ナスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ナスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏野菜にはトマト・きゅうり・かぼちゃ・枝豆などいろいろな種類がありますが、家庭菜園で育てるならお勧めはナスです。ミニトマトも簡単に育てることができますが、ミニトマトの場合は洗って食べるだけのことが多いので、ナスの使い勝手の良さには敵いません。ナスは夏野菜の中でも比較的簡単に育てることができ、害虫などによる病気の心配も少ないため、初心者にも育てやすいです。またナスは株が大きくなって収穫の時期を迎えると、毎日のようにポコポコと実ができます。栄養と水分をしっかり与えて大事に世話してあげれば、次々と美味しいナスが収穫できます。せっかくたくさん収穫できても、消費が追い付かなくては無駄になってしまいます。しかしナスを使ったレシピは相当の数あるため、消費に困るという心配もありません。最近ではパソコンや携帯から簡単にレシピを検索できるようになりました。焼いたり煮たり、漬物にしたり・・・その日の気分でいろいろなナス料理を考えて作ってみるのも、非常に楽しいものです。また家庭菜園でナスを作ると、大量に収穫ができるので、節約にもつながります。自分で作っていれば、市場のナスの価格が高騰しても、それに影響されることはありません。

ナスを作ることの楽しさ

ナスを家庭菜園で育てることのメリットは、まずたくさん収穫でき、思う存分食べられることです。自分で大切に育てた野菜の味は、格別なものです。最近では食育という言葉もよく聞かれるようになりました。野菜が苦手な小さな子供でも、自分で一生懸命育てるという経験を通して、食べ物の有難さなどを学んでいき、その結果苦手だった野菜も残さず食べられるようになるという教育方法の一つです。また土や水・植物などに触れることは子供にとって楽しい体験ですし、野菜の成長の過程を観察することは、生きた学習として子供にとっての財産となります。また植物には虫がつきものです。野菜だけでなく、そこに集まってくる虫についても学ぶことができ、食物連鎖などの仕組みも自然と知ることができるというメリットがあります。大人にもメリットはたくさんあります。会社や育児・近所づきあいなど、何かとストレスや悩み事を抱えている人も多い現代、日常を忘れて土いじりに没頭することは、何よりものストレス発散になります。野菜は心を込めて大切に育ててあげれば、それが収穫という形になって返ってきます。ナスのコロンとしたシルエットに癒される人もきっと多いことでしょう。

ナスを作るのに用意する物

家庭菜園でナスを育てる際に必ずいるものは、まず土と苗です。ナスは酸性に弱い性質があるので、土には苦土石灰を混ぜておきましょう。ホームセンターでは野菜用の土が売っています。自分で赤玉土やバーミキュライトなどを混ぜて作るのもいいですが、初心者は野菜の土を使うと、簡単にできて失敗も少ないでしょう。プランターで育てる場合は、水はけをよくするために鉢底に石を敷きつめます。植えつけの前にはしっかりと土に水分を含ませておきましょう。その他に必要なものは、ジョウロ・スコップ・軍手・支柱・紐(支柱を固定するため)などです。ナスは土の中の水分や栄養をたっぷり吸収して成長します。そのため植え付け後は追肥をしてあげる必要があります。追肥には固形のものと液体のものがありますが、吸収率がよい液体の肥料を与えるのがいいでしょう。ナスの苗を選ぶ際は、茎が太くてしっかりしたものを選びましょう。またナスは連作を嫌う野菜です。一度育てた土で再び育てるには、5~6年土を休ませるようにしましょう。場所の都合などで同じ場所でしか植えられないときには、土を入れ替えるか、土にリサイクル剤を混ぜ込んで、連作障害を予防しましょう。またやむを得ず連作する場合は、接ぎ木苗を選ぶようにしましょう。

ナスの作り方の手順

ナスの手作り方法は簡単です。まず畑かプランターに野菜用の土を用意します。ナスは94%が水分と糖質でできています。そのためナスを育てるためには、たっぷりの水が必要です。植え付ける前に土をしっかりと湿らせておきましょう。土の準備ができたら、苗を植え付けます。初心者には接ぎ木苗が育てやすいです。長ナスや米ナスなど、様々な種類が販売されているので、好みや用途に合わせて選びましょう。土に苗を埋められるくらいの穴を開けます。苗は逆さにしてポットから取り外します。穴に苗を植え、周りに土を被せて整えたら、植え付けの完了です。あとはたっぷりの水を与えましょう。ナスは成長するとたくさんの実をつけ、株も大きく成長します。重みによって茎が折れたり株ごと倒れてしまわないように、支柱を立ててあげる必要があります。支柱は80~100cmくらいのものを用意しましょう。ナスは土からの栄養の吸収率が非常にいいです。植え付け後そのままにしておくと、土はどんどん痩せていきます。定期的な追肥をきちんと行っていきましょう。ペースは二週間に一回くらいで大丈夫です。液体肥料を水で薄めて与えましょう。ナスが実ったらいよいよ収穫です。ハサミで切って収穫します。ナスは収穫が遅れると先が茶色くひび割れてきます。毎日成長をチェックして、タイミングよく収穫しましょう。

ナスの作り方のまとめ

ナスの手作り方法は、一般的な他の夏野菜と同じです。まず植えつけの前に、土の準備をしておきましょう。畑で育てる場合は畝を作ります。ナスの成分の多くは水分でできているため、植えつけの前にしっかりと土を湿らせておきます。このひと手間で、上手に根付くかどうかが変わってきます。始めから野菜用の肥料が混ざっている土はそのまま使用すれば問題ありませんが、混ざっていないタイプの物の時は、植えつけの前にしっかりと元肥を施しておきましょう。植えつけの際には、まず畑に苗が入るくらいの穴を開けます。そこに苗を植えこみます。土をかぶせてそっと手で整えてあげます。最後に水やりを行って完了です。畑に植えたばかりの頃は、まだ根っこが土中に張っていないため、しっかりと水やりを行う必要があります。ナスは水分を好む野菜のため、他の野菜よりも少し多めに与えてあげましょう。株が大きく育ってきたら支柱を立てます。重みによって折れたり倒れたりするのを防止するためです。支柱はしっかりと紐やワイヤーで縛りましょう。実ができ始めるとあと少しで収穫です。収穫期を逃すと先端が茶色くひび割れてくるので、毎日しっかりと様子を見て、適切なタイミングで収穫できるようにしましょう。

y001-1252

しゃぶしゃぶの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

家族みんなで取り囲んで、楽しくわいわいご馳走を食べたいと願う時に、最適な料理として、鍋があります。バーベキューや焼き肉な...

y001-1168

つけ麺スープの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

つけ麺スープは、つけ麺を美味しくいただくことを目的として作ります。ラーメンの一つではなく、もはやオリジナルの発展をしてい...

バニティポーチの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

旅行に出かけるときに女性なら化粧品道具が必要となります。バニティポーチがあればきちんと整理をして持っていくことができるの...

y001-0842

わたがしの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

わたがしは、英語ではコットンキャンディーと呼ばれている砂糖を溶かしてフワフワの状態にしたお菓子です。ルーツについては複数...

y001-1057

はぎれパッチワークの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

はぎれパッチワークを趣味としている人は、小さな端切れも無駄にしたくないという理由があり、布を大切に扱っています。新しい生...

y001-1399

オレンジピールの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ほろ苦さと濃厚な甘さが調和したオレンジピールは大人の味わいで、お菓子のアクセントやワインのおつまみなど様々な場面で活躍し...

y001-0358

氷こんにゃくの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

氷こんにゃくは現在、夢の食物と注目される食べ物です。氷こんにゃくを作り、食べる主な目的の1つにダイエットが挙げられます。...

y001-0342

米ナスレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

米国の品種であるブラックビューティを、日本において改良されたのが、米ナスであると言われています米ナスレシピの簡単な手作り...

y001-0925

マッシュポテトの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

マッシュポテトは、とても美味しい物です。しかし、茹でて潰して味付けをしてと意外と手間が掛かる物の1つです。作るより買って...

y001-0022

くす玉の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

くす玉は町内会の運動会で利用するために作りました。くす玉を使うことによって運動会が盛り上がります。しかしくす玉としては販...

y001-1055

バザー手作りの簡単な...

バザーには色々なアイテムが出品されるもので、販売で得た利...

y001-0689

三角巾の簡単な手作り...

家庭で食事を作る時には、あまり気にすることなく、エプロン...

y001-0261

冷や汁の簡単な手作り...

夏の暑い日は食欲も減退しがちですし、火の前に立つのも億劫...

y001-1472

あんこの簡単な手作り...

和菓子には欠かせないあんこは小豆が原料となります。市販の...