ピクルスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ピクルスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ピクルスはきゅうりやにんじんなどの好みの野菜をお酢をベースにした液に浸した洋風の漬けものです。体によいお酢を野菜と一緒に手軽に摂取することができて、漬けておくだけで簡単に作れるので常備菜として常に冷蔵庫にストックしておきたい料理です。暑くて食欲のないときや、さっぱりしたものがもう1品欲しいとき、ビールやお酒のおつまみ、サラダに混ぜたりそのままスナックとして食べたりいろいろな場面で活躍してくれます。市販のピクルスは野菜の種類が少なかったりマリネ液が濃すぎたり甘すぎたりして口に合わないことがありますが、手作り方法をマスターして自家製のピクルスを作れるようになれば、どんな野菜でも好きなように使えます。マリネ液も好みの酢やスパイスを選んで甘さや塩辛さ、香りなどを調節できるので味のバリエーションが大きく広がります。漬けておく時間を短めにして浅漬け風に仕上げたり、長期間の保存用にたくさん作ったり、基本のレシピを応用して様々なアレンジができます。市販のピクルスが苦手な人でも自分で好みに合わせて作ればどんどん箸が進むおいしいものが簡単にできるので、作り方を覚えて健康と豊かな食卓のために役立てましょう。

ピクルスを作ることの楽しさ

手作りのピクルスの最大の楽しみは、野菜の種類を自分で選べることです。市販の瓶詰は主にきゅうりで、にんじんやベビーコーンなどが混ざったミックスもありますが、あまり目新しい品は存在しません。手作りならカリフラワーやタマネギ、ラディッシュ、大根、れんこんなど様々な野菜を仕込むことができるので、自分だけのオリジナルを楽しめます。きゅうりやにんじんでも切り方を工夫すればお店にはないような珍しさを添えることができます。市販のものは着色料や保存料が入っていて健康への影響が気になりますが、自家製なら無添加で素材そのものを味わえます。ワインビネガーやリンゴ酢、果実酢などを使うと味の違うピクルスを作ることができて、ローリエや粒こしょうだけでなくカレー粉やクローブ、ナツメグ、イタリアンハーブなどのスパイスを入れて変化を楽しんだり、色のきれいなピクルスを作るのも楽しいので様々な実験ができます。ピクルスの液をスイートチリソースなどの材料に応用したり、果物を漬けてみたり、水で薄めて飲んだりして再利用できるのも手作りのメリットです。無添加で子供や高齢者でも安心して食べられる自家製のピクルスは家族の健康を守り、食生活を楽しくしてくれます。

ピクルスを作るのに用意する物

ピクルスは塩漬けにした野菜を漬け液に漬け込んだものです。ピクルスを作る際に用意するものは、まず、保存するために使うガラス瓶、セロリやにんじん、キュウリなどのピクルスにしたい野菜、酢250cc、水75cc、ローリエ2,3枚、砂糖小さじ2杯、塩小さじ2杯、鷹の爪2本、粒コショウ適量です。保存用に使うガラス瓶は密閉が可能なものにしてください。また、匂いが瓶に移ってしまう可能性が高いので、ピクルスを作る専用のガラス瓶を用意したほうが良いです。野菜は自分が食べたいもので大丈夫ですが、セロリやキュウリなら1本ずつ、にんじんは2本程度にしておくのがおすすめです。大根を使う場合は水分が多く出てくるので、事前に用意しておく水の量を少なめにしておいてください。漬け汁に使う調味料は辛めの味付けが良い場合は粒コショウを多めに、甘めの味付けが良い場合は砂糖を多めにしてください。酸っぱくなり過ぎるのを防ぐために水を入れるので、酸っぱめな味付けが良い場合は水を少なめにしてください。ただし、水を多く入れると長持ちがしなくなるので、一度作ったらなるべく早く食べきるようにしなければなりません。日持させたい場合は水を使わないでください。

ピクルスの作り方の手順

ピクルスは野菜を漬け汁に漬けて作るものなので、準備さえしてしまえば簡単に作ることができるのでおすすめです。ピクルスの手作り方法は、まず野菜を切るところから始まります。セロリやにんじん、キュウリなどはそれぞれ5cm程の長さに切ったのちにさらに縦に2つに切ります。大根は一口サイズの正方形に切ってください。タマネギを使って作る場合は、半月切りにしてください。鷹の爪は事前に種を取り除いておいてください。ピクルスにしたい野菜の下準備が終わったら、鍋に水を入れて、沸騰させます。そこに酢を少量入れたら、野菜を入れて軽く茹でた後に水をしっかりと切ってください。にんじんは他の野菜に比べて硬いため、最初に入れて他の野菜よりも長く茹でるようにしたほうが良いです。野菜を茹でたら別の鍋で用意しておいた酢、水、ローリエ、砂糖、塩を入れて沸騰させます。沸騰したら火を止めて少し冷ましてください。ここまで出来たら、後は今作ったピクルスの漬け汁と茹でた野菜、鷹の爪、粒コショウを保存用の密閉できるガラス瓶に入れて漬けたら完成です。キュウリは他の野菜よりも早く浸かるため半日ほどで食べることができます。他の野菜は1日漬け込んでから食べるようにしてください。

ピクルスの作り方のまとめ

ピクルスにしたい野菜はなるべく新鮮なものを選び、きれいに洗ってから使います。保存するためのビンはあらかじめ熱湯で煮て煮沸消毒をするなどして雑菌が入らないように気をつけましょう。加熱してマリネ液を作っている間はお酢の香りが家中に広がるので、苦手な人はキッチンの扉を閉めるなど工夫をしてください。野菜を液に浸すときは、全てが均一にしっかりと浸かるように考えて容器に詰めてからマリネ液を注ぎます。浅漬けが好みなら数時間ですぐに食べることができますが、よく冷やしたほうがおいしくなって味も染み込むので使いたい日に合わせて、来客の日程などが決まっている場合はあらかじめ仕込んでおきましょう。野菜は生のままで使えるものと一度火を通したほうがよいものがあるので上手に使い分けましょう。火を通す場合でも、茹ですぎると食感が悪くなるので表面を殺菌消毒する程度の気持ちで軽く茹でるだけにしておきます。ラディッシュやカレー粉を使うレシピのときは色素が出てきれいな色に染まるまでじっくりと漬けこんでおいたほうがきれいです。いろいろな種類を同じ容器で漬けたり、1種類ずつ別々の容器で漬けたり自分の方法でオリジナルのレシピを楽しんでください。

y001-1163

ティラミスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ティラミスは北イタリア地方で生まれたデザートで、チーズケーキの1種です。日本では1990年代に大手ファミリーレストランで...

y001-0588

焼肉もみだれの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

焼肉というのは日本人にとって欧米でのバーベキューに相当するエンターテイメントを兼ねた食事となっていて、祝いや打ち上げの席...

y001-0985

ふきレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

春になるとフキノトウが店頭に並びますが、フキノトウはふきの蕾の部分であり、花が開く前に収穫を行う事で酢味噌和えや天ぷらな...

y001-0127

ハンカチねずみの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

幼い頃、ハンカチで色々な物を作った事が有るという経験がある人は大勢いるでしょう。しかし、なかなか大人になってくるとそうい...

手提げカバンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

外出する時に、必要になるものを常に手に持つという行為は、歩き回ったり、走り回るなどの動作をする時の妨げになってしまいます...

イチゴジャムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手作りのイチゴジャムには、何といっても市販のジャムとはまるで違う味わいがあります。生のイチゴを煮詰めて作ったイチゴジャム...

y001-1084

作れるおもちゃの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

子供が生まれると、色々な機会におもちゃ屋さんへ行きたいとせがまれる事も多くなるもので、買わないつもりで居ても、ついつい何...

y001-0929

マイクラ城の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

さまざまな建造物を作ることができるマイクラの世界では、多くの人が素晴らしい城を作っています。石造りの西洋の城だったり、戦...

企画書の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

会社員の方が業務に関する提案を書類として提出する際に使用することが多い企画書は、意外に会社員以外の方であっても作成する機...

y001-1107

自由研究中学生の簡単手作り方法や作り方・DIY・レシピ

「自由研究」と言うと、夏休みの宿題の中でも一大イベントのようなもので、子供達にとっては楽しくもあり、悩みのタネでもあるの...

エプロンの簡単な手作...

エプロンは非常に様々な用途で使用されており、形や素材など...

y001-1516

100円ショップ手作...

収納棚が欲しい、家に備え付けの靴箱だけでは収納しきれない...

y001-0370

美味しい焼豚の簡単な...

ジューシーな美味しい焼豚は、お店で食べるだけではなく、自...

y001-0942

ポケットポシェットの...

ポケットポシェットとは、小学生などの子どもが普段着ている...