ハンカチポケットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ハンカチポケットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ハンドメイド作品を販売できるイベントやサイトが増えてきています。さまざまな手作り商品を販売することができますが、子ども向け商品として人気になっているもののひとつにハンカチポケットがあります。ハンカチポケットとは、例えば子どもの衣服にハンカチなどを入れるポケットがついていない場合でも、ウエスト部分にそれを取り付けることでポケット代わりになるという作品です。取り付け部分は安全ピンを遣ったり、ハンカチポケットを作る用のクリップが販売されています。衣類以外のバッグなど、どこにでも付けられるので、好きなところにポケットを増やすことができます。ハンカチやティッシュを入れられるぐらいの小さなサイズなので、カバンを持つほどの荷物がない、子どもが利用するのに便利なものです。ちょっとしたお菓子や女の子なら髪留めやゴムなどを入れることもできます。肩掛けカバンのひもは、小さな子どもが遊んでいるときは危険なことがありますが、ハンカチポケットはそのような危険も回避することができますし、カバンが苦手な男の子にとってもわずらわしくない大きさとなっています。一般的に綿生地で作られているので、汚れても洗濯することができます。

ハンカチポケットを作ることの楽しさ

ハンドメイドの楽しさは、自分好みに作ることができるということが挙げられます。生地の素材や柄選び、サイズ調整やポケットの数など、使う目的によってアレンジができるということが楽しみのひとつです。子どもさんやお孫さんのリクエストに応えたり、ワッペンやタグをつけることで世界に一つだけのオリジナル商品となります。また、それほどたくさんの材料が必要ではないので、ちょっとしたプレゼントとしても利用できますし、大量生産しやすいです。手作りの技術が向上すれば、幼稚園などのバザー商品として、また販売するイベントやサイトに参加することもでき、ハンドメイドを楽しむ幅も広がります。このようなことを経て、ハンドメイド仲間を増やしたり、交流の幅を広げることで、好きなことを仕事にする人もいます。 手作りが苦手な人は、手作り商品を販売するイベントなどに参加して楽しむこともできます。ハンカチポケットひとつにしても、柄だけでなく、さまざまな作り方があるので、使い勝手のよい商品を探したり、比べたりする楽しみが生まれます。好きな柄を取り揃えて、衣服とトータルコーディネートすることもできます。子どもにとっても、自分で必要なものを持ち歩くという身だしなみを身に付けることができます。

ハンカチポケットを作るのに用意する物

聞き慣れない「ハンカチポケット」には二通りの解釈があり、ネームの通りハンカチとポケットの機能が一体となった商品と、ハンカチの様に簡単に持ち運べる簡易ポケット(洋服への脱着が可能で、中にはティッシュや携帯電話等、必要最小限の小物が入れられる)の商品が存在します。 前者の「ハンカチポケット」を作る際には、日常使いのハンカチと洋裁道具一式があればOKです。 女性がトイレへ生理用品を持ち運ぶ際のポーチの代用として、少し大き目のハンカチなら、冷えたドリンクのペットボトルを購入した際、鞄の中での結露を防ぐ目的で使用する事も便利な使い道です。 後者の商品を作る際には、厚地の布(30センチ四方)二種類、ボタン(マジックテープでも可)、洋裁道具一式(スケール必須)、脱着に使用する留め具(2個程度)を用意します。 前者の「ハンカチポケット」よりも用途が広がり、洋服の外側に簡易的に取り付けるので、見た目も重要になります。仕上がりのサイズも大きくなります。 どちらの商品も手作りする事が出来、布地なので汚れたら水洗いも可能で、子供でも使えるお気軽且つ利便性の高い商品です。 市販の物もありますが、名前の刺繍(イニシャルでもOK)やお気に入りのキャラクターを貼り付ける事も出来て、楽しく使えると手作りして使う人も多い「ハンカチポケット」です。



ハンカチポケットの作り方の手順

ハンカチポケットの手作り方法は、ハンカチに収納機能がついたタイプは至って簡単で、いつも使用するハンカチの一部を袋の様に縫い合わせて、バランス良く仕上がればそれで完成です。 どんな洋服にも脱着可能な移動式ポシェット型のハンカチポケットは、下記の手順に従って作成します。 仕上がりのサイズを決める。子供が小学校で使用する場合、大人が外出の際スマートフォンや小さ目の財布を入れる場合では、サイズに違いが生じます。 完成の大きさを考えて、生地を裁ち、ポケット型に縫い合わせます。 ボタンかマジックテープを取り付けてポケットが完成したら、それに留め具(洋服へ脱着可能なタイプ)を二カ所縫い付けると全て完成です。 仕上がった作品に、イニシャルや好きなキャラクターの刺繍を施しても面白いアレンジです。 脱着式のポケットの場合、重たい物を入れる目的の際は少し厚地の生地を使用します。 場合によっては、取り外し可能(水洗いする為)なプラスチックの板(小さ目)を入れると、形が整って完成した時の見た目が美しく、安心して重たい物を入れる事が可能になります。 スマートフォン入れ、財布入れ等、ポケットの袋を幾つか仕切りで分けるとより便利に使えるでしょう。

ハンカチポケットの作り方のまとめ

ハンカチポケットの手作り方法はさまざまあります。インターネットが普及しているので、簡単な作り方が掲載されているサイトを探すのが一番手軽な方法です。使用する生地は、中に物を入れることと、子どもがあまり重さを感じないようにするために、薄目の綿生地がおすすめですが、丈夫にするために接着心を貼ってよれないようにする場合もあります。綿生地なら洗濯もできるので、清潔に保つことができます。ふた部分と本体を一緒の柄にするなら17センチ×88センチほどの生地で作ることができます。他にはふたと本体を留めるマジックテープ、ウエスト部分に付けるための専用クリップ、または安全ピンなどが必要です。ハンカチポケットの専用クリップは2個組で200円程度、手芸店にて購入できます。ひも状の部分に通して、ボタンで留める仕組みになっています。 ポケット内にポケットティッシュを入れられる部分を作るレシピが多いですが、生地を指示通りに折りたたむことで見た目の仕上がりより簡単作成できるので、わかりやすいレシピを見つけて挑戦してみるのがおすすめです。 また、アレンジとして、肩掛けひもをつけられる金具を取り付けたり、チョークバッグのような仕上がりになる金具を付けることで、オリジナルハンカチポケットが完成します。



y001-0403

梅干しの漬け方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅干しの漬け方は基本的に塩のみで長持ちをさせることを目的に自宅でつくられるものですが、もちろん手間がかかったり時間がない...

y001-0395

白梅干しの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

白梅干しを作るための第一の目的は、夏場のスタミナ源を確保するためです。赤紫蘇を入れないで漬ける白梅干しのほうが歴史が古い...

y001-0390

箸袋の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お弁当などを作って仕事場で食べている方や学校でのお昼休みに利用している方、給食や外食であっても、いわゆるマイ箸として自前...

y001-0093

袱紗の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

袱紗を作る理由として一番に挙げられているのが、冠婚葬祭時に必要なアイテムであることが挙げられます。お祝い事やお悔やみ事な...

y001-0617

手作り醤油の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

醤油は、大豆と米、小麦を原料として製造する調味料で、弥生時代に大陸から伝わった醤油のベースの様なものが、日本で独自の発展...

y001-0972

プリン石鹸の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

衣類や布製品の汚れを綺麗にするには、洗濯機を使うことになります。当然ながら洗濯機だけでは汚れは落ちませんので、市販の洗濯...

y001-0536

青しそジュースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

青しそは、茎・葉ともに緑色をしたもので、味と香りが良いために食用として使用されます。また、栄養面においても非常に優れてお...

y001-1147

どぶろくの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

どぶろくは漢字で濁酒と書く、日本酒の醸造の中途段階のもろみを搾っただけの、白く濁った酒のことです。清酒は澱(おり)という...

y001-0754

牛乳パック万華鏡の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

万華鏡って綺麗ですよね。それが手作り出来る事をご存じでしょうか。一見、凄く難しそうと思われるかもしれませんが、意外と身近...

y001-0261

冷や汁の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏の暑い日は食欲も減退しがちですし、火の前に立つのも億劫になってしまいます。ついつい素?や冷麦といった簡単で冷たい食事が...

y001-0538

生姜漬けの簡単な手作...

昔から人気の生姜漬け、特に最近は冷え性の女性が増えていて...

y001-0226

道中着の簡単な手作り...

古い着物や要らなくなった晴れ着などをリサイクルものとして...

y001-1496

アートバルーン花の簡...

風船はそれ自体が夢があるような雰囲気を持っているので、見...

y001-0799

夏祭り髪型ショートの...

夏祭りといえば浴衣です。ロングヘアであれば、アップにした...