昆布巻きの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

昆布巻きの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本料理の1つでもある昆布巻きを手作りする家庭は増えており、作る理由として挙げられることの1つが伝統また伝承にあります。昆布巻きはお正月のお節料理としてお重に含まれており、昆布巻きは正月の鏡飾りにも用いられる縁起ものとされ、お節料理には結び昆布同様に昆布巻きのこぶにかけて、喜ぶ食材となる縁起のいいものとされています。お正月以外の時にも昆布巻きを食べることで健康や長寿祈願となるため、作る家庭が増えており、日本料理の伝統あるお料理となっています。和の食文化を親から子供へ、また子供から孫へと引き継ぐことも重要であり、またお節料理は作り方も繊細な行程が多く、家庭によって味わいや調理法も様々です。昔はお店で手に入る品物ではなく、手作りすることが一般的でもあったため、伝承する目的も含めて作られている場合が多いのも昆布巻きの特徴の1つです。また、お祝い時にも作られていますし、昆布巻きは昆布料理としてのカテゴリーに分類され、昆布は栄養価が非常に高く、また巻く魚や野菜なども栄養豊富であるため、健康フードとして作る家庭も多いのが特徴です。ご年配の方々の場合には馴染みあるお料理であることから箸も進み、ソフト食感であることから食が細くなる年代の方々向けとしても作られて提供されているお料理でもあります。

昆布巻きを作る事の楽しさ

スーパーなどで市販されている昆布巻きも良いのですが、やはり手作りする事の楽しさも昆布巻きの魅力の1つとなります。代用食材を用いることで意外と簡単に作れ、質の高い食材を選ぶとプロ級の日本料理に仕上げることも可能となります。親子のコミュニケーションに最適なレシピでもあり、昆布巻きの由来や伝統などを語らいながら作ることで親子の絆づくりも可能です。またニシンやかんぴょうなどの食材に触れ、圧力鍋などの道具を使う楽しさもあり、小さなお子様にもお手伝いができる作業行程も多くありますし、使う魚についてや、かんぴょうが何からできているのかなど、好奇心旺盛な子供の食育としても利用でき、魚が甘露煮となり、それが昆布巻きに仕上がる行程を楽しく学ぶことにも役立てられます。また、普段なかなか使う調理器具ではない圧力鍋の短時間での仕上がりの不思議をはじめ、巻くことも楽しみの1つで、巻いた後にどんな形に仕上がっているのかなども想像する楽しさも挙げることができます。近年では、児童施設においても伝統ある食文化に触れるため、味わいや見た目、作り方が簡単で栄養豊富な昆布巻きを作る催しが行われるなど作る楽しさが現代の子供たちにも継承されています。

昆布巻きを作る際に用意する物

昆布巻きを作る際に用意する物として、調理器具では煮込むための鍋が必要となります。時間をかけて煮込むことで昆布の繊維質が気にならないほど柔らかく煮ることができるため、深めの鍋を用意します。短時間調理や火にかけておく心配を不要とするのが圧力鍋で、圧力によって一気に食材を柔らかくし、調味液の浸透性を高めてくれるため、圧力鍋を使うのも適しています。その他、深鍋で作る場合、調味液が昆布巻き全体にしっかり回るように落とし蓋も用意しますが、簡単にアルミホイルでも代用可能で、アルミホイルの真ん中を丸くくり貫き、熱伝導率を高める簡易落とし蓋を作っておきます。その他、昆布には白い粉が付着している場合がありますが、旨味成分であるため、水洗いすることは避けるのが良く、濡れ布巾を用いて汚れを拭う程度の下処理を行うため、布巾やキッチンペーパーも用意します。その他、巻き込む食材がニシンの場合には下処理で漬け置きする必要があるため、ボウルやバケツなどを準備したり、かんぴょうなどを適当な長さにカットするため、キッチンハサミや包丁やまな板、菜箸や煮汁を回しかけるためのお玉なども作る際に用意し、かんぴょうが手に入れない場合にはタコ糸で代用します。

昆布巻きの作り方の手順

昆布巻きの作り方として、一般的なのが身欠きニシンを巻き込んだニシンの昆布巻きであり、作り方の手順は水で戻す・巻き込む・煮る手順となる簡単な作り方です。手間を惜しむことなく下処理を行うことで昆布やニシンを柔らかく炊き上げることができます。またニシンだけではなく、サケ・アユなどを白焼きして作ることも可能で、簡単に作りたい場合にはアユやニシンは甘露煮されている市販品を使うことも可能です。昆布に巻くニシンは米のとぎ汁に漬け込み一晩かけて戻しておきます。巻くための昆布を同じ長さに切り揃え、水に数分浸して昆布のシワを伸ばし、昆布より少し長めにニシンを切り、巻きます。圧力鍋に詰め、かぶる程度の水を入れて火にかけ、10分から20分程度煮たら保温鍋で一旦保温し、その後前回同様、かぶる程度の水を足して、臭みや柔らかくするためにお酒を加え、20分程度火にかけてから保温鍋に入れて保温し、砂糖・醤油・みりんなどで調味しますが、砂糖よりも照りの良いはちみつまたは水飴で仕上げると上品な甘味をプラスさせることができ、調味料を加える前は火にかけて保温を数回繰り返すことで柔らかく仕上げられます。また、かんぴょうで結ぶ以外にもタコ糸でも代用可能です。

昆布巻きの作り方のまとめ

お節料理として古くから作られ親しまれている昆布料理となる昆布巻きは、昆布に巻くニシンなどの下処理など、一から作る作り方をはじめ、簡単で手軽な代用品となる甘露煮からも、一から作る味と変わりのない昆布巻きを作り出すことができるお手軽レシピとして近年では和食ブームから人気を集めています。使用する食材も至ってシンプルであるため、素材にこだわることも可能ですし、形も巻き方によって個性を出すことができるために市販品を購入することなく、誰でも手作りできる魅力を持っています。また、親子のコミュニケーションを広げられる作業行程が多いのも作り方の特徴でもあり、浸す・具材を煮る・巻く・切る・盛り付けるなど、お子様のお手伝いレシピとしても適しています。さらに昆布巻きに使用する食材は栄養素も豊富であり、甘さや塩気など市販とは異なる家庭の味を作り出すことができ、その味を次の世代に継承させることもできるレシピとなります。かんぴょうや昆布を利用する頻度も比較的少ない家庭も多く、昆布巻き作りで初めての体験を親子や嫁ぎ先などで体験することもでき、味わうだけではなく、作る楽しさも兼ね備えた昆布料理と言えます。勿論、食文化や食育指導にも繋げられる和のお料理です。

y001-0272

流木インテリアの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

流木というのは、海や川に流れ込んだ樹木のことを言います。また、それらが海岸や河岸に漂流物として打ち上げられたもののことも...

y001-0701

今夜のおかずレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

今夜のおかずレシピを作る理由は、行き当たりばったりで料理をしてもいいのですが、やはりある程度レシピをあらかじめ考えておい...

y001-1141

ドライアプリコットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アプリコットは、日本では杏と呼ばれているバラ科サクラ属の落葉小高木です。アーモンドや梅、すももの近縁種でもあり、耐寒性が...

y001-0431

鍋でご飯を炊くの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

炊きたてのご飯というのは、日本人にとっては格別のものであり、美味しいご飯というのは、そのままでもいくらでも食べられてしま...

y001-0502

銭太鼓の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

楽器に分類されるようなアイテムには、珍しいものとして国内では古くから銭太鼓と呼ばれているものが存在しています。銭太鼓は名...

y001-0980

プラネタリウムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夜空に光り輝く星々を見ていると、とても現像的な雰囲気に見とれてしまう人も多いはずです。星の光には強く輝くもの、ぼんやりと...

たらこスパゲッティの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

週末や休日、主婦なら普段は自分の分だけで簡単に済ませる昼食を子供たちや家族の分まで作らなければいけなくなります。そんな時...

y001-0303

目隠し塀の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

一戸建て住宅などに居住されている方の場合では、道路と面している場所や、隣接している住宅との境界部分には何も設置を行ってい...

y001-1200

たけのこゆで方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

たけのこの旬は3月から4月頃と言われていますが、この時期になると八百屋さんの店頭や食品を取り扱うお店の店頭に登場します。...

y001-1085

にんにく料理の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

にんにくは、紀元前3000年前のエジプトでは既に栽培されていたと考えられており、食用や薬用として利用され続けてきた長い歴...

y001-1101

梅干しの簡単手作り方...

梅干し作りは1年に1回だけの楽しみであり、年中行事の一つ...

y001-1415

おいしい梅ジュースの...

自家製のおいしい梅ジュースを毎年作る人が増えています。既...

y001-0232

おはぎの簡単な手作り...

おはぎを作る理由としては、まずは季節があります。春と秋に...

超高真空の簡単な手作...

超高真空とは我が国の規格で定められた真空のレベルの一つを...