ガレットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ガレットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ガレットはフランス北西部の郷土料理で、丸くて薄く焼いた生地に様々な具を包んで食べる料理やお菓子のことを指します。特にそば粉を使った生地が有名で、おしゃれなカフェのメニューやホテルの朝食、ブランチなどで見ることができます。ガレットは生地を作ってしまえば中に入れたりのせたりする具に決まりはなく、自分で好きなものを選んで作れるので自由に楽しめる料理です。そば粉の生地は食物繊維やミネラル、ビタミンを多く含み、少量の生地に野菜などの具をたっぷりのせればおなかがいっぱいになるのでダイエットにも有効です。季節の野菜を使えばバランスのよいメニューができて、卵やハム、ベーコンなどの動物性たんぱく質も合わせて一皿でメイン料理が完成します。手作り方法は難しい部分がないので誰でも簡単で、お店で食べるよりもずっと安価に自分の好きなものだけを使っておいしいガレットが作れます。ホームパーティーなどのメニューにも使えるレシピで、難しそうに見えるのでゲストをびっくりさせることができます。週末のブランチや夜食、おしゃれなランチをしたいときはもちろん、冷蔵庫の残り物を整理したいときにも有効活用できる便利なレシピなので是非覚えておきましょう。

ガレットを作ることの楽しさ

ガレットはクレープを焼くような感覚で作れるので、子供と一緒に具を並べたりしながら楽しむのにぴったりです。野菜嫌いな子でも自分で焼いた生地にアスパラやほうれん草、トマトなどをきれいに並べて作った手作りのガレットなら喜んで食べてくれます。卵やチーズを使って栄養のバランスにも配慮できるので、美肌のための緑黄色野菜や体力アップのためのスタミナ食材などその日の気分で様々なバリエーションを楽しめるのも魅力です。食事だけでなく、ジャムやフレッシュフルーツ、アイスクリーム、生クリームなどを使ったデザート感覚のアレンジも可能なので、食事とおやつ両方に活用できるメリットがあります。ガレットの生地は1枚ずつラップに挟んで冷凍しておけるので、食べたいときに取り出して自然解凍し、具をのせて焼けばあっという間に料理が完成します。また、4隅を折る基本の折り方以外に三角形にしてみたり、立体的に折ってみるなど形を変えれば同じレシピでも全く違う料理に見えるので、少ない材料でも目新しい一皿を演出できます。フレッシュハーブやサラダを添えたりナッツ類を散らしてみたり、アイデア次第でお店に負けないようなメニューを自宅で簡単に作れます。

ガレットを作るのに用意する物

日本ではあまり知られていませんが、フランスにはガレット・デ・ロワという行事があります。これはキリスト教の行事であり、ガレットと呼ばれるお菓子を食べるものですが、ガレットの中にはフェーヴと呼ばれる小さなオブジェが入っていて、それが当たった人が王様(おきさき様)になれるというものです。ガレットを切り分ける前には、子供がテーブルの下に隠れて、どのお皿のガレットにフェーヴが入っているかがわからないような状態で、これは誰のお皿、というように皆にガレットを配っていきます。そして皆で一斉にお菓子を頂き、食べた時に口に何か固いものがあったら、王様(おきさき様)になれます。ガレットはケーキ屋さんやパン屋さんなどで買うことが出来ますが、その際には紙で出来た王冠も一緒についてくるので、王様かおきさき様はそれを頭に載せて、おきさき様(王様)を指名することも出来ます。しかし、家で簡単にガレットを作りたいという主婦もいるものです。ガレットの手作り方法としては、まずパイ生地を作り、それから中に入れるアーモンドクリームを作ります。他の材料は家庭によくあるものが中心です、卵に小麦粉、バターお砂糖に塩少々などです。アーモンドクリームについては、アーモンドパウダーが必要になるので専門店などで買うことをお勧めします。

ガレットの作り方の手順

作り方の手順としては、予めパイ生地を仕込んでおいて冷蔵庫で冷やしておきます。そしてアーモンドクリームを作っていきますが、お砂糖がかなり沢山入ることで驚かれるかもしれません。日本のケーキレシピは、ヨーロッパやアメリカのものと比べてかなり甘味が控えめになっていることは常識として、よく知られているところでもあり、海外のレシピのバターとお砂糖の量に驚いてしまうのも無理はないでしょう。しかしながら、その味は本格的で美味しいの一言に尽きるとも言えるので、ダイエットの事は考えずに楽しく食べてみるしかありません。ガレットはその中でもバターの量とお砂糖に圧巻のお菓子なのですが、寒い冬に食べるものとして理に適っているのかもしれません。ガレットを食べる時には、コーヒーや紅茶を用意してしまいがちですが、フランスではシードルというリンゴのお酒とともに味わうのが常識となっています。もちろん子供はりんごジュースなどになりますが、大人はノルマンディー地方原産であるシードルを飲むのです。日本でも、ここ数年でシードル人気が上昇中で、フランスからもおいしいシードルが輸入され始めています。ガレットとシードルでおしゃれな時間を過ごしてみてもよいかもしれません。

ガレットの作り方のまとめ

ガレットの作り方で注意することは、生地を混ぜるときに混ぜ過ぎないことです。長時間泡だて器で混ぜると口当たりが重くなり、余計な空気を含んで生地を焼いたときに穴が開いてしまいます。生地は混ぜ合わせたら冷蔵庫でしばらく寝かせて落ち着かせるようにしましょう。焼く時はフライパンにバターを熱して両面をこんがりと焼き上げますが、焦がしすぎると見た目がよくない上に、具を包んで折ったときに生地が乾燥しすぎて割れてしまう原因になるので生焼けに近いくらいの状態でも大丈夫です。具の選び方に特に決まりはありませんが、食事にするならチーズがあったほうがコクと塩味が加わっておいしくなります。卵をのせるときは半熟状態で食べたほうがおいしいので、新鮮な卵を使うようにしましょう。一度にたくさん焼きたいときはホットプレートを使ってクレープのように焼けば簡単です。溶けだすような具を入れるときは生地の折り方を工夫して、中身がこぼれ出ないように気を付けましょう。デザート風のガレットにしたいときは生地に砂糖を加えて甘みを足したほうが全体の味がよくなります。生地はゴマやシナモン、カレー粉など好みでいろいろなものを混ぜてアレンジすることができるので、自分だけの素敵なガレットを作りましょう。

y001-0971

ぶり大根の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ぶり大根はもともとは北陸の郷土料理でした。北陸では16世紀頃にはすでにぶり漁が行なわれていたと言われており、晩秋から初冬...

y001-0711

高齢者クイズの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

高齢者クイズを作る目的は、高齢者向けレクリエーションと同じく、他の参加者とのコミュニケーションを図ることや、リハビリテー...

y001-0666

紙粘土工作の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

身近な材料を使って造形を楽しむということを趣味にする人は非常に多くいます。本格的な材料を使用して、大作を製作するというの...

七夕飾り折り紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

七夕飾りは笹に飾られることが多い飾りです。笹は生命力が強いため、魔よけの意味をこめて飾るようになりました。短冊に願い事を...

y001-0115

しそジュースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏と言えばしそジュースを想像する人もいるのではないでしょうか。あの赤い色がとてもきれいで、とてもおいしく飲む事が出来ます...

y001-0544

生クリームの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

生クリームはケーキやお菓子などを作る時には欠かせないものとしてよく知られていますが、実は生クリームではなく、ただのクリー...

y001-0992

フェルトマスコットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

誰でも一度は体験したことのあるフェルトを使ってのマスコットづくり、楽しかった思い出がある人は良く、手先が不器用な場合はち...

y001-0188

竹テーブルの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

竹テーブルをつくる理由としては、普通のテーブル、つまり、木製や合板のテーブルは重量も重く、あまりにシンプルすぎてしまいま...

y001-0015

ブックカバーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

読書好きの人にとって、本はとても大切なものです。ついうっかり、よく見もせずにテーブルの上に置いたら、水がこぼれていて濡れ...

y001-0185

カリン酒の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

良く昔から風邪をひいた時や喉に痛みがある際はカリン酒を飲むと良いと言われていますが、カリンはとても体に良いものです。昔か...

y001-0121

マロングラッセの簡単...

秋になるとおいしい栗というのは栄養価も高く、栗に含まれる...

y001-0536

青しそジュースの簡単...

青しそは、茎・葉ともに緑色をしたもので、味と香りが良いた...

y001-0369

美味しい水餃子の簡単...

家庭の主婦にとって毎日の食事メニューを作ることは、思った...

水引結び方の簡単な手...

水引とはお祝いやお見舞い、弔事などの贈答品の包み紙を結ぶ...