じゃがバターの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

じゃがバターの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

じゃがいもを加熱調理してバターを添えるじゃがバターは、シンプルなメニューですが、根強い人気を持つ料理でもあります。じゃがバターの加熱調理方法は、ひとつではありません。ゆでたり、焼いたり、蒸し器で蒸すなど、加熱方法はさまざまです。じゃがバターは、日常的な食事の1品を目的として作られることもあります。作る理由として、おやつ用に、ホクホクのじゃがいもにバターを添えて作るケースもあります。新ジャガの季節などは、旬を迎えてじゃがいもが美味しいため、ゆでたり蒸かしたりして、じゃがバターを作って食べるというパターンもあります。とても簡易的なレシピではありますが、これがご馳走になることもあります。お祭りの屋台で販売されていたり、居酒屋などのメニューとしても用意されています。じゃがバターは、熱々になったじゃがいもに、たっぷりのバターがのっているのが一般的です。じゃがいもの生産量が多い、本場の北海道では、塩辛も一緒にトッピングされます。塩辛とバターとじゃがいもは、未知の世界にも思えるかもしれませんが、意外と切妙なコンビネーションで、美味しくいただけます。男爵いもを使うことが多いですが、メークインでじゃがバターを作ることもあります。

じゃがバターを作ることの楽しさ

じゃがバターを作る楽しさは、すぐにできて、ホクホクのじゃがいもとバターの美味しさを味わうことができることです。メリットは、シンプルな材料ですぐ出来上がるのに、ごちそうにもなるという点でしょう。簡単なレシピでありながら、できたてのじゃがバターは、絶品としか言いようがありません。簡単なじゃがバターの手作り方法では、圧力鍋を活用したレシピもあります。手軽にできる方法ですが、圧力鍋を使うことによって、新ジャガなら皮ごと食べることができます。じゃがいもは、まわりをよく洗っておきます。じゃがいもに十字の切り込みを入れますが、深さは半分位まで入れておきます。水を入れた圧力鍋でじゃがいもを蒸します。10分ほど加熱したら、火を止めて圧力が自然に抜けるのを待ちます。出来上がりに、たっぷりのバターをのせていただきます。皮ごと食べるじゃがバターの手作り方法として、シンプルに茹でるという調理方法もあります。ゆでて仕上げるのも、意外と簡単なものです。皮は剥かないで、まるごと鍋に入れてゆでます。鍋に入れるときには、じゃがいもが重ならないようにします。多めの水を入れて。40分から1時間ほどゆでて、出来上がりです。半分にカットして、バターをつけて食べます。

じゃがバターを作るのに用意する物

居酒屋メニューや屋台でもおいしいじゃがバターは、自宅でも簡単に作ることができます。じゃがバターを作る際に用意するものは、じゃがいもと油、塩、こしょう、バターです。お店で簡単に手に入るじゃがいもの種類はメークインと男爵がありますが、メークインは粘質で型崩れがしにくいという特徴があり、男爵はでんぷん質が多いのでホクホクとした食感が特徴です。どちらもおいしいじゃがいもですが、じゃがバターを作るときにはほっくり感が強い男爵の方をおすすめします。バターは有塩バターを使うと塩っけがあっておいしくなりますし、有塩バターを使うことで塩を使う必要がないくらい味がしっかりします。バターにたらことマヨネーズを加えたり、刻んだアボカドとマヨネーズをあえてディップにすれば、いろんな味のじゃがバターを楽しむことができます。じゃがバターを自宅で調理すれば、出来たて熱々のものを味わうことができます。冷めたものを味がついているのでおいしいですが、トースターで焼き直せば、固まったバターが溶けてじゃがいもに馴染んでおいしく食べることができます。じゃがバターを作るときに使う道具として、耐熱ボウルを用意しておくと簡単に調理ができます。

じゃがバターの作り方の手順

じゃがバターの手作り方法は、じゃがいもを綺麗に洗うことから始めます。じゃがいもの皮をむかずにそのまま調理するので、皮にこびりついた汚れや土は綺麗に水で洗い流しましょう。皮に水気がついたまま、耐熱容器に入れてタップをかけて、電子レンジで500W5分程度加熱します。お湯を沸かして茹ででもいいですが、電子レンジを使えば時間が節約できるだけでなく、じゃがいもに含まれるでんぷんを逃さずに旨味を凝縮することができます。つまようじで指して中まで加熱されているか確認します。じゃがいもに火が通っているので、このままバターと塩、こしょうをして食べてもおいしいのですが、もうひと手間かけることで、お店で食べるようなおいしいじゃがバターになります。天ぷら鍋に油を入れて180度まで熱し、そこに先ほどのじゃがいもを入れて素揚げにします。皮の一部に包丁でバツ印を入れておき、油で揚げることでペロリとめくれますので、きつね色になるまで弱火で上げます。キッチンペーパーで油をよく切ったら、塩と胡椒をお好みでかけて、バターをのせたらできあがりです。外はほどよくカリっとしていて、内側はじゃがいものホクホク感を楽しめるおいしいじゃがバターになります。

じゃがバターの作り方のまとめ

じゃがバターの簡単な手作り方法では、電子レンジを使うこともできます。鍋を出して茹でるのが面倒と感じる時などは、電子レンジは強い味方になってくれます。電子レンジでの調理でも、ホクホクとした食感の、美味しいじゃがバターができあがります。よく洗ったじゃがいもは、キッチンペーパーをぬらして包み込みます。さらに、ラップで包みましょう。500wの電子レンジで、4分間加熱をします。それから裏にして、あと1分間加熱をします。電子レンジから出して、包丁で十字に切り込みを入れ、バターをのせたら完成です。じゃがいもは、ラップで包むだけだと、電子レンジでの加熱調理では、ムラが出てしまうことがあります。蒸し器を使ったような仕上がりにするためにも、ぬれたキッチンペーパーで包むというのがコツになります。じゃがいもを加熱する時間は、個数やサイズによっても調整します。北海道でポピュラーな塩辛じゃがバターのレシピは、じゃがいもをレンジで7分ほど加熱して、皮に十字の切れ目を入れます、バターをのせて、塩辛をのせたらできあがりです。薬味や、刻んだ小ネギを散らすと、より美味しさがアップします。じゃがバターはアレンジもできるため、バターの他にマヨネーズを加えたりしても美味しいです。

y001-0757

牛乳パック鉛筆立ての簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

牛乳をよく飲むご家庭で増えていく牛乳パック。たまるとかさばりますよね。資源にも出せますが、意外と丈夫な作りのこの牛乳パッ...

y001-0942

ポケットポシェットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ポケットポシェットとは、小学生などの子どもが普段着ている洋服にポケットがない場合などに、本来ポケットに入れるべき必要最低...

y001-1121

トマトの育て方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

トマトは代表的な野菜のひとつです。さまざまな料理に使われる万能野菜で生でサラダに使えますし、煮込んだり、ソースの素材とし...

y001-0321

麻雀点数計算の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本式麻雀は戦前期から発展してきており、現在では日本だけではなく韓国や元々の麻雀発祥の地である中国にまで知名度は広がって...

y001-0116

R1ヨーグルトの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ヨーグルトは昔から健康に良いとされていましたが、その中でもR1ヨーグルトは、今注目を集めています。免疫力がつき食べている...

y001-0491

苔玉の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

インテリアショップや雑貨屋でおしゃれに飾られている小さな盆栽が「苔玉」です。高齢者の趣味のレベルを超えて、老若男女問わず...

y001-1126

なすの煮びたしの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

なす料理はほかの野菜に比べるとそれほどレパートリーがないかもしれませんが、なすの煮びたしは定番中の定番で、とてもおいしい...

y001-0952

ペットボトルロケットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

ペットボトルロケットはただの遊びのためのおもちゃにとどまらないものがあります。水と圧縮した空気をペットボトルへと溜めて、...

y001-0911

ミツバチ巣箱の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ミツバチ巣箱を作る理由の多くは、ミツバチが集めるハチミツを採集することでしょう。ミツバチは花から花へ飛び回り、多種多様な...

y001-0820

飲む炭酸水の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

飲む炭酸水を自分で簡単にできると、わざわざ炭酸飲料水を足を運んでまで購入しなくてもいつでも飲みたいときに手に入れることが...

y001-1203

たけのこあく抜きの簡...

美しい四季のある日本では、昔から旬の野菜や魚などを食べる...

y001-0398

梅漬けの簡単な手作り...

梅干しといったものは、メインのおかずではないですが、酸っ...

y001-1185

チーズの簡単な手作り...

チーズはいろんな食べ物がある中でも加工された食品としては...

花びらお弁当袋の簡単...

花びらお弁当袋を作る理由は、とても簡単で、時間も手間も、...