じゃがバターの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

じゃがバターの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

じゃがいもを加熱調理してバターを添えるじゃがバターは、シンプルなメニューですが、根強い人気を持つ料理でもあります。じゃがバターの加熱調理方法は、ひとつではありません。ゆでたり、焼いたり、蒸し器で蒸すなど、加熱方法はさまざまです。じゃがバターは、日常的な食事の1品を目的として作られることもあります。作る理由として、おやつ用に、ホクホクのじゃがいもにバターを添えて作るケースもあります。新ジャガの季節などは、旬を迎えてじゃがいもが美味しいため、ゆでたり蒸かしたりして、じゃがバターを作って食べるというパターンもあります。とても簡易的なレシピではありますが、これがご馳走になることもあります。お祭りの屋台で販売されていたり、居酒屋などのメニューとしても用意されています。じゃがバターは、熱々になったじゃがいもに、たっぷりのバターがのっているのが一般的です。じゃがいもの生産量が多い、本場の北海道では、塩辛も一緒にトッピングされます。塩辛とバターとじゃがいもは、未知の世界にも思えるかもしれませんが、意外と切妙なコンビネーションで、美味しくいただけます。男爵いもを使うことが多いですが、メークインでじゃがバターを作ることもあります。

じゃがバターを作ることの楽しさ

じゃがバターを作る楽しさは、すぐにできて、ホクホクのじゃがいもとバターの美味しさを味わうことができることです。メリットは、シンプルな材料ですぐ出来上がるのに、ごちそうにもなるという点でしょう。簡単なレシピでありながら、できたてのじゃがバターは、絶品としか言いようがありません。簡単なじゃがバターの手作り方法では、圧力鍋を活用したレシピもあります。手軽にできる方法ですが、圧力鍋を使うことによって、新ジャガなら皮ごと食べることができます。じゃがいもは、まわりをよく洗っておきます。じゃがいもに十字の切り込みを入れますが、深さは半分位まで入れておきます。水を入れた圧力鍋でじゃがいもを蒸します。10分ほど加熱したら、火を止めて圧力が自然に抜けるのを待ちます。出来上がりに、たっぷりのバターをのせていただきます。皮ごと食べるじゃがバターの手作り方法として、シンプルに茹でるという調理方法もあります。ゆでて仕上げるのも、意外と簡単なものです。皮は剥かないで、まるごと鍋に入れてゆでます。鍋に入れるときには、じゃがいもが重ならないようにします。多めの水を入れて。40分から1時間ほどゆでて、出来上がりです。半分にカットして、バターをつけて食べます。

じゃがバターを作るのに用意する物

居酒屋メニューや屋台でもおいしいじゃがバターは、自宅でも簡単に作ることができます。じゃがバターを作る際に用意するものは、じゃがいもと油、塩、こしょう、バターです。お店で簡単に手に入るじゃがいもの種類はメークインと男爵がありますが、メークインは粘質で型崩れがしにくいという特徴があり、男爵はでんぷん質が多いのでホクホクとした食感が特徴です。どちらもおいしいじゃがいもですが、じゃがバターを作るときにはほっくり感が強い男爵の方をおすすめします。バターは有塩バターを使うと塩っけがあっておいしくなりますし、有塩バターを使うことで塩を使う必要がないくらい味がしっかりします。バターにたらことマヨネーズを加えたり、刻んだアボカドとマヨネーズをあえてディップにすれば、いろんな味のじゃがバターを楽しむことができます。じゃがバターを自宅で調理すれば、出来たて熱々のものを味わうことができます。冷めたものを味がついているのでおいしいですが、トースターで焼き直せば、固まったバターが溶けてじゃがいもに馴染んでおいしく食べることができます。じゃがバターを作るときに使う道具として、耐熱ボウルを用意しておくと簡単に調理ができます。



じゃがバターの作り方の手順

じゃがバターの手作り方法は、じゃがいもを綺麗に洗うことから始めます。じゃがいもの皮をむかずにそのまま調理するので、皮にこびりついた汚れや土は綺麗に水で洗い流しましょう。皮に水気がついたまま、耐熱容器に入れてタップをかけて、電子レンジで500W5分程度加熱します。お湯を沸かして茹ででもいいですが、電子レンジを使えば時間が節約できるだけでなく、じゃがいもに含まれるでんぷんを逃さずに旨味を凝縮することができます。つまようじで指して中まで加熱されているか確認します。じゃがいもに火が通っているので、このままバターと塩、こしょうをして食べてもおいしいのですが、もうひと手間かけることで、お店で食べるようなおいしいじゃがバターになります。天ぷら鍋に油を入れて180度まで熱し、そこに先ほどのじゃがいもを入れて素揚げにします。皮の一部に包丁でバツ印を入れておき、油で揚げることでペロリとめくれますので、きつね色になるまで弱火で上げます。キッチンペーパーで油をよく切ったら、塩と胡椒をお好みでかけて、バターをのせたらできあがりです。外はほどよくカリっとしていて、内側はじゃがいものホクホク感を楽しめるおいしいじゃがバターになります。

じゃがバターの作り方のまとめ

じゃがバターの簡単な手作り方法では、電子レンジを使うこともできます。鍋を出して茹でるのが面倒と感じる時などは、電子レンジは強い味方になってくれます。電子レンジでの調理でも、ホクホクとした食感の、美味しいじゃがバターができあがります。よく洗ったじゃがいもは、キッチンペーパーをぬらして包み込みます。さらに、ラップで包みましょう。500wの電子レンジで、4分間加熱をします。それから裏にして、あと1分間加熱をします。電子レンジから出して、包丁で十字に切り込みを入れ、バターをのせたら完成です。じゃがいもは、ラップで包むだけだと、電子レンジでの加熱調理では、ムラが出てしまうことがあります。蒸し器を使ったような仕上がりにするためにも、ぬれたキッチンペーパーで包むというのがコツになります。じゃがいもを加熱する時間は、個数やサイズによっても調整します。北海道でポピュラーな塩辛じゃがバターのレシピは、じゃがいもをレンジで7分ほど加熱して、皮に十字の切れ目を入れます、バターをのせて、塩辛をのせたらできあがりです。薬味や、刻んだ小ネギを散らすと、より美味しさがアップします。じゃがバターはアレンジもできるため、バターの他にマヨネーズを加えたりしても美味しいです。



y001-0668

紙袋の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本は外国に比べて「包む文化」を大切にする国です。どんなものでもきれいな包装紙に包んだり、袋に入れたりして中身だけでなく...

y001-0378

美味しいしめ鯖の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

昔からサバは、脂肪分がとても多く、鮮度の低下が著しく早い魚としてとても良く知られてきました。また、環境中に存在するヒスタ...

バック持ち手の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手づくりでバックを作るには、やはり手づくりならではのよさがあるので、市販品よりも味もあっていいものなのです。もちろん、市...

y001-0878

ヨモギ団子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ヨモギはキク科の多年草で、野や山などの至るところに自生しています。日本や中国では、食用や薬用として古くから使用されてきた...

y001-0202

新聞紙エコバッグの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

買い物に行くとき、会計の際レジ袋をもらうと思われます。このレジ袋というのはもらうのにも有料になる場合がありますし、また大...

y001-0965

ふわふわパンケーキの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

見た目がふっくらボリュームがあって可愛らしく、フォークで切るとサックリしていて口の中でとろけるような軽い食感のパンケーキ...

y001-0219

玄関ドアの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

玄関ドアを作る理由としては、まず不審者の侵入を許さないという大切な役割を持っています。人間はプライベートの空間を確保しな...

y001-1089

ニンニクの漬物の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ニンニクは、ユリ科ネギ属の植物で香味野菜の代表的な存在です。紀元前数千年頃には栽培が開始されていたと考えられており、人類...

y001-0833

鮎の甘露煮の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

鮎の甘露煮は、鮎を焼いたり干したりして乾燥させたものを、砂糖や水飴で煮しめた料理になります。鮎は海に近い河口で産まれて、...

y001-1077

ぬか漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ぬか漬けを長年、守って来ているという人もおり、それぞれの家庭の味を継承し続けています。このぬか漬けを作るという理由は、塩...

y001-1487

あさりの味噌汁の簡単...

あさりの味噌汁の具材は潮干狩りでも獲ることが出来るあさり...

y001-0533

石釜の簡単な手作り方...

パンやピザを美味しく焼くために、石釜を作ることが昔から行...

y001-0166

ファンルームの簡単な...

ファンルームは小さなゴムを組み合わせて作る物です。小さな...

y001-1401

おやきの簡単な手作り...

「おやき」は、長野県の名産品の一つで、小麦粉・そば粉など...