ピクルスレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ピクルスレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ピクルスとは西洋風の漬物のことで、野菜や果実を酢や香辛料などを合わせた汁につけたものをいいます。ピクルスは肉料理のサイドに添える他にも、お酒のおつまみとしても美味しいものです。この他にも、カレーライスに添えるという食べ方もあります。また、ぬか漬けや甘酢らっきょう漬けなどのように手間がかからず、一晩漬ければ食べられるという手軽さもピクルスの魅力です。そこでここでは、基本的なきゅうりとセロリ、赤パプリカのピクルスレシピと、人参と小玉ネギ、カブのピクルスレシピについて手作り方法を紹介します。まず用意する道具として、ピクルス液を作るための小鍋と、ピクルスを保存するための耐熱性のガラス容器、包丁やまな板、キッチンペーパーが挙げられます。材料にはきゅうりとセロリ、赤パプリカあるいは人参、小玉ネギ、カブなどのピクルスにしたい野菜を用意します。この他、塩を小さじ2分の1、材料Aとして塩小さじ2分の1、酢200ml、水50ml、砂糖50g、材料Bとして、赤唐辛子小3本、黒つぶこしょう10粒程度、ローリエの葉を2枚用意します。簡単に作れるピクルスは、1晩置いたら楽しむことが出来ますが、10日ほどで食べ切るようにします。

ピクルスレシピを作ることの楽しさ

基本的なきゅうり、セロリ、赤パプリカのピクルスレシピとしてまず、きゅうりは皮を縞目にむいて3cmの長さに切ります。セロリは筋を取って3cmの長さに切り、赤パプリカは種とワタを取り3、4cm角に切ります。これに塩小さじ2分の1を振って軽くもみ、軽いおもしをして30分ほど下漬けをします。下漬けが終わったら、野菜の汁気をキッチンペーパーで拭き取ります。材料Aの酢と水を小鍋で煮立て、塩と砂糖を加え溶けるまでしっかりと煮立てた後、材料Bの赤唐辛子、黒つぶこしょう、ローリエの香辛料を加えます。保存用の耐熱性容器に下漬けをした野菜を入れ、出来上がったピクルス液を熱いうちに注ぎ入れます。これを常温で一晩漬ければ、ピクルスの出来上がりです。一晩漬けた後は、冷蔵庫にて保存するようにします。この他、人参、小玉ネギ、カブのピクルスの場合には、人参は6つ割にして面取りし、小玉ネギは1cmの厚さに輪切りにした後、軽くゆでます。カブは6つ割にして面取りし、塩を小さじ3分の1振りかけて軽いおもしをし、30分ほど下漬けをした後、キッチンペーパーで汁気を拭き取ります。この後の作り方は、きゅうりとセロリ、赤パプリカの場合と同じです。これらは一晩で味がなじまない場合には、もう一晩置きます。

ピクルスレシピを作るのに用意する物

ピクルスとは漬物のことで、日本では主に欧米製のものを指す言葉として使用しています。純粋な日本の漬物と比べると酸味が強いということが特徴で、ご飯よりもパンやサラダと合わせるのが適当です。逆に、日本の漬物はパンやサラダとは合わないので、適材適所ということになります。 また、ピクルスはそのままの状態で食べるというよりも、料理の材料や隠し味とするのがメインであり、ペースト状にするなど使い方はバリエーションに富んでいます。つまり、柔軟性があるということであり、これを常備しておくことにより普段の料理にも彩りが加わることになります。 そんなピクルスは、実は簡単に作ることができます。用意するのは野菜、砂糖、穀物酢、塩と容器としてのガラス瓶だけです。一度作れば何日も楽しむことができるのが、メリットといえます。なお、注意しなくてはならないのは、雑菌の侵入です。このために、容器として使用するガラス瓶は、あらかじめ煮沸消毒しておくことが推奨されます。これにより、清潔な状態からスタートできるので結果的に長持ちすることになります。また、辛い目の味付けが好みの場合は、ピクルスレシピに赤唐辛子やニンニクを加えるのが適当となります。

ピクルスレシピの作り方の手順

ピクルスの手作り方法は、まずは材料となる野菜を好みのサイズにすることからスタートします。これを容器に入れると、次は付け汁を作る作業となります。鍋に水と穀物酢、砂糖と塩を加えて沸騰させます。これを、材料を入れた容器に注げば終了です。冷蔵庫で保管すると、翌日には早くも食べることができます。ただし、本当に味が染みて食べごろとなるのは、5日目以降のことです。 また、ピクルスは野菜以外でも可能であり、特に最近になりインターネットを中心に話題を集めているのがゆで卵のピクルスです。こちらのピクルスレシピは、野菜を材料としたものと同様ですが、数時間で漬かるということが異なるポイントです。さっぱりとした味わいが特徴であり、夏場の疲労回復にもってこいの一品です。 この様に、簡単な作り方が魅力のピクルスですが、材料により食べごろとなる時期に違いがあるということが注意点となります。ニンジンや大根などの固めの野菜は1週間が経過した頃から徐々に柔らかくなっていきます。逆に、トマトなどの柔らかい野菜は日にちが経過し過ぎると溶けて崩れてしまいます。このために、これらは早めに食べてしまうのが適当と言えます。この様に、ピクルスレシピによって多様な楽しみ方が可能となります。

ピクルスレシピの作り方のまとめ

この他にも、固めに茹でたカリフラワーやかぼちゃなどもピクルスにすることが出来ます。レシピとしてまず、カリフラワーは小房に分け、かぼちゃは皮をむいて2、3cm角に切り、固めに茹でます。これらの場合には、下漬けは行わずに、茹で上がったカリフラワーとかぼちゃを耐熱容器に入れ、煮立てたピクルス液を注ぎ入れます。この時のピクルス液のレシピは、他と野菜の場合と同様のものとなります。カリフラワーとかぼちゃを使った場合も、他の野菜と同様に常温で一晩漬けるようにし、その後は冷蔵庫にて保存します。ピクルスのレシピとしてかぼちゃは意外な野菜ですが、甘く煮たかぼちゃが苦手な人でも、ピクルスにすればコリコリとした歯ごたえを楽しむことが出来ます。きゅうりのピクルスは、肉料理の付け合せやおつまみ以外にも、細かく刻んでタルタルソースの材料にすることも出来ます。この他にも、ホットドッグにトッピングするという使い方もあります。またカリフラワーやセロリのピクルスは、サラダに合わせるという使い方が出来ます。酢に漬けてあるピクルスは、さっぱりとした味に加えて、その酸味に含まれるクエン酸によって、疲労回復につながるものとなります。

y001-0399

梅焼酎の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

自家製の梅焼酎を手作りしている人はとても多いといいます。簡単に手作りすることができる方法もいろいろとあるので、梅焼酎が好...

y001-0986

ふきの葉の佃煮の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

フキと言うのは、春になると地下茎から出て来る蕾でもあるフキノトウ、フキの茎の部分などを食べることが出来る食材です。しかし...

切り絵の簡単手作り方法や作り方・DIY・レシピ

切り絵と聞くと、影絵風のノスタルジックなものや、昔ながらの芸人さんが演芸場などで披露する古風な芸、などを思い出し、そのた...

y001-0792

果実酢の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

体に良いもの、美容に効果的なものは積極的に取り入れたいもので、そのために努力をしている人も多いです。しかしながら世の中に...

y001-0861

りんご酢の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

酢にはクエン酸がたっぷり含まれていて、疲労回復や体の酸性化防止、ダイエットにも効果があります。酢に含まれている酢酸が、体...

y001-0462

張子の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

郷土玩具としても古い時代から用いられているものに、張子と呼ばれているものがあります。張子はそもそもの製法が手作り品に属し...

y001-0530

切り干し大根の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

年齢を重ねることで煮物料理が好みなる人が多いのですが、煮物料理の中でも簡単に作ることが出来るのが切り干し大根です。切り干...

y001-0090

樹脂粘土パンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

最近人気の樹脂粘土。色々な形を作って乾燥させて固めれば、本物そっくりのスイーツやパンなど作る事が可能です。是非そんな樹脂...

y001-0707

黒ニンニクの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ニンニクは、紀元前3000年頃の古代エジプトでは既に栽培されていたと考えられており、食用として長い歴史を積み重ねています...

かわいいイラストの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

イラストを描くという作業は、紙とペンなどがあれば、ほとんどいつでもどこでも簡単に行うことができます。かわいいイラストが描...

テントの簡単な手作り...

「テント」は、木や金属の骨組みに、布製のシートを被せて居...

y001-0071

タイル鍋敷きの簡単な...

料理をする時、鍋敷きを使う人もいるでしょう。勿論新聞紙で...

巨大うちわの簡単な手...

暑いシーズンでしきりに使われるうちわですが、普通のうちわ...

y001-0895

もてなし料理レシピの...

お客さんを招いた時に作る料理のことを、もてなし料理などと...