足が速くなる方法の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

足が速くなる方法の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

社会人になると運動会や体育祭という行事がなくなるので足が速くなくても特に問題ありませんが、学生、特に小学校や中学校では徒競走が全員参加ということも珍しくないので、足が速い方が得です。また、中学になると部活動に参加することになりますが、運動部であれば、どのような競技であっても足が速くて損をするということはありません。たとえば野球部であれば、もしバッターとしてあまり打つことは出来なくても、足が速ければ一番バッターとして起用される可能性がありますし、補欠であっても、代走で出られるチャンスがあります。また、足が速いと守備範囲が広くなるので守備固めとして起用される可能性もあります。サッカー部であれば、フォワードやサイドバックといったポジションのレギュラーが取りやすくなります。また、試合の後半は、相手チームの選手が疲れてくるので、足の速い選手が交代選手として選ばれやすくなります。上記のように、運動部では足が速いというだけで活躍の機会が多くなります。足の速さは先天的なもので決まるというイメージがありますが、足が速くなる方法は存在していて、もともとあまり速くなくても訓練次第で速くなることは不可能ではありません。

足が速くなる方法を作ることの楽しさ

では、足が速くなる方法にはどのようなものがあるのでしょうか。まず、足が速い人は二種類います。短距離が速い人と、長距離が速い人です。簡単に言えば、100メートル走が速い人とマラソンが速い人は区別される存在で、両方とも速いという人はあまりいません。というのは、短距離走と長距離走で使われる筋肉が違うからです。なので、まずどちらで足が速くなりたいのかを決めましょう。 短距離で足が速くなる方法を試したいという場合ですが、まず、スタートダッシュを鍛えましょう。実際に100メートルの選手としてオリンピックに出場した選手の訓練方法として、信号をずっと見ていて、赤信号から青信号に変わる瞬間に歩き始めるというものがあります。なぜスタートを鍛えるのかというと、筋力をつけて走力を上げるよりもずっと簡単にタイムを縮めることが出来るからです。つまり、即効性があるトレーニングなのです。 中間疾走を速くするためには、腕の振り方と脚の回転力が鍵になってきます。女性の場合、腕を横に振って走る人がいるので、その場合は、真っ直ぐ振るように矯正するとタイムを縮められる可能性が高いです。 長距離で速くなりたい場合は、とにかくトレーニングを積むしかありません。長距離走で速い選手は実力と練習量が比例することが多いからです。

足が速くなる方法を作るのに用意する物

足が速くなる方法を考えていきたい。まずは足が速くなるために必要なものを検討してみます。筆頭に思い浮かぶのが靴でしょう。オリンピックなどでも話題になるくらい、スポーツ用品の技術力は大変高くなっています。オリンピックは、本来、競技者個人の能力を競う大会なはずですが、各スポーツメーカーの商品発表会のような側面もあるように感じられるくらい、ハイテクを駆使したその技術力は素晴らしいものがあります。その技術を利用した商品が一般にも販売されているので、足が速くなる方法の第一に取り入れてみてはいかがでしょうか。あるメーカーでは、独自の超軽量スポンジ材を使用し、ほとんど履いていないかと思ってしまうくらいの軽量化に成功するとともに、そのスポンジの性能から足をしっかり保護してくれるそうです。最新技術を取り入れた商品ということがポイントになりますので、最新の商品をお買い求めになるのがベストでしょう。そして、もう一つ意外かもしれませんが、書籍が非常に大きなヒントになります。テレビ番組などでアスリートの暮らしに密着したものを拝見しますと、どの選手も読書家であることがわかります。足が速くなる方法のような書籍も沢山でていますので、それを参考にするのもいいでしょう。

足が速くなる方法の作り方の手順

それでは簡単な足が速くなる自分の手作り方法をご紹介します。一般的に足が速くなるためには次に挙げるような能力が必要になるといわれています。順番にご自分が当てはまるかどうか確認してみてください。まず、重心がずれると速く走れないので、頭をあまり動かさずに走れているか。背骨と直線上になるのがポイントです。次に、これもバランスに関係してきますが、腕を正しく振ることが出来ているか。力み過ぎることなく、身体の横で走るテンポにあわせて大きめに振るのがコツです。そして、走っている姿が極端に前傾姿勢、または後に傾いていないか。トップアスリートはユニークな走り方をする選手もいますが、その姿勢は地面に対して垂直になっているものです。次は、走るときの足のポイント説明です。地面に足をつけるときに、足全体で地面を捉えているかどうか。最後にストライドが長いかどうか。以上が基本になります。上記のことを意識するだけでも、タイムはかなり早くなると思います。それから、タイムを早めるということに関していいますと、スタートのタイミングということがとても大切になります。せっかく走る速度が速くなったとしても、スタートが下手だとタイムも総合的に遅くなってしまいます。スタートの練習としては、コーチに手を叩いてもらって、その瞬間にダッシュするというのが、反射神経が研ぎ澄まされておすすめです。

足が速くなる方法の作り方のまとめ

小学生ぐらいの段階だと、足が速い生徒も陸上の専門家に教えてもらっているということはなく、ただ思いっきり走っているだけなので、トレーニング方法によっては、足が遅いという自覚がある生徒でも、その差をある程度埋めることは十分可能です。時間的な余裕があれば、スタートダッシュの訓練など、即効性のあるトレーニングだけではなく、走り込みなどを行うことで筋力をつけて、逆転出来る可能性もあります。 長い時間をかけて行うトレーニング方法ですが、子供がトレーニングの手作り方法を見いだして練習するというのは難しいので、親がメニューを作って協力してあげるといいでしょう。 トレーニングでは、ストップウォッチとビデオカメラがあると便利です。ストップウォッチはタイムを計るのに必要で、ビデオカメラはフォームの確認のために必要なものです。 長距離走では、ラップタイムを計れるストップウォッチを使うといいでしょう。これは、一般的なストップウォッチと違ってスイッチを押したら単純に停まってしまうのではなく、押した時点のタイムを記録してくれて、なおかつ、トータルのタイムはずっと計測し続けてくれるというもので、トラックの周回を記録する時に便利です。

y001-0822

引継書の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

会社に勤めていると人事異動はつきものです。人事異動の際には、次の担当者のために業務の引継書を作ることが必須です。多くの企...

y001-0606

酒まんじゅうの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

小麦を使った生地にお酒を加えて作るのが、酒まんじゅうの和菓子です。ほのかにお酒が香る小麦の記事の皮で、甘いあんこを包んで...

y001-0214

藁の鍋敷きの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

藁の鍋敷きを作る理由としては、まずは鍋を直接テーブルの上などに置くことは良くないからです。テーブルは木製のものもあれば、...

y001-1248

シュウマイの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

「生きる事は、食べる事」という言葉があります。大げさな言葉かもしれませんが実際のところ生きるために食べますし、健康でいる...

y001-0621

手作りろうそくの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

炎というのは見ていてリラックス効果があるもので、その効用は昔から広く知られていて、セラピストなどにも利用されています。少...

y001-1370

ガチャガチャ工作の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

スーパーなどのレジ横によく見かけるガチャガチャ、一度は利用したことがある人もいるのではないでしょうか。このガチャガチャ、...

y001-0372

美味しい鶏団子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ご飯のおかずとして、幅広い年代に人気のある美味しい鶏団子、一度にたくさんの量を作り置きしておけば、お弁当の準備も簡単にす...

y001-0634

手作りおもちゃの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手作りおもちゃは小さい子どもが遊ぶために作ります。売っているおもちゃとは違った趣があり、手作りならではの良さがあります。...

y001-1388

お茶漬けレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お茶漬けは手作り方法がとても簡単で料理を普段しない人でも5分程度あれば、すぐにできます。また、使用する食材もご飯と冷蔵庫...

いかだの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

一見、昔の冒険小説や冒険漫画にしか連想しないいかだですが、わりと全国的に手作りでいかだレースが開催されるなどの人気を見せ...

y001-1150

トーナメントの簡単な...

いかなる大会や競技会でも、多くの参加者や参加チームが出場...

y001-0298

油揚げの簡単な手作り...

味噌汁の具材として人気の「油揚げ」。買い物に行った時につ...

レジンピアスの簡単な...

レジンピアスを作る理由、目的は人によって様々です。たとえ...

y001-0815

影絵の簡単な手作り方...

影絵は、木や紙などで作られた人形や手などの身体の一部の後...