おいしいハンバーグの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

おいしいハンバーグの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

おいしいハンバーグは人気レシピの定番です。ボリューム満点のおかずにもなり、子どもも大人も大喜びです。夏にスタミナをつけたい時や、育ち盛りの子どものために作るおかずの目的として適した料理です。ハンバーグの基本レシピは肉、卵、パン粉、玉ねぎです。肉と卵はたんぱく質、パン粉は炭水化物、玉ねぎはビタミンやミネラルなど、割合を変えれば栄養バランスも良いです。野菜が苦手な子どもでも、逃げてな野菜を細かく刻んであげると、肉のジューシーさで味がカバーされて食べやすくなります。食べた後にどんな野菜が使われていたかを教えれば、苦手だと思っていた野菜の克服にもなります。ハンバーグはアレンジによって、デミグラスソース、おろし、煮込み、豆腐、などいろいろな食材で作ることが出来ます。パンに挟めばハンバーガーになり、ピクニックのお供としても使えます。もともとハンバーグはモンゴル帝国のタタール人が長旅用に連れていた、馬の肉を使って作ったのが原型だと言われています。その後はヨーロッパで食べやすいように改良されて、日本にも入ってきました。豪華に見える料理なので、普段のおかずとして食べる以外にも、おもてなし用や特別な日に食べるのにも適しています。

おいしいハンバーグを作ることの楽しさ

簡単なハンバーグの材料は、牛肉や豚肉などのひき肉、材料のつなぎとして使う卵とパン粉、甘みを引き立てる玉ねぎ、の4つです。 ハンバーグを手作りするメリットは、ふっくらジューシーなひき肉料理を作る基本が身につくということです。普通に作ればハンバーグの味にはなりますが、試行錯誤して作ることで、その家庭の味ができあがります。 おいしいハンバーグを作るコツは、刻み肉をプラスする、空気を抜く、適温で焼く、の3つです。ひき肉だけ使っても美味しくできますが、ひき肉:豚バラ肉=2:1の割合で混ぜるとふんわり仕上がります。 ハンバーグは、子どもと一緒に作るのも楽しいです。本格的に作る時にはタネはあまりいじらない方が良いですが、子どもと作るならばタネが体温で溶けないように手を冷やしながら混ぜると楽しみながら成形出来ます。楕円形に焼いても良いですし、動物の形にしても楽しいです。ミニハンバーグをいくつか作って盛る時にそれでアートにして楽しむ方法もあります。 真ん中にチーズを入れたり、かけるソースを手作りすれば、さらにバリエーションが広がります。 おいしいハンバーグを作ってあげると、家族から料理上手という評価が得られるかもしれません。

おいしいハンバーグを作るのに用意する物

子どもも大人も大好きなハンバーグは、気軽に作れるお母さんの味です。簡単に作れるかと思いきや、焼いたら縮んだり、肉汁が全部染み出しカスカスになったり、とふっくらジューシーに作るにはコツが必要です。まずおいしいハンバーグを作るにはひき肉を用意します。豚肉だけや牛肉だけでも作れますが、合挽き肉を使った方が肉汁がジュワッと溢れ、深みのあるハンバーグになるので、合挽き肉がオススメです。肉と一緒にこねる野菜は玉ねぎが一般的ですが、野菜をたくさん食べてほしいときはニンジンを細かく切って入れても美味しいですね。つなぎはパン粉だけで十分ですが、卵を入れてもいいですし、マヨネーズを入れても美味しいです。調味料には塩コショウ、ナツメグを使います。肉料理にナツメグを合挽き入れると臭みが抑えられますし、味にアクセントが加わります。濃い味付けにしたいときはウスターソースやケチャップ、みりんなどを適量加えると良いでしょう。食材以外には、肉をこねるボールとフライパン、成形したハンバーグを置く皿、焼く時にまぶす片栗粉、お湯を用意してください。火が通ったか確認するために竹ぐしがあると便利ですね。ひき肉を手作り方法でする場合はフードプロセッサーを用意しましょう。

おいしいハンバーグの作り方の手順

まずおいしいハンバーグを作るためには、玉ねぎのみじん切りをしっかり炒めます。なるべく細かくみじん切りした方がいいですが、大変なときは粗く切っても食感が残っておいしいので、そこは自由に切ってください。飴色になるまでじっくり炒めたら、ボールに入れたひき肉と合わせます。玉ねぎは冷ましてから入れます。熱々だと肉の色が変わってしまいますし、こねる手を火傷してしまうので気をつけましょう。ナツメグや塩コショウ、パン粉を加えたら手でこねていきます。ここでこねるのが足りないと、フワフワとした食感になりませんので、しっかりこねてください。もういいかなと思ってからもうひと踏ん張りこねて、肉だねがフワフワしてきたら大丈夫です。次に成形作業ですが、大きさは好みですが、俵型にするのがオススメです。キャッチボールのようにして空気を抜いたら、冷蔵庫で1時間ほど冷やします。そして、焼く直前に片栗粉を万遍なくまぶします。これで肉汁を閉じ込め、外をカリッと焼き上げます。両面に軽く焦げ目をつけたら、沸かしたお湯をハンバーグが半分浸るぐらいまでそそぎ、弱火で蓋をします。じっくりと火を通し、竹ぐしをさして何もついてこなければ、おいしいハンバーグの出来上がりです。

おいしいハンバーグの作り方のまとめ

ハンバーグの基本レシピは8個分で、合挽き肉(牛or豚)600g、玉ねぎ200g、卵100g、牛乳60g、パン粉(生)60g、塩6g、コショウ適量、です。 玉ねぎをあらかじめみじん切りにして、最初に炒めておきます。パン粉に牛乳を加えてふやかしておきます。玉ねぎは炒めたら粗熱をとっておきます。 材料を全て(合挽き肉、塩、コショウ、溶き卵、ふやかしたパン粉)を大きめのボウルに全て入れます。手でこねると体温で脂肪が溶けてベトベトになってしまうので、手を冷やしながら行うと良いです。材料をしっかりこねるのがポイントです。弾力が出るまでこねると口当たりが滑らかになります。 生地をこね終わったら、8等分にしてハンバーグの形に成形します。この時に空気をしっかり抜くことで、型崩れを防ぐことが出来ます。自宅の手作り方法ならば、両手で交互にキャッチボールするようにして空気を抜くと良いです。 次は焼くポイントです。火をつける前にタネを置いて、時間をかけて焼くのがコツです。蓋をして蒸し焼きにします。片面が焼けてきたらひっくり返して、同じ色になるまで焼きます。中央部の生焼けを防ぐために、真ん中にチーズを入れたり、中央をくぼませておくと良いです。

バッター液の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

DIYで家の中を思い通りにアレンジするのは楽しいことですが、毎日の食事の支度は手間がかかるものです。ですから出来る限り簡...

y001-0380

美味しいおにぎりの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

美味しいおにぎりは、お弁当の定番です。日本人ならば誰しも一度は食べたことがある食べ物です。握ってラップやアルミホイルで巻...

y001-0918

ミサンガ3本の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手作りの魅力は作ることです。そして、だれかにプレゼントをしたら、とっても喜んでもらえることです。簡単なミサンガからプレゼ...

y001-0479

大豆レシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

大豆にはとても栄養があります。畑の肉とも呼ばれるタンパク質豊富な大豆ですが、様々な料理に合う食材です。例えば豆腐、煮物、...

y001-0948

ベビーベッドの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

もうすぐ赤ちゃんが誕生するというご家庭では、赤ちゃんを迎えるための準備を進めているでしょう。ベビー用の肌着をはじめ、よだ...

y001-0343

米の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

米は、日本やアジアなどで広く食べられている穀物です。米は世界三大穀物に数えられるほど、多く食べられいます。アジアではなじ...

y001-0716

絞り染めの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

「絞り染め」は、布の一部を縛るなどして、染める際に染料が染み込まないようにすることで、布に模様を描いて行く技法で、別名「...

y001-1241

じんべいの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本は四季が豊かであることでよく知られていますが、1年のうちに様々な変化のある風景などを楽しむにはよいものの、ずっと暮ら...

y001-0860

ルーレットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ルーレットは、くるくると回転している円盤状の器へ球を投げいれて円盤に記載されているどの数字のところへ球が落ちるのかを当て...

y001-0625

手作りバッグ型紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手作りバッグといっても、いろいろな種類のものがあります。子供向けの習い事のバッグであったり、大人向けのエコバッグのような...

y001-1450

うめぼしの簡単な手作...

うめぼしは、バラ科サクラ属の落葉高木うめの果実を塩漬けし...

y001-1414

おいしい梅干しの簡単...

ちょっと料理に梅干しを使おう、と思っても市販のものを購入...

y001-1333

ギャザースカートの簡...

ギャザースカートは購入すると他のスカートと大差ないお値段...

y001-1347

カレーのおいしいの簡...

国民の定番食にもなっているカレーは、なくてはならないレシ...