ドライアプリコットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ドライアプリコットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アプリコットは、日本では杏と呼ばれているバラ科サクラ属の落葉小高木です。アーモンドや梅、すももの近縁種でもあり、耐寒性があり比較的涼しい地域で栽培されていることが特徴です。甘みのある果実が食用として利用される以外に、種子は漢方生薬として使用されています。杏仁豆腐で用いられるのは、このアプリコットの種子の部分です。アプリコットを保存食として製造したものが、ドライフルーツであるドライアプリコットです。ドライフルーツの多さまとも呼ばれている存在で、甘みや酸味と香りのバランスが絶妙なハーモニーを奏でています。また、干したことにより栄養素も増幅されており、健康に対しての効果も期待できます。このように味と栄養の両方の魅力を持っているドライアプリコットは、実は作り方は非常に簡単です。特別なテクニックや専門的な高度な知識は一切必要がないので、調理実績が乏しい人でも完成させることが可能です。また、長期的な利用が可能であり、一度に大量に作っても大丈夫です。自分で作ることにより、市販のものには使用されている保存料や着色料、香料などの添加物による被害を避けることが出来ます。安全で美味しいドライアプリコットを食べたいという人に、おすすめの方法となります。

ドライアプリコットを作ることの楽しさ

ドライアプリコットは、非常に栄養価が高いということが特徴で、ビタミンやミネラルなどの身体にプラスの影響を及ぼす成分を豊富に含んでいます。その中でも特筆すべきが、β-カロテンの含有量です。緑黄色野菜の代表的な存在のホウレン草よりも多いほどです。 β-カロテンはカロテノイドの一種であり、強力な抗酸化作用を持っている栄養素です。抗酸化作用とは、老化の原因物質である活性酸素の働きを抑制する作用のことで、細胞が酸化してしまうことを防御します。また、体内では必要に応じてビタミンAとなり働くので、他の有効成分や栄養素をサポートするという作用があります。 このように美容と健康に多様なメリットが得られるのが、ドライアプリコットが持つ魅力です。特に、年齢を重ねるにつれて不調を感じている様な場合にはおすすめできます。これは、ドライアプリコットにはアンチエイジング効果があるからであり、加齢により発症率が高くなる不調に対して有効に作用します。つまり、味を楽しめるというだけではなく健康的な状態をキープするために効果的ということです。ただし、カロリーもそれなりに高いので、ドライアプリコットの食べすぎには十分な注意が必要となります。

ドライアプリコットを作るのに用意する物

フルーツをそのまま食べてもおいしいですが、ドライフルーツに加工することで、体に良い成分がたっぷり含まれます。食物繊維が豊富なだけでなく、カリウムやミネラルが多く含まれているので、体の調子を整えてくれます。皮ごとドライフルーツにしたものは、皮部分に含まれる抗酸化物質も摂取できますので、美容に関心が高い女性たちにおすすめです。またドライフルーツは水分が飛んでいるので、生のフルーツよりも体を冷やさないため、冷え性でお悩みの方にもおすすめです。魅力いっぱいのドライフルーツですが、実は家で簡単に作ることができます。ドライフルーツの1つ、ドライアプリコットを作る際に用意するものは、あんずとだけです。あんずは、生のものがあればいいですが、時期によっては手に入らないときがありますから、冷凍のあんずでもかまいません。もし家に食品用脱水シートがあれば、冷凍のあんずを解凍するときに、短時間で必要のない水分を吸収し旨味を凝縮する働きがあるので使うことをお勧めします。もしない場合は、キッチンペーパーを代用するといいでしょう。ドライアプリコットが出来た後の保存容器は、密封できるガラス瓶やタッパーなどを用意するといいでしょう。

ドライアプリコットの作り方の手順

ドライアプリコットの手作り方法は、とても簡単です。生のあんずを使用する場合は、種を取り出しましょう。種が残っていれば腐りやすいので、手間がかかりますが1つ1つ種を取り出します。冷凍あんずを使用する場合は、自然解凍し、余分な水分は食品用脱水シートやキッチンペーパーで拭き取ります。冷凍あんずには解凍する過程で水分が沢山出てきますから、食品用脱水シートに挟んで丸一日は冷蔵庫に入れて水分を吸収させましょう。冷凍あんずは種が取り出されているものがほとんどですから、手間が省けます。水気がなくなったあんずは、湿度の低い腫れた日には、竹製の平らなザルに並べてネットをかぶせて天日干しをします。2週間くらい連続して晴れた日に天日干しをすればできあがりますが、日本は高温多湿な気候ですから、天日干しができないときは電子レンジを使いましょう。オーブンシートを敷いた天板にあんずを並べ、50℃に設定して1時間ほど乾燥させます。オーブンの温度を高温にしてしまったら焼けてしまうので、低めに設定して乾燥させるようにしたら出来上がりです。手作りのドライアプリコットは無添加で保存料も入っていませんから、安心して食べられることができます。冷蔵庫に保存して、早めに食べるといいでしょう。そのまま食べてもおいしいですし、ヨーグルトのトッピングやケーキに練り込んでドライケーキを作るなど活用の幅も広がります。

ドライアプリコットの作り方のまとめ

ドライアプリコットの手作り方法は、室内で全ての作業を完了させることが可能です。主に、カリフォルニアなどの湿度が少ない気候で作られているので、日本の高温多湿な気候では乾燥させるのは難しいからです。特に、梅雨から夏にかけての時期は戸外での天日乾燥は極めて困難となります。 用意するのは、冷凍アプリコットと食品用脱水シートです。冷凍アプリコットを自然解凍させた後に、ペーパーで水気を拭き取り脱水シートで挟んで冷蔵庫で1日脱水します。そして、シートから取り出したら周りの水分を拭き取り、オーブンシートを敷いた天板に乗せて50度のオーブンで60分かけて乾燥します。これにより、セミドライタイプのドライアプリコットの完成です。 甘味料や着色料、香料や保存料などは一切使用していないので、自然な甘みのみでやや酸味がちな内容です。そのままでも楽しめますが、ヨーグルトやパンとの相性も抜群です。半生タイプであり、冷蔵庫での保存となります。脱水するのに1日かかりますが、難しい作業は何もありません。簡単に作れるのが魅力であり、必要な場合にその都度作るのが適当な方法です。また、冷凍アプリコットではなく生の状態でも使用できます。

y001-0038

ポップコーンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

育ち盛りの子供たちは、3回の食事だけでは満足な量を食べることができませんから、補食でカロリーや栄養を補ってあげる必要があ...

y001-0688

傘の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

雨の日を中心として利用されている道具には傘がありますが、DIYによって傘を製作する方法も用意されています。一般的には市販...

y001-0872

らっきょう漬け方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

らっきょうを作るのは、日本人が長年四季と共に生活をしてきた証の一つともいえます。らっきょうは6~7月が旬といわれています...

y001-0576

新聞紙で作るエコバックの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レ...

新聞紙は一回読むと資源ごみとして出してしまう事が多い紙です。ですが、新聞紙にはさまざまな活用方法があります。濡らしてガラ...

y001-1443

エクセル家計簿の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

パソコンを購入する時に、よくオフィスソフトがバンドルされています。バンドルされているオフィスソフトの中でも、とても便利な...

y001-0862

リンゴジャムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

リンゴジャムは子供から大人まで誰もが好きな味で、自分で手作りすれば甘さも調節できるので健康的な食生活に役立てることができ...

y001-0714

酵素風呂の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

酵素風呂とは、薬草や野草酵素などをブレンドして発酵させたおがくずや米ぬかに身を沈める温泉療法のこと。リラクゼーション効果...

y001-1322

キュウリの奈良漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本の食卓にかかせないものといえば漬物です。漬物にはさまざまな種類があり、素材を漬ける方法もそれぞれ異なります。塩漬けを...

y001-0679

子供キュロットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

子供キュロットというのは、一見スカートのように広く生地をとってあるように見えるボトムでありながら、実はショートパンツなど...

y001-0223

ファントムトップの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ファントムトップとは、アメリカ製の自動車(通称アメ車)などでよく見られるドレスアップスタイルのことです。自動車の外側を塗...

y001-0452

天然酵母の簡単な手作...

天然酵母とは、市販のドライイーストのことではなく、自然中...

y001-1181

チキンナゲットの簡単...

チキンナゲットの生みの親には2つ説があります。一つは某フ...

y001-0841

わらじの簡単な手作り...

わらじは軽くて履きやすく、健康にも良いとされる、日本古来...

y001-0047

使い捨てマスクポーチ...

昔はマスクと言えば、風邪の人だったり、病気の人が周りに移...