フキの佃煮の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

フキの佃煮の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ふきの旬は10月頃から翌年の5月頃だと言いますが、ふきは山菜の一種であり、春が旬となります。一般的に出回るふきの多くは栽培が行われたもので、愛知県が日本の中では最も出荷量が多く、続いて群馬県、千葉県と言った順になると言います。国産のふきは、ほろ苦みというもの在り、これが良いと言う人が多いのですが、そのまま使うとえぐみが強く美味しく食べる事が出来ません。そのため、灰汁抜きを行う必要が在ります。灰汁抜きは、手作り方法の基本的なもので、ふきを水洗いした後に熱湯に入れて1分ほど茹でてから冷水につけて半日そのままにしておけば良いのです。そのため、手作り方法を覚えておけば簡単に灰汁抜きを行う事が出来るわけです。また、灰汁抜きをした後は、色々なふきの料理を作ることが出来ます。例えば、春が旬となるふきと同じ旬を迎えるタケノコやわかめなどを利用したレシピなどは如何でしょうか。これらのレシピも簡単に作ることが出来るのでお勧めですし、春を代表する食材を使った煮物となりますので、お客さんが訪れた時にも最適なレシピと言えます。また、フキの佃煮はお酒のおつまみやご飯のおかずとしても最適な料理であり、甘辛い味付けをすることでご飯を沢山食べる事も出来るのです。

フキの佃煮を作ることの楽しさ

フキの佃煮はふきの煮物とは違って日持ちがしますので、沢山作っておけば数日間食べる事が出来ると言ったメリットが在ります。 佃煮と言う料理は色々なレシピが在りますが、古くから保存食として作り親しまれている料理であり、あさりの佃煮などは日持ちがしないあさりを長期間保存できると言うメリットが在るわけです。 これはフキの佃煮においても同じで、ふきの煮物は日持ちがしませんが、フキの佃煮にすることで数日間の日持ちを期待出来るのです。 知り合いから大量のふきを貰ったけれども、煮物だけでは食べきれないと言った時など、葉の部分は炒め物や佃煮にしたり、茎についても一部は煮物料理、そして残りはフキの佃煮を作れば、葉の佃煮と茎の部分の佃煮の2つを味わえます。 尚、フキの佃煮というのは「きゃらぶき」とも呼ばれているもので、佃煮の専門のお店などでは100グラム数百円から数千円と言う値段になるケースも多くあり、庶民の味といっても比較的高価なものでもあり、中々手が出ないと言う人も多いわけです。 しかし、手作り方法を覚えておけば、ふきをお店で購入してくれば、専門店などで販売している高価な物を買わずに、沢山作って食べる事が出来るなどのメリットも在るのです。

フキの佃煮を作るのに用意する物

近頃あまり食べられなくなったフキですが、実はカロリーが低く、抗酸化作用は強い、という生活習慣病が心配な現代にこそなくてはならない食材です。しゃきしゃきとした食感、独特の苦み、季節を感じさせてくれる野菜の一つです。  そんなフキの佃煮の作り方をご紹介しましょう。用意するものは、フキが1kg、濃い口しょうゆ1カップ、砂糖80g、日本酒60cc、みりん同じく60cc、削り節を適量、後はお好みで鷹の爪や山椒を用意してもいいでしょう。作る道具ですがフキを煮るのに十分な大きさの鍋、ざる、フキを洗うためのたわし、菜箸などの通常の料理道具があれば、美味しいフキの佃煮が誰にでも簡単に作れます。  削り節や山椒以外にもじゃこを入れたり、シイタケやあさりを加えたりと、いろいろとアレンジできますので、冷蔵庫の中身や自分の好みと相談して、自由に材料を決めてみましょう。味付けにごま油を少し加えても美味しいです。  フキの佃煮は常備菜として、大活躍間違いなしの一品です。特に難しいコツがあるわけではありませんから、佃煮なんて面倒臭いと敬遠せずに、ぜひ一度作ってみてください。フキの食感と甘辛の味付けに、白いご飯が進むこと間違いなしです。

フキの佃煮の作り方の手順

フキの佃煮の手作り方法は簡単です。基本の作り方としては、まずフキを皮の付いたまま、たわしなどでゴシゴシと洗います。きれいにあらったフキを5cmぐらいの長さに切って、鍋で10分ほど煮ます。いったんフキを湯から取り出しざるなどにあげた後、鍋の湯を全て捨てます。そこへ再びフキを入れ、今度は濃い口しょうゆ、砂糖、みりん、日本酒を全て投入し、後は水気が無くなるまで煮詰めてください。最後に削り節を入れ、ざっくりと混ぜ合わせたらフキの佃煮のできあがりです。ポイントとしてはフキを煮詰める時に焦がさないよう注意する、という点だけでしょうか。材料を揃えて煮詰めるだけで、美味しいフキの佃煮のできあがりです。削り節の代わりに山椒を入れたり、調味料と一緒にあさりなどの貝を入れたりと、いろいろと工夫してみるのも楽しいです。  フキの佃煮はかなり日持ちしますので、大量に作り置きして常にもしもの時のあと一品としてストックしておくことができます。フキを買い過ぎてしまった、たくさん貰った、などの時の大量消費にぴったりのレシピと言えるでしょう。  朝、トーストにハムエッグの朝食もまたいいものですが、時には白くて温かいご飯にこんな手作りのフキの佃煮も、また「日本人に生まれて良かったな」と思える献立ではないでしょうか。

フキの佃煮の作り方のまとめ

フキの佃煮を作る場合は、最初にふきをまな板の上で塩を振って転がします。 これを行う事で表面の薄皮を剥がしやすくすること、そして余分な繊維を取り除くことが出来るのです。 この繊維は筋とよばれるもので、ふきの茎の表面を覆っている薄皮と一緒に剥がすことが出来ます。 また、これを取り除かないでそのまま調理をしてしまうと、口の中で筋だけが残るなどの違和感が生じてしまうので、下処理として行う必要が在るのです。 尚、フキの佃煮に使うふきと言うのは太いものでも細いものでも良いのですが、「きゃらぶき」などの佃煮に利用されるふきは比較的細い物が多いのです。 細いものを利用する事で味の浸透率も高くなり、短時間でフキの佃煮を作ることが出来るわけです。 まな板の上で塩を振ってから、両手でコロコロと転がすことで薄皮を剥がしやすくなります。 熱湯の中に入れて1分ほど茹でてから、冷水につけてそのまま置いておくと、筋などを取り除き易くしてくれます。 醤油、みりん、お砂糖、お酒、出汁をレシピに併せて配合して、鍋で一煮立させて調味料を作り、その中に食べやすい大きさに切ったふきを入れて煮汁がなくなるまで煮詰めて行きます。 尚、最後に鷹の爪を入れてあげれば唐辛子の辛さを抑えられるので子供にも食べさせてあげる事が出来ます。

y001-0492

帯でバッグの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

様々な手作りDIYアイテムがありますが、リサイクルを利用した方法でのDIYとしては、例えば帯でバッグを製作する方法も提案...

y001-0862

リンゴジャムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

リンゴジャムは子供から大人まで誰もが好きな味で、自分で手作りすれば甘さも調節できるので健康的な食生活に役立てることができ...

y001-0338

編み込みやり方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ヘアアレンジの中でも、様々なバリエーションが楽しめるアレンジ方法が三つ編みで、その三つ編みを更に引き立てるアレンジが「編...

y001-0598

小豆の煮方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

小豆は和菓子の材料や赤飯、お汁粉など日本人の食生活に欠かせない食材です。たんぱく質、ビタミンB1、ビタミンB2、食物繊維...

y001-0543

生クリーム牛乳の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ケーキにたっぷりと塗りつけてある、生クリームの食感が好きだという人は多く存在します。まったりと濃厚なホイップクリームの甘...

y001-0827

移動ポケットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ポケットのついていない服を着ている時にハンカチなどの小物を入れる為には、バッグを持ち歩く必要があります。バッグを持ち歩き...

y001-0609

手打ちそばの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手打ちそばは非常に奥の深い料理であります。そのため、初心者が自宅で作るのは難しいと思われがちですが、実はそうではありませ...

y001-1391

お誕生日カードの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

家族や親しい友人、お世話になった会社の先輩など、だれかのお誕生日を祝う機会はたくさんあります。自分にとってはなんでもない...

y001-0656

自家製ワインの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ワインは嗜好品としてはもちろんのこと、最近では健康に良いものとして、数あるお酒の中でも特に人気があります。中でも赤ワイン...

ホームページの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ネット社会と呼ばれている今、いろいろな形態と内容のホームページが実在しています。例に出して言えば、料理に関する内容、子育...

y001-0169

豆腐クリームの簡単な...

豆腐クリームは女性の間で流行りを見せており、家庭でも簡単...

y001-0250

燻製の簡単な手作り方...

食品を買いに行ったとき、燻製を見かけることが良くあります...

y001-1476

アロエ化粧水の簡単な...

アロエ化粧水は簡単に手作りすることもできます。手作り方法...

y001-1132

どんぶりレシピの簡単...

どんぶりというのは、上に載せるものを替えることで様々な味...