らっきょう漬け方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

らっきょう漬け方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

らっきょうを作るのは、日本人が長年四季と共に生活をしてきた証の一つともいえます。らっきょうは6~7月が旬といわれています。特産地は、鹿児島、鳥取、宮崎の3件で約75%を占めています。スーパーなどで生のらっきょうが出回ると、季節の手仕事として1kg単位で購入する人もいるでしょう。泥つきのまま売られていることもあり、収穫後すぐに袋詰をされて出荷されることも多くなりました。好き嫌いはあるものの、季節になると旬の食材を使って漬け始め、時間が経過するごとに美味しく漬かり、自宅で楽しめるのは嬉しいと同時に達成感があります。それほどの手間がかかるわけではなく、必要なものは漬ける時間だけですから、毎日眺めては手作りの美味しさを楽しむには十分です。簡単な漬け方で失敗することは、ほとんどありません。市販でもよく売られていますが、人によっては甘すぎたり、歯ごたえが感じられなかったりしますが、自宅で手作りをすれば好みのらっきょう漬けを楽しむことができますし、甘酢以外の漬け方をすることもできます。また、地方によって漬け方にも違いがあり、産地によっては島ラッキョウ(沖縄)といわれる、エシャロットによく似たものがあります。

らっきょう漬け方を作ることの楽しさ

簡単な手作り方法で漬けられることは、初めて漬ける人にもチャレンジをする大きなきっかけになります。本格的な漬物をするには臆してしまう、という人でも、下処理から楽しめますから安心です。スーパーで売られているタイプは1kgの袋詰めされているらっきょうで、市販でよく売られているものと同じものです。根付きや泥つきで売られていますから、泥を落とすことから始めます。面倒なのでは、と思うかもしれませんが、らっきょうは他の漬物食材のように「実が柔らかないため傷をつけないように」と気を遣う必要もありません。食材としてとても扱いやすく、初心者さんにも挑戦しやすいです。漬け汁も簡単に作れ、市販のものを使って漬けはじめてもよいでしょう。ただ、漬け汁はとても簡単に作れますし、手作りで漬けるなら多めに漬け汁を作ってしまう方が、他にも用途がありますから大変便利です。手作りならではの方法で、甘酢漬けだけでなく醤油漬けにもできますし、甘さを控えた酢漬けにもできます。一度大量に作っておけば作り置きが可能ですから、しっかりと蓋ができるガラス瓶で保存すれば長く楽しめます。カレーのお供と思われがちならっきょうですが、冷奴などの薬味としても重宝します。

らっきょう漬け方を作るのに用意する物

らっきょうもあればつい食べてしまう食卓のお供の一つです。スーパーでもいろんな味がありますし、食べ比べていく中で自分でも作れるのだろうかと考える事もあるでしょう。旬の時期には大量に出回っていたりするので、時期が合えばチャレンジするのもおすすめです。手作り方法を知れば、漬け方も簡単なのだなと思えてくるぐらいです。 材料はらっきょうですが、旬の頃になると1kgのサイズの袋でスーパーなどにも出回ります。手軽に作ってみようと思うのであれば、これを購入して帰るのでも十分です。もっと良い味を追求していきたいのであれば、鳥取産や福井産などの名産地のものを取り寄せるといいでしょう。根っこ付のものや泥付などいろんなものがありますが、レシピを確認してから作りやすそうなものを購入してみて下さい。酢漬けなのでらっきょう用の甘酢を作りますが、これには砂糖やハチミツ、塩などを加えて調味していきます。計量などが面倒だと感じるのであれば、市販のらっきょう酢を購入しておいても手軽に漬けられます。漬け方を覚えてから甘酢も手作りするというのでもいいでしょう。普段の食事の箸休めや、カレーのお供にするなどいろんなシーンで食べていけるので、たっぷり作っておきましょう。

らっきょう漬け方の作り方の手順

らっきょうの漬け方も、浅漬けで簡単に食べられるタイプと、本格的な漬け方があります。浅漬けタイプは根っこ付なら根と頭の軸を取り、ざるに入れて優しく汚れや表皮を洗い流します。綺麗に洗った後は塩を一掴みほどして一晩おきます。次の日になれば軽く水洗いをして塩を流し、ざるにとってよく水を切ります。大きめの鍋に湯を沸かしておいて、そこに10秒ほどざるごと浸してから一気に引き上げ、冷まします。湯きりしたものを煮沸消毒した容器に入れて、らっきょう酢が全部に浸るまで入れます。10日ほどで食べる事ができますが、1ヶ月ほど寝かした頃からもっと美味しくなります。 甘酢も手作りしたいと考えているのであれば、大体らっきょう1kgに対して、水150ml、砂糖250ml、食酢350mlを用意します。水に砂糖を入れて一煮立ちさせたら、冷えてから食酢を加えて小口切りにした唐辛子を入れます。あくまで基本なので、砂糖や食酢の量は好みの味に加減してみましょう。はちみつを加えてもまろやかな味わいになります。自分でらっきょうを漬ければ、それだけ愛着も湧きます。作ったら冷暗所や冷蔵庫で保存をして、日々の食事で楽しみながら食べていって下さい。

らっきょう漬け方の作り方のまとめ

らっきょうは泥つきや寝つきのものを購入しましょう。芽が出ているものは避けるべきというレシピもありますが、多少、芽が出ていてもかまいません。芽がついたまま下漬けし、本漬けの時に切り落として醤油漬けにしておくと、冷奴の薬味やサラダのアクセント、お肉にあわせるソースの具材としても使えます。泥つきのらっきょうは、バケツに入れて泥を落とします。スポンジなどでこする必要はなく、手でかき混ぜるようにして泥を落とせば十分です。ザルにあげて水けをよく切り、100円ショップで売られているプラスチックのボックスなどで塩漬けをします。塩漬けは、水1.5kgと8%の塩を煮溶かしたものを冷まし、皮がついたままの1kgのらっきょうに合わせて1週間ほど置きます。漬かったら塩水から引き揚げ、皮と根を取り、芽があれば落とします。水、酢、砂糖を各300gずつを小鍋に入れて煮溶かし、熱いうちに煮沸消毒をしたガラス瓶にらっきょうと一緒に漬けこみます。あれば、鷹の爪を入れておくとよいでしょう。塩漬けの状態でも食べられますから、少し取り分けて楽しむこともできます。塩漬けしてから皮を剥くと、するりと剥けますのでとても楽です。この季節の手仕事の成果は、1か月後から楽しめます。

y001-0011

パールネックレスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

パールネックレスは、最近とてもはやっています。パールネックレスを、作る理由はとても簡単に、自分の手作りを楽しむことができ...

y001-1295

コーンスープを作ることの楽しさ

コーンスープは洋食のスープの中でも、人気が高いスープです。好きな人が多いのも作る目的のひとつになります。コーンスープが登...

y001-0727

五目ちらし寿司の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

酢飯の上に様々な具材をのせて作る五目ちらし寿司は、目にも楽しめるごはんのレシピメニューです。五目ちらし寿司は、ひな祭りの...

y001-0926

マジパンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

マジパンは1407年のドイツで生まれたといわれています。当時深刻な食料難に陥ったため、大量にあったアーモンドと砂糖を使っ...

y001-0604

授乳ケープ型紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

これから赤ちゃんが生まれる方、おめでとうございます!男の子か女の子か、楽しみですね。出産前に準備しておきたいグッズはいろ...

y001-1335

キッズエプロンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お子さんの将来のために、今から少しずつ身の回りのことを教えてあげられたら安心です。お掃除やお洗濯、ちょっとしたお料理のお...

y001-0994

フェルトキャラクターの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

小さいお子さんがいるお母さんは、可愛いわが子のために色々な物を手作りしているという方が少なくないでしょう。赤ちゃんを連れ...

y001-0794

果実酒ぶどうの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

果実酒といえばぶどうで作られているワインが有名ですが、果実酒は最も古いお酒だということを知っている方も多いのではないでし...

y001-0818

運動会お弁当レシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

運動会の時のお弁当と言うのは普段子供に作るものとは異なり気合が入ると言う人も多いものです。また、運動会のお昼ご飯は学校の...

y001-0791

花かんむりの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

最近街を歩いていると小学生や、中学生の女の子達が頭に被っている花かんむり。今若い女の子達にとても流行っている人気のヘアー...

y001-1226

スパゲッティの簡単な...

スパゲッティと言えば、性別を問わず、子供から大人まで大勢...

y001-0493

堆肥の簡単な手作り方...

なぜ植物を育てる際に堆肥が必要になるかという部分が大事で...

y001-1049

ハチマキの簡単な手作...

ハチマキは運動会やイベントなどで作ることがあります。売ら...

y001-0190

学校経営計画の簡単な...

学校は、小学校、中学校、高校と学校種によって全く違った学...