ゆかたの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ゆかたの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

昔の日本人は、着物やゆかたが一般的な服装でしたが、現在では動きやすい、洋服を着る人が殆どを占めています。衣料品売り場に向かっても、その大半がTシャツやブラウス、スカートにジーンズやパンツなど、洋服ばかりです。しかし、外国人の目から見ると、日本の個性が光る、着物やゆかたに対する人気がとても高いものがあります。観光ついでに試着を楽しんだり、お土産として購入する外国人はたくさんいます。普段から着物やゆかたを着用するのは、仕事や家事がし辛いため、無理な場合が多いですが、旅行に出かけたり、お祭りを楽しみたい時には、これら和服の方が、雰囲気を楽しめる場合が多いでしょう。ですが、いざ和服を用意するとなると、それなりの費用がかかってしまいます。であるなら、手作りをすれば、費用をかけずに和服を用意することができるでしょう。特に、ゆかたの手作り方法を覚えておくと便利です。振り袖などの着物よりも気軽に着られる和服とあり、暑い季節には大活躍してくれます。最近の若い女性の間でも、和服が静かなブームになっています。いつもの洋服から気分転換するためにも、役立つことでしょう。自分用ではなく、子供のために作ってあげるなどの、楽しみ方もあります。

ゆかたを作ることの楽しさ

現在市販されているゆかたは、割と安い商品が出回っていますので、手作りできるからといって、費用面でのメリットはあまりないといえます。ですが、安い商品はそれなりのものでしかありませんから、生地が薄かったり、脆い可能性が高いのが問題です。 数回着用しただけで、糸がほつれてしまったり、形が歪んでしまうなどすれば、結局買い替えなければならなくなります。その点、手作りゆかたであれば、少ない費用でも割とよい生地から、手作りすることが可能です。見た目は綺麗でなくても、しっかりと縫製できますので、丈夫なゆかたが作れるというメリットがあります。 作り方が簡単であるのも、魅力です。洋服では体型に合わせて作るケースが多いですが、和服は袖を通して、身体に布を巻き付けるだけの、簡単な構造をしていますから、意外に洋服よりも簡単に作れてしまいます。生地の長さなどを少し変えるだけで、男性用や女性用、子供用など簡単に応用することができます。 市販品とは違い、工夫次第でオリジナルのゆかたを、どのようにも作れてしまうよさを持っています。絵柄はもちろんのこと、帯についても手作りしてしまえば、他にはないデザインで、周囲の注目を浴びられるようになります。

ゆかたを作るのに用意する物

ゆかたというと、和裁の中でもわりと未経験者でもやりやすい着物になります。ですから、反物を準備してそれに手縫い糸やものさし、丸み型、くけ台と掛け針、ヘラなどを用意すれば、いいでしょう。また三つえり芯やいしきあて、肩あてなどにあまり布を使うことができればいいのですが、足りない場合にはさらしを用意するようにします。 反物はいろいろな柄があり、染め方もさまざまですが、最近は片面だけのプリント柄も安価で購入することができるようになっています。呉服屋さんなどで販売されている表地や裏地がしっかりと染まっているものの方が見栄えはいいでしょう。しかし、自分の好みによるので、満足できるものであれば、1反12~13メートルのものを準備すればいいのです。 また、縫う際には短針の3の2あたりがいいでしょう。縫いやすいものですが、針を深く押し出すのに指ぬきがあれば、さらに楽です。縫う際に欠かせないものとして、待ち針も使うようにしていきます。 このように、ゆかたを縫うというと尺とか寸の単位で測って印をつけてきたものですが、最近ではものさしでcmの単位でつけながら、作っていくようになっています。 まずは一通りの道具と材料を用意して始めるといいでしょう。



ゆかたの作り方の手順

ゆかたの簡単な手作り方法ですが、まずは採寸をしていきます。ゆきや身丈や着丈を測り、それをもとに印つけをしていきます。基本的には見頃が2枚と袖が2枚、おくみが2枚にえりや掛けえりで構成されます。へらを使って2枚重ねた状態で強く印をつけていきます。そしてパーツで裁断をしていきます。和裁は直線で裁断をしていくところが洋裁と異なるところです。 裁断をして印がついたら、まずは袖を縫ってきます。印通りに縫っていくのですが、丸みの部分は型を使って絞っていって固定します。2枚とも同様にします。 次に見頃におくみをつけていきます。基本的には直線は運針になるのですが、きせをかけて縫い目が見えないようにして、その後耳ぐけや三つ折りぐけをしていきます。おくみの次に肩当てやいしきあてをつけていきます。 そして、えりつけです。こちらは肩のラインにしわが寄らないように気を付けて縫います。ゆるみを入れながら、細かく縫っていきます。そしてえりを袋のようにくけていき、かけえりをつけていきます。 その後、脇を縫い、耳ぐけなどでくけしろをとめていき、裾を三つ折りぐけをしていきます。最後に袖付けをしていきます。和裁ならではの縫い方で構成を考えながら縫っていくようにします。

ゆかたの作り方のまとめ

ゆかたの手作り方法を開始するには、材料や道具を準備します。生地は反物と呼ばれる細長い生地を使いますが、必ずしも反物にこだわる必要はなく、洋服に使われる生地であっても構いません。選ぶコツとして、振り袖とは違い、ゆかたは、肌に直接触れる面が大きいですので、できるだけ肌触りのさらっとしたものにしましょう。 通気性や吸収性、発散性が得意な生地を選べば、蒸し暑い夏でも快適に、着こなすことができます。絵柄は小さめのものを選ぶと、柄を合わせる手間がなくなります。 道具には糸や針、裁ちばさみ、糸切りばさみ、しつけ糸やものさし、チャコペンシルなど、裁縫の基本となるものを用意すれば、作れます。手縫いが基本ではあるものの、面倒であれば、ミシンで縫ってしまっても構いません。 最初に型紙を作ります。型紙を作れる雑誌や本などがたくさん売られていますので、それを参考に、着せたい人の身体に合った型紙を作ります。形は単純ですので、そう難しくはありません。型紙は手芸店に売られているものを、使う方法もあります。 型紙に合わせて、布を切ります。ゆかたには前身ごろ、後見ごろ、おくみやえり、袖などの部分がありますので、それぞれの作り方を参考に、生地を縫っていきます。



y001-0749

玉ねぎ種まきの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

自分の口に入る物は自分で育てて、自分で食べたい。最近、野菜の価格が高くなることが多くて、少しでも家計の助けになるように、...

y001-0226

道中着の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

古い着物や要らなくなった晴れ着などをリサイクルものとして再生利用するためにも、これらを道中着に仕立てたりする事はとても有...

y001-0343

米の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

米は、日本やアジアなどで広く食べられている穀物です。米は世界三大穀物に数えられるほど、多く食べられいます。アジアではなじ...

y001-0536

青しそジュースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

青しそは、茎・葉ともに緑色をしたもので、味と香りが良いために食用として使用されます。また、栄養面においても非常に優れてお...

y001-0768

甘酢あんの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

家庭料理において避けたいのはマンネリというものですが、どうしてもそれぞれの好き嫌い、調達できる食材、調理法を考えていくと...

雑巾手縫いの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

雑巾を手縫いで簡単に手作り方法は、昔は当たり前のようにどこの家庭でも行われていて、珍しいことではありませんでした。現在で...

y001-1305

クロスヘアバンドの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アクセサリーショップに足を運ぶと、綺麗なデザインのヘアアクセサリーが沢山並んでいますが、「こんなイメージのヘアバンドが欲...

y001-1146

トマトの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

トマトには、大玉トマトとミニトマトなど、種類がいくつかあります。トマトは家庭菜園でとてもメジャーで、人気のある野菜です。...

y001-1434

エビチリの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

プリプリのエビを甘辛い味付けで炒めたエビチリは、中華料理としてポピュラーなメニューです。食事の中華メニューにも作ることが...

カメラ 帽子

旅行しおりの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

何人かで旅行に行く前には、旅行しおりを作ると旅の楽しみが増えます。幹事になった人は日程や観光コースを決め、旅行の期間の行...

y001-1202

たけのこご飯の簡単な...

竹の芽の事をたけのこと言いますが、たけのこには色々な種類...

池の簡単な手作り方法...

一戸建て住宅にお住まいの方のケースでは、庭に池を作ること...

y001-0252

和竿の簡単な手作り方...

釣をするときに必要になる釣り竿にはカーボン製の釣り竿と竹...

y001-1040

パッチワークポーチの...

もともと、パッチワークは、物を大切にする文化の中から生ま...