さばの味噌煮の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

さばの味噌煮の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

さばの味噌煮は日本人にとっては、和食の魚メニューの定番です。懐かしさを感じられながらも、今もなお美味しくいただける魚の煮付けの代表選手でもあります。和食での魚メニューではポピュラーですし、作る理由や目的は、夕食やお弁当のおかず、日常的な食事メニューとして作られることが多いです。青魚のさばは、結構にも良い魚として結名です。脂質に富み、多DHAやEPAなどの価不飽和脂肪酸は、何よりも群を抜いて豊富に含みます。これらは中性脂肪や悪玉コレステロールを少なくしてくれますし、そればかりか、善玉コレステロールを増加させる作用もあります。高血圧や脳卒中といった、誠意活習慣病より体を守ってくれますし、動脈硬化を予防することにもなります。老化防止だとか、疲労回復にも効果的です。味付けに使う味噌も、優秀な大豆食材であることは知られています。味噌の含まれる食物繊維は、腸内環境を掃除して良いものにしてくれます。味噌にはビタミンEやサポニン、褐色色素を含み、これらは酸化防止になるので、老化を防止する作用もあります。大豆のリノール酸は、体内のコレステロールを外に排出するのを促してくれます。メラニンの合成を抑える働きもあるため、美肌効果も期待ができます。

さばの味噌煮を作ることの楽しさ

さばの味噌煮は日本の和食の定番メニューですから、しっかり味の染みこんだ仕上りは楽しみになります。鯖の味噌には栄養価も高く、健康にも良いのもメリットです。本格的な和食の魚料理は、難しそうにも見えますが、作ってみると案外簡単なレシピです。手作り方法は、メインの魚のさばを用意して、ほかは調味料を準備します。熱湯にサッと、さばの切り身をくぐらせて水で洗うと、アクと臭みを取ることができます。鍋に水と和風だしの素、酒にみりん、味噌とスライスショウガを入れて沸騰させてから、さばを入れて落し蓋をします。20分くらい中火で加熱をして出来上がりです。お皿に移したら、千切りにしたみょうがを添えても良いでしょう。さばの味噌には、食欲がないときにも、食欲が進むメニューです。魚はつい、簡単に焼き魚にしようとしがちです。煮込み料理は、手間がかかって面倒に思うからです。しかしさばの味噌煮を作ってみると、こんなに簡単だったのかと実感します。楽に作れるのに、焼き魚にはない本格和食メニューのように出来上がりですから、家族に自慢できるのもメリットかもしれません。さばの味噌煮は、中骨付きの切り身を選ぶと、味にもより深みが出ます。切り身のした処理は、サッと熱湯を回しかけるだけでも、臭みが取れて味が引き立ちます。

さばの味噌煮を作るのに用意する物

さばの味噌煮を作るときには、まずさばの切り身を食べる人数分だけ用意します。そして、さばの臭みを消すのに効果的な生姜とネギを用意します。調味料の味噌の種類は白みそでも赤みそでも自分の好みのもので大丈夫です。味に奥行きをだしたいときは、2種類以上の味の違う味噌を用意して、それを合わせるのもさばの味噌煮を美味しく作ることができます。上品で優しい味わいのさばの味噌煮を希望するのであれば、白みそを選び、甘辛いものを好むのであれば赤みそがおすすめです。さば以外にごぼうを入れると、栄養面でもバランスがとれます。中華風の味づけにしたい場合は、キムチを用意するのがおすすめです。味つけには、砂糖が必要ですが、身体の健康を考えるのであれば、蜂蜜を用意することをおすすめします。調味料は、和食の煮込み料理でよく使用するみりんとお酒と醤油があれば、大丈夫です。お酒は料理酒か、日本酒を用意します。調理道具は、さばに切り込みをいれるために包丁とまな板、さばを煮込むための鍋を一つ用意します。深さがあれば、フライパンでも代用できます。そして、煮込むときの落し蓋か、落し蓋がない場合はアルミホイルやキッチンペッパーを代用品として準備しておきます。

さばの味噌煮の作り方の手順

さばの味噌煮の手作り方法としては、まずさばの臭みをとるために一度鍋かフライパンでお湯を沸かします。お湯が沸いたら、その中にさばをくぐらせて、臭みをとります。さばは、スーパーで切り分けられているものを購入する方が、手間が省けて楽です。さばに味噌の味がよく染みわたるように十字の形に切り込みをいれておきます。そうすれば、煮込む時間を短くすることができるため、簡単にさばの味噌煮を作ることができます。薬味の生姜は、千切りにしておきます。ねぎは、斜め切りに1センチ幅で切っていきます。ごぼうを入れる場合は、ささがきをしておき、ボールに水をいれて、その中にしばらく漬け込んでおきます。さばを切る前に野菜と薬味は切っておくと、包丁を洗う手間が省けて楽です。砂糖とみりんとお酒、醤油を混ぜ合わせた後、鍋で沸騰させます。その中にさばを入れます。10分前後弱火で煮込んだ後に、味噌をいれます。そして、落し蓋をして、弱火でそのまま10分程度煮込み続けます。調理時間を短縮したい場合は、圧力鍋で行うとよいです。途中で、砂糖や醤油を足して味をととのえたり、しょうがをいれてさばの魚臭さを消します。さばの切れ端部分を食べてみて、味がしみ込んでいたら、完成です。

さばの味噌煮の作り方のまとめ

さばの味噌煮は、意外かもしれませんが、手作り方法はシンプルです。お酒をたっぷりと使うことで、臭み消しにもなります。煮詰める前には、一旦冷まして、さばの身においしい味を染み込ませて仕上げるのもコツです。さばを購入するときには、まるごとではなく、切り身を購入しましょう。さばの切り身は、骨がついているものと、付いていないものがあります。食べやすさなどもありますが、煮付けにするなら中骨のついた切り身を選びます。骨の旨みも引き出して、さばの味噌煮を作ることができるためです。とにかくシンプルに、簡単にさばの味噌煮を食べたい時には、基本を守って作ると良いです。ざるにさばをのせて、熱湯をかけて霜降りをしておきます。鍋に調味料である、味噌と砂糖、みりんに醤油、酒に水を入れて沸騰させて、さばとスライスのしょうがを入れて、15分から20分煮たら完成です。時間に余裕があるときには、味噌を入れて沸騰したら、一旦鍋をコンロから移して、1時間くらい覚ますことで、味がしみ込みます。その後、再び加熱して煮詰めるという方法です。さばの臭みもなくなりますし、コクのある煮魚が出来上がります。もちろん、直ぐに仕上げたい時には不要な工程です。

y001-1005

ピタゴラスイッチ工作の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

あなたはピタゴラスイッチをご存知でしょうか。人気教育番組「ピタゴラスイッチ」内でエンディングに流れるコーナーで、文房具や...

y001-1387

お弁当の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

市販のお弁当ではなく、手作りすると経済的でヘルシーに作ることが出来ます。最近では野菜、肉、魚、などの精製食品は値段が上が...

たらこスパゲッティの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

週末や休日、主婦なら普段は自分の分だけで簡単に済ませる昼食を子供たちや家族の分まで作らなければいけなくなります。そんな時...

バッター液の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

DIYで家の中を思い通りにアレンジするのは楽しいことですが、毎日の食事の支度は手間がかかるものです。ですから出来る限り簡...

プラムジャムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

プラムは初夏から夏にかけて出回る果物で、簡単に栽培できる果樹なので庭にプラムの木がある家庭もおおく、シーズンになるとご近...

ビックリ箱の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

箱を開けるとキャラクターが飛び出てきて驚くのがビックリ箱です。いたずらグッズとして有名ですが作り方の基本さえ知っていれば...

y001-0515

折り紙手裏剣の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

折り紙封筒というのは折り紙で作った封筒であり、さまざまなデザインのものがあります。たとえば封筒に手裏剣が付いたデザインの...

y001-1156

デミグラスソースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

デミグラスソースは洋食の基本とも言える代表的なソースで、これがなくては味が完成しないほど大切な役割を果たします。煮込みハ...

y001-1039

バッティングゲージの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

家でバッティング練習ができたら、と野球好きなら誰でも思ったことがある筈です。また、子どもが野球を始め、熱中していたら、家...

y001-0503

洗濯バサミ猫型紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

雑貨品に分類されているアイテムの中には洗濯バサミ猫と呼ばれているものが紹介されています。名称通りに洗濯バサミを用いた作り...

y001-0386

半熟ゆで卵の簡単な手...

わたしたちが日常よく口にする最も多い食材の一つに卵があり...

y001-0866

リボンの簡単な手作り...

人の脳の機能というのはとても複雑であることが分かる例とし...

y001-1209

ソミュール液の簡単な...

燻製作りの工程の中で、塩水による塩漬け作業があります。こ...

y001-1039

バッティングゲージの...

家でバッティング練習ができたら、と野球好きなら誰でも思っ...