せんべいの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

せんべいの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

現代の子供たちは便利な食生活に浸りきっています。塾や学校の帰りにはコンビニエンスストアやスーパー、ファーストフードなどがたくさん立ち並び、こうした店に立ち寄って食事やおやつを気軽に購入できる状態にあります。コンビニエンスストアで販売されているから揚げやインスタントラーメン、お弁当、アイスクリームにスナック菓子は子供たちの好物でもあり、主食になりつつあります。しかしこうした便利な食事には問題点もたくさんあります。コンビニエンスストアのお弁当やインスタント食品には添加物、着色料、香料、防腐剤などがたくさん用いられています。また高カロリーで塩分が多く、絶対的な野菜不足であることは言うまでもありません。子供たちが大好きなスナック菓子や清涼飲料水にいたっては大量の砂糖が含まれ、子供たちの健康を害しているのは確実です。虫歯やコレステロールの蓄積、肥満や糖尿病に陥る子供たちも多く、社会的問題になっているのは事実です。そのため両親は今一度子供たちの食生活を見直すべきだと言えます。とくに塾や学校の帰りにコンビニエンスストアに立ち寄り、毎日糖質や防腐剤の多いお菓子を請購入することをやめさせなければいけません。

せんべいを作ることの楽しさ

子供たちにコンビニエンスストアやスーパーでお菓子や清涼飲料水を買うなといってもなかなか従わず、言うことを聞かせるのは非常に難しいことです。しかし創意工夫で、子供たちをコンビニエンスストアやスーパーのお菓子から徐々に遠ざけることは可能です。それは両親と一緒に手作りのお菓子を作るといったことを実践すれば良いと言えます。子供たちは両親と一緒にお菓子を手作りすることで、自分でお菓子を作る喜びを実感することができます。喜びを実感した子供たちは、クッキーだけでなく、せんべいも、ケーキも自分で作ってみたいという欲求が高まってきます。こうしたお菓子作りを体験させることは、子供たちにとって非常に良い食育になるのは言うまでもありません。自分で作って美味しいと感じるようになると、コンビニエンスストアなどのお菓子に対して無機質に感じるようになり興味を示さなくなります。また自分で作るお菓子には添加物も着色料、防腐剤も含まれません。そのため非常に体にヘルシーであり、決して健康を害することがありません。とくに、豆乳やおからといった食材をお菓子作りに応用すれば、より健康志向の高いヘルシーなお菓子にすることができます。

せんべいを作るのに用意する物

おせんべいというと、スーパーマーケットやコンビニのお菓子コーナーなどに売られている市販の商品を想像する方が大半だと言えますが、手焼きせんべいを販売しているお店は日本中に沢山実在しておりその気になれば家庭でもせんべいを作ることは可能です。 せんべいを作る際に用意するものとしては、せんべいの材料となるお米と味付けのための調味料がまず真っ先に挙げられます。お米は炊きたてのものでなくとも残りご飯で構いませんし、調味料も市販の醤油とみりんを合わせるだけで簡単に好みの味に整えられると言えるため、以外に用意すべきものは少ないのだとイメージしておいてください。 材料を用意したら次は実際にせんべいを焼くための過熱機材が必要になってきます。特別な調理器具を購入したくないといった方の場合家庭でお持ちのオーブントースターやオーブンレンジを使用すれば、十分に美味しいせんべいを作ることが叶うので覚えておいてください。 より本格的なせんべいを焼きたいと考えている方は、フライパンタイプの家庭用せんべい焼き器が売られているため、そちらの購入を検討してみてください。両面を亜簡単に焼けるようになりますし、見た目が綺麗な形で焼きあがるため買っておいて損はないでしょう。

せんべいの作り方の手順

実際にせんべいを焼く手順を説明するなら、軽く温めなおした残りご飯をラップに包んでつぶす、つぶした米粒を好みの厚さに丸くのばしていく、水分と取り除くため電子レンジで過熱して乾かす、アルミホイルに乾かした米粒を乗せオーブントースターで両面をひっくり返しながら焼くかガスコンロで家庭用せんべい焼き器を使い焼く、ある程度焼けたら調味料を塗り再度焼き色が付くまで焼く、出来立ては熱すぎて火傷してしまうので自然に熱をとるといった手順による作業が、せんべいの手作り方法としてはベストだと言えるでしょう。 注意点としてはせんべいに味を付けるための調味料は、焼き始めではなく焼いている途中に塗るようにすべきだといった部分です。醤油とみりんを合わせた調味料の水分でせんべいの中にまでしっかり火が通らず、食感が悪くなってしまう恐れがあるため、ある程度火が通ってきた段階で調味料による味付けを行うのが好ましいのです。 醤油やみりんの合わせ調味料は刷毛で塗るのが一般的ですが、少し濃い目の味付けが好きだという方は直接せんべいを浸してもいいと言えます。あまり長時間浸しすぎず、3秒から5秒程度浸すのだといった意識の元で作ってみてください。

せんべいの作り方のまとめ

なかでもクッキーやケーキではなく、おせんべいの手作りの方法をマスターすると、よりヘルシー志向になりお勧めです。おせんべいはもち米、しょうゆ、砂糖といった身近な食材で簡単に作ることができます。またもち米でなくても、残りご飯で作ることもできます。もち米をボールに入れ、米粒をつぶしてペースト状、つまり糊状にしてしまいます。そこに塩と水を少々、小麦粉を少々入れ、せんべいの形に形成し、網の上に並べます。網に火をかけ、ふっくら盛り上がったところで刷毛で醤油を塗ります。両面を焼き香ばしい香りがしたら、網から上げ熱を冷まし、乾燥させます。もし網がなければ、オーブントースターを代用してもよいでしょう。アルミホイルを敷き、そこに形成したもち米を並べ、トースターでこんがり焼きます。形は歪ですが、自然派のオーガニックな味で、何枚食べても飽きることがありません。また残りご飯を用いておかきを作るときは、ペースト状にしたお米を形成し、油に投入し揚げてしまうと良いでしょう。パリパリと香ばしいあられのようになり、これも非常に美味な一品です。味付けは塩をまぶしたり、砂糖をまぶしてみるのも良いでしょう。またペースト状にした際に青海苔やゴマなどを混ぜて揚げてみるのもよいでしょう。手作り方法は至って簡単なので、小学生でもできてしまいます。

y001-1338

がん帽子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

がん帽子は医療用帽子とも言われ主にがんの化学治療で髪の毛が抜けてしまった方が使用しています。その種類は昔に比べ多くなり、...

y001-1330

キャベツホイコーローの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

キャベツホイコーローを作る理由は、1皿でバランスの良いおかずが作れることです。キャベツ等の野菜をたっぷり取ることができ、...

y001-1096

にぎにぎの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手作りのおもちゃやぬいぐるみなどは、大きくなっても思い出の品として残しておくことができます。作る理由や目的は、赤ちゃんに...

y001-0544

生クリームの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

生クリームはケーキやお菓子などを作る時には欠かせないものとしてよく知られていますが、実は生クリームではなく、ただのクリー...

y001-1377

カエル折り紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

カエルの折り紙は、作った後に動かして遊べる楽しいものの1つです。折り方は様々にあり、紙の柔軟性を利用して跳ねさせるおもち...

ウッドガスストーブの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アウトドアをするとき、調理で使われるのが薪です。しかし、薪のまま利用しても対した火力を生むことができません。なぜならば可...

y001-0364

美味しい餃子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

餃子は日本ではもうほぼ国民食と言えるくらい全国各地でたくさん食べられており、浜松市と宇都宮市では毎年どちらが餃子の消費量...

手提げカバンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

外出する時に、必要になるものを常に手に持つという行為は、歩き回ったり、走り回るなどの動作をする時の妨げになってしまいます...

y001-1029

パンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

パンには天然酵母を使ったものと、イーストを使ったものとがあります。どちらも酵母菌ですが、天然酵母は果実や穀物などをもとに...

y001-0576

新聞紙で作るエコバックの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レ...

新聞紙は一回読むと資源ごみとして出してしまう事が多い紙です。ですが、新聞紙にはさまざまな活用方法があります。濡らしてガラ...

ベビーポンチョの簡単...

真夏などの暑い季節になりますと、どうしても気になるのが紫...

y001-0472

地図の簡単な手作り方...

夏休みの宿題などで自由研究を行う必要のある方や、趣味の一...

y001-1373

かごバックの簡単な手...

涼しげな印象で夏場に大活躍するかごバック。トレンドでカジ...

y001-0930

マイクラの簡単な手作...

マインクラフト、略してマイクラは、どこまででも行けるよう...