たけのこの茹で方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

たけのこの茹で方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

たけのこの時期になると、色々な所から生のたけのこを貰う事が有ります。また、たけのこの時期になればスーパーや直売所などでも、立派なたけのこが格安で並んでいる事でしょう。それを見ていると、スーパーのパックされたたけのこを買うのも、勿体ない気持ちになってくるものです。パックされたたけのこは、保存料などが添加されており、独特な匂いがして煮物にするには向きますが、新鮮では無い為食べ方も限られてきます。その点、新鮮なたけのこは、歯ごたえも香りも良く。生のたけのこを自分で処理しなければ味わえない良さがあります。ただし、生のたけのこは茹でるのは大変と思われがちです。茹で方を知らない方も多いのでは無いでしょうか。しかしたけのこの茹で方は、一度やってみると簡単にできる事が分かります。手作り方法を知ってしまえば、もう生のたけのこを怖がる必要もありません。格安で手に入れたたけのこで、たけのこ尽くしにすれば季節を感じられて楽しみも増すものです。また、希少な部分といえる穂先の柔らかい部分を独り占めして楽しめるのもまるごと1個購入した楽しみでもあります。たけのこの茹で方を知って、旬の食材を心ゆくまで楽しんで見てください。

たけのこの茹で方を作ることの楽しさ

たけのこの茹で方を知って、自宅でたけのこをまるごと1個楽しむ場合は色々な楽しみ方があります。定番の、たけの煮物、たけのこの炊き込みご飯などは言うまでも無いでしょう。一番楽しみなのがたけのこの刺身や、穂先の柔らかい部分を使った和え物でしょうか。こりこりとした食感を楽しみながら、新鮮なたけのこの風味が、口いっぱいに広がるたけのこの刺身は最高です。自宅で茹でたからこそのレシピといえるでしょう。穂先の和え物や、刺身は、料亭や割烹でしか食べられないと思いがちです。しかし、自宅でも簡単に楽しめる料理です。是非とも、生のたけのこを茹でて食べる喜びを体験してみてください。旬のこの時期しか味わえない新鮮だから出来るお料理は、沢山あります。webでレシピ検索をしてみるのも良いでしょう。また保存出来る期間は、水を取り替えれば5日~1週間は冷蔵庫で大丈夫です。この辺りも嬉しい所です。煮物にして置けば保存期間も延び、常備野菜としてお弁当に入れるお総菜として作り置き出来ます。少し多いかな、と思っても数日に分けて利用することが出来ますから、意外と食べきってしまうものです。是非、旬の素材を心ゆくまで楽しむ為に生のたけのこを手に入れて自宅で手作りしてみましょう。

たけのこの茹で方を作るのに用意する物

3月から4月にかけてがたけのこの旬となりますが、旬となる時期にはお店の店頭には生の状態のたけのこが登場します。 普段は水煮のたけのこしか使わないと言う人でも、生の状態のたけのこを見ると、春を感じるものです。 また、たけのこは簡単に料理の食材として利用することが出来るのです。 但し、手作り方法の中で、どうしてもやらなければならないのが灰汁抜きです。 たけのこは採りたての時は灰汁が無いので、そのまま調理することが出来ますが、時間とともにえぐみが出てしまうので灰汁抜きは必須です。 たけのこの茹で方のポイントは、灰汁抜きで決まると言っても過言ではないのです。 しかし、灰汁抜きはそれほど難しい物ではありませんし、レシピに記載されているたけのこの茹で方を実践すれば良いのです。 また、たけのこの茹で方を見ておけば、灰汁抜きする時に何が必要になるのかが解ります。 灰汁抜きには米ぬかが一番よく、続いて米のとぎ汁、そして重曹と言う順になります。 また、米ぬかはたけのこを購入する時にお店がサービスで提供してくれることも在りますので、たけのこ売場の側に米ぬかが無いかを確認し、置いてない場合は店員さんに聞いて見ると良いでしょう。



たけのこの茹で方の作り方の手順

米ぬかが一番よく灰汁抜きが出来ると言われているのですが、どうしても米ぬかが手に入らない時はお米のとぎ汁を使いましょう。 お米のとぎ汁であればご飯を炊く時には必ず出て来ますので、便利なのです。 最初にたけのこに付いている泥を良く洗い流してから、たけのこの根元を切り落とします。 ここは茹でても固くて食べることが出来ませんので落としておきます。 次に、穂先部分を斜めにカットしてしから、穂先から中心に向かって包丁を入れて切れ込みを入れておきます。 後は、米のとぎ汁の中に入れてたけのこを沈めて茹でるだけで灰汁抜きが出来ます。 灰汁抜きが終わったら、たけのこの皮を剥いて中身を取り出します。 何を作るのかによりたけのこの切る大きさは異なりますが、たけのこと若芽の煮物でもある若竹煮の場合は、大きめに切っておいた方が満足感が高まります。 また、若竹煮だけではなく残ったたけのこを使ってたけのこご飯を作りたい場合は、5ミリほどの厚さにスライスをして炊飯器の中にそのまま入れて炊き上げれば良いのです。 尚、生のたけのこの旬は2か月ほどとなりますので、お店に顔を出したから春を感じさせてくれる、たけのこ料理を作ることが出来るのです。

たけのこの茹で方の作り方のまとめ

では、本格的にたけのこの茹で方を説明してきたいと思います。まずは購入してきたたけのこの外側の皮を2、3枚剥いておきます。次ぎに、根元の堅い部分(ぼつぼつとしている部分)を大きく厚めに剥いて(切り取って)置きます。ざっくりと、切り落とす必要はありません。外側の部分が堅い為、茹でても食べにくい部分になりますのでそぎ取るという意味での処理になります。次ぎに、穂先の部分を斜めに切り落とします。大きく切りすぎると穂先の柔らかい部分が無くなってしまいます。斜めに切り落とすのは、火の通りを良くするための作業ですから切りすぎないようにしましょう。最後に、上から下まで一直線に1本切り目を入れておきます。これも、火の通りを助ける為の切り込みです。先の方が1cm程度と深く。根元に近づくにつれて浅めの切り込みにします。最後に、たっぷりの水と米ぬか、唐辛子を入れて茹でていきます。沸騰したら、落としぶたをして1時間程度弱火で茹でていきます。茹で上がったら、根の部分に竹串を刺し茹であがりを確認します。その後は、火を止めてゆで汁に入れたまま冷ますだけです。冷めたら切れ目から皮を剥き、ぬかを洗い流でば使える状態になります。待ち時間は長いですが、茹で方は難しい事はなく誰でも簡単にできる物になっています。是非、お試し下さい。



y001-0708

豪華おもてなし料理の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

豪華おもてなし料理は、おもてなしを目的としてつくるレシピです。作る理由は、ご馳走を出して食べてもらい、おもてなしをして喜...

y001-0583

織田信長年表の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

織田信長年表を作る理由や目的は人それぞれです。大学受験生が受験対策の為に作る場合もあれば、歴史ファンが織田信長をもっと詳...

y001-0869

リカちゃんの服の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

協調性があり、きちんと社会化できる大人になるために何が大事であるか母親は非常に思い悩む傾向にあります。一人前の大人に育て...

y001-0043

シュシュの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

シュシュは買う物と思っていたのですが、案外簡単に手作り出来ます。作り方のもそんなに難しいものではないです。家にある端切れ...

y001-0199

ビーズ半襟の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ビーズ半襟を作る理由について書いていきます。ビーズ半襟は用意するものが、ビーズ、レース糸、かぎ針の3つほどで作ることがで...

y001-0898

メンマの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ラーメンの具材には欠かせないメンマは、たけのこが食材になっている料理で、独特の食感が人気です。たけのこが在れば、炒めてあ...

y001-0370

美味しい焼豚の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ジューシーな美味しい焼豚は、お店で食べるだけではなく、自宅でも手作りすることができます。自分で作れば味も家族の好みに合わ...

y001-1296

コールスローの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

野菜というのは積極的に食べなければ、毎日の必要量を摂ることが難しいものですが、しかしながらサラダにすると大量には食べにく...

押し花の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

公園に咲いているお花や草花、お花屋さんで購入した好きなお花や、プレゼントで頂いた豪華な花束、そんな大切なお花をいつまでも...

y001-0535

席札の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

席札とは、自分が利用するテーブルの上に置かれている、自分の名前が書かれた小さなカードのことです。ただカードが置かれている...

y001-0373

美味しい稲荷寿司の簡...

稲荷寿司ということばの語源は、油揚げが稲荷信仰に関わりの...

y001-1049

ハチマキの簡単な手作...

ハチマキは運動会やイベントなどで作ることがあります。売ら...

y001-0850

レジンの簡単な手作り...

レジンというのは英語で樹脂のことを指します。最近ではこの...

y001-0049

ハンバーグの簡単な手...

ハンバーグを作る理由として、家庭を持つ主婦の場合には家族...