杏ジャムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

杏ジャムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

杏は中国が原産で、ヨーロッパでも古代から栽培され万能に効く薬として重宝されてきた果物です。生の果実やドライフルーツも有名ですが、いつでも手軽においしく食べるには杏ジャムが一番です。生の杏はまだ若いと独特の渋みがして苦手な人もいますが、杏ジャムなら爽やかな酸味と甘みで誰でも好む味わいです。大量の果実をまとめて処理することができるので、杏が何キロも収穫できたときや、たくさんいただいたとき、安売りで買いすぎてしまったときにはジャムのレシピが重宝します。完熟した旬の杏を使えば糖度が高いので少量の砂糖でもじゅうぶんに甘みがあり、ヘルシーな杏ジャムを作ることができます。手作りのジャムは市販のものに比べて香りがよく、自然の恵みを感じるおいしさがあります。簡単にできるので杏のシーズンにたくさん作っておけば一年中新鮮な杏の味と香りを楽しむことができ、様々なお菓子や料理に応用することが可能です。杏はパウンドケーキやロールケーキなどの焼き菓子、ヨーグルトやミックスジュース、豚肉や鶏肉などどんな食材とも相性がよく、杏ジャムはそのままソースとして使ったり隠し味にしたりできるので、手作り方法を覚えれば料理の幅が広がります。

杏ジャムを作ることの楽しさ

杏にはほかの果物に比べて人参などの含まれるベータカロテンが多量に含まれていて、体内でビタミンAに変換されるので抗酸化作用や粘膜保護作用を得ることができます。アンチエイジングや美肌、冷え性対策、風邪の予防などに有効で、杏ジャムを毎日食べることで美容と健康のための食生活を実践できます。食物繊維や鉄分、ミネラルなども豊富に含まれているので特に女性は積極的に食べたい食材です。作り方は子供でもできるくらい簡単なので、親子で一緒に杏の種を取ってジャムにする作業をしたり、栄養について考えたりするよい機会を得られます。ほかのフルーツに比べて酸味が強いジャムなので、少量でも満足できるので食べ過ぎる危険が少なくダイエットにも有効です。杏ジャムをバナナやりんごと一緒にミキサーにかけたり、全粒粉を使ったお菓子などに混ぜれば更に多くの食物繊維やビタミン類を摂取することができて、美容のために効果があります。独特のとろみがあるのでミルクシェイクやヨーグルトソースにするとなめらかな舌触りを楽しめます。鮮やかなオレンジ色が美しいのでパンケーキに添えたりアイスクリームにかけるなど、好きなようにアレンジして使うことができます。

杏ジャムを作るのに用意する物

夏にはいろんな果物が出回りますが、杏もその一つです。見た目が何となく小さな桃に見えて、スモモの一種だろうかと思ってしまいますが、また別の果物となります。生で食べてもいいですが、お菓子にしても大活躍してくれます。特に杏ジャムはいろんなお菓子に使われますので、日頃からお菓子作りに親しんでいる人は一度市販のものではなくて、自家製のものにチャレンジしてみてもいいでしょう。ジャムですから手作り方法も他とそう変わるわけではないので、簡単に作る事が出来ます。 杏の旬自体は夏ですが、出回る時期としては6月下旬から7月中旬ぐらいまでとそれほど長いわけではありません。ジャムにするのでどんなものでも大体加工が出来ますので、見かけたら購入しておきましょう。材料の杏がなくては始まりません。そして、後は砂糖があればジャム作りをする事ができます。保存容器は密閉できるものを探して、これも使う前に煮沸消毒しておきましょう。レンジを使って作ることもできますが、やはり鍋を使ってゆっくりことこと煮込んでいく方がジャム作りをしているという気分にもなります。お菓子や料理にも使えますので、食べきれないならジャムに作り変えてしまいましょう。



杏ジャムの作り方の手順

杏ジャムを作るのに必要な杏と砂糖を用意しましょう。砂糖は杏の半量ぐらいです。まずは杏の処理から始めていきます。綺麗に杏を洗ってから、約一時間ほどそのまま水に浸けておきます。一旦取り出してから鍋にお湯を沸かしていきます。湯が沸いたら二分ほど茹でて表面を殺菌します。ここまで出来たらお湯を捨て、杏を半分にカットしてひたすら種を取り出していきます。これをさらに半分か三つ割りにしてから鍋に敷き詰めます。その上から砂糖をまぶして一時間ほどおきます。 砂糖が少ししっとりとしてくるので、全体をかき混ぜてから火を入れていきます。弱めの中火にして砂糖を溶かしていくのですが、焦げないようにしっかり見守りながら作業を続けましょう。焦がすとそれだけで味が台無しになりますので、力仕事になりますが底の方の砂糖が溶けないように頑張って下さい。段々と形がなくなってとろみがついてきます。艶やかな光沢が出るまで頑張りましょう。ジャム作りのときによく聞くペクチンがでてきた証拠です。ジャムになっているかどうかは、水を入れたコップに少し入れてみて、水に溶けずにそこに塊が落ちればジャムになっていますので、そこで作業は終わりです。出来た杏ジャムは保存容器に入れてお菓子や料理にどんどん使っていきましょう。

杏ジャムの作り方のまとめ

杏ジャムの手作り方法は果物を洗って種を取って砂糖と一緒に煮るだけなので、時間はかかりますが作業自体はとても簡単です。果物の表面が傷んでいたり黒い斑点が目立つ場合は切り落としておいたほうが仕上がりの色が美しくなります。完熟の杏とまだ若い杏では糖度が全く違うので、作り始める前に果物本体の甘さを確認してから砂糖の量を調節しましょう。杏を買う時にはなるべく深みのある鮮やかなオレンジ色の、よく熟したものを選びましょう。煮始めたときにしっかりアクを取っておけば上品な味に仕上がります。鍋の底は焦げ付きやすいので、作業中は常にゆっくりと全体をかきまぜるようにして鍋の中の温度を均一に保つようにしましょう。杏は他の果物と相性がいいので、基本のレシピにアレンジを加えて桃やプラム、りんご、オレンジなどを加えて自分だけのミックスジャムを作ることもできます。人参の摩り下ろしなどを入れると野菜嫌いの子供でも気付かずに食べてくれます。杏ジャムは煮沸消毒したビンに入れれば常温でも長期間保存が可能です。冷凍保存にも向いているので小分けして冷凍庫に入れておけば好きなだけ取り出して自然解凍し、いつでも食べることができて便利です。



梅づけの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅づけは、全国の子供から大人まで誰もが一度は食べたことがある、ポピュラーな漬け物の一つです。子供には甘い梅づけを、大人に...

y001-0296

油淋鶏レシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

作る理由や目的は、人によってそれぞれですが、それでもおいしいものを自分で作って、食卓に出したい、という思いから作っている...

人形赤ちゃんの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

最近は少子化になっています。本当は三人、四人と沢山の赤ちゃんを育てたかった方もいらっしゃるでしょう。しかし、経済的な問題...

y001-1279

こんぺいとうの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ポルトガル由来のお菓子、こんぺいとう。子どもの頃によくおやつで食べたりしたので駄菓子の印象が強いですが、本来こんぺいとう...

y001-1305

クロスヘアバンドの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アクセサリーショップに足を運ぶと、綺麗なデザインのヘアアクセサリーが沢山並んでいますが、「こんなイメージのヘアバンドが欲...

y001-1464

いかレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

イカを使った料理と言うのは、生食用のイカであればお刺し身が可能ですし、天ぷらや唐揚げなどのフライ物、イカと里芋の煮物、イ...

y001-1248

シュウマイの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

「生きる事は、食べる事」という言葉があります。大げさな言葉かもしれませんが実際のところ生きるために食べますし、健康でいる...

y001-0136

チラシの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

チラシは、人を集めたり知ってもらうための一つの手段です。チラシを工夫することで、人の集まりや注目度が変わってきます。です...

マキシスカートの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏のおしゃれに欠かせないスカートですが、今はマキシスカートの人気が高いです。足首まで届く長いスカートを合わせることで、ト...

y001-0702

黒豆煮方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

黒豆は、お正月料理に欠かせない食材です。これは、江戸時代、丹波国を中心に栽培されていた黒豆が宮中に献上され、お正月に食べ...

y001-0723

工作手作りの簡単な手...

簡単な手作り工作を作る目的は、モノづくりの楽しさを知るこ...

y001-1341

かわいい髪型の簡単な...

簡単なのにかわいくて手の込んだアレンジに見えるかわいい髪...

y001-0846

ローズウィンドウの簡...

ローズウィンドウとは、元は西洋の教会に見られる、装飾を施...

y001-0316

蜜蜂巣箱の簡単な手作...

これまで限られた人のみに許可されていた養蜂ですが、平成2...