リボンの結び方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

リボンの結び方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

リボンというのは、女性なら誰もが好きなアイテムといえましょう。その用途としては、ラッピングなどをはじめとして、自己流のアクセサリーや飾り物など、多岐にわたります。自分で好きな生地を使って作ることもできますが、市販のリボンや贈り物についてきたリボンを再利用する際にもちょっとしたプレゼントがゴージャスに見えるようになったりするのです。通常の蝶結びというのは、とても一般的なものですが、いろいろな結び方、扱い方でかなりアレンジすることができるようになるのです。柄や色などを工夫することで、自分だけでなく、他の人も幸せにすることができるのです。ちょっとした心遣いではあるのですが、普通に結ぶだけでなく、少しの手間で可愛く仕上げることができるのです。華やかな結び方にチャレンジすることで、オシャレ度がアップして、中身をさらに素敵に見せてくれる魔法にかかってしまうことでしょう。不要になったリボンや100円ショップなどでリーズナブルに購入したリボンも見違えるほどの素敵な形で活躍の場が増えていくことでしょう。まずは、自分の好きな色や柄、素材のものを準備して、練習をしてみることから始めるようにしてみるといいでしょう。

リボンの結び方を作ることの楽しさ

リボンの結び方というのは、知らないでいると一通りだけでワンパターンになりがちです。しかし、いくつもの結び方を知ることで、ラッピングなどをするときの楽しみが増え、幅が広がることでしょう。リボン結びには楽しみやメリットが数多くあるのです。 まずは素材選びです。気に入ったリボンを購入してもいいでしょうし、いただきものに付いてきた可愛らしいリボンを再利用してもいいでしょう。いただきものでも十分対応できるので、それも一つのメリットでしょう。今は100円ショップなどに安くて素敵なリボンが数多く揃っています。数種類を組み合わせるのもいいでしょうし、アレンジの仕方を考えるのも楽しいものです。 また、長さが短くても対応できる結び方などもあるので、そういった方法を知っておくとさらにいいでしょう。幅の広いものや狭いもの、柄のあるもの、無地のもの、透け感のあるものなど、本当にたくさんの種類がありますし、それにワイヤーなどを使ってみたりすると、失敗もなく簡単に作ることもできます。リボンの結び方によって難しいものもあると思われがちですが、慣れてしまうと気軽に見た目の美しい装飾品にすることができるのです。 贈り物を素敵に見せて、相手を喜ばせることもできるものなのです。

リボンの結び方を作るのに用意する物

プレゼントのラッピングやアクセサリーなどに利用することが多いリボンには、さまざまな結び方やアレンジの仕方があります。そういったリボンの結び方に必要となるものは、基本的にはリボンとはさみ、ホチキスやワイヤー、糸などです。他にもグルーガンやボンド、のりやピンキングばさみなどがあれば便利です。さらに装飾的なアレンジとして、シールやビーズ、造花やレースなどを好みで使ってみるのも良いでしょう。そしてリボンも一種類だけではなく、何種類かを重ねて結んでもおしゃれになります。ただし何種類か使う際はバランスを考え、リボンの柄やカラーがちゃんと似合うように注意しましょう。このように作る際に必要となる材料は至ってシンプルですし、これを使わなくてはいけないといった決まりもありません。確実に必要なのはリボンとはさみ、それにワイヤーです。この三種類があれば、大抵のリボンは結べて作ることが可能となります。また肝心のリボンも、カラーや厚み、太さや硬さ、素材などは実にさまざまです。使うリボンによってイメージや仕上がりもがらりと変化してきますので、使う目的に合わせてリボンのデザインや素材を選ぶように心がけると良いでしょう。

リボンの結び方の作り方の手順

リボンの結び方として代表的で基本となり、手作り方法として簡単なのは、やはり蝶々結びでしょう。まずは結ぶ対象となる箱などにリボンを一周させ、右側のリボンが上で、左側のリボンが下になるように交差させて結びます。続いて左側のリボンで輪を作り、右側のリボンを輪の上にかぶせ、後ろにくぐらせます。そして前にくぐらせたリボンをもってきて形を整え、リボンの足の長さをそろえて切れば完成です。この蝶々結びに似たリボンの結び方もいくつかあり、バタフライボウやフレンチボウなどが、蝶々結びの輪の数を増やして少し豪華にしたリボンだと言えます。これらとは少し異なりますが、比較的簡単に作れるのがウェーブリボンで、作り方は親指にリボンを巻いて輪を作り、それを中心にして左右にそれぞれ輪を作ります。同じ手順を繰り返し、続けて少し大きめの輪を二つ作ったら、リボンを中央よりやや長めのところで切ります。あとは親指で抑えている中央の部分をホチキスで固定すれば完成です。基本となる輪の数は左右二つの合計四つですが、もっと輪を増やせば豪華になりますし、リボンの素材によって雰囲気もかなり変化する結び方でもあります。このリボンはプレゼントなどに使う際は、グルーガンやボンド、ホチキスなどでつけることが一般的です。

リボンの結び方の作り方のまとめ

それでは、リボンの結び方について、簡単な方法をご説明しましょう。まずは基本的な蝶結びです。これは結び方によって縦結びになってしまったりすることもあったり、両側の長さが違ってしまったりすると、バランスが悪くなりますから注意します。 ラッピングなどをしたいというものにリボンを1周させ、左右の両方からリボンを一度結びます。その際に、左側が下にくるようにします。そしてその左側に輪を作り、右の上からリボンをまわして引き抜いて左右の輪を作って、ひっぱります。するとバランスのよい蝶結びになります。これが基本です。 また、リボンが短いときには片結びにしたり、リボンの形にしてワイヤーなどで中心を結ぶと少ないリボンで失敗なく形作ることができたりしますし、それをダブルにするとさらに見栄えがします。 また少し華やかにしたいときには、イベント向きの結び方として、フレンチボウという結び方があります。これは、中心で輪をいくつも作っていき、最後に中心のところでワイヤーなどで留めていく方法になります。ボリュームがあって、かなりきれいに見える結び方です。そのほかにも、ポンポンボウやウェーブリボンなどがあります。このように手作り方法はさまざまなので、知っておくといいでしょう。

y001-0022

くす玉の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

くす玉は町内会の運動会で利用するために作りました。くす玉を使うことによって運動会が盛り上がります。しかしくす玉としては販...

y001-1428

エルサドレスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ディズニー映画で人気となったアナと雪の女王のヒロインのエルサは、小さな女の子から大人まで人気のキャラクターでもあり、エル...

y001-0005

塩レモンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

話題になっている塩レモンを手作りで作る理由についてを皆さんにも紹介してみたいと思います。それは、全国の中でも日本一の生産...

y001-0295

夕飯献立の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

現代の主婦はすっかり夕食を手作りしなくなってしまったと言われています。現代では共働き世帯も非常に多く、主婦でも残業してか...

y001-0514

折り紙手裏剣折り方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

昔から子供を中心に親しまれている遊びとして、折り紙があります。折り紙は文房具屋などにいけば、大抵売られている商品で、赤や...

y001-1075

ネギ塩ダレの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

最近静かなブームになっている、ネギ塩ダレ。簡単に手作りできるのをご存じでしょうか。焼肉を食べに出かけて、ネギ塩ダレを使っ...

y001-1056

はぎれ小物の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

はぎれ小物は、洋服やバッグやのれん、クッションカバー等の大きめの雑貨などを作った余りの生地で作ることができます。はぎれで...

y001-1082

足が速くなる方法の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

社会人になると運動会や体育祭という行事がなくなるので足が速くなくても特に問題ありませんが、学生、特に小学校や中学校では徒...

y001-0015

ブックカバーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

読書好きの人にとって、本はとても大切なものです。ついうっかり、よく見もせずにテーブルの上に置いたら、水がこぼれていて濡れ...

ドクダミ化粧水の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

特に女性はいつまでも若く見られたいと願っています。肌は、人が見た目で年齢を判断する上で一番参考にする要素かもしれません。...

y001-0030

生ハムの簡単な手作り...

生ハムは、そのまま食べても良し、ピザの具財やサンドウィッ...

y001-1258

しば漬けの簡単な手作...

しば漬けは、京都の伝統的な漬物のひとつであり、また比較的...

y001-0625

手作りバッグ型紙の簡...

手作りバッグといっても、いろいろな種類のものがあります。...

栗あんの簡単な手作り...

小さな子供からお年寄りまでスイーツなど甘い物が好きな人は...