黒豆の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

黒豆の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

昨今、世界中で日本がブームになっていて、和食もヘルシーで美味しいと人気となっています。最近ではユネスコの無形文化遺産に登録されましたし、改めてその良さが見直されているのです。しかしながらそれにも関わらず、日本人の食生活はむしろ欧米化が進んでいて、和食離れが嘆かれています。確かに和食というと作るのに手間暇がかかってしまう、難しそうとハードルが高くなっていて、特に若い人の和食離れが進んでいるのです。もっとも離れているといっても、料理をするということで、食べるだけなら以前よりも人気は出てきています。美容や健康に良いと昔ながらの食が見直されていますし、おしゃれなカフェでも和食メニューが充実しているのです。さらにはコンビニやスーパーでもお惣菜は人気で、需要は高まっているのです。その反面、手料理することは少なくなっていて、特に豆類を自宅で煮る人は少なくなっています。健康に良いと言われている黒豆、これもまた求める人は多いですが家庭で手作りをする人は少なくいのです。ただし手作りする意味は大きく、自分で作れば甘さの調整ができますので、好みの味に仕上げることができますし、保存料など添加物をいれないので安心して食べられるのです。

黒豆を作ることの楽しさ

豆類が健康や美容に役立つというのは知られていることで、特に黒豆の効果は高くなっています。豊富な栄養素が含まれていて、血液がサラサラになる、骨粗しょう症の予防効果、美肌効果や肌荒れ予防効果、老化防止、肥満防止など、数々のものがあるのです。さらにはガンや糖尿病、高血圧、動脈硬化などの予防にもつながるのですから、万能の食べ物だと言えます。 それゆえ毎日の食生活に取り入れるのが健康に良いのですが、難点は品質の良いものを購入すると値段が高価になってしまうことです。煮豆というのは黒豆だけではなく、作るのに手間暇と時間がかかるので当然のことですが、毎日続けていくには厳しいものとなってしまうのです。それゆえ自宅で手作りすることによって、費用を抑えることができますし、甘さも調整することができるのです。市販の場合は砂糖をたっぷりと加えることで防腐効果を得ているので、減らすことができないのです。しかし自宅で手作りする場合は減らすことができるので、健康のためとはいえ、砂糖が多すぎて躊躇している方には是非とも自分で作ることをおすすめします。 またおせち料理にも活躍しますので、覚えておいて決して損することはないはずです。

黒豆を作るのに用意する物

豆料理は綺麗に出来ればだれもが感動してしまうものです。栄養価も高いですから、普段の食事でも積極的に使っていきたい食材です。年末年始には特に黒豆をおせちの中で見かけますが、これも市販されているものを食べているという人が殆どです。手作り方法さえ分かれば、黒豆も美味しく簡単に出来ますので、一年に一回だけ食べるという人や、たっぷり食べたいと思っている人は自家製にチャレンジしてみるといいでしょう。 材料は黒豆ですが、なるべく質の良いものを使うといいでしょう。年末だといろんな黒豆が出回りますので、けちらずに新鮮なものを買い求めて下さい。調味料は砂糖、醤油です。副材料に米のとぎ汁を使ったり錆びた釘を用意したりすることもありますが、手に入るもので作るのが一番です。 レシピも同じようでいて配合などが違いますし、細かい所が違っています。出来上がりの食感も、柔らかめのものもあれば、固めに歯ごたえを感じるものなどもありますので、一通りよく読んでから作ってみたい作り方を利用して材料を揃えて調理をしていきましょう。おせちの時期以外でも作っておけば箸やすめにもなりますし、さっぱりとしているのでお茶請けなどにもおすすめです。



黒豆の作り方の手順

ただ豆を煮込むだけと思って作り始めると、案外難しいのが黒豆だったりします。固くなりすぎたり、皮が破れてしまったりすると、それだけでもがっかりしてしまうものです。まず基本的には、配合の割合としては黒豆1、砂糖1、水6の割合で最低でも3時間は炊くことになります。黒豆も豆類ですから、煮る前に戻す作業が必要です。豆の重さに対して5、6倍の水で戻してその汁ごと日にかけます。今年の新豆なら6~9時間、前の年の豆なら長くて12時間程度は水に浸しましょう。 戻した黒豆を火にかける前に、砂糖を加えて軽く混ぜてから中火で10分ほど炊いていきましょう。黒豆の皮が破れるのは空気に触れるせいなので、落し蓋をしてさらにその上から鍋の蓋もしておきましょう。煮汁が沸騰してきたら蓋を取ってあくを取っていきます。長い時間炊いていくので、火加減がどうかなどをしっかり見ておいて下さい。 炊けたかどうかは黒豆を一つ持ってみて簡単に潰せるかどうかが目安になります。十分柔らかくなっているようであれば、最後に醤油を人さじ加えて後は静かに鍋のまま冷まします。粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やして、豆の味を馴染ませます。綺麗に色艶よく仕上げて、たっぷり黒豆を頂きましょう。

黒豆の作り方のまとめ

それでは黒豆の簡単な手作り方法ですが、まず用意するのは黒豆300g、水800㏄、砂糖150~200g、しょうゆ大さじ1、塩小さじ1弱です。調理器具として今回は圧力鍋を使用します。普通の鍋でもできますが、簡単に作る場合は圧力鍋が便利となります。 下準備として水、砂糖、しょうゆ、塩を鍋に入れて火にかけて砂糖を煮溶かします。次に黒豆を綺麗に洗ってざるにとって水気を切り、先に作った調味料の中に入れて一晩置きます。 圧力鍋に一晩おいた黒豆と調味料を入れて、蓋をセットして強火にかけていきます。おもりが揺れはじめたら、弱火にし20分加熱して、火を止めてそのまま自然冷却して出来上がりになります。ポイントとしては冷めた後にしばらく煮汁につけておくことで、味が落ち着きふっくらしてきます。 黒豆を保存容器に移して完成、残った煮汁は菓子作りやパン作りなどに利用できますので、使ってみてください。 砂糖分量はあまりにも減らすと艶などが出なくなりますし、保存性も悪くなるので、最低でも150gは入れてくください。また黒砂糖やきび砂糖を使うと味に深みが出ますので、お好みに合わせて砂糖の種類を変えていくのも、味の変化が楽しめます。



y001-0003

つまみ細工の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

つまみ細工は、江戸時代から作られている伝統的な髪飾りで、その作り方は、花などをモチーフとしてさまざまな形の「つまみ」を組...

y001-0060

ワイアー入ポーチの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ポーチを利用していると、口の部分がすぐに閉じてしまって不便だと感じる事が有ります。それを防ぐ事ができるのが、ワイヤーです...

y001-0156

提灯の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

提灯を作る理由は、子供の学校行事などで使うことがありますし、夏には、お盆の時期など風情がでてとても良いものです。日本の伝...

y001-0078

黒板消しの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

黒板消しは100円均一のショップなどでも販売されているので、買って取得するのは可能です。多少費用はかかる短所はありますが...

モッツァレラチーズの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

モッツァレラチーズは日本でもおなじみで人気があるチーズの一つです。フレッシュタイプで水牛や牛のお乳から作られます。原産は...

y001-1439

エクセル方眼紙の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

エクセル方眼紙という言葉をご存知でしょうか。文字通り、エクセルを方眼紙のように使うことです。具体的にいうと、デフォルトで...

y001-0704

黒糖梅酒の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅酒は、明治時代に日本で考案されたアルコール飲料の一種で、梅の果実を砂糖などと共に酒に一定期間漬けこみ、果汁やエキスを抽...

y001-0285

浴衣着付けの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

浴衣の楽しみ方とマナー 夏のイベントに花火やお祭りなどの行事が頭に浮かびます。これらのイベントには普段は和服とは縁のな...

y001-0839

わらびレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

わらびは代表的な山菜で、炊き込みご飯やおひたしなどのわらびレシピがあります。生のわらびには毒性があるので、必ず重曹や灰で...

y001-1221

スモークサーモンの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

スモークサーモンは、サーモンをより一層美味しく食べる方法の1つです。サーモンは様々な調理法に適する食材ですが、スモークサ...

y001-1375

カクテルの簡単な手作...

ベースとなるアルコールに、ジュースや他のお酒を混ぜて仕上...

y001-1135

ドレッシングレシピの...

栄養満点の野菜を簡単に食べるにはやはりサラダがおすすめで...

y001-1054

パジャマの簡単な手作...

パジャマというのは、小さな子供からお年寄りまでが必要とす...

y001-1134

とろろ汁の簡単な手作...

夏の暑さにばててしまって食欲が失われている人も多く、しか...