かんぴょうの煮方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

かんぴょうの煮方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

かんぴょうには食物繊維が豊富に含まれている言われています。100グラム当たりに含まれる食物繊維料は30.1グラムです。この量がどれだけ多いのか、幾つかの食材と比較をすると次のようになります。比較的食物繊維が多いと言われているゴボウは8.5グラムブロッコリーは4.8グラム、ホウレンソウは3.5グラム、春菊は3.2グラム、ニンジンが2.4グラムと言います。また、食物繊維が多く含まれていると言う切り干し大根が20.3グラムとなりますので、かんぴょうと言うのは食物繊維が大量に含まれる食材であり、ダイエット中の人や便秘がちの人などに最適な食材と言えるのです。尚、かんぴょうと言うのはカルシウム、リン、鉄、ナトリウム、カリウムなどのミネラル成分も豊富に含まれており、健康維持には最適な食材と言われているのです。栄養価が高いかんぴょうは、かんぴょうの煮物などを作ることで栄養を体内に吸収する事が出来るのです。太陽の光を受けることで色々な栄養価が増すと言う特徴が在り、かんぴょうは乾物の一つで有る事からも長期間の保存が利きますので、手作り方法を覚えておけばいつでも好きな時に利用出来ると言ったメリットが有ります。

かんぴょうの煮方を作ることの楽しさ

かんぴょうを使う上で重要な事は、かんぴょうの煮方を覚える事です。 かんぴょうは太陽の光を受けることで高い栄養素を持つ食材になりますが、これは水を使って戻さない事には利用することが出来ません。 水につけて戻してあげることで、後はかんぴょうの煮方を覚えれば、栄養価が高い料理を簡単に作ることが出来るようになるのです。 因みに、かんぴょうを使ったレシピと言うのは、大半の場合が煮物として作り上げた食材を色々な事に利用して行く事になるので、かんぴょうの煮方を覚えておけば、簡単にかんぴょうを使ったレシピを作ることが出来ると言う事でもあるのです。 定番のレシピとしてはかんぴょう巻などが在りますが、昔ながらのかんぴょう巻は簡単に作ることが出来る料理の一つでもあるのです。 但し、かんぴょう巻を作るためにはかんぴょうを煮てあげなければなりませんので、かんぴょうの煮方さえ覚えれば簡単に海苔巻きを作ることが出来ますし、行楽シーズンの時のお弁当、運動会などでのお弁当などにも最適なレシピとなります。 また、ちらし寿司の具材などでも利用する事が出来ます。 普段食べない人でも、甘く煮込んだかんぴょうを使う事で美味しい海苔巻きやちらし寿司を作ることが出来るのです。

かんぴょうの煮方を作るのに用意する物

かんぴょうというと、原材料が何かさえも知らない人も多いことでしょう。かんぴょうというのは、ユウガオの実をひも状に加工したものであり、海苔巻などに使われます。最近では、2月の節分の際に恵方巻を食べる習慣が根付いてきましたので、かなりかんぴょうをはじめとしたたくさんの具が入った海苔巻を食べる機会もあることでしょう。 自宅でかんぴょうの煮方や扱い方にはちょっとしたコツがあります。乾物ですので、戻して使う必要があるのです。その際に使う器具としては、ボールやお鍋になります。自宅にある器具で十分対応できるのです。 また、材料としては、かんぴょうと塩、砂糖やしょうゆ、みりん、酒などの調味料と水になります。一度作ることができるようになると、かなり簡単で便利に使うことができるようになります。ですから、マスターするといいでしょう。 乾物は保存食として使われるのですが、多くの場合では一度開封をしたら早めに使った方がよいものばかりです。ですから、そういったことを考えながら、使っていくようにします。また、一度調理したものを冷凍しておくという方法もあります。その場合、小分けにしておき、自然解凍をしていくようにするといいでしょう。



かんぴょうの煮方の作り方の手順

それでは、かんぴょうの煮方について、ご説明しましょう。かんぴょうは白いひも状の乾物になります。これを戻すにはまずたっぷりの水に5~10分程度浸しておきます。そして、一度水を捨て、少量の水に塩を加えて優しく揉みます。1分程度すると、弾力が出てくるので、そうしたら大丈夫です。塩を入れるのは、添加物である漂白剤を取り除くためであり、無添加のものでは塩を入れる必要はありません。 塩もみをしたら、水で洗い流して絞っておきます。食べやすい大きさに切り、煮ていきます。初めは、砂糖やみりんお酒などで煮ていき、しばらくしたらしょうゆを加えていきます。大体15分から20分程度煮たら出来上がりです。 甘辛く煮るので、ほかにもしいたけなどを一緒に煮ても相性がいいでしょうし、巻きずしなどに合います。最近は、すでに煮てあるかんぴょうなども販売されているのですが、割高であったり、味が好みでなく、甘すぎるなどのこともあるので、自分好みに味付けをしていくためには、かんぴょうの煮方をしっかりとマスターして、手作り方法を知っておくようにするといいでしょう。 日常的にもお祝い事や行事食などにも、かんぴょうを使う機会があるので、覚えておきましょう。

かんぴょうの煮方の作り方のまとめ

かんぴょうは漢字では「干瓢」と書きますが、これは「ふくべ」と呼ばれているウリ科のユウガオの品種の果実を、紐状に剥いてから、天日干しなどを行って乾燥させた乾物であり、「ふくべ」を漢字で書くと「瓢」となり、天日干しをする事からも、漢字で「干瓢」になるわけです。 かんぴょうは乾燥された乾物ですので、一度水につけて戻してあげる必要が有りますが、水につけてから5分から10分ほどで柔らかくなりますので短時間で調理が出来ると言うメリットも在ります。 水につけて柔らかくなったかんぴょうは、ボウルなどに水と塩を一掴み入れて、塩水でもみ洗いを行って水洗いをします。 最後に2~3分ほど熱湯の中で茹でてあげて、ザルなどに移した後は再び水洗いをすれば下処理は完成となります。 かんぴょうの煮方は、最初に水、お酒、みりんを煮立たせてから、かんぴょうを入れて5分ほど弱火で煮込み、次に醤油を入れて 15分から20分ほど弱火で煮込むと言う2段階の煮込みを行うのがポイントです。 煮汁が無くなるくらいに煮込んだらかんぴょうの煮物は完成となりますので、冷やしてから海苔巻きの具材として利用をしたり、ちらし寿司の材料の一つとして利用すれば美味しい海苔巻きやちらし寿司を作ることが出来ます。



y001-0153

自家製焼肉の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

焼肉のたれは購入することが多いですが、焼肉以外で使うことがほとんどなく、消費期限が過ぎて結局捨ててしまうことがあります。...

y001-0359

標本の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

趣味の分野や何かの研究などを行う場面では、コレクションとして数多くのアイテムを収集することを行う方も存在しています。具体...

y001-0537

盛り塩の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

自宅の玄関に盛り塩を置いているというお宅は少なくないでしょう。住まいだけでなく店舗や事務所の入り口に設置することもあるの...

y001-1281

コンクリートの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

建築物を作る時の基礎などに欠かせない存在のコンクリートと言うのは、セメントを初め、細骨材、粗骨材、混和材料、そして水によ...

y001-1297

ゴーヤ佃煮の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏野菜を使った料理のレパートリーを増やしたいという方は、ゴーヤを使ってゴーヤ佃煮を作ってみるといいでしょう。ゴーヤは数あ...

y001-0082

カリカリ梅の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅干しは梅雨の時期が終わる頃から、最盛期を迎えます。多くの家庭で長年梅干し作りは行われ、常に食卓にある食材でした。しかし...

y001-0744

金魚ねぶたの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

東北地方のお祭りとして有名なねぶた祭りがありますが、お祭りで利用されているものには金魚ねぶたと呼ばれるものがあります。国...

y001-0804

夏の料理レシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏は暑さのため食欲が減退しやすく、食べないことによって体力が落ち、さらに夏バテを招くといった悪循環に陥りがちです。暑い日...

y001-0154

ミニアイロン台の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手作りをする場合、アイロンを使う事は多々あります。しかし実際に普段ワイシャツ等のアイロンかけをする時に使うサイズの物を使...

y001-1229

ストロー工作の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ストロー工作は、身近に存在するストローを使って、様々なオブジェクトやおもちゃを制作するものです。ストローは丈夫なプラスチ...

y001-0286

浴衣帯結び方の簡単な...

このところ若い女性、いえ男性の間でも浴衣の人気が高まって...

y001-1045

ハッカ油スプレーの簡...

ハッカ油スプレーはハッカの葉から抽出した精油を使用して作...

y001-1005

ピタゴラスイッチ工作...

あなたはピタゴラスイッチをご存知でしょうか。人気教育番組...

y001-0247

籠の簡単な手作り方法...

籠というのは何か物を入れたりするときに使うことができるの...