紙粘土マグネットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

紙粘土マグネットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手作りの小物を作るのは楽しいものですが、紙粘土マグネットのように、実用性のあるアイテムを作ると、作った後にも色々な場面で活用することができて面白いものです。例えば、バザーに出品するために作るのも良いものですが、友達にプレゼントとして渡すために作るのも良いものです。また、お菓子の紙粘土マグネットを作って、バレンタインデーやホワイトデーに本物のスイーツと一緒にプレゼントをするのも面白いでしょう。このように、ちょっとしたひと手間でサプライズプレゼントができてしまうのが、紙粘土マグネットの優れているところです。ちなみに、人に上げるだけでなく、作った後に家庭内で使うのも楽しいものです。マグネットとの相性が良い物と言えば冷蔵庫ですが、普通のマグネットでとめるよりも、紙粘土マグネットでとめた方が雰囲気が明るくなって良いものです。日々新作を作って、いつも使っているマグネットと違うマグネットに何気なく変えておくと、子どもがそれに気づいた時にちょっとした驚きがあって楽しめると言うこともあります。このように、紙粘土マグネットはさまざまな用途に使うことができるのが優れた点で、手軽に世界を広げてくれる魅力的なアイテムだと言えます。

紙粘土マグネットを作ることの楽しさ

紙粘土マグネットの良いところは、子どもから大人までが楽しんで作ることができるところです。材料が100円ショップで手に入って、手頃なのも嬉しいところです。 また、紙粘土マグネットは簡単な手作り方法があるのも嬉しいところで、これにより、不器用な人でも手作りアイテムの世界を楽しむことができます。簡単な手作り方法があるおかげで、小さな子どもが作ることもできますから、母の日や父の日のプレゼントにしたり、友達や学校の先生にプレゼントしたりすることもできます。 そして、紙粘土マグネットは実用性があって、かさ張らないため、無理なく使うことができます。プレゼントと言うのは、渡す方は使ってもらえたら嬉しいものですし、もらった方が使うことができたら嬉しいものです。それが実現できる紙粘土マグネットはとても優れた手作りアイテムだと言えるでしょう。 なお、紙粘土マグネットを作る時の楽しみ方として、自分の頭の中にあるイメージを形にすると言う楽しみ方があります。どこかで見たことのある物ではなく、見たこともないデザインのお菓子やキャラクターで完成させることができたら、生命の誕生のような達成感を得ることができますから、やりがいがあります。

紙粘土マグネットを作るのに用意する物

店頭で販売しているマグネットクリップは、冷蔵庫などに付けておき大事な紙などを付けておくと便利です。このマグネットクリップは、お店で購入することができるのですが、お金を払わないと購入することができません。 しかも自分の気に入ったものが確実に販売しているとは限らないので、こういう時は自分でマグネットクリップを作ってみるといいでしょう。自分で作るときには紙粘土マグネットというものを作ると、安価で簡単にマグネットクリップを手に入れることができるのです。 紙粘土マグネットは作るときに必要なものがあり、それはまず紙粘土と、磁石、そして紙粘土に色を塗る時に使うアクリル絵の具などを用意しておくといいです。これらのものは文房具店で購入することができるのですが、それ以外にDIY用品販売店でも手に入れることができます。 磁石はたくさん購入しておき、たくさんのマグネットクリップを作るといいです。絵の具に関しては学校などで使っていたものを用意するといいのですが、もし無いのであれば1500円位で購入することができるので、アクリル絵の具用の筆も同時に購入してきましょう。 アクリル絵の具用の筆はポリエステル製のものがいいです。

紙粘土マグネットの作り方の手順

紙粘土マグネットの簡単な手作り方法は、まず自分がどういうマグネットを作りたいのかということを、事前に計画しておくのがいいでしょう。そうするとスムーズに作りたいものを作ることができるので、製作時間を短縮することができるのです。 実際に作るときには、まず紙粘土を取り出して、自分の作りたい形を作ります。この時に紙粘土の裏側にマグネットを入れる部分を作ることになるのですが、この入れる部分はやや大きめに作っておきましょう。 それはどうしてかというと、紙粘土は乾くと縮んでしまうという特徴があるので、もし普通にマグネットが入る大きさでマグネットを入れる部分を作ってしまうと、乾いた時にマグネットを入れることができなくなってしまうのです。それができたなら、紙粘土を乾かすことになり、乾いたら絵の具を塗ります。 紙粘土は水をたくさん使うと溶けてしまうので、あまり水を使わずに色を塗っていきましょう。絵の具が乾いたなら、ニスを塗って絵の具が落ちないようにします。 ニスを塗ったなら、あとは紙粘土を乾かして、裏側にマグネットを入れると完成するのです。取り扱うときには、あまり強い力を入れると壊れてしまうので、丁重に扱いましょう。

紙粘土マグネットの作り方のまとめ

紙粘土マグネットの作り方ですが、まずは材料で、必要な物は何と言っても紙粘土です。もちろん、マグネットも必要です。あとは、色を付けるために絵の具が必要です。自分の作りたいアイテムに合わせて、買い忘れのないようにしましょう。 その他、ボンドや抜き型、ビーズなど、作りたい物に合わせて色々と買いそろえて行くと良いでしょう。大切なのは、まずはどういった形で作りたいかをイメージすることです。想像上の物だけでは作りづらい時には、簡単な形でも良いので、紙に描いてみると良いでしょう。 具体的な作り方としては、紙粘土に絵の具を混ぜて、ムラのないように混ぜ合わせていきます。 それができたら、作りたいアイテムに合わせて、計量スプーンや抜き型で基本の形を作ります。初心者の場合には、単色の食べ物で、形が丸くてシンプルなアイスクリームなどにすると負担が少なくて良いでしょう。アイスクリームの場合には、歯ブラシなどで手を加え、質感をリアルにする必要がありますが、これが難しい場合には、マカロンのようにツルッとしたタイプの食べ物にすると良いでしょう。 上手くできたら、紙粘土にマグネットを埋め込んだり、ボンドでくっつけたりします。 なお、練習でいくつも作ってみるのも良いですが、その時にサイズ違いでいくつも作ると、かわいくて楽しいものです。

y001-0324

北海道いももちの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

テレビでも取り上げられることがあるご当地グルメ北海道いももちは、小腹がすいたときのちょっとしたおやつとして重宝します。北...

1人あやとりの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

現在の世の中には、様々な場面、小学校、幼稚園、保育所、介護施設等であやとり、特に1人あやとりが行われています。これらが何...

y001-0031

トン汁の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

トン汁はとてもおいしくて、子供から大人まで大好きなものです。トン汁を作るとご飯が進みます。またDIYのメリットとして、や...

y001-0781

革ブレスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

なにかおしゃれをしたいと感じたら、アクセサリーショップで色んなファッションアイテムを眺めて回ると、好みのアイテムを見つけ...

y001-1187

ダンボール収納ボックスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レ...

家具や家電を購入したり、通信販売を利用したりすると、大きめの段ボール箱に商品が収納されている場合があります。梱包材である...

y001-1132

どんぶりレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

どんぶりというのは、上に載せるものを替えることで様々な味を楽しむことが出来るので、どんぶりレシピを持っているだけで、色々...

y001-0474

段ボールコンポストの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

昨今エコロジーの観念からも利用者が増えている段ボールコンポスト。市区町村によって補助金などが出ることもあり、その注目度は...

y001-0166

ファンルームの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ファンルームは小さなゴムを組み合わせて作る物です。小さなサイズの物であれば短時間で作る事が出来、大きな物であっても簡単に...

y001-0871

ラッピングの仕方の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

「ラッピング」には、慶事や弔辞の贈答品を専用の包装紙で包んだ「包装」や、プレゼントとして相手に渡す際に用いられる「ラッピ...

y001-0253

練り消しゴムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

子どもの頃よく目にした練り消しゴム。当時はただこねているだけで特に何の目的に使うかわかりませんでした。実際にはデッサンな...

y001-0818

運動会お弁当レシピの...

運動会の時のお弁当と言うのは普段子供に作るものとは異なり...

バニティポーチの簡単...

旅行に出かけるときに女性なら化粧品道具が必要となります。...

パーティー料理の簡単...

皆で集まって開催するホームパーティーは楽しいものですが、...

y001-1017

ビーズヘアゴムの簡単...

女の子にとって髪型というのはこだわりのあるもので、特にお...