ビビンバの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ビビンバの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

焼肉店に行ってしめで頼む料理といえばビビンバで、お好きな方は多いはずです。普通のものから石焼まであって、それぞれの店によって上にのっている具材が違っていて、好みのものを探すのも楽しいものです。そもそもビビンバというのがどういった料理かというと、丼や専用容器にご飯とナムルや肉、卵等の具を入れ、コチュジャンやごま油等の調味料をかけて、匙で良くかき混ぜて食べるものになります。ご飯の上に盛られている具は本来は5種類とされていて、手前、奥、右、左、中央に分けて盛られるのは基本となっています。主に焼き肉店や朝鮮、韓国料理店で提供されるものですが、最近は自宅で作ることも増えてきています。その目的としては簡単でバランスの良い食事がとれるからというものがあり、またスーパーで手軽にナムルが購入できるようになったのも大きいです。これまでナムルは専門店に行くか、自分で手作りしないといけなかったのですが、身近で入手できるようになったことで、食生活がさらに広がってきているのです。また自分で作ることによって、辛さの調整ができるようになって、子どもから大人まで、それぞれの味覚に合わせたものを作ることができるようになるのです。

ビビンバを作ることの楽しさ

しかもビビンバを手作りすることによって、具のバリエーションやアレンジが広がっていきます。店で食べる場合は多くの客に合わせた普遍的なものを提供しますが、家庭で手作りする場合、それぞれの好みやセンスによって具材を変えることができます。基本はありますが、特に気にすることもないので、好きなように作れるのも魅力の一つなのです。しかも丼ひとつで良く、洗い物が出ませんし、それでいてのせる具材によっては栄養バランスがしっかりと摂れますので、一品料理といってもそれほど悪いものではないのです。 しかも小さな子供がいる場合、盛り付けを一緒に行うことによって食や料理に対する興味を持たせることができるのです。また毎日の食事がどうやって作られているのか、苦労までは分かりませんが、作るということについて知ることができますので、教育にも良いのです。食べることは生きること、確かに現在の日本は身近ですぐに食べるものが入手できますが、それゆえ幼い頃から自分で作る楽しさを知ることが大切になってくるのです。自分の体は食べたもので出来ている、そう考えると食というのは疎かにできないもので、体験によって大切さを教えることも大事なのです。

ビビンバを作るのに用意する物

ビビンバは韓国料理の1つで、野菜とお肉、卵とご飯を混ぜてたべる料理です。ナムルと呼ばれる野菜がたっぷり入っているので、ヘルシーな料理で日本にも定着しています。ビビンバは家庭でも簡単に作ることができます。ビビンバを作る際に用意するものは、ご飯とひき肉、キムチ、卵、そしてナムルと調味料です。ご飯は冷えたものでも温かいものでもどちらでも良いでしょう。キムチは、白菜キムチが望ましいです。ビビンバは色とりどりで見た目にも美しいのが特徴ですから、ナムルは最低でも3つ以上作るのがおすすめです。ナムルを作る食材としては、人参やもやし、小松菜、ほうれん草などがあります。どれもごま油で炒めたり下ごしらえが必要になります。ひき肉は豚でも牛でも合びき肉でも構いません。調味料はコチュジャンや焼き肉のタレ、醤油と酒を用意しましょう。自宅で作れるもっとも簡単なビビンバは、白いご飯の上にキムチとナムル、ひき肉、卵を乗せて混ぜて食べる方法です。パーティーをするときは、ホットプレートにご飯とナムルなどの全ての具材を乗せて焼きながら食べるのがおすすめです。お店で食べられるような本格的なビビンバを食べたいときは、ビビンバ専用の石の器を購入し、コンロに石の器を直に置いて温めます。石の器は熱を逃しにくいですから、具材を焼きながら最後まで熱々でおこげも楽しむことができます。しかし家で使用する際は取扱いは慎重に行うことが必要です。

ビビンバの作り方の手順

ビビンバの手作り方法は、ナムルとひき肉を下ごしらえしておけばとても簡単です。ナムルの一つ、にんじんナムルは千切りにして塩もみして水気を拭き取っておきましょう。ほうれん草や小松菜ナムルは、4cm程度の長さに切って茹でで、冷水に入れて水気を切っておきましょう。もやしもお湯でさっとゆでて水気を切っておきます。これらのナムルは同じ長さに揃えることでご飯の上に並べたときに美しく見えます。水気を切ったナムルは、それぞれごま油と少量のにんにくと酢、醤油で和えておきます。ナムルにしっかりした味をつけておくことでおいしいビビンバが出来上がります。ひき肉は、炒めて醤油と酒、砂糖で甘辛く味付けをしておきます。キムチもナムルと同じ4cm程度の長さに切っておきましょう。調味料は、コチュジャンに焼き肉のタレを少々、醤油と酒を加えて味を調えます。白いご飯を器によそい、キムチとナムル、ひき肉を円を描くように配置します。中心に、生卵、もしくは温泉卵を置いて、卵の横にコチュジャンをベースにした調味料を置けば完成です。最初に全て混ぜ合わせて食べると、ごま油の香りが漂う野菜たっぷりのヘルシーなビビンバを楽しむことができます。具材はお好みでアレンジできるので、冷蔵庫に残ったものを活用するといいでしょう。

ビビンバの作り方のまとめ

ではビビンバの手作り方法ですが、用意する食材は2人分で、ごはん2人分、薄切り牛肉300g、コチュジャン小さじ2、牛肉の調味料として日本酒大さじ1.5、砂糖小さじ2、しょうゆ大さじ1、オイスターソース大さじ1になります。他にナムルとして調味料がゴマ油大さじ1、砂糖小さじ1/3、塩少々、オイスターソース小さじ1になります。ナムルにする野菜は人参2/3本、小松菜2~3株、モヤシ1/2袋、卵2個になります。 まずはナムルを作っていきます、人参は細切りにして、それぞれの野菜を別々に軽く茹でていきます。茹であがったら水分をしっかりと切り、ナムル用の調味料で和えます。 牛肉は牛肉用の調味料で揉みこんで、フライパンで焼いていきます。 丼のごはんを入れて、野菜のナムルと牛肉を彩りよくトッピングしていき、真ん中にコチュジャンをのせ、その上に卵黄をのせて完成になります。 ナムルは好みに応じて好きなものを使えばよく、わざわざ購入しなくとも冷蔵庫に残っている野菜を使って問題はありません。また牛肉ではなく豚肉や鶏肉、ひき肉などでも可能になりますので、いろいろなアレンジをして、お好みの味を作ってみるのも楽しいものになります。

y001-1322

キュウリの奈良漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本の食卓にかかせないものといえば漬物です。漬物にはさまざまな種類があり、素材を漬ける方法もそれぞれ異なります。塩漬けを...

y001-0667

紙粘土マグネットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手作りの小物を作るのは楽しいものですが、紙粘土マグネットのように、実用性のあるアイテムを作ると、作った後にも色々な場面で...

y001-0126

栗ごはんの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

主に食欲の秋に嬉しいひと品として、栗ごはんを挙げる事ができますが、大きな粒の国産の栗を使った栗ごはんはとても美味しい献立...

y001-1209

ソミュール液の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

燻製作りの工程の中で、塩水による塩漬け作業があります。この塩水をソミュール液と呼び、この液体に漬けることによって、長期保...

y001-0549

畝の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

畝を作るために必要な要素として、肥沃な土壌があります。適度に水はけが良くて、土壌の養分も豊富な土があることが理想です。表...

y001-0292

洋服ワンピースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

現代の日本はデフレ経済からなかなか脱却できずにいます。国の政策も焼け石に水であり、サラリーマン世帯などは非常に厳しい生活...

y001-0106

お金を分ける貯金箱の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

毎月の収入に合わせてお金の収支を明確にする事は家計に大きな影響を与えます。子供のお小遣いを計画に貯める事が出来るので大変...

y001-0987

ふきの佃煮の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ふきの佃煮は、昔から常備菜としてどこのお宅でも作られていた物です。最近では、作る方が少なくなりスーパーでお総菜として買っ...

y001-0243

棚の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

自分で棚を作ることはとても楽しいものです。こんな棚が欲しいと思っていても、なかなか良い商品に出会えないという人も多いので...

y001-0812

塩昆布の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

昆布には鉄分やミネラルなどが豊富に含まれており、美味しい出汁をとることができます。しかし、多くの人は出汁をとるのに使用し...

y001-0187

さわし柿の簡単な手作...

”さわし柿”というものを知っていますか。このさわし柿の”...

y001-0111

木製名刺入れの簡単な...

就職して社会人になると必需品と言えるものに名刺と名刺入れ...

y001-0434

豚汁の簡単な手作り方...

豚汁というのは、誰もが好きである汁物ともいえるでしょう。...

y001-0768

甘酢あんの簡単な手作...

家庭料理において避けたいのはマンネリというものですが、ど...