ふきの葉の佃煮の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ふきの葉の佃煮の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

フキと言うのは、春になると地下茎から出て来る蕾でもあるフキノトウ、フキの茎の部分などを食べることが出来る食材です。しかし、フキの葉の部分も食材として利用することが出来るのです。フキは全体的にほろ苦さが在るので大人の味とも言われているのですが、ふきの葉の佃煮などの場合は味付けを上手にすれば子供も食べることが出来る保存食にもなります。保存食になる理由と言うのは、味付けが濃い目になるので、日持ちがするからなのです。作り置きして冷蔵庫に入れておけば数日間はふきの葉の佃煮を食べることが出来るのでお勧めです。また、ふきの葉の佃煮は手作り方法を覚えることで簡単に調理することが出来ますし、お酒のお供として、ご飯のおかずとして最適な料理でもあるのです。尚、フキの葉の部分や茎などには食物繊維やミネラルが豊富に含まれており、高血圧、大腸がんと言った生活習慣病の予防にも最適と言われています。また、フキの葉は古くから中国などでは咳を止める効果を持つ薬草として利用されていると言われているのです。そのため、風邪を引いた時などふきの葉の佃煮を食べる事で咳を和らげてくれる効果を期待する事も出来ると言う事なのです。尚、茎の部分は煮物として利用をして、葉の部分をふきの葉の佃煮として利用すると言った使い分けも出来るのです。

ふきの葉の佃煮を作ることの楽しさ

フキノトウはフキの蕾であり、3月から5月にかけてお店に登場する食材です。 また、フキの茎や葉の部分はフキノトウが成長した部分であり、花芽と葉を成長させていく事で太く長い茎を持つフキに成長します。 フキが出回る季節と言うのは、春から初夏となる3月から6月にかけてが天然のフキであり、ハウス栽培の場合は10月から5月にかけとなります。 そのため、7月から9月にかけてはフキを見かける事は無くなりますが、1年の中で9か月間程の料理のチャンスが在ると言う事でもあるのです。 尚、庭に自生している所も在りますが、葉の部分は固くなってしまうと苦味が強くなると言います。 そのため調理をする時は灰汁を抜いてあげてから行うのがお勧めです。 茎の部分はまな板の上で茎を両手で押さえながら、塩を振りかけた後転がすようにして塩を馴染ませてあげます。 葉の部分については茎を茹でた後の鍋でさっと茹でてあげることで灰汁を取り除くことが出来ますし、茎に付いている塩がお湯に溶け込んでいるので、葉の色がとても鮮やかになるのです。 葉は茹ですぎてしまわないように、1分ほどの時間で茹でてから、直ぐに冷水の中に入れて、沸騰した鍋の中に再び入れて、1分ほどで取り出して冷水につけます。

ふきの葉の佃煮を作るのに用意する物

ふきの葉の佃煮はふきの旬となる10月から翌年の5月頃にかけて作ることが出来る料理です。 ふきを使った料理と言うと、ふきの茎部分を使った煮物などが一般的です。 また、ふきを購入した時など、ふきの葉が付いてくることが在りますが、ふきの煮物では茎の部分のみを利用するため、葉の部分の使い道が無く、捨ててしまう人もいます。 ふきの葉の部分は茎と比べるとほろ苦さがあるので苦手と言う人も多いのですが、ふきの葉は食物繊維がたっぷりと含まれており、便秘の解消効果や肌荒れの防止などにも有効とされますし、日本や中国などでは薬効成分が在り薬として利用するケースもあると言います。 尚、ふきの葉の佃煮は、きちんとあく抜きをしてあげる事でえぐみを感じない、ほろ苦さを持つ美味しい佃煮を作ることが出来ます。 手作り方法をマスターすることでふきの煮物とふきの葉の佃煮を作ることが出来る、捨てる部分が無くなると言うメリットも在ります。 因みに、拭きの生産量の中で最も多いのは愛知県であり、全体量の約76%を占めると言われており、続いて、群馬県の約19%、千葉県の約1%と言われており、お店で購入する事が出来るふきの多くは愛知県産だと言われています。

ふきの葉の佃煮の作り方の手順

スーパーに言った時、緑色の長い茎を持つふきの先に葉が付いている事でふきの葉の佃煮を作ることが出来ます。 また、ふきと言うのは自生しているケースも多く、山菜などと同じく重宝されます。 ふきの茎部分はふきだけを使った煮物を作ったり、ふきとタケノコを合わせた煮物などを作る時の食材として利用されますが、葉の部分は灰汁が強いため、そのままではえぐみが強く食べる事が出来ないので、灰汁抜きが必須となります。 灰汁抜きの仕方は簡単に行う事ができます。 最初にふきの葉を良く洗って、熱湯の中で1分ほど茹で、その後ザルに移してから冷水につけます。 この状態で半日ほど経過すると灰汁抜きが出来ますので、簡単に処理が出来ると言う事です。 半日後に、ふきの葉の佃煮を作ることになりますが、水の中からふきの葉を取り出して、水を良く切っておきます。 縦横に包丁を入れて細かく切って、鍋で1分ほど炒めますが、これは乾煎りと呼ばれる方法で、炒める事で味にコクを出すことが出来ます。 醤油、みりん、お酒、お砂糖を鍋に入れて一煮立ちさせてから、炒めたふきの葉を入れて弱火で煮始めます。 煮る時間は、汁けが無くなるまで行う事になりますが、煮汁が少なくなったら焦がさないように注意をし、最後に山椒を入れれば完成となります。

ふきの葉の佃煮の作り方のまとめ

フキの葉の部分は茎よりも苦味が強くなります。 この苦味を取るのがふきの葉の佃煮を美味しく作るコツでもあるのです。 茹でる作業と冷水につける作業は苦味を抜くコツでもあり、味見をしてみて苦味が残っているようなら再び熱湯の中で1分ほど茹でて冷水に付けるようにしていきます。 一般的には2~3回繰り返せば良いので、味見をして確認をするようにしましょう。 尚、灰汁抜きは冷水につけて1晩そのままにしておけば灰汁を取ることが出来ます。 ふきの葉の佃煮は、灰汁抜きが終わった後に調理開始となりますが、最初に葉を良く絞って水けを良く切ってあげます。 砂糖、醤油、お酒、みりん、鷹の爪を合わせた調味料を作り、これを鍋に入れて煮立てます。 その後、フキの葉を鍋に入れて、中火にして汁けが無くなるまで煮詰めていけば完成となります。 最後に、ごま油や白ごまなどを入れてあげると風味が在るふきの葉の佃煮を作る事が出来ます。 このように、ふきの葉の佃煮は灰汁抜きをきちんと行う事で簡単に佃煮にすることが出来ます。 灰汁抜きのコツは、茹でる事と冷水に浸す事を2~3回繰り返す事であり、これをきちんと行えば、ほろ苦さが残る美味しいふきの佃煮を作ることが出来るのです。

y001-1398

お化け屋敷の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お化け屋敷を作る機会は、学園祭の出し物や、地域の催し事といったイベントに関連する事が多いでしょう。多くの方は屋敷へ入る側...

y001-0482

大根葉漬物の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

大根は一年を通じてお店で購入することが出来る野菜ですが、お店で大根を見た時、大半の場合が葉の部分はカットされて販売されて...

y001-0405

梅干しきょうの料理の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

昔から梅干しにはさまざまな効能があり薬膳としても使われていました。歴史は古く平安時代の日本最古の医学書に効能が書かれてい...

y001-0617

手作り醤油の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

醤油は、大豆と米、小麦を原料として製造する調味料で、弥生時代に大陸から伝わった醤油のベースの様なものが、日本で独自の発展...

y001-0729

胡瓜キムチの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

韓国のキムチの歴史は古く、7世紀から塩漬けの野菜として食べられるようになりました。12世紀ごろには香辛料を加わり、18世...

y001-0033

トマトケチャップの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

現代ではなんでも簡単に購入できて、それは物だけではなく食べるものにも同じことが言えます。買うほうが簡単で手軽なのでなんで...

y001-0601

小屋の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

DIYで屋外用の小屋を作る方法があります。作ることに関しては一般的に市販されている物置の場合では、金属製のタイプのものが...

y001-1088

ニンニクの味噌漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ニンニクを使った料理は実に多いですが、栄養を豊富に含んでいるニンニクを食べることで様々な効果が得られます。ニンニクは体に...

y001-1329

キャラクター折り紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

折り紙は、日本の文化として世界中に広く知られている動物や植物、生活道具などの形を作るという内容の遊びです。室町時代の頃に...

y001-0886

ヤマモモジャムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

もともとは野生の植物として知られているヤマモモは、街路樹として植えられている地域や庭木として栽培する家庭も増えて、都市部...

y001-1371

カスミ網の簡単な手作...

畑に作物などを植えているとそれを狙って鳥などがきてしまい...

y001-0619

手作り雑貨の簡単な手...

本に挟んでどこまで本を読んだか確認する事ができるしおりや...

y001-1385

お面の簡単な手作り方...

幼稚園や小学校低学年くらいの年齢の男の子にとって、戦隊や...

y001-0772

巻き寿司巻き方の簡単...

日本人には古くから親しまれている寿司ですが、今や世界中で...