黒にんにく炊飯器の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

黒にんにく炊飯器の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

黒にんにくは発酵食品です。近年では発酵食品の優れた効果が見直されていて、摂取した事で生じる免疫力の向上、滋養強壮と疲労回復、体の冷えの改善、血液をサラサラにする作用などが注目されています。にんにく料理はスタミナアップや疲れを解消するなどと言われているため、風邪を引いたりして体力が落ちている時などにも活用されてきました。その場合は主に白にんにくが利用されていますが、黒にんにくはそのパワーをより高く実感できる食品です。にんにくに含まれているアミノ酸や抗酸化作用のあるポリフェノールなどは、黒にんにくになると量が増えるので、加工する事でにんにく効果がパワーアップします。にんにくを熟成させて黒にんにくにすると、S-アリルシステインが生成されます。S-アリルシステインは、水溶性になり血液内に溶け込んで活性酸素と悪玉コレステロールが結びつくことを防ぐ働きがあるので、動脈硬化予防に効果的です。さらに、神経細胞の寿命を延ばす作用があり、老化防止に役立つ成分とされています。にんにくの発酵と熟成は炊飯器で簡単に手作りできるので、健康維持などの目的で活用できます。白にんにくを食べる時には、にんにく特有の臭いが気になりますが、黒にんにくは発酵熟成しているので、臭いは気にならず甘酸っぱい味がします。

黒にんにく炊飯器を作ることの楽しさ

黒にんにくの手作り方法は、これといって面倒な手間がなく炊飯器一つで簡単にできるところが魅力です。黒にんにくがとても体に良いことは知られていますが、市販の物を買い続けるとなると、やはり費用負担が大きくなります。黒にんにくを炊飯器で手作りすれば、材料のにんにくと炊飯にかかる電気量くらいなので、かなりお得に黒にんにくの効果を利用できます。 ただし、黒にんにく自体の臭いはほとんどないのですが、作る過程においてかなり強い臭いを発します。ですから、黒にんにくを手作りする際には専用の炊飯器を準備して、熟成している間はにんにくの臭いに気を配る必要があります。臭いはにんにくの熟成が進むにつれて消えてくるので、臭いのないまろやかな味わいの黒にんにくが完成します。完成した物は甘みが出てドライフルーツのようになり、おやつ代わりに食べられるので、たくさん作って保存しておくのも良いですね。 また、にんにくの臭いには防虫効果があり、自然農薬作りでは唐辛子液や竹酢液などと並んでよく利用されています。この臭いはハダニやアブラムシなどの除去に効果的なので、庭があり植木などを育てている場合は、その近くで手作りをすると、防虫対策も一緒にできるというメリットがあります。

黒にんにく炊飯器を作るのに用意する物

身体に良い成分が豊富に含まれており、プルーンのような味わいからフルーツ感覚で食べられるのが黒にんにくです。にんにくが苦手という方でもにんにく特有の強い臭いが気になるという方でも食べられるため、老若男女問わず多くの購入者がいることで知られています。 そんな黒にんにくは炊飯器を使用することで自宅で簡単に作ることが可能です。炊飯器で黒にんにくを作りたい場合に用意するものとしては、スーパーや八百屋などで売られている生のにんにく、調理の際に利用するアルミホイル、そして実際に調理を行ってくれる炊飯器のみと非常に少なくなっています。 黒にんにくは調味料などを使っての味付けを行う必要がありませんので、食材としてにんにくを用意しておけばそれだけで事足りると認識しておいてください。炊飯器で黒にんにくを作る場合、一度の調理で大量に黒にんにくを作ることが叶うので、大量ににんにくを買っておいても構いません。 炊飯器に関しては保温機能さえついていればどの機種でもいいと言えます。家で普段使用している炊飯器をそのまま使うことも可能ですが、炊飯器で黒にんにくを作ろうとすると1週間から10日ほど時間がかかるため、せっかくなので専属のものを購入するというのも悪くない選択だと言えるでしょう。

黒にんにく炊飯器の作り方の手順

炊飯器による黒にんにくの手作り方法は、炊飯器の釜底にアルミホイルを敷きつめる、その上ににんにくを置いていく、にんにくを上下で挟むようにアルミホイルでふたをする、炊飯器の蓋を閉めて保温スイッチを入れる、その後1週間から10日程度放置する、これだけで黒にんにくができます。調理を炊飯器に任せられるためとても簡単に大量の黒にんにくができると考えておいてください。 にんにくは皮がついているものでも皮をとったものでも、どちらを入れても構いません。皮をむく手間を調理前に済ませるか調理後に負うかだけの違いであり、味には差が現れないものと認識しておいてください。 また炊飯器を保温状態のままで放置する1週間から10日の間に、一度アルミホイルの上下を入れ替えてにんにくの火の通りをより良くするといった作業を行ってもいいと言えます。このアルミホイルの入れ替えは行っても行わなくても構いませんが、炊飯器に投入するにんにくの量が多い場合には一度入れ替えを行っておいたほうが無難だと言えるため記憶しておいてください。 保温を始める最初のころは、どうしてもにんにくの臭いがキッチンに充満してしまうといった点にだけ注意して、美味しい黒にんにく作りに挑んでみてください。

黒にんにく炊飯器の作り方のまとめ

手作り方法ですが、まず作る際に必要なのは材料になるにんにく、そして炊飯器です。たったこれだけの準備で黒にんにくが作れます。たくさん作る場合は保存用の容器も準備しておきましょう。 炊飯器に入れる前に、にんにくはしっかり洗って、この時傷んでいる物は除いておきます。にんにくを丸ごと使う場合は、茎のあった部分を下に向けて炊飯器の中に並べていきます。バラで作る場合には、外皮をむいて1片にしてから、炊飯器の中に入れます。にんにくを全部入れたら蓋を閉めて、保温ボタンを押します。間違って炊飯ボタンを押してしまうと失敗してしまうので、必ず保温ボタンを押すようにしてください。そのまま保温を続けるとムラになってしまうことがあるため、炊飯器を動かして上下をひっくり返すようにします。にんにくを丸ごと入れている場合には、一旦開けて上下を交換します。炊飯器の大きさやにんにくの量によって異なりますが、大体10日から15日ほどで完成します。丸ごと入れている時はもう少し時間がかかり、20日程度まで置いておきます。そして、とりあえず味見をしてみて、臭みがなければ出来上がりです。完成直後は水分を含んだ状態なので、水分を飛ばしておくと一層食べやすくなります。

シュシュ手縫いの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

リーズナブルでとてもかわいらしいものが沢山売っているシュシュは、何個でも欲しくなってしまって気に入ったものがあるとつい衝...

y001-0251

和紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

和紙というと、高級なイメージを持っている人も多いかもしれません。それは、和紙が現代においても、大量生産することをしない、...

y001-0292

洋服ワンピースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

現代の日本はデフレ経済からなかなか脱却できずにいます。国の政策も焼け石に水であり、サラリーマン世帯などは非常に厳しい生活...

y001-0300

野菜カレーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

カレーは国民食と言っても過言ではないほどポピュラーな料理です、カレーが嫌いだという人はごく少数派でしょう、これほど親しま...

y001-0249

燻製器の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

燻製の味を一度知ってしまうと、やみつきになってしまう人も少なくないことでしょう。しかし、作り立ての燻製の味は、その香りも...

イカダの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

イカダを手作り方法を利用して作りたい、イカダを作ってみんなでレースをしたい、釣りをしたいなどイカダと言うのは手作り方法を...

y001-1204

たくあん漬けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ちょっとしたご飯のおかずにいいのが「漬物」といった副菜です。お茶漬けやおにぎりのお供など欠かせないといったひとも多いです...

y001-0570

人形服の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

小さい頃に着せ替え人形で遊んだように、大人になっても着せ替えをするのは楽しいものです。着用する服のデザインによって、世界...

y001-1306

グローブの型の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

買ったばかりの新品グローブはカチカチで、すぐに捕球するのは簡単ではありません。そこで、捕り易い捕球面を自分で作ってあげな...

y001-0326

防災マップの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

東日本大震災が起こってから日本列島における火山活動なども活発化しています。また、日本は大地震が起きる可能性のある地域が多...

y001-1094

ニワトリ小屋の簡単な...

ニワトリ小屋を作る目的があるのは、古くからの家禽として大...

y001-1236

すし酢の簡単な手作り...

お寿司を作ろうと思った時に、必ず必要な物はすし酢になりま...

y001-0107

ベッドカバーの簡単な...

寝室のイメージチェンジをしたいけれど、家具の入れ替えは大...

y001-0790

花かんむり100均の...

海やフェス、双子コーデ等、10~20代の女性に大人気の花...