具合が分からないという場合には、少しゆるめに作るようにしましょう。煮詰めすぎてしまうと、飴上になってしまうので、注意が必要です。

いちごジャムの作り方のまとめ

まずいちごのへたを包丁で切り取ります。できるだけ葉が残らないようにします。その後きれいに水で洗います。水気を切りペーパータオルでふき取ります。いちごの酸に負けない様に鍋はホーローか耐熱ガラスのものを使用し、いちごを鍋の底に敷き詰め、その上にグラニュー糖を入れます。これを繰り返しいちご全体にグラニュー糖がかかるように鍋いっぱいに入れていきます。そしてレモン汁を入れます。ラップをして10時間ほどおいておきます。そして火にかけます。まずは中火で沸騰してくると火を弱めます。あくが出てくると丁寧にとります。煮詰めすぎるとあめ状になってしまうので少し早い段階で火を止めます。以上でいちごジャムの完成です。とても簡単な手作り方法なのでぜひ試してみてください。ビンに入れて保存する場合には、ビンを鍋で煮沸消毒しておくといいです。大きな鍋でたっぷり作って、ビンで保存するといいです。菌の繁殖を防ぎ、いつまでもおいしく食べられるように、ビン本体や、蓋の煮沸消毒はしっかりと行い、きちんと乾燥させてジャムをいれるようにするといいです。注意点としてはいちごを煮ているときにかきまぜすぎないようにすることです。じっくりと待ちましょう。



y001-0880

ヨーヨーキルトの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ヨーヨーキルトは、パッチワークの手法の中でも独特の作り方であり、人気が昔からあります。そのため根強い人気が現在もあり、多...

y001-0420

猫捕獲器の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

動物関連のアイテムとして猫捕獲器というものが用意されています。一般的に市販されているものも目にすることができ、高性能なタ...

y001-0345

物置基礎の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

一戸建て住宅の場合では屋外に物置を設置される方が多く存在しています。室内に収納できないような物を片付けることを目的にして...

y001-1173

ちゃんぽんの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ちゃんぽんという言葉を聞いて多くの人が思い浮かべるのは長崎ちゃんぽんです。これは江戸時代から唯一海外に向けて港を開いてい...

y001-0796

家庭菜園野菜の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

念願の一戸建て住宅を購入したら、自宅の庭を使って家庭菜園を楽しむのもいいですね。家庭菜園とは庭やベランダで自家製の野菜や...

y001-0600

小学5年生自由研究の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

小学5年生のお子さんが長期休暇を利用して自由研究を行う場面があります。自由研究の中には工作を行う方法も用意されていて、古...

y001-0627

手作りバックの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

バッグはさまざまなものを持ち運ぶために必要な道具です。小さいバッグや大きいバッグ、入れる中身によって交換したり、外出する...

y001-0336

保冷バッグの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

保冷バッグは季節を通して出番がある、非常に便利なものです。夏はお弁当を始めとする食料品の持ち運びで腐らないように、飲み物...

y001-0902

メッセージカード手作りの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レ...

自分以外の人へのお祝いの言葉、クリスマスやお正月と言った時節のイベントの際に贈る言葉や、近況報告も兼ねた挨拶の手紙に代わ...

y001-0461

朝顔折り紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

「朝顔」は私たち日本人にとって、大変身近な植物です。古くは江戸時代の朝顔市に始まり、小学生の頃、夏休みの宿題として観察日...

y001-1401

おやきの簡単な手作り...

「おやき」は、長野県の名産品の一つで、小麦粉・そば粉など...

y001-1140

ドライカレーの簡単な...

おいしくて簡単でボリュームのあるメニューといえば、なんと...

y001-0081

エルゴカバーの簡単な...

エルゴカバーを作る理由としてはエルゴが邪魔になることが多...

y001-1410

オニオンスープの簡単...

玉ねぎをメインに使ったオニオンスープは、西洋料理の味わい...