ベビーポンチョの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ベビーポンチョの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

真夏などの暑い季節になりますと、どうしても気になるのが紫外線ですよね。赤ちゃんも、大人と同様に、強い紫外線に当たってしまいますと、場合によっては日焼けしすぎになってしまい、後々大変な事になる可能性があります。そういった時に役に立つのが、ベビーポンチョです。フードが付いていて、簡単に着せることが出来ますし、ちょっとした時に、一枚羽織るのに、大変便利です。また、市販で売っているベビーポンチョを購入しても良いですが、実は簡単に作る事が出来るというのをご存知でしたか。手作りでしたら、自分好みの柄を選んで作る事が出来ますし、また、小さいお子様の為に作るのでしたら、子どもの好きなキャラクターなどを生地に取り入れても良いでしょう。ポンチョですので、難しい採寸を気にする事もせず、自宅にミシンがあれば、簡単に作る事が出来ますので、大変おすすめです。是非、真夏の熱い時の紫外線対策や、ちょっと寒い日などに軽く羽織る事が出来る、ベビーポンチョを手作りしましょう。慣れれば、ちょっと時間があれば直ぐに作る事が出来ますので、何枚か作っておいて、予備として持っておくのも安心ですよ。お出かけをする時に大変重宝しますので、是非、作り方をマスターしちゃいましょう。

ベビーポンチョを作る事の楽しさ

ベビーポンチョを作る楽しさは、何といいましてもとても簡単だという事です。自宅にミシンがあれば、誰でも作る事が出来ますし、お洋服とは違って、形がとてもシンプルですから、比較的手先が器用ではない人でも、作りやすいものになっております。また、手作りであれば、余裕をもって生地を購入する事で、ベビーポンチョと自分用のポンチョを作る事が出来ちゃいます。親子でペアルックのポンチョを作る事が出来るのは、ハンドメイドならではの楽しみですよね。赤ちゃんであれば、自分好みの生地を用意して作る事が出来ますが、幼稚園程度のお子様でしたら、お子様の好みに合わせて、生地を用意するという楽しさもあります。一緒に手芸用品店に行って、好みの生地を探せば、より親子のきずなも深まる事でしょう。そして、場合によっては、裏地をアレンジする事で、リバージブルで作る事も可能です。日によって柄を変えて楽しむ事が出来ますので、お洋服に合わせたりしやすくなります。市販で売っているベビーポンチョになりますと、どうしても柄が決まってしまいますので、なんとなく嫌だという人は、自分好みのポンチョを作ってしまいましょう。そうする事で、より楽しくお洋服を選ぶことが出来ますよ。

ベビーポンチョを作る際に用意する物

ベビーポンチョを作る際に用意しなくてはいけないものは、まず、ポンチョに使う生地になります。リバーシブルで作りたいという事であれば、2種類の生地を用意しましょう。また、夏の紫外線対策で作るという事であれば、薄めの生地を用意して下さい。そして、防寒対策用にしっかりと寒さを防ぎたいという事であれば、フリースなどをしっかりとした生地を用意すると安心です。そして、次に必要なのが、型紙になります。簡単に作る事は出来ますが、パーツごとに必要な型がありますので、初心者の人であれば、絶対に持っておいたほうが、簡単に作る事が出来ます。型紙は、インターネット上で手に入れることも出来ますし、手芸用品店に行けば購入することも出来ますので、必要に応じて揃えて下さい。あとは、ポンチョを止める紐やボタンなどの装飾品と、生地に合わせた糸が必要になります。ハサミや糸切バサミなど、無いといった事でしたら、手芸用品店や100均などで揃えてしまいましょう。以上が、ベビーポンチョの作り方で必要な材料になります。凝ったものでも、簡単なものでも、手芸用品店や雑貨屋、100均一などに行けば直ぐに揃えることが出来ますので、是非、準備をして可愛らしいベビーポンチョを作りましょう。

ベビーポンチョの作り方の手順

では実際に、ベビーポンチョの作り方の手順について説明を致します。まず、買ってきた生地を、型紙に合わせて、それぞれのパーツにしっかりと手芸用のチェコペンなどで線を引きます。この型紙を取る作業は非常に面倒なところが多いのですが、ここで適当にやってしまいますと、完成したベビーポンチョが崩れてしまう可能性がありますので、しっかりと取るようにしましょう。型紙を取る事が出来ましたら、各パーツごとに切り取っていきます。特にフードの部分は、慣れてきましたらアレンジでウサギの耳を着けたりといった事も出来ますので、是非チャレンジしてみて下さいね。パーツを切り取りましたら、今度はミシンを用意して、ひとつひとつを丁寧に縫っていきます。ジグザグミシンかロックミシンで縫いますと、綺麗でほつれにくくなりますので、大変おすすめです。また、縫っていく際には、必ず前後身ごろの肩の部分から縫っていきますと、後で簡単ですよ。そして、前後身ごろの部分が縫い終わりましたら、次はフード部分を同様に縫っていきます。最後に、身ごろとフードをくっつけるようにして縫えば、終了です。前の部分が、紐で縛る場合には、紐もつけてしまいましょう。また、ボタンだという場合には、しっかりと着けてあげれば完成です。ベビーポンチョの作り方は非常に簡単ですので、是非、トライしてみて下さいね。

ベビーポンチョの作り方のまとめ

ベビーポンチョは、真夏の暑い時の紫外線対策として、大変おすすめです。また、真夏以外でも、真冬などの寒さ対策にも十分に活用する事が出来ますので、何枚持っていても重宝する事が出来ます。ベビー用品店で購入すれば、三千円以上するものも、手作りで作ってしまえば、実に簡単です。ベビーポンチョの作り方は、初心者の人でも解りやすく、トライしやすいものですので、是非、ちょっとミシンは苦手だという人でも、チャレンジしてみましょう。作り方は、型紙をきちんと用意して、それ通りに型を取れば、まず失敗をするといった事はありません。型を取る作業が少し面倒ではありますが、チャコペンをしっかりと用意して、間違えないように印を作るように心がけましょう。また、ベビーポンチョは、身体の大きさに関係なく、少し大きめのものを作っても問題ないというメリットがあります。成長する事を考えて、少し大きめのベビーポンチョを最初から作っておけば、数年は重宝する事が出来ます。自分の子どもの為に、子どもに合ったデザインの生地でベビーポンチョを作るのも良いでしょう。また、自分好みに合わせて、生地を用意しても良いでしょう。アレンジ次第では、フードに耳を付けることも出来ますので、慣れてきたら様々なデザインにチャレンジする事が出来ますよ。

C

混合燃料の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

「混合燃料」とは、2ストロークオイルと燃料を混合させた液体のことで、2ストロークエンジン内部の潤滑と共に、熱サイクルの燃...

y001-1125

なすの漬け物の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

健康や美容に良いと言われている発酵食品、ヨーグルトや納豆など、日常の食生活に取り入れている方も多いはずです。その中でも漬...

y001-1035

ハムエッグの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

いつもの朝食が物足りないというのなら、ハムエッグを作ってみてもよいでしょう。ハムエッグとは、ハムを加えて目玉焼きを作った...

y001-0834

鮎の塩焼きの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

鮎はアユ科アユ属の川の魚、別名「香魚」や「年魚」とも呼ばれており、川と海を回遊すると言った特徴を持ちます。また、川と海を...

たらこスパゲッティの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

週末や休日、主婦なら普段は自分の分だけで簡単に済ませる昼食を子供たちや家族の分まで作らなければいけなくなります。そんな時...

y001-1451

うなぎ罠の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

うなぎ罠を作る目的は、現代と昔では大きく違っています。昔であれば、うなぎは全国の河川や用水路に生息していたため、日常的に...

y001-0537

盛り塩の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

自宅の玄関に盛り塩を置いているというお宅は少なくないでしょう。住まいだけでなく店舗や事務所の入り口に設置することもあるの...

y001-0715

行灯仕立ての簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

園芸に関連するものとして、行灯仕立てと呼ばれている方法が用意されています。行灯仕立ては一般的には鉢植えなどを行っている場...

y001-0713

高菜の油炒めの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ご飯などに合う常備菜が欲しい人にとっては、高菜の油炒めを作るための理由がはっきりとしています。常備菜が豊かな食卓は、栄養...

y001-0205

汗取りタオルの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏は汗をかくことが多くなりますが、これから夏に向かっていくという季節も何かと体温調節が難しくなります。少し動くとじっとり...

y001-1073

ネクタイの結び方の簡...

女性がおしゃれをする場合、リボンやレースがあしらわれた服...

y001-1280

コンサートうちわの簡...

誰かに憧れたり、好きになるという感情は非常に素晴らしいこ...

y001-1106

障子の張り替え方の簡...

今はとても便利な商品がたくさんあり、障子の張り替え方は自...

y001-0642

車の簡単な手作り方法...

模型製作などを趣味として行っている方が存在しており、主に...