鮎の甘露煮の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

鮎の甘露煮の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

鮎の甘露煮は、鮎を焼いたり干したりして乾燥させたものを、砂糖や水飴で煮しめた料理になります。鮎は海に近い河口で産まれて、春になると川の上流へ向かって川を上ってきます。6月以降の夏期に旬を迎える魚で、夏になると鮎釣りが盛んに行われるようになります。日本人は、縄文時代から鮎を食べていたといわれていて、馴染みの深い魚です。江戸時代には、将軍家に上納されるほど良質な魚として扱われていたことから、多くの料理法が文献に残っています。鮎といえば塩焼きや天ぷらなどに料理されることが一般的ですが、天然の鮎は傷みが早く、冷蔵庫などがない時代には、甘露煮にすることで保存がきくように工夫したのでしょう。秋頃になると、「落ち鮎」と呼ばれる子持ちの鮎が産卵をするために川を下ってきますが、この子持ち鮎を使って作られた鮎の甘露煮は、格別な美味しさがあるといわれ、おせち料理にも使われることがあります。夏の鮎に比べて、身の締まりや甘みが増していて、他にはないプチプチとした卵の食感を一緒に味わうことができます。鮎の甘露煮は難しい料理法だと思われがちですが、作り方を理解すれば、家庭でも簡単に作る事ができるので、手作り方法を覚えてみましょう。

鮎の甘露煮を作ることの楽しさ

鮎の甘露煮は作っておくことで、いつでも副食として楽しむことができます。鮎はきれいな川にしか生息しないため、現在では、昔ほど天然の鮎が生息していないといわれています。また、夏~秋にしか食べることができないことから、高級食材とされています。鮎の甘露煮は、一ヶ月程度は冷蔵保存で日持ちするので、美味しい鮎が手に入ったら、一度に多めに作っておきましょう。夏に食欲がない時や、料理をするのが億劫な時にも便利ですし、甘辛い鮎の甘露煮はご飯にとても合います。白いご飯と一緒にそのまま食べてもいいですし、だしやお茶をかけて、お茶漬けとして食べても美味しく食べることができます。手作りで作ることで、味付けも自分好みにすることができるので、基本の作り方を覚えたら、山椒と一緒に煮込んだり、酒の代わりに梅酒を使うと風味がついてコクが出る方法もあるので、アレンジしてみるといいですね。鮎の甘露煮は、長時間煮詰めることで骨まで柔らかくなるので、鮎をまるごと味わうことができます。肝のほろ苦さがアクセントになって、お酒にも良く合いますが、肝が苦手という人は、素焼きをする時にとってしまっても構いません。子供から大人まで食べやすい料理なので、家族みんなで楽しむことができますね。

鮎の甘露煮を作るのに用意する物

折々の季節の食べ物、旬のものはなるべく食べておきたいものです。しかしながら手間のかかる料理というのは外食すると想像以上に高額なもので、簡単に手が出ない人もいるはずです。特に昨今、自然破壊のツケがきていて、食材によっては入手するのが難しくなってしまい、どうしても価格が上がってしまうのです。これは仕方がいことですが、生活全般を考えていくと、そう簡単に食べることもできず少しばかり切ない気持ちになってしまうこともあるのです。 そういった料理の中に鮎の甘露煮というものがあって、鮎がとれにくくなっている昨今、作る手間暇がかかり料亭などで食べるとかなり高額になります。しかも一見すると難しそうで手作りは無理だと諦めてしまう、そんなこともあるでしょうが、ポイントを押さえれば簡単に作ることもできます。特に圧力鍋を使用すると、煮ている時間も短縮できますし、味もしっかりとしみこみますのでおすすめとなっています。 では鮎の甘露煮を作るのに必要なものですが、小鮎200g、酒としょうゆが各100cc、みりん50cc、砂糖大さじ5、生姜の千切り大きな一片分になります。他に調理器具として圧力鍋、包丁とまな板、アルミ箔です。



鮎の甘露煮の作り方の手順

それでは鮎の甘露煮の手作り方法になりますが、今回は簡単にということで圧力鍋を使用します。普通の鍋でも可能ですが、煮る時間が長くなる、そうすると煮崩れする可能性も高くなるので、可能なら圧力鍋や活力鍋といった短い時間で加熱調理することができる鍋がおすすめになります。 まずは小鮎をきれいに洗ってザルに入れて、水分を軽く切っておきます。急いでいる場合はキッチンペーパーなどで拭き取ってもいいです。生姜を千切りにしておきます。 圧力鍋に調味料と生姜の千切りを入れて、中火にかけていきます。沸騰したら火を止めて、小鮎を並べて、アルミ箔で落としぶたを作って蓋をして、中火にします。ポイントとしては煮汁を沸騰させることで、そうしないと魚の生臭さが出てしまいます。 加圧を5分かけて、その後自然冷却していき、圧が抜けたら蓋を開けます。 煮汁が残っていたら少し煮詰めて、冷めたら完成になります。 最後に煮る時に箸などで突いてしまうと鮎の身が崩れることがありますので、なるべく触らないようにすることが大事です。また山椒の実を加えても独特の風味がつきますので、試してみるのもいいです。柔らかいので皿に移す時など、気を付けて取り扱ってください。

鮎の甘露煮の作り方のまとめ

鮎の甘露煮などの煮物は、日本食の中でも難しいと感じている人が多いことがありますが、煮物はコツさえ掴んでしまえば簡単に作ることができます。鮎の甘露煮を作る時には、量を多く作ったほうが、味が落ち着きやすいのですが、家庭で作る場合には、量に合わせて調味料などを加減することで、美味しく作ることができますよ。まずは、鮎を素焼きにしておき、下準備をしておきます。煮詰める時に焦げ付かないように笹の葉を鍋に敷いてから、素焼きにした鮎を並べて、紙蓋をしたらヒタヒタになるまで水を入れて番茶のパックを加えたら沸騰させます。笹の葉がない時には、煮ザルで代用してもよいでしょう。鮎が柔らかくなったら、水・酒・みりんを加えて煮詰めていきます。沸騰したところで黒糖を加えて、さらに煮詰めていき、煮汁がなくなってきたら醤油を加えて、少し煮てから火から下ろします。15分ほど蒸らして味を馴染ませたら完成です。鮎の甘露煮は一気に煮詰めるのが一般的ですが、一晩寝かしたあとに煮しめると味が浸透して旨味が増すので、時間がある時には試してみましょう。醤油を一番最後に入れることと、一回ではなく数回に分けて入れると、美味しい鮎の甘露煮が出来るので、忘れないようにしましょう。



y001-0847

レモンソースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

レモンは、非常に酸味が強いということを特徴としているフルーツで、そのまま食べるよりも砂糖を加えてジュースにしたり、揚げも...

y001-0047

使い捨てマスクポーチの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

昔はマスクと言えば、風邪の人だったり、病気の人が周りに移さないようにするもののイメージがありましたが、現在では、他の病気...

カレー粉で作るカレーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシ...

カレーは、インド料理の特徴的な調理法を用いた料理に対して欧米人が名付けた呼称です。日本には、明治時代にイギリス料理として...

人形の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手芸用品でよく使うものにフェルト生地がありますが、このフェルト生地は手芸でも色々なときに手作りをすることでも使います。中...

y001-0424

虹の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏休みの工作や趣味の一つとして何かを製作することを必要としている場面では、一つのアイデアとして虹を利用したアイテムを製作...

フラッシュの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

フラッシュはWebアニメーション技術とその技術を使ったソフトウェアの事であり、Webサイトでアニメーション表現やインタラ...

y001-0584

飾り結びの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

飾り結びにはいろいろな結び方の種類がありますが、基本的に和装などの日本の伝統的な文化によく登場する結び方です。その目的や...

ピタゴラ装置の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ピタゴラ装置というと何か難しいもののようにも感じますが、特に難しく考える必要はなく、ボールが動いていくことによって、いろ...

y001-1497

アートバルーンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アートバルーンを作る目的は、作って楽しむことも出来ますし、みせて楽しむといったこともてきるところです。アートバルーンなら...

y001-1356

がま口100均の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

100均で手作りするものはいろいろとあります。なぜ作るのか、というと、可愛いものや便利なものを自分の手で作っていくことが...

y001-1140

ドライカレーの簡単な...

おいしくて簡単でボリュームのあるメニューといえば、なんと...

y001-0202

新聞紙エコバッグの簡...

買い物に行くとき、会計の際レジ袋をもらうと思われます。こ...

y001-0865

リボンで作る金魚の簡...

金魚というと、やはり夏祭りなどの金魚すくいや、水中を泳ぐ...

y001-0452

天然酵母の簡単な手作...

天然酵母とは、市販のドライイーストのことではなく、自然中...