瓜の漬物の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

瓜の漬物の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

作る理由は手作りをしてみたいから、というシンプルなものから、普段食べているものがどのように作られているのか、また、自分で作ったものがおいしいものになるのが嬉しいからです。食べるものを自分で時間をかけて作る、というのは楽しいです。出来上がったものを見るまでのわくわくとした感覚は、作る理由になります。簡単な手作り方法があるので、それを参考にして自分で手作りしてみると、おいしいものが出来上がるのです。自分で手作りしたものを食卓にのせる、というのも目的です。いろいろな手作りできる食べ物はありますが、自分が手間隙かけて作ったものを食卓に出して、食べてもらえたときにはとても嬉しくなります。また、おいしいと言ってもらえると、また作ろうと思うので、これも作る理由や目的だといえます。作る理由は作ってみると楽しい、ということと、おいしいものを手作りすることができる、ということです。食卓にのせて、自分の力で作ったものを食べる、ということも目的です。その人によって作る理由も目的も違います。ですが、簡単に手作りすることができるのはとてもいいです。手作りすることができたものを食べてもらいたい、ということを目的になっている人も多いです。

瓜の漬物を作ることの楽しさ

食べ物を手作りする楽しさやメリットは、手作りをしたものがきちんと出来上がる、という嬉しさです。失敗をしても、どこがだめだったのかを考えるのも作る楽しさのひとつだといえます。失敗したことから、次においしいものを作るヒントを知ることができるのもメリットです。作る楽しさはいろいろなものがありますが、手作りをすることで、市販のものでは味わうことができない自分の作ったものの味を感じることができることは大きいです。手作りする時間や出来上がるまで待っている不安なども作る楽しさなだといえます。一生懸命作って、おいしいものが出来上がったときには作ってよかったと思えます。失敗をしても、次はどうしたらいいのかを考えるわくわくする感覚があります。おいしいものを手作りして食べることができるというのは、作ることで得られるメリットです。 作る人によって楽しさもメリットもあります。食べてもらえるときや、自分で口にする瞬間の嬉しさは作るときの苦労などよりもずっと大きなものだといえます。それは作る楽しさにも得られるメリットにもなるのです。手作りをするのが好き、というのが作る楽しさになっているのです。得られるメリットはどんなものを作っても大きいものです。

瓜の漬物を作るのに用意する物

瓜は7~9月が旬の野菜で、瓜の漬物にするとさっぱりと食べられます。瓜には火照った体を冷やす作用があるので、夏場の薬膳としてもよく使われます。 瓜の漬物の簡単な手作り方法では、ポリ袋を使います。食品用のポリ袋を使うので、洗い物の手間がありません。 用意する材料は3人分のレシピで、瓜1/2本(縦切り)、白だし大さじ4、水大さじ8~10、です。 瓜は、白瓜という縦に長い楕円形のものを使います。地域によっては、スーパーなどで白瓜は売っていないことがありますが、その場合には八百屋に行けば手に入りやすいです。 大きめで固い白瓜だと噛みごたえがあります。大きいので持ち運びが大変ですが、気の利いたスーパーでは半分に切って売られていることもあります。 食品用ポリ袋は破れやすいので、水漏れ防止に二枚重ねにすると良いです。冷蔵庫に入れる際には、水が漏れないように大きめのタッパーに袋ごと入れると便利です。 ポリ袋を使うだけなので、漬物石など特別なものは要りません。即席の漬物レシピなので、すぐに食べられます。瓜は癖がない野菜なので、ほかの食材とあわせても味を邪魔しません。 白だし以外にも梅干しで漬けたり、塩で漬けたり、とアレンジ可能です。

瓜の漬物の作り方の手順

瓜の漬物の漬け方です。 早く味をしみこませるために、縦にピーラーでしましま模様になるように剥きます。 縦に半分に切って、中にある種を取り除きます。残りの縦半分は使いません。 ポリ袋に白だし大さじ4と水大さじ8~10を入れて混ぜて、そこに先ほど切っておいた瓜を入れます。好みによって水の量を減らすか増やすかしてください。 冷蔵庫で1~2日漬け込めば完成です。 漬かったようであれば、食べる分だけ切ってお皿に盛ります。 ちなみに、もっと早く漬けたいのであれば、瓜の表面に細かく切り込みを入れるか、食べる形に最初から切り分けて漬けると早く漬かります。 夏場のレシピですから、腐りにくくするように鷹の爪を入れると良いです。隠し味に昆布を入れても美味しくできます。 しょうゆを使わないので、瓜の白と緑のコントラストが綺麗に出ます。白だしだけなので簡単ですし、時間さえあれば放置で漬けられます。 夏場の涼レシピとして、ご飯に氷と瓜の漬物を入れて、そこに水をかけると漬物冷やしご飯が作れます。レシピというほどのものではありませんが、田舎ではよくある食べ方です。暑い時期の夏バテ防止に瓜の漬物は最高です。 白だしではなくて塩だけでも出来ますが、その場合は少し塩辛くなる可能性があります。

瓜の漬物の作り方のまとめ

瓜の漬物を作るときに必要なものは、瓜を2分の1本、お塩小さじ1杯、お酢を大さじ2杯、お砂糖を小さじ1杯です。まずは、シンプルな作り方です。はじめに瓜を縦に半分にして、スプーンで種を取り除きます。瓜を一口大にカットして、塩を揉み込みます。それをボールに入れて重しを乗せて一晩ほど放置します。一晩経ったら、水を切ってお酢と砂糖を入れ、よく混ぜて出来上がりです。 瓜の漬物には、ぬか漬けなどもあります。ぬか漬けを作るときは、まず、うりを適量と自然塩を少々、そして適度に発酵したぬか床を用意します。まずさっと洗ってから、縦半分にカットします。次にスプーンなどを使って種をくりぬいて、下処理が終了です。ここまでは簡単な瓜の漬物と同じ工程ですが、ここからは違います。種を取り除いたら、全体に塩を薄くまぶすようにつけます。そして、そのままぬか床に漬け込んでおきます。 ぬか床の塩分などにもよってかわりますが、半分に切った瓜は常温でつけるのなら約6時間、冷蔵庫なら半日から2日ほどを目安にしてつけておくようにします。ぬか漬けは、ぬか床から出して洗ってすぐ食べるのが一番おいしいので、つけておく時間を計算しておくといいです。

y001-0986

ふきの葉の佃煮の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

フキと言うのは、春になると地下茎から出て来る蕾でもあるフキノトウ、フキの茎の部分などを食べることが出来る食材です。しかし...

y001-1018

ビーズブレスレットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アクセサリーもファッションの一種です。服がシンプルなものであってもアクセサリーをアクセントにすれば華やかな印象になります...

y001-0429

鍋帽子型紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

近年ではキッチンアイテムが充実している状態にあって、数々の家電製品などが発表されています。便利に機能するアイテムをメイン...

y001-0093

袱紗の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

袱紗を作る理由として一番に挙げられているのが、冠婚葬祭時に必要なアイテムであることが挙げられます。お祝い事やお悔やみ事な...

y001-0322

本格的杏仁豆腐の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

大豆を原料とした加工食品である豆腐は、東アジアから東南アジアにかけての多くの国や地域で古くより日常的に食べられてきた歴史...

一発芸の簡単手作り方法や作り方・DIY・レシピ

多くの人が集まった時、会話に混ざる事に苦労した記憶を持っている人も多いと思います。親しい人達ばかり、古くから親交の有る人...

y001-0962

ヘアーバンドの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

大人から子供まで、おもに女性が利用することが多いヘアーバンド。おしゃれアイテムとして利用しても良いですし、機能的に髪の毛...

練習用ロマンティックチュチュの簡単な手作り方法や作り方・DI...

練習用簡単ロマンティックチュチュを作る理由としましてはいろいろあると思います。一口にチュチュといいましてもロマンティック...

y001-0418

粘土花の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

粘土花というものは、樹脂粘土や軽量粘土を使用して作る花のことです。本物の花だと世話をしなければなりませんし、時期が来れば...

y001-0887

もんぺ型紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

もんぺというのは、いろいろな作業をするのに便利です。農作業はもちろんのこと、普段の生活で家事をしたりするときにも使うこと...

y001-1053

バジルソースの簡単な...

バジルソースは作るのが簡単で便利な一品です。家庭菜園でバ...

y001-1399

オレンジピールの簡単...

ほろ苦さと濃厚な甘さが調和したオレンジピールは大人の味わ...

y001-1434

エビチリの簡単な手作...

プリプリのエビを甘辛い味付けで炒めたエビチリは、中華料理...

y001-0485

大根の漬物の簡単な手...

大根の漬物を作る理由としては、簡単に作れて美味しいために...