おむつケーキの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

おむつケーキの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

おむつケーキとは、おむつを使ってケーキのようにし、装飾などを行いかわいらしくしたものです。最近人気が出てきて利用する人も多くなりました。赤ちゃんが生まれたときのお祝いとして利用するものです。おむつケーキを販売しているお店もたくさんありますが、値段を抑えて自分好みに手作りしたいと考えている人も多いです。いくつかの気を付ける点を守れば、手作りしたものをあげても喜ばれます。気を付ける点は、とにかく汚れたりしないようにすることです。生まれたばかりや小さな赤ちゃんが肌に身に着けて使うものなので、汚れたりしないようにきちんと包装し、また手作りするときには手をしっかり洗うことやきれいな手袋をするなど気を付けておきたいところです。赤ちゃんを産んだばかりの母親はとくに神経質になります。せっかくお祝いをあげるのなら快くもらってもらえ、きちんと使ってもらえるように丁寧にしあげたいものです。おむつケーキの装飾として使うものの中には赤ちゃんが使うおもちゃなどを飾りつけすることもあります。どんなおもちゃがかわいらしく装飾でき、実際に使えるかなどきちんと考えて選ぶことをおすすめします。優しい色使いでたっぷりのリボンで飾るといいです。

おむつケーキを作ることの楽しさ

実際に作る楽しさは、やはり相手の喜ぶ顔を想像しながら作業できるというところです。また手作りすることで安くすむので、その分飾りのおもちゃなどを増やすなどすることも可能です。 おむつケーキは壊れやすいので実際に手で持っていくというケースがおおいと思いますが、相手が家のドアを開けた瞬間のリアクションも楽しみの一つです。家の中で開けてもらう場合には大きな袋に何が入っているのか楽しみになることでしょう。サプライズ感もありとてもおすすめです。 赤ちゃんのお祝いでいろいろなものをあげたりしますが、実際に使っているのかや、使い勝手が悪かったなどさまざまな問題があります。しかしおむつケーキなら確実におむつは使いますし、使い終わったら捨てるだけなので場所も取らないので問題ありません。ただかわいすぎて開けるのがもったいないと感じる場合もあるでしょうが、写真などに収めることで実際に使うことが可能になります。 とにかくかわいらしくしあげることができるおむつケーキは作っている間から楽しいです。こんな風にしたらよりかわいいかなや、このおもちゃを入れようと考えながら作るのでより楽しく制作することができます。相手の喜ぶ顔を想像しながら作ることができます。

おむつケーキを作るのに用意する物

出産祝いに贈るプレゼントで、最近注目されているのがおむつケーキです。おむつケーキとは、赤ちゃんが実際に使用できるおむつを、ケーキのように可愛らしく飾り付けたもので、海外でも出産のお祝いに利用されています。専門のショップでは凝ったデザインのおむつケーキも販売されていますが、簡単な物なら自分でも作ることが可能です。材料で必ずいるものは、おむつです。メーカーはどこの物でも大丈夫です。サイズも贈る側の赤ちゃんに合わせるか、分からなければSサイズあたりが無難です。少し大きめでも先々使用できるからです。その他必要な道具は、以下の物です。はさみ・両面テープ・リボン・輪ゴム・キッチンペーパー・ハギレ・ラップの芯白い紐・透明手袋などです。おむつケーキで使用するおむつは、実際に赤ちゃんが使用するものです。衛生管理はしっかりと行わなければいけません。清潔な机の上にシートなどを敷いて、手には透明手袋をつけて、最善の注意を図って作業を行いましょう。またおむつだけでなく、ベビー靴下・スタイ・ベビー服・おもちゃなども、おむつケーキに一緒に飾り付けてプレゼントすることができます。気に入ったものがある場合は、おむつケーキを作る前に準備しておきましょう。



おむつケーキの作り方の手順

二段おむつケーキの手作り方法は以下の通りです。まず手には透明手袋をはめ、清潔な机やシートの上でおむつを丸めていきます。手前からきっちりと巻いていけば大丈夫です。このままではおむつの柄が見えてしまいますし、衛生上も問題があるので、1枚ずつキッチンペーパーでラッピングをするように巻いていきます。巻き終わったらテープで留めます。これをラップの芯に巻き付けて固定していきます。まず一段目のおむつを6枚、ラップの芯を取り囲むようにぐるりと配置します。輪ゴムなどを利用して押さえておきます。次にその周りに12枚のおむつを固定していきます。輪ゴムを外し、白い紐で固定します。二段目も同様に6枚のおむつを並べ、紐で固定します。これで土台の完成です。後は好きな材料を使って飾り付けていくだけです。おむつケーキの土台に合うサイズに切ったハギレを、二段ケーキの周りに巻いていきます。リボンを巻いてプレゼントらしさを演出します。ベビー靴下などをプレゼントにしたい場合は、飾り付けの時に上手に取り入れます。おむつケーキに使用したハギレの色とコーディネートすると、一体感が出て素敵なプレゼントになります。もっと豪華に3段で作りたい場合は、土台で使用するラップの芯を、もっと長いものにするか、2本つなげて使用しましょう。

おむつケーキの作り方のまとめ

おむつケーキの簡単な手作り方法は、まず清潔にするためにきちんと手を洗いテーブルもきれいにしておきます。そしておむつを丸めていくのですが、ここで気を付けたいのがおむつの内側には触らないように作業することです。また一枚ずつ、汚れることや濡れたりすることのないようにナイロンなどで包んでいきます。ぎゅぎゅうに丸めないように注意が必要です。おむつをいくつかまるめると、それを縦にし円を描くように並べます。崩れないように紙や和紙、布などでしっかりととめます。上部も同じように包み、ケーキの土台部分を作ります。複数段にする場合は同じようにして上に固定します。そしてレースやリボンなどを使って飾りつけを行います。ケーキの上側には飾りつけを行いますが、その時に赤ちゃんが使えるものやおもちゃを飾り付けるといいです。例えば赤ちゃんの靴やスタイ、ガラガラ人形などです。どれも装飾を行う時にはきちんとナイロンなどで包み、丁寧に作業します。配置を考え、飾りや造花などもかざりかわいらしく製作します。 とにかく気を付けておきたいことは赤ちゃんが使うものなので汚れたりしないようにすること、どこからみても美しいようにつくることです。



y001-0730

股関節ストレッチの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

身体が硬いと、それだけで様々な不調が生じやすくなるというデメリットがあります。これは、単に筋肉の柔軟性が低下しているとい...

y001-0436

豚の角煮の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

肉料理と言えば豚肉や牛肉を使った料理が真っ先に思う浮かぶでしょう。牛肉の方は独特な臭みがあって食べにくいということはあっ...

y001-0199

ビーズ半襟の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ビーズ半襟を作る理由について書いていきます。ビーズ半襟は用意するものが、ビーズ、レース糸、かぎ針の3つほどで作ることがで...

y001-0629

手作りちょうちんの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏祭りや飲食店などでよくみかける提灯は、昔から日本で使われ続けているなじみ深い照明器具です。おもに野外で使われることが多...

アームカバーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アームカバーは日焼け止めや掃除の時に長袖が汚れないようにするために使うものですが、手作りすることもできます。手作りしてア...

y001-0513

折り紙星折り方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

封筒というのは手紙を中に入れて相手に郵送するものであり、郵送中に中身が落ちないようにしたり、中身が第三者に見られないよう...

y001-0915

ミサンガ編み方3本の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

過去、空前のサッカーブームとセットになって、ミサンガも若者を中心に大流行して、その当時に作るのにはまったという方も多いは...

バック持ち手の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手づくりでバックを作るには、やはり手づくりならではのよさがあるので、市販品よりも味もあっていいものなのです。もちろん、市...

y001-0486

大きな塩の結晶の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

子供の夏休みの自由研究のテーマであったり、大人も楽しめる理科実験の一種として試しに作られることが多いのが大きな塩の結晶で...

y001-1465

いかめしの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

いかめしに利用するイカの種類はスルメイカとヤリイカの何れかです。但し、アオリイカやコウイカでもいかめしを作れない訳ではあ...

y001-0217

紅白こよりの簡単な手...

祝儀などによく用いられる水引は、一般的に贈答品の包み紙な...

y001-0897

もちもちポテトの簡単...

もちもちポテトは、じゃがいもと片栗粉を混ぜて揚げることで...

y001-0428

南蛮酢の簡単な手作り...

南蛮酢を作る目的は、調理の時間が短縮されたり、料理も楽に...

y001-1422

おいしいたこ焼きの簡...

たこ焼きといえば、縁日や夏祭り、花火大会といったイベント...