手作りケーキレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

手作りケーキレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

簡単な手作りケーキレシピのストックがあると、いろいろなお菓子作りに応用出来ます。お菓子作りは、ある程度のレベルまでいくと創作したくなります。レシピに書いてある通りに作るのではなく、自分なりにアレンジしたくなるからです。手作りケーキは、おもてなしやおやつにぴったりです。市販製品を買ってくると高くついてしまいますが、自宅で小麦粉や卵などから作れば、大きなケーキが安く作れます。もちろん、美味しく作るには修行が必要です。ただ、基本的には生クリームさえあれば見た目はごまかせます。たとえスポンジケーキ作りに失敗してしまっても、生クリームを泡立てて塗りさえすれば、見た目はカバー出来ます。手作りケーキを作るときには、恐れないことが大切です。ケーキというと敷居が高そうですが、泡立て方法、焼き時間、入れるタイミング、などを間違わなければ成功します。たとえ失敗してしまっても、それはそれで勉強になります。まずは基本のスポンジケーキ、シフォンケーキ、蒸しケーキ、などから挑戦していくと良いです。レベルアップしてくれば、それぞれの組み合わせレシピで、ムースケーキやチーズケーキなどが作れるようになります。まずは家族のおやつ用に食べられるレベルを目指すと良いです。

手作りケーキレシピを作ることの楽しさ

手作りケーキレシピを考えるメリットは、市販のケーキでは味わえません。市販のケーキならば、スポンジにそれほどありがたみを感じませんが、自作したスポンジケーキは成功しても失敗しても、思い出の味になります。 スポンジケーキはシンプルに見えますが、実際には泡立て足りないと失敗します。別立て、共立てといって、卵を卵白と卵黄に分けて、メレンゲを作ってあとで黄身を入れるのが別立てです。共立ては卵を分けずに、そのまま泡立てます。泡立て器でも不可能ではありませんが、共立ての場合にはかなり苦労します。基本的には、電動式の泡立て器を使うことになっています。 手作りケーキでは、これにさらに小麦粉、砂糖、などを加えていきますが、意外にも材料が少ないことに驚きます。手作り方法を見ていると、そういう材料の多さや少なさの違いを知ることができるので楽しいです。 いろいろなケーキの作り方をマスターしていくうちに、市販のお菓子を見て、これは何でできているということがわかるようになります。 単に食べるだけの側から、作る側の視点が身につくので、よりお菓子に感謝して食べられるようになります。 苦労して作った分だけ、その愛情の味を感じることが出来ます。

手作りケーキレシピを作るのに用意する物

誕生日やお祝い事のデザートで食べることの多いケーキは、普段のおやつとしてもとても魅力的なお菓子の一つです。 ケーキと言っても様々あり、ショートケーキやガトーショコラ、パウンドケーキなどが家庭で作るには簡単ですが、モンブランやティラミスなどの手間のかかるものもあります。 ショートケーキなどに使われる、通称スポンジケーキと呼ばれているジェノワーズですが、これはお菓子作りの基本が詰まっています。 お菓子の手作り方法ですが、分量をきちんと量り、粉類はだまにならないようにふるい、きちんと泡立て、粉を混ぜる時は気泡がつぶれないようにさっくりとかつしっかりと粉気がなくなるまで混ぜること、これがジェノワーズを作る時にすべて経験ができます。 ジェノワーズの手作りケーキレシピですが準備する材料は卵、グラニュー糖、薄力粉、無塩バターが基本の材料になります。 お菓子作りは基本無塩バターを使用しますので、日頃からお菓子作りをするのなら業務用サイズの無塩バターを購入しておくと安くて便利です。 用意する道具はボール、ホイッパー、ゴムベラ、型、オーブンです。 型は丸型でサイズが18cmのものが汎用性が高く、プリンを作ったりするときにも使えます。

手作りケーキレシピの作り方の手順

ジェノワーズの手作りケーキレシピですが、まずはオーブンを180度に予熱しておきます。 そして湯銭で温める必要があるので、お湯を沸かしておきます。 型にはバターまたはマーガリンを塗り、型の底面と側面にクッキングシートを張り付けておきます。 側面のシートは口の高さより1から2cm高く出るように切ります。 18cmの丸型のジェノワーズの手作りケーキレシピは卵150g、グラニュー糖90g、薄力粉90g、バター30gになります。 卵はグラム単位で量るのは家庭では残った物の利用が面倒なので、卵3個で作っても大丈夫です。 粉はふるって、バターは溶かしておきます。 ボールに卵を割り入れホイッパーでよく混ぜ、グラニュー糖を入れさらに混ぜます。 そうしたら混ぜながら湯銭にかけ、40度くらいになるまで温めます。 ここで温めるのは泡立てやすくするためと、オーブンで焼いたときに均一に熱が伝わるようにするためです。 温まったら湯銭からはずしホイッパーで混ぜます。 ハンドミキサーがあれば使うと楽になります。 白っぽくなるまで混ぜ、すくった時に太くもったりと流れ落ち落ちた時の跡がしばらく残るくらいの固さまで混ぜます。 薄力粉を少しずつ加えながら、泡をつぶさないようにさっくりと混ぜます。 大体混ざったら溶かしたバターに一すくい生地を加え完全に混ぜます。 完全に混ざったらそれをボールに加え、全体に艶が出るまで混ぜ型に流します。 型に入れたら、生地の中の大きな気泡をつぶすために2、3回台に軽くたたきつけます。 オーブンに入れ焼く25分焼いて出来上がりです。

手作りケーキレシピの作り方のまとめ

簡単な手作りケーキレシピでは、ホットケーキミックスを使うとスポンジケーキが簡単に作れます。 18cmのケーキ型で、ホットケーキミックス90g、卵(M)4個、砂糖80g、です。 まず最初にオーブンを170度に予熱しておきます。卵は常温に戻しておきます。 水気と汚れのないボウルに卵を割り入れて、ハンドミキサーで泡立てます。砂糖を少しずつ加えながら、湯煎にかけます。10分くらい泡立てていると白っぽくなってきます。 生地を上から垂らして、ゆっくりリボン状の跡ができるようになるまで泡立てます。これくらいになったら、仕上げにハンドミキサーを低速にして優しく混ぜながらキメを整えます。 ここにホットケーキミックスをふるいにかけながら数回に分けて入れます。ヘラなどで下から持ち上げるようにして粉が溶けるまで混ぜます。 混ぜ終わったら、18cm型に流し入れて上から型を落として空気を抜きます。170℃に予熱したオーブンに入れて、25~30分ほど焼きます。串で刺してみて、生地がついてこないようならば取り出します。 熱いうちに型から出して、ラップをして冷まします。ラップを剥がすと一緒に生地がついてくるので、まわりの茶色い生地が取れて綺麗なスポンジケーキになります。

y001-0860

ルーレットの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ルーレットは、くるくると回転している円盤状の器へ球を投げいれて円盤に記載されているどの数字のところへ球が落ちるのかを当て...

y001-1504

GMAILの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

GMAILアカウントは作っておくことで色々な機能をより便利に活用していくことが出来るようになります。というのも、このGM...

y001-1412

おきあがりこぼしの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

おきあがりこぼしを作る理由は様々です、小学生でしたら夏休みの自由研究や工作のために作るのもいいでしょう。また、日本独特の...

y001-0227

日本伝統組木工法の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ここでいう「日本伝統組木工法」とは、昭和初期に到来した在来軸組工法が普及する前から我が国日本に千年以上も前から今日まで受...

y001-0761

牛乳からバターの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

牛乳からバターが作られたという歴史はかなり古く、一番古いものでは紀元前4000年のイスラエルの遺跡からそのための道具が見...

y001-0993

フェルトスヌーピーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

可愛らしいぬいぐるみがあると、何となく癒されるものです。ぬいぐるみは他の日用品と比べて、特に何か便利な機能を持っている訳...

y001-0187

さわし柿の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

”さわし柿”というものを知っていますか。このさわし柿の”さわし”とは渋柿の渋を抜くことを”さわす”というので、渋抜きをし...

y001-1068

パーティーレシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

日本の文化では、それほどホームパーティーというのはメジャーではないのかもしれないのですが、外国ではイベントがあったりする...

y001-0920

ミートソースの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ミートソースを手作りする理由として安全面と経済的な面、健康面があげられます。缶やレトルトパックで簡単に食べる事の出来るミ...

y001-0613

手作り提灯の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

夏の季節の風物詩のように使用されることの多いアイテムには提灯があります。古くから用いられている道具になり、本来では明るさ...

y001-1284

ゴム付き三角巾の簡単...

ゴム付き三角巾を作る理由の1つは、誰でも簡単に着脱できる...

y001-0423

日本庭園の簡単な手作...

一戸建て住宅にお住まいの方は自宅の庭作りにだわっているで...

y001-0851

レシピ麻婆豆腐の簡単...

中華料理が好きだという人は多く、特にピリッと辛い麻婆豆腐...

フェイスブックページ...

「フェイスブックページ」は、企業や製品などの、プロモーシ...