セミロングまとめ髪の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

セミロングまとめ髪の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お洒落を楽しむなら洋服を着替えるように髪型もその日その日で変えたいものです。ただ、セミロングだと中途半端な長さなのでまとめ髪が難しいと思いがちですが、手作り方法を覚えてしまえばアレンジのきくものが多くとても簡単に感じます。また、まとめ髪はすっきりした印象や爽やかな印象をもたらしますので、プライベートでもオフィスでもとても人気です。セミロングは伸ばしかけの印象もありますが、ぐっと大人っぽくも可愛らしくもなる魔法の長さです。ロングでは出せない大人っぽさ、ショートでは出し切れない可愛らしさをセミロングのまとめ髪はもたらしてくれます。毎日鏡の前で、今日はこんな風にしてみよう、今日は誰と会うから可愛く決めたい、いつもこんな感じだから今日は大人っぽく決めたい、洋服はこれだからこんな風にしてみよう。そうやって髪型、洋服、最後にシューズを決めると統一感のあるお洒落が楽しめます。いつもの日常に一つの楽しみを加えることで、マンネリから脱出し、もっともっと輝きのある毎日を過ごせるようになっていきます。女性にとってお洒落とは永遠のテーマであり憧れです。それを自身の手に掴むことができる、髪型は気持ちも体も軽やかにしてくれます。

セミロングまとめ髪を作ることの楽しさ

まとめ髪は不器用な人は無理なんじゃないか、毎日髪型を考えるのが面倒。そう思うことも多いかもしれません。しかし、実はまとめることはとても簡単ですし、例えば寝癖がついてしまったけどシャンプーする時間もないし、といった場面で一つだけでも知っておくと便利です。また、面倒だと思う時は、しなくたっていいわけですし、気合いを入れたい時(例えばデートや女子会)の為の可愛いものだけ覚えていたっていいのです。つまり、自分の為になる、ということです。人の印象はすぐさま固定されます。その時により綺麗な自分でいたい、と思うことは女性として当たり前のことです。そして最初は面倒だったり、なかなかうまくいかなかったまとめ髪が成功して、人と会った時にその人から「可愛い」や「いつもとイメージが違うね」と言われると嬉しくなって、今度はどんな髪型にしていこうと考えるのが女性らしい部分です。何度も何度も繰り返すことによって確実に上達し、次の髪型にチャレンジしたくなります。そうなれば、毎日の洋服を決めるように毎日の髪型を決める自分になっています。せっかくのアレンジ方法があるのですから、まずは試しにチャレンジしてみることをおすすめします。

セミロングまとめ髪を作るのに用意する物

女性はオシャレに気を付ける人が多く、服装や髪形、ネイルに香水、持ち物までこだわっています。特に「髪は女の命」と言われるだけあり、髪形にこだわりお気に入りの美容室まである女性はたくさんいます。少し前はボブが流行りましたが、今は中村アンさんのようなロングで無造作にかきあげられるような髪型が人気です。そんななかでもセミロングは安定して人気があります。セミロングは顎より長くて、肩につくぐらいかもう少し長めの髪型をさします。セミロングはショートヘアよりも女らしさがあり、ロングヘアよりもお手入れが簡単です。ただし、悪く言えば半端な長さのため、ショートヘアにしたのに伸びてしまった、ロングヘアを目指して伸ばしている最中など、なりたい髪形への移行期間であることも多いのです。そんなともすれば放っておきがちなセミロングですが、ショートヘアではできないまとめ髪に挑戦できます。ロングヘアよりも簡単にまとめ髪が出来るので、不器用な人にもチャレンジしやすいですし、雑誌でも特集がよくくまれています。セミロングのまとめ髪をする際に用意するものは、ヘアブラシ、ワックスやスプレー、髪をまとめるゴム、ヘアピンがあれば大丈夫です。

セミロングまとめ髪の作り方の手順

まず、髪をヘアブラシでしっかりとかします。おだんごやポニーテールにする場合はスプレータイプのヘアワックスを髪全体にふきかけます。これにより後れ毛がまとまりやすくなります。編み込みや三つ編みをする場合はクリームタイプのワックスを髪にもみこみます。スタイリングがくずれにくくなるので、絶対にこの手間を省かないでください。髪にワックスをつけたら、おだんごの場合はひとつくくりにします。高い位置にすると元気な印象になりますし、低めにすると落ち着いた女性に見えます。好きなタイプを選んでください。一つくくりにするときは太めのしっかりしたゴムで、色は目立たない黒か茶色を使いましょう。一つくくりにしたら、毛束を二つに分け、片方ずつ根元のゴムに巻きつけていきます。毛先はUピンなどでゴムにつきさしてまとめます。もう片方も同様に巻きつけてピンで止めます。最後に大き目のシュシュなどで根元のゴムを隠せおだんごヘアの出来上がりです。シュシュではなく、手作り方法でリボンをゴムの代わりに飾っても可愛いですね。ぴっちりとまとめてしまうと可愛くないので、毛をつまんで束から引きだし、ルーズにすると、ゆる可愛い髪形になるのでおすすめです。

セミロングまとめ髪の作り方のまとめ

基本の一本縛りで、とても凝ったように見えるヘアアレンジがあります。これはセミロングの人でも充分な長さと言えるのでチャレンジしてみてください。まず、真後ろに一本縛りにします。そして少しゴムをゆるめて内側から指を入れます。その指で毛束をつかみ、ぐるりと内側に引き込みます。毛先を先程指で作っていた穴に入れてピンで固定。最後にバレッタを付けたらあっという間の出来上がりです。とても簡単なのに仕上がりはシックで大人の女性といった印象をもたれるような髪型です。次に三つ編みを使ったアレンジ。まず最初に三つ編みを作る部分を分けます(編み込みです)。最初に編む用の髪をとりますが、多くとり過ぎてしまわないように注意してください。大体五センチ程度が目安です。その際、くしを使うと調整しやすいです。両サイドで片側から寄せた髪をトップから徐々に編み込みしていき、最後は毛先が見えないようにピンでとめます。少し前の髪を垂らすようにするととても可愛らしい印象になります。この二つを覚えておくと、大人っぽさや可愛らしさどちらも表現できて、その日の気分で変えられます。そこから徐々にレベルアップしていくことは可能なので、ひとまずチャレンジしてみましょう。

y001-0461

朝顔折り紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

「朝顔」は私たち日本人にとって、大変身近な植物です。古くは江戸時代の朝顔市に始まり、小学生の頃、夏休みの宿題として観察日...

めだかビオトープの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

めだかを飼育する際に、室内で水槽を使用して育てることもできますが、ビオトープで育てた方がより自然な状態に近付けるので、長...

y001-0020

おにぎらずの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

毎日が忙しくても、簡単に作る事の出来るお弁当の定番メニューとして、おにぎらずというのがあるのをご存知ですか。おにぎらずと...

y001-0811

塩鯖の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

鯖は古くから日本人になじみのある魚で、縄文時代から食用とされていました。平安時代には、鯖売りの行商がいたことも文献に残っ...

y001-1260

しそ味噌の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

しそと味噌は、健康食材です。しそは天然の殺菌作用があり、食中毒予防にも使えます。これは、しそが持つ香り成分「ペリルアルデ...

y001-1478

アルミ缶クラフトの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アルミ缶を使って実用品や美術性の高い作品を生み出していくアルミ缶クラフトは、本来捨てられてしまうものを再利用する意味でエ...

y001-0437

徳川家康年表の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

徳川家康年表を作る理由や目的は様々です。大学受験生が日本史対策として作る場合もあれば、歴史が好きな人が趣味で作る場合もあ...

y001-1368

かつお梅の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅干しにはいくつも種類がありますが、そのなかでも甘めのものと味が少し違うものがあります。梅の大きさなどによって、それぞれ...

y001-0730

股関節ストレッチの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

身体が硬いと、それだけで様々な不調が生じやすくなるというデメリットがあります。これは、単に筋肉の柔軟性が低下しているとい...

卵サンドの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

卵サンドは持ち運びにも便利で、ピクニックや運動会にも大活躍の食べ物です。工夫次第でいくらでもバリエーションが広がります。...

y001-1291

こどもポシェットの簡...

近年、ハンドメイド雑貨が流行しています。大手のフリーマー...

y001-1325

きゅうりのキュウちゃ...

きゅうりのキュウちゃんと聞くと、だいたいの人は有名メーカ...

y001-1144

トマトジュースの簡単...

夏に旬を迎える野菜の特徴としては夏の日差しにある紫外線を...

お正月寄せ植えの簡単...

お正月寄せ植えは、年末になるとあったらいいなと思うもので...