フェルトマスコットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

フェルトマスコットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

誰でも一度は体験したことのあるフェルトを使ってのマスコットづくり、楽しかった思い出がある人は良く、手先が不器用な場合はちょっぴり切ない記憶があるかもしれないです。人生において学校の家庭科などの授業でも行いますし、意外と身近なところにあるフェルトですが、どういう構造になっているのか知らない人は多いかと思います。そもそもフェルトはヒツジやラクダなどの動物の毛を、薄く板状に圧縮して作るシート状製品の総称のことを言います。 いわゆる不織布で、織ってあるのではなく圧力を加えることによって繊維を絡まらせて布状にしているので、切っても端がほつれることがなく小物を作るのに向いているのです。 自然の毛だけではなく、化学繊維を使った製品もあって、最近はこちらが主流になってきています。メリットはなんと言っても普通の布と違って切っても端がほつれないことで、それゆえ小物やマスコットなどの作成がしやすく、ミシンではなく手縫いでも十分に縫えることから活用されています。子供に扱わせるのに最適で、一番最初に触れるものでもあり、ここで楽しさを知ると後に裁縫などに興味を示しますし、やる気にも繋がっていくので、最初の作品作りが肝心となります。

フェルトマスコットを作ることの楽しさ

現在、店にはさまざまな商品が取り扱われていて、100均の登場によって安価でも可愛らしい小物が数多く手に入るようになってきています。他にも格安のショップは多くあって、選ぶのに悩むほどですが、それでも未だに手作り、ハンドメイドというのは根強い人気があります。その理由はやはり自分でデザインして好きなものを作れるから、さらには作っている最中に楽しさがあるからということで、これは市販品を購入するのでは決して知ることのできない喜びがあるのです。自分自身で作るということに意味があって、しかも思い描いた通りのものが完成した時、喜びや嬉しさはさらに大きくなるのです。 そういったことから作り始めたら最後まで完成することを目標にするのがよく、初心者の場合、あまり難易度が高いものよりも、必ず作れるものを選んだ方がいいのです。人は達成することによって満足を覚え、その反対にできなかったことは苦痛として心に残ってしまうのです。それゆえ嫌になってしまうことがあるので、最初に行う際は、なるべく簡単で作りやすいものを選ぶのがいいのです。そして完成することによって喜びを得られ、それが次のやる気につながっていきますので、注意が必要となります。

フェルトマスコットを作るのに用意する物

部活動を頑張る子たち応援するためや、チームでおそろいの物をつけて士気を上げたいなどの目的で、マスコットのキーホルダーをつけるのがら今も昔も流行っています。テーマパークやお土産屋さんで買うマスコットよりも、フェルトで手作りのマスコットをつけた方が温かみもありますし、世界に一つだけで特別感がありますよね。では、作るときは何を用意すれば良いのでしょうか。まずフェルトと刺繍糸を用意します。カラフルなマスコットの方が可愛いですが、たくさんの色を使いすぎると作るのが大変ですので、3色ぐらいが上限でしょう。その分刺繍糸はたくさん使っても手間は変わりません。好きな色を使ってください。立体的にするために綿を用意します。あとは針と糸切りバサミに、フェルトを裁断するハサミが必要です。チームでおそろいにしたいときは、配色を少しずつ変えて同じものを作ると可愛いですね。あと、オリジナルのマスコットづくりには型紙が欠かせません。型紙の手作り方法は簡単で、厚紙や段ボールにペンで絵を描き、それをハサミで切り抜いたら出来上がりです。裁縫があまり得意ではない人は複雑な形ではなく、丸や球形にしましょう。刺繍糸で可愛くデコレーションすれば良いので、形にこだわりすぎないほうが良いです。

フェルトマスコットの作り方の手順

まず、手作りした型紙をフェルトの上におき、チャコペンなどで縁取りをします。その縁取り線に沿って裁断バサミでフェルトを切っていきます。焦らずゆっくり切って、ふちがガタガタにならないようにしましょう。マスコットに必要なパーツを全て切り出したら、次は縫い合わせます。刺繍糸を針に通し、縫っていきますが、糸は二重にしておくと丈夫に出来上がります。カバンにつけることが多いので、外で落ちないように、二重にしておきましょう。玉止めをしてふちを縫いますが、飾り縫いは簡単ですので挑戦してみてください。中に綿を入れるときは、最後まで縫わず少し手前で一旦やめます。隙間から綿をつめ、全体にまんべんなくつめたら、続きを縫いましょう。刺繍をする場合は、綿詰めの前に完成させましょう。ついつい、先に綿詰めをしてしまい、刺繍が出来ないなんてことになりますから、しっかり手順を考えながらしてください。綿詰めも完了したら、マスコットストラップになるよう、取り付けようの紐をつけます。手芸屋さんで、キーホルダーチェーンを買ってつけてもいいですね。より本格的な出来上がりになります。最後にはみ出した糸や、下書きのチャコペンを消して完成です。

フェルトマスコットの作り方のまとめ

それではフェルトを使ったマスコットの手作り方法ですが、まず準備するものはフェルト、中に詰める綿、木工用ボンド、チャコペンシル、糸、ペン、紙、後はトレーシングペーパーやつまようじなどもあれば便利です。これらは100均でも購入できますので、最初は高価なものではなく手に入るもので行う方がいいです。 手順ですが、まずは型紙を用意します。紙に手描きして作っても、素材をプリントアウトしたものでもOKです。これをパーツごとに切り分けます。次にパーツ型紙をフェルトに置き、チャコペンで縁取ってから切り抜いていきます。 動物や人形の場合、フェルトに顔を下書きします。この時、チャコペンシルを使うと後から消せますので綺麗に仕上がります。 描いた線に沿って顔を作っていきます。縫うのが苦手な場合、ボンドを使って貼っていくといいです。 本体部分を縫い合わせて、少しだけ隙間を空けてそこから綿を詰めていきます。この時、つまようじなどで押し込むようにするとしっかりと入ります。 綿を詰めたら残っている部分をすべて縫って完成です。 縫い方はたてまつり縫いやブランケットステッチが一般的ですが、初心者の場合、なみ縫いでも良く、完成させることを目指すことが大切です。

y001-0485

大根の漬物の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

大根の漬物を作る理由としては、簡単に作れて美味しいために、常備菜として便利なことが挙げられます。根の部分だけでなく、葉の...

y001-0383

飛び出すカードの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お誕生日や結婚のお祝いにプレゼントなどを贈る時、ちょっと気に効いたメッセージカードを添えたいものです。また、知らせを聞い...

アクリルたわし編み方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

アクリルたわしというものは、アクリル製の毛糸を編んで作ったたわしのことです。毛糸の摩擦と細かい繊維によって汚れを落とすの...

y001-0141

木造車庫の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

木造車庫を作る理由としては車庫に屋根をつけることがあります。一戸建てなどにおいては自動車を置くスペースはある程度設置され...

y001-0584

飾り結びの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

飾り結びにはいろいろな結び方の種類がありますが、基本的に和装などの日本の伝統的な文化によく登場する結び方です。その目的や...

y001-0295

夕飯献立の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

現代の主婦はすっかり夕食を手作りしなくなってしまったと言われています。現代では共働き世帯も非常に多く、主婦でも残業してか...

y001-1506

Eメールの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

Eメールというのは電子メールのことですが、現代社会において生活をより豊かなものにするためには、Eメールアドレスを作った方...

y001-0999

ピンクッションの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ピンクッションというのは、裁縫をする際に縫い針や待ち針を刺しておくためのもので、裁縫道具の中には必ず入っているものです。...

y001-0257

冷凍卵の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

「冷凍卵」という言葉を聞いたことがありますか。冷凍卵とは、生卵を冷凍したものです。解凍してそのまま食べたり、料理の材料と...

y001-0490

袋の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

子どもが保育園や幼稚園に入園する際には、いろいろなものが必要になります。中でも特に準備しておきたいのが、入園グッズを入れ...

y001-1408

オニギラズの簡単な手...

「オニギラズ」とは、簡単に言えばおにぎりのサンドイッチの...

y001-0066

木の物置の簡単な手作...

荷物というものは時間が経つと部屋の中に増えていきます。こ...

y001-1027

ハンカチポケットの簡...

ハンドメイド作品を販売できるイベントやサイトが増えてきて...

y001-0296

油淋鶏レシピの簡単な...

作る理由や目的は、人によってそれぞれですが、それでもおい...