飾り結びの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

飾り結びの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

飾り結びにはいろいろな結び方の種類がありますが、基本的に和装などの日本の伝統的な文化によく登場する結び方です。その目的や用途によって結び方も異なりますが、たとえば武具の装飾や鎧兜の紐などによく使われているあげまき結びは、昔から縁起の良い結び方とされてきました。同じく縁起が良いとされて水引やお守り袋などによく使われている結び方に二重叶結びというものがあり、これは日本独特の結び方とされています。また中国から伝来した几帳結びは、その名の通りに几帳やつい立てなどの装飾に利用されており、同じく中国から伝わった吉祥結びは、縁起の良いものとして利用されています。他にも延命長寿の意味がある菊結びや、仏具などに使われるけまん結び。舞台の緞帳に使われる蝉結びや四つびし結び、梅結びやひょうたん結び、道明寺式掛結びにあわじ結びなど、実にさまざまな結び方の飾り結びがあります。これらのどれもが基本的に装飾を目的としているため、複雑な結び方ではありますが、どれもが見た目的にも美しく、伝統文化や伝統芸能などをひきたてる役割を担っています。また結び目には不思議な力が宿るとも言われていて、神具や仏具などにもよく利用されています。

飾り結びを作ることの楽しさ

伝統的な美しさを持っている飾り結びは、一般的にはあまり利用する機会こそ少ないですが、伝統的文化の至るところに見かける存在でもあります。そんな飾り結びをアクセサリーやインテリアなどのライフスタイルに取り込んでみると、とてもおしゃれで美しさを表現することにつながります。和装に似合う帯飾りや髪飾りはもちろんのこと、他にもブレスレットやネックレス、ヘアピンやゴムなどに利用しても可愛らしいです。またストラップやチャームとしても利用できますし、カーテンタッセルの代わりやコースターなどに利用するのも素敵です。もちろんそのまま作ったものを壁やドアノブなどにちょっと飾るだけでも、十分おしゃれなインテリアになります。このようにおしゃれアイテムとしても、インテリアとしてもお勧めな飾り結びですが、やはりどちらかといえば服装なら和装で、インテリアなら和室などの伝統的な日本らしさを感じられる空間での演出が相応しいといえます。そして一本でなく数本を使って組んでみたり、ビーズなどを使えば独自のアレンジも可能です。こうして作る楽しみを味わいつつ、作り上げたものを利用して、洗練された美しいライフスタイルを手に入れてみましょう。

飾り結びを作るのに用意する物

飾り結びというのはものを結んで、ほかのオブジェクトなどを飾るものであり、これを祝い事などがあるときに使うことができます。元々は中国から伝わったものであり、その結び方が派生して飾り結びとなったのです。 ちなみに花結びとも呼ばれており、この結び方をするためには紐が必要になります。紐を購入するときには紐を売っているお店まで行き買わないといけないのですが、このお店は複数存在しているのです。 例えば手芸センターなどに行くと手に入れることができるのですが、その他にも100円均一ショップなどに行くと手に入れることもできます。100円均一ショップは、100円という金額で売っているので、非常に安価な価格で手に入れることができるのです。 これなら少ない予算でたくさん購入することができるので、多くの結び方をしたいという方はこのような低価格ショップを利用してみるといいでしょう。というのも飾り結びは1本だけでなく複数の紐を使って結ぶものもあるので、場合によっては足りなくなる時もあるのです。 なので紐を購入するのであれば、できるだけたくさんの紐を買っておくと作っている途中で足りなくなってしまったということを防ぐ事ができます。

飾り結びの作り方の手順

飾り結びの手作り方法ですが、これは複数存在しているので、最初は比較的簡単なものから始めるといいでしょう。簡単なものはこま結びというものがあり、これは1本の紐を使い作ることができるのです。 まず紐を曲げてから右の紐を左の紐の後ろにかけるようにします。そして左をゆったりして右の紐の前部分から後ろにかけて渡すようにしましょう。 そして、左の紐をできた輪っかをにかけていき、作りたい位置で結び目で抑えて右下に引き締めるようにします。そして上部分が斜めになるように左の左下部分を引き締めていき、出来上がりになるのです。 また、非常に簡単に作ることができるひと結びというものは、1本の紐を使いぐるっと輪を作って端っこを引っ張るとすぐに作ることができます。また止め結びというものは、心を持ってきてその横に紐を置きます。 置いた紐を心にグルッと巻いてから、下の紐を引き締めることで結ぶことができるのです。もう1つ、つゆ結びをする場合は、1本の紐を左の前から後ろにかけていき、さらに左は右の紐の後ろから前に出して輪っかを作り、作りたい位置で 引き締めて、輪の部分の右の上部分を押さえてから、ぎゅっと絞ると簡単につゆ結びをすることができるのです。

飾り結びの作り方のまとめ

シンプルなものから複雑なものまで、飾り結びにはさまざまなタイプの結び方があります。その中でも比較的簡単な結び方の手作り方法として、水引などに使われるあわじ結びというものがあります。まず紐を縦に半分に折り、左側に輪を作ります。その輪の上に右側の紐を置き、左側の輪よりやや下部分から通します。続いて左から右へ通したら、輪が三つ出来上がります。あとは形を整えれば完成となります。ちなみにこのあわじ結びにもう一つ輪を追加し、それを球状に丸めたものが、あわじ玉と呼ばれる結び方になります。またあわじ結びは少しアレンジを施すと、ブレスレットやチョーカーなどに最適な結び方でもあります。続いてもう一つ解きにくいのが特徴の結び方として、こま結びがあります。こま結びはやはりまずは二つに紐を折り、右の紐を左の後ろへ交差し、そのまま上へ持ってきます。こうすることで輪ができたら、右の後ろに通して左の紐を右の前から後ろへと通します。そして後ろに通した紐を輪にかけたら、左側の結び目を押さえて右下に紐を引き締めて結び目を作ります。ここまで出来たら、結び目を押さえつつ左の紐も引き締めましょう。そうすることで結び目が重なり、こま結びが完成します。

y001-0367

美味しい梅酒の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅酒は日本が誇るリキュールの一種として全国で楽しまれているお酒です。非常に甘みが強く作られていますのでお酒が苦手であると...

y001-0468

竹炭の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

竹炭を作る理由としては、湿度の調整や脱臭、空気の浄化や水質の浄化といった生活を補助する機能や、炭として焼き物料理に使うた...

電磁石の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

お子さんから大人まで幅広い場面で活用することのできる工作の中には、電磁石を活用する方法が用意されています。お子さんの場合...

y001-0412

梅エキスの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

梅に含まれる成分を凝縮したのが梅エキスです。梅エキスを積極的に取り入れることで得られる効果は意外にたくさんあります。その...

y001-0508

雪の結晶イラストの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

ペーパーアイテムとして販売されている種類は豊富に用意されていて、例えばカード類やメモ帳、シールなども人気を持っているジャ...

y001-1491

アクセサリーの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

アクセサリーを作る理由は、自分の好みで作れることです。自分で身に付ける目的で作ることもできますし、上手に作れるようになっ...

y001-0712

高野豆腐レシピの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

高野豆腐は日本が古くから利用してきた保存食のひとつです。豆腐を真冬の厳しい寒さにさらして乾燥させるという独特の方法で水分...

y001-0290

葉脈標本葉の種類の簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

葉脈標本を作る目的としては手芸や工芸の材料として、さらに理科の自由研究などの用途があげられます。手芸・工芸では、葉脈標本...

y001-0830

杏ジャムの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

杏は中国が原産で、ヨーロッパでも古代から栽培され万能に効く薬として重宝されてきた果物です。生の果実やドライフルーツも有名...

y001-0729

胡瓜キムチの簡単な手作り方法や作り方・DIY・レシピ

韓国のキムチの歴史は古く、7世紀から塩漬けの野菜として食べられるようになりました。12世紀ごろには香辛料を加わり、18世...

ƒvƒŠƒ“ƒg

花火イラストの簡単な...

夏の宿題として絵日記の提出を求められているお子さんも少な...

y001-0482

大根葉漬物の簡単な手...

大根は一年を通じてお店で購入することが出来る野菜ですが、...

y001-1326

キュウリのきゅうちゃ...

夏場になると、夏野菜を多くもらったり栽培をしていたら大量...

y001-1124

なす料理の簡単な手作...

夏が旬の野菜は多いです。トマト、きゅうり、レタス、ゴーヤ...